道の駅の記事

ドライブ途中で立ち寄りたいのが道の駅。
トイレや休憩だけではなく、特産物を買ったり、温泉がある道の駅もありますね。

昔は「立ち寄り場所」だったのが、最近は「目的地が道の駅」だったり、道の駅を回るのが趣味という方もいます。
私も道の駅スタンプラリーに抽選して、商品券を当てたことがあります。
えっへん!

氷見はどんな道の駅なんでしょうか?
この日はハンドメイドのブースが何店舗が出ていました。
地元の海洋高校(?)の生徒さんも実習で作った缶詰や加工品を販売していました。
ふむふむ、こうやって造る技術だけじゃなく、売る経験って大切ですよね。
お客さんが喜んでくれた、どんな商品を望んでいるのか、そういったことは机の上だけじゃ分かりません。

ぷらぷらっと歩いていると、海鮮浜焼きを発見。
イカにホタテ、ネギ、真ん中にはツブ貝(かな?)が刺さっていて1本で4種類がたべられます。
これはいいな。
浜焼きってイカ食べたい、貝類も捨てがたい・・・と迷うんです。
たいてい家族と分け合うんだけど、食べたい種類の意見が合わないと、ひたすらバイ貝を食べ続けて顎が疲れたりするんだよねぇ。

さてお店の中に入ってみましょう。
氷見と言ったらブリに代表される日本海の幸。
富山名物白海老も売っています。

東の番屋にあるフードコートで、小腹を満たすことにします。
まずは「氷見牛メンチバーガー味噌味」450円。
パテには氷見産ハトムギが使われているとPRされていました←もうひとつ氷見産があったけど、忘れちゃいました、反省。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、トマトとレタスでメンチカツの油分をサッパリさせています。
甘味のある味噌って感じです。
氷見牛は・・・、えっと、よく分からない。
肉は焼いて食べるのが一番味が分かる気がします。
パテが美味しいし、店員さんの対応が良かったし、満足です。

続いて、違う店で買ってみた「氷見牛を使った肉まん」250円
ほかほか温かいです。
野沢菜の香りが強くて、すじ肉を煮込んだみたいな感じです。
もっと肉肉しい(憎々しいじゃないですよ)と思ったけど、これはこれで悪くないです。

ちょっと食べると色んな物が食べたくなります。
今度は西の番屋に行ってみましょう。

富山県と言ったら、かまぼこが有名です。
結婚式の時に大きな鯛の形をしたかまぼこを引き出物につけると聞きますね。
かまぼこ専門店で「かま天」200円を発見。
注文を受けてから目の前で揚げてくれるなんて最高じゃん。
チーズ、ながらも、かずのこ、鮭、氷見牛すじの5種類から選んだのは「ながらも」
海藻の一種で「アカモク」が正式名称だとか。
赤っぽい色が火を通すと鮮やかな緑色に変わり、粘り気が特徴なんだそうです。
爪楊枝をさして、ぱくっ、あちっ、揚げたてで超熱いです。
つるつるしたかまぼこで、とっても滑らかにすり潰されているって言えばいいかな。
ながらものツルツル感と油のテカリも合わさって、とっても美味しいです。

こうやって、ちょっとずつ色んな物を味わえるのが氷見の特徴かな、と思います。
沢山のお店があって、足湯もあって(道路を挟んで温泉施設もありました)、海が近くて、立山連峰も見える。
なにより店員さんが生き生きしていて、いいなぁ、と思いました。
回転寿司を楽しみたいところですが、道の駅の旅はまだまだ続く・・・。

おまけ
怪物君のラッピングバス。

道の駅氷見
氷見市北大町25-5
国道415号線沿い
北陸道の駅HP氷見のページ→こちら

※ドライブメモ
2013年3月20日
新湊大橋&海王丸パーク→道の駅氷見

↓富山弁で「きときと」は「いきがいい」「新鮮」という意味だと知っている方も
番屋とは漁師が作業をしたり寝泊りする小屋のことだと知っている方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

