能生柵口温泉郷の茶店えほん鍋焼きうどん

「鍋焼きうどん始めました」というメールをいただき、いそいそと郷の茶店えほんさんへ行って来ました。

去年は確か、行こうと思う日に限って大雪になったりして、春先に行ったら既に終了。
ドラマ、スクールウォーズで、109対0で大敗した川浜高校の森田光男が「悔しいです」と泣きながら叫ぶくらい、悔しい思いをしました。
なので、今年は雪が降る前に食べに行かなくては、と。

白くなった権現岳ですが、ふもとの銀杏は黄色く輝いています。
前日の朝方はパラパラとアラレが降ったそうなので、そろそろスタッドレスタイヤの出番ですね。

ストーブがつけられた店内に入ると、オーナーの小林さんが、うどんをこねていました。

鍋焼きうどん、大盛りで。
メニューも見ないで注文です。
水を飲んで、厨房にいる小林さんと、話をしながら待ちます。

さぁ、2年ぶりの鍋焼きうどんです。
キムチとたまご、エビに長ネギ、豚肉、春菊とナルトです。
ぐつぐつ音を立てています。
汁で喉を潤してから、ずるずるずる、あ~、美味しい。
叩いて踏んで、コシのあるうどんです。
小皿にのった漬物をつまみながら、ずるずるずる。
あ、取り皿あったけど、直接鍋から食べてたわ、私、まぁ、いいか。

後ろにあるストーブ、熱いから消してもらっていいわ、と、ずるずるずる。
ちなみに糸魚川では、ストーブの前から動かないことを
「ストーブの番しとる(ストーブの番人をしている)」
「ストーブかんとる(ストーブを背負っている)」
と言います。

柵口まで来たんだから、鍋焼きうどんだけで帰るわけにはいきません。
チーズケーキ同好会の役目は続ますよ。
この、ざらりとして、一部分だけ艶のある皿は私のお気に入りです。
珈琲飲んで、満足、満足。
ごちそうさまでした。

ちなみに、26年の11月号の広報いといがわ「わたしとジオパーク」のコーナーにオーナーの小林さんが出ていますよ。

郷の茶店えほん
糸魚川市柵口1100
電話・ファックス 025-568-2037
定休日 毎週火曜日・第三日曜日
営業時間 10時~17時
フェイスブックページ→こちら
国道8号線(能生インターチェンジ)から15分ほど、シャルマン火打スキー場に行く途中にあります

※グルメメモ
2014年11月19日の情報です

↓イソップの演技に涙した方も
 「愛は奇跡を信じる力よ~♪」とオープニング曲を歌える方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

本日: 195人
合計: 397484人

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る