糸魚川市根知歩荷茶屋の手打ち蕎麦

糸魚川の塩や海産物を信州に運んでいた塩の道。
正式には「松本街道」で国の史跡に指定されています。
糸魚川から松本まで約130キロ。

糸魚川には荷物を運んでいた牛をつないでいた石(牛つなぎの石)など、当時をしのばせるものが残っています。
歩荷(ぼっか)は、30キロ以上の生活物資を背中に背負って、1日30キロの道を歩いたそうです。
姫川の東側ルートは糸魚川から大野、根知、長野県小谷村の大網に続き、シーサイドバレースキー場近くには塩の道資料館があります。

その歩荷の名前がついた歩荷茶屋に根知の友達と行ってきました。
このブログ初登場ですよ。

場所はシーサイドバレースキー場にあるホワイトクリフの隣。
ホワイトクリフは青い建物で、歩荷茶屋は茶色です。
塩の道温泉と同じ建物で、玄関入ると右が食事処(歩荷茶屋)
広い畳敷きと、奥はテーブル席がありました。
注文はカウンターでして、水はセルフです。

明るい窓辺に陣取り、お喋りしていると運ばれてきました。
私は天ざる蕎麦、友達は天丼とミニうどんのセットです。
どちらも、確か1200円程度でした。

お蕎麦は、細く切られています。
ちょびっとだけ、つゆをつけて、ずるずるずる。
旨いっ!
歩荷茶屋の蕎麦が美味しいと聞いていましたが、本当に美味しいです。
蕎麦好きは、あ~でもない、こうでもない、いろいろウンチクを語りますが、そういう難しいことは抜きにして、純粋に旨ければいいんじゃないの。

天ぷらは月の形をしたカボチャを枕に、海老、椎茸、茄子、葉物(大葉とかではなく、なんだろ)と定番ですが、サクッと揚がっています。

温泉もツルツルになってよく温まる、と評判なので、今度またゆっくり行ってみたいです。

歩荷茶屋
025-558-2388

塩の道温泉ホワイトクリフ
025-558-2316

シーサイドバレースキー場
糸魚川市大字山口151-1
025-558-2244
HP→こちら

※グルメメモ
2017年12月20日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

本日: 256人
合計: 389120人

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る