 十日町市の道の駅クロステン内にあるカフェmanma and cafeユキマツリで開催されたHappy Valentine Party。

会場は白と黒の椅子で、スタイリッシュな雰囲気でした。
明るい光が入る窓側には、リーフが育てられています。
ディスプレイのようで、オシャレですね。

自己紹介の後は、クッキーにチョコレートをつけるデコレーション体験。
大きなハート、小さなハート、犬や花などに、チョコレートをディップしたり、ピンクのハートチョコレートを飾ったり。
案外難しいのは、チョコレートペン。
ケーキ屋さんって、簡単にHappybirthdayなんて書いてるけど、力を入れると塊になっちゃうし、迷っているうちにチョコレートが固まって上手に書けないものなのですね。
なんと上位6名の方には、隣のキナーレにある明石の湯の入浴券がプレゼントされました。

そして、お楽しみ♪
manma and cafeユキマツリさん特製のデザートタイム。
ティラミスとパンナコッタです。
シャンパングラスに入れたティラミス、女性の心をわしづかみです。
こんな可愛いティラミス見たことない!
パンナコッタもフルーツたっぷりで美味しそうですね。

甘いものでリラックスした後は、ゲーム大会。
柔軟な発想が必要とされる謎々や、プチ知識が問われる十日町ご当地クイズなど、チーム対抗戦が繰り広げられました。

カップルになった方には、manma and cafeユキマツリさんの食事券がプレゼントされました。
素敵な空間に、地元野菜を使った料理、そして細かい気配りができる温かいスタッフさんがいるお店はデートにピッタリですね。

参加していただいた皆様、manma and cafeユキマツリ様、そして主催者のエフエム十日町様、ありがとうございました。

十日町市では来年度もパーティーを開催する計画があるそうです。
どんな企画か楽しみです。

今回お世話になった会場は、道の駅クロステンの1階にあります→HPはこちら

エフエムとおかまちHP→こちら
十日町市HP→こちら

新潟県「にいがた出会いサポート事業」→こちら
※このパーティーは「新潟県イベントアドバイザーサポーターズイベント」です。        
新潟県イベントアドバイザーサポーターズイベントとは
新潟県では出会いのイベントが参加者の皆さんにとって楽しく実りあるものとなるようイベント主催者に対しアドバイスを行うイベントアドバイザーやイベントサポーターの委嘱を行っています。
イベントアドバイザーサポーターズイベントとはこのイベントアドバイザーやイベントサポーターが関与しているイベントのことです。

↓クリックすると婚活情報が見られます。
婚活アドバイス・婚活応援 - 恋愛ブログ村

十日町市にある道の駅クロステン。

大きな吊るし雛を見学して来ました。
テレビのニュースなどで感度か見たことはあるのですが、思っていた以上に大きくてびっくり。
圧倒される巨大さです。
って、比較するものが写っていないので、これじゃあ大きさが分かりませんね。
私のへなちょこ携帯(しかもスマホじゃない)では、入りくらないので、階段の踊り場まで上がったけど、それでも入りきらず。
さらに階段を登り2階まで行くと、やっと入る大きさです。

解説版を読むと、この吊るし雛、大きさは直径2.8メートル、高さが10メートル、重さが350キロ。
人間の煩悩の数と言われている108種類の縁起物があり、150人が参加してひとつずつ創りあげたとか。
11655個が昨年3月ギネスに認定されているんですって。
おおっ、すごい、世界一。

道の駅クロステンでは、着物の町らしく和風雑貨のお店や、カフェレストランもあり、名物へぎそばも販売されています。
正直、どこに行っても道の駅って野菜の直売に、饅頭とかで代わり映えしないんだよなぁ、と思っていましたが、十日町は「十日町らしくていいなぁ」と思いました。
お隣のキナーレも入浴施設や地元の食材を全面にだしたレストランがあり、とても気に入りました。
国道からはすぐ、十日町駅からも歩いて行ける距離なので、ぜひ立ち寄ってみてください。

おまけ
十日町の風物詩「ちんころ」も展示されていました。
「ちんころ」とは、福を招く縁起物として神棚や仏壇に飾られるもの。
うるち米で鶴、花、干支などをかたどり、ヒビが入れば入るほど縁起がいいとされているそうです。
十日町地方で子犬のことを「ちんころ」と呼ぶことから、野菜や生活用品を売る市のことを「ちんころ市」と親しみをこめて呼ぶのだとか。

道の駅クロステンHP→こちら

↓「旅してちょうない」で「ちんころ市」に行ったのに、まさかの完売だった、を見ていた方
十日町雪まつりに出かける方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

道の駅信越さかえのソフトクリームは旨い!と友達に教えて貰ってから、必ず食べてしまいます。

ソフトクリームだけの建物があり、外まで行列が出来ていることも。

さてさて、何にするかなぁ。
ん?黒蜜?
これは美味しそうだ。
しかも特産の「えごま」との組み合わせです。

じゃ、じゃ〜ん、これが黒蜜&えごま。
ちゅ〜か、写真を撮っている間に溶けて倒れそうです。
えいっ、こらっ、もっとシャキとしなさいよ。

溶ける前に、ぺろりん。
舐めなめなめ、おおっ、黒蜜とバニラがこんなにも合うなんて。
濃厚で、絞りたての牛乳を飲んでいるかのようなソフトクリームと、コクのある黒糖。
そして、ぷちぷちしたえごま。

って、えごまって何だ?
シソの実に似ている気がするけど・・・、と調べてみました。
すると「シソ科の一年草」とあります。
やっぱりシソの一種なんですね。
で、油をとったり、最近では人体に必要な必須脂肪酸のαリノレン酸が豊富に含まれていることで注目を浴びているそうです。

ほっほぉ~、美味しくて体にいいなんて最高じゃないですか。

また、道の駅信越さかえに来たら食べなきゃ、ね。

道の駅 信越さかえ

長野県下水内郡栄村3746-1
0269-87-3180
営業時間 9:00〜17:00
定休日 火曜日
HP→こちら

※グルメメモ
2012年11月4日の情報です

↓栄村も地震の復旧作業が続いていると知っている方も
人が食べているのを見ると食べたくなって買ってしまう方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

国道117号線の長野県と新潟県境にある「道の駅信越さかえ」

一年を通して活気のある道の駅ですが、キノコが沢山出回る秋には必ず立ち寄りたいところです。

てなわけで、建物の横にあるプレハブで販売されているキノコ汁(200円)を、いただきまぁ〜す。
長ネギと七味はお好みで。
なめこ、えのき、しめじ、秋の味覚ですねぇ。
すぐ下を流れる千曲川を見下ろしながら食べるキノコ汁は最高です。
ちなみにキノコ類は沸騰したお湯に投入するより、ぬるま湯から煮ると旨味が増すそうです。

隣にあるのは、ついでに買った、えごまっ娘(100円)
コシヒカリを餅状にして、えごまを練り込み、香ばしく焼いてあります。
醤油(味噌じゃない気がします)で薄く味がついていて、周りはパリ、中はもちっとしています。
もぐもぐ、笹に包んで販売しているところがいいですね。
このあたりのご当地グルメなのかしら?
新メニューなのかも?
シンプルですがドライブ途中の小腹を満たすにはいいですね。

ソフトクリームのリポートへ続く…。

道の駅 信越さかえ
長野県下水内郡栄村3746-1
0269-87-3180
営業時間 9:00〜17:00
定休日 火曜日
HP→こちら

↓きのこのこのこ元気のこぉ〜と口ずさんでしまう方も
千曲川は新潟県内では信濃川になると知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

長野県の松本市と長野市を結ぶ国道19号沿いにある道の駅信州新町で、おやきを食べてきました。

おやきは信州のご当地グルメ。
お米が育ちにくい地域で、お米の代わりの主食として小麦粉やそば粉を美味しく食べられるように工夫した郷土食として有名です。
今では長野県内のあちこちで売られていますね。

大きく分けて「おやき」は蒸しタイプと焼きタイプの2パターンに分かれます。

道の駅信州新町は焼きタイプですね。
では、さっそく野菜ミックスから、いただきまぁ~す。
皮がぱりっとしていて、端っこ好きな私としては嬉しい皮です。
ちょいしょっぱめの味付けで、野菜からの甘みが混ざっています。
「おやき」のいところは、具材の旨みを皮の中に全部閉じ込められることですね。

続いて、かぼちゃ。
ほくほくとした甘いかぼちゃです。
皮を少し残しているので橙色に緑が鮮やかです。

信州新町は蕎麦やジンギスカンも美味しいし、立ち寄りたい道の駅のひとつです。

道の駅 信州新町
長野市信州新町水内4619番地
026-262-2228
4月~9月:午前8時30分~午後7時
10月~3月:午前8時30分~午後6時
道の駅信州新町公式ブログ→こちら

↓小豆や薩摩芋など甘い系のおやきが好きな方も
お取り寄せ出来る時代だけど、その土地で食べるのが一番美味しいと思う方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

国道8号線、上越市(旧名立町)にある「うみてらす名立」の日帰り入浴に行ってきました。

うみてらす名立は道の駅として、トイレや休憩場所だけではなく、宿泊施設、レストラン、漁港直売所、プールもあります。

日帰り入浴の「ゆらら」の2階には畳の広い休憩室があり、食事も充実しています。
テーブルの上にあるボタンを押すとオーダーを取りに来てくれて、リストバンドのロッカー番号で注文が出来ます。
支払いは帰りにフロントでロッカーキーを返却する時に清算されるシステムです。

まず海鮮丼。
小鉢、味噌汁、漬物つきで980円。
サーモン、甘エビ、たまご、いくらがのっている中で、特に美味しいのが白身の魚。
ピチピチしています。
名立漁港で水揚げされた魚なのかな。
ちょっと甘めの寿司飯ですね。
小鉢は切干大根で、味噌汁はワカメと麩です。

続いて海藻ラーメン。
メニューには書いてなかったのですが「大盛りにできますか?」と聞いたら、出来ますということだったので大盛りにしてもらいました。
通常550円ですが、大盛りはいくらだったんだろ?
会計は家族がしたんで、覚えていません。
塩味で澄んだスープがアッサリしていて美味しいです。
赤い海藻、めかぶ、わかめ、のりと4種類で、磯の香りがします。
ずるずるずる、食べているうちに、めかぶから粘り気が出ていてトロッとしたスープに変化していきます。
麺はどちらかというと細麺に近いちぢれ麺。
日帰り入浴施設の休憩コーナーしては高いレベルです。

このあたりでは、よく食べられるメギスの唐揚げは280円。
正式にはキスに似ていることから「ニギス」というそうですが、北陸ではメギス。
白身の淡泊な魚で、揚げたり焼くと骨ごと食べられます。

豆腐のヘルシーサラダには海藻とコーンが。
胡麻ドレッシングはかけられた状態で運ばれてきました。

お風呂の種類は大浴場(イベント湯あり、この日は茶褐色の四国松山「道後の湯」と、濃いピンク色の「桃の湯」)
ジェットバスは全身マッサージ、肩、縦2つ、横2つの4種類。
どれも、すごいパワーがあり、肩こりが一発で治りそうな勢いで噴射されます。
センターで人が近づくとゴーと白い泡をたてるのでビックリしちゃうかも。

2階には85度ほどのサウナ(テレビつき、リモコンは外に置かれているのでチャンネルが変えられます)
けっこう深さのある水風呂、ヒマラヤ岩塩の露天風呂があります。
※ひのき風呂は休止中でした
洗い場も沢山あり、1階には漫画が置かれたリラックスルームもあるので、のんびり一日過ごすには最高です。

うみてらす名立
上越市名立区名立大町4280-1
025-531-6301(ゆらら)
ゆらら
営業時間10:00~21:00
食事処11:00~21:00
※ラストオーダー20:30
風呂コース 大人700円 子供500円 幼児350円
フェイスタオル無料
※17時以降は大人500円 子供400円 幼児300円
JAF会員割引は入館料10%割引
HP→こちら

※グルメメモ
2012年9月9日の情報です

↓西頸城郡の中で唯一名立町は生活圏が上越だった為、上越市と合併したと知っている方も
名立の地名は「凪立ち(なぎたち)」からきていると知っている方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

リフレッシュするためにドライブして景色と、ご当地グルメを楽しむのが一番♪と、出かけてきました。

昼御飯は松本市と長野市を結ぶ国道19号線沿いにある道の駅「信州新町」
蕎麦を打つ趣味をもつ友人が「 道の駅、信州新町の蕎麦は旨いよ」と言っていたんです。

お昼前だというのに、駐車場は満車。
長野ナンバーが多いということは、この道の駅が地元の人に愛されているってことでしょうね。
券売機でチケットを買い、カウンターに出すセルフ方式です。
メニュー表の近くには長野県内の道の駅、高速道路のサービスエリア&パーキングエリアを対象に行われた人気投票で金賞に輝いた、とありました。

天ざるそばセット、おとうじそば、そしてジンギスカンを注文です。
そう、この国道19号線信州新町はジンギスカンが有名で「ジンギスカン街道」と呼ばれているんですよ。

天ざるセットは、冷たい蕎麦に、天ぷら、炊き込みご飯、漬物、小鉢(日替わりらしく、今回はさつま揚げと糸こんにゃく、人参が入った煮物でした←切り干し大根みたいな味付けです)がついて950円!
安いっ!
天ぷらは季節によって変わるようですが、この日は海老、茄子、エノキ、かぼちゃ、ピーマン。
ちゃんと天つゆが別っていうのが素晴らしいです。
ずるずるずる、蕎麦粉の味がダイレクトに伝わってくる蕎麦です。
さすが信州って感じですね。
梅干しはカリカリで甘い系でした。
炊き込みご飯は、正直「炊き込みご飯の素を使っているのかな?」と思いました。

続いて、おとうじそば(550円)
野菜を煮込んだ温かい蕎麦、とあり、このあたりではポピュラーな食べ方なのかしら。
調べてみたら、やはり郷土料理のようで【そばを投げ入れる様に見えるので、投汁蕎麦と言う。投汁蕎麦は登録商標されているので、平仮名で「とおじ蕎麦」「とうじそば」と表記されることが多い】
ほほう、なるほどねぇ。
白菜や人参、油揚げなどか入っていて、野菜から出た旨味で甘めに仕上げられています。
具だくさんの豚汁に近い味ですね。
一滴残らず飲み干したくなる汁でした。

そしてジンギスカン(500円)
臭みもなく、柔らかくて、甘いタレで、すっごく食べやすい。
私は生姜が苦手なので、臭みを消す生姜が大量だと涙目になるんですよ。
新鮮な生のキャベツが添えられていていました。

評判通りの美味しい蕎麦でした。

道の駅 信州新町
長野市信州新町水内4619番地
026-262-2228
4月~9月:午前8時30分~午後7時
10月~3月:午前8時30分~午後6時
道の駅信州新町公式ブログ→こちら

↓ジン、ジン、ジンギスカーン♪の続きが歌えない方も
ジンギスカンがダイエットにいいと聞いたことかある方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

静岡県富士市にある道の駅富士のミニ生シラス丼&ミニ桜えび天丼リポートです。
道の駅富士は国道1号線、富士川の近くにあります。
※行ったのは4月29日(日)16:30頃。

よく利用する新潟県や長野県の道の駅は野菜の直売所や日帰り温泉などを併設していることが多く、駐車場も広いのですが、道の駅富士は「思っていたより小さいんだな」

広くはありませんが、トイレに食堂、ソフトクリームやお土産を多く並べる売店がありました。

今回の目的は駿河湾名物の「シラス」と「桜エビ」を食べなくちゃ、です。

旅の情報誌「じゃらん」とのタイアップで「ご当地の味がギュっとつまった安くてウマい道の駅500円丼」なんてポップを発見。
がっつり食べる時間帯でもないので、ラッキー、と食券を買います。

じゃん!
これが「生シラス丼」だっ!
刻みのりと、ネギのうえに、つやつやしたシラス。
生姜がのっています。
茹でたシラスは食べる機会がありますが、生シラスって初めてかも。
ぷりぷりで、ちょっと苦くて(はらわたの味?)これがシラスかぁ、って感じです。

続いて、ミニ桜エビ天丼。
こちらは注文を受けてから揚げるから、かりかりです。
すんごく香ばしくて、とっても美味しい桜エビです。
糸魚川は甘エビがたくさんとれるので、かき揚げも甘エビを使うことが多く、桜エビってお好み焼きを焼く時くらいしか出番がなかったのですが、それだって乾燥桜エビです。
こんなに桜エビって甘くて美味しいんだ。
当たり前だけど、小さくても黒い眼があるんだなぁ、としみじみ観察しちゃいました。

このミニ丼は5月31日まで、一日各20食限定だそうです。
ちなみに御飯は茨城県産を使用している、とありました。

この道の駅には二階に展望台があり、富士山が見えると言うので昇ってみました。

が、この日は曇り。
暑いのにガスがかかっているような天気で、全く富士山が見えません。
はぁ、残念、日本海側に住んでいる人間としては富士山は憧れなんですよね。

まぁ、また静岡県に来る楽しみがあるということで・・・。

静岡の旅は伊豆半島へ続きます。

↓山梨県と静岡県から見る富士山の姿って違うよね、と思う方も
道の駅めぐりが好きな方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いしま

長野県ぷらぷらドライブのリポートです。

赤倉温泉の足湯公園を出たあと、道の駅「しなの」へ立ち寄りました。
国道18号線と信濃町インターチェンジの近くにあります。
ここのソフトクリームは、とっても濃厚で美味しいんです。
雨で寒いというのに「ここに来たらソフトクリームを食べなきゃ」

外にいた熊吉(勝手に命名)とパチリ。
なめなめなめ、牛乳を煮詰めて濃くしたような、
とってもミルク感たっぷりのソフトクリームです。
滑らかで、ざらりとしていないんです。

コーンも、よくある三角錐ではなくて、ちょっと変わった形をしています。
ひらひらしたところが、溶けかかったソフトを受け止めてくれ、
しかも、コーンの一番下から、ポタリと垂れないんです。
もぐもぐもぐ、コーン自体も、ちょっと甘くて気に入っています。 

さて、信濃町は新潟県と長野県の県境。
長野県まで来たら、林檎が気になります。
高速道路と国道の両方から利用できる
ハイウェイオアシスがある小布施に行ってみることにしました。
駐車場から、すぐのところに産直所があり、
季節の果物や野菜がところ狭しと並んでいます。
いつ行っても観光客でにぎわっています。
狙っていたのはフジ。
まだ早いかなと思っていましたが少しだけ出始めていました。
今の時期はシナノゴールド、シナノスイート、陽光あたりが主力のようです。
生産者が違うフジを2袋買ってみました。
家で食べてみると、ちょっとまだ若い味がしました。
もう少し寒くなったら、また買いに行ってみることにしました。

小布施のハイウェイオアシスは広い公園が続き、噴水やドックランなども整備されています。
目的地は、ここと言えるほどの充実ぶりですよ。

え?小布施名物の「ソフト栗いむ」は?
さすがに一日に2個は食べられませんねぇ~。

↓青森と長野って、どちらが林檎の生産量多いのかな?と思う方も
1日1個の林檎は医者いらず、と聞いたことがある方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

3 / 3123

本日: 76人
合計: 388625人

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る