ピザの記事

CHRISTMAS party  in燕三条イタリアンBit燕三条本店の告知に県央エリアを動いていて、お昼はやっぱりピザとパスタでしょ、と行って来ました。
以前に糸魚川で働いていた方が、今は三条に転勤していて、近くにいるというので、合流。
4人いるから、いろいろ食べ比べできそうです。
さすが、人気店。
平日でも、ほとんどの席が埋まっています。

ピザとパスタを2つずつにしてシェアしよう、と話は簡単にまとまり、好き嫌いもないで意見が一致したので、ピッツァは定番マルゲリータ(1480円)と、夏野菜(1580円)。
夏野菜は今しか食べられないですからね。

パスタは笑顔の素敵な店員さんに、どんなパスタか聞いて、ランチDのペコリーノロマーノチーズをかけた極濃厚クリームパスタ フェリーチェ(1980円)
ランチAのちょっと辛いトマトパスタ(1480円)に。

お水は金属加工の街、燕三条らしく、ヒンヤリした金属製です。

まずはサラダが運ばれて来ました。
地元で採れる新鮮野菜で、右は雪下人参のムース状のソース、左の黒っぽいのは黒オリーブです。
雪下人参は、ちよっと甘め、オリーブは塩気があるので、味が替えられるのがいいですね。
セットでもサラダがこんなに多いと嬉しいです。

続いて、ペコリーノロマーノチーズをかけた極濃厚クリームパスタ フェリーチェが運ばれて来ました。
これは、重いくらいにチーズが濃厚で、食べたら「しばらくチーズはいいや」と思うくらいなのに、無性にまた食べたくなる人が続出なんだとか。
さきほどの店員さんが、説明しながらニコニコと混ぜてくれました。
ぱくっ、おおおおおっっっっ、こ、こ、これは、旨いっ!
まとわりくつような、こってりとしたチーズ。
濃厚なんだけど、くせのある香りがなくて、チーズ大好きな私にはストライクって感じです。
セットでついてくるフォカッチャは追加ができると聞いていたので、店員さんにお願いして、残ったチーズをつけて食べると、これだけでもめちゃくちゃ美味しいです。
笑顔の素敵な店員さんのオススメを信じて良かった!
ちなみに調べたらフェリーチェはイタリア語で「幸せ」の意味だそうで、まさに幸せになる味です。

マルゲリータは、生地がもっちもっち。
まわりはぷっくりしていますが、生地は薄くて、ペロリっといけます。

夏野菜のピザはナスがメイン。
ナスって、焼いても、煮ても、揚げても、どんな調理法でも大好きです。

もう一皿は、ちょっと辛い系のトマトパスタ。
タバスコをかける派の人にオススメの辛さです。

全てのお皿が、みんな違って、しかも全部感動の味で、話も弾みました。
最後はアイスコーヒーと、アイスでごちそうさまでした。

こんなに美味しいお店で、開催する婚活パーティーの参加者募集中です。
「CHRISMAS party in燕三条イタリアンBit燕三条本店」はこちら

燕三条イタリアンBit 燕三条本店
三条市須頃1-17
燕三条地場産業振興センター1階
0256-46-0680
定休日 水曜日(祝日の場合は振替)不定休あり
ランチ 11:30~15:00
ディナー 月~木・日18:00~23:00(ラストオーダー22:00)
金・土・祝日前 18:00~24:00(ラストオーダー23:00)
HP→こちら

※グルメメモ
2019年9月5日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

白馬八方尾根北尾根高原秋の感謝祭のチラシが新聞折り込みで入ってきて、友達に写メしたら「行こう、行こう」と話がトントン拍子にすすみ、久しぶりに白馬へ行って来ました。

糸魚川市民が無料となる9月8日までの間で、友達と予定が合うのは1日のみ。
天気予報は曇り。
糸魚川は雨が降ってますが、きっと山の向こうは晴れているさ。

調べてみると北尾根クワッドリフト乗り場は、東急ホテルの十字路からラネージュ東館がある方向へ行き、和田野の森教会のすぐ上が駐車場。
まずは、和田野の森教会に寄り道です。
レンガの苔も雨に現れて、なんだか嬉しそうです。
優しい笑顔のお姉さんと、挨拶を交わして、さぁ、リフト乗り場へ。

駐車場は無料です。
リフト乗り場で、免許証を見せて糸魚川市民と証明すると、そのままリフトへどうぞ。
わぁ、嬉しい。
リフトの場には貸出し用の傘もありましたが、少しずつ空が明るくなっているし、降らないさ←変な自信たっぷり

リフトは4人乗りで、幅の広いタイプ。
ゆっくり回ってくるリフトにドキドキ。
安全バーを手で下して、しばしの空中散歩です。
白黒の牛さんが、のんびり草を食べたり寝そべっています。

雪がない分、高さがあって、ちょっとスリリング。
けっこう長いリフトなんですね。
どんどんリフトは上がっていきます。

到着すると、お~、気持ちいい。
姫川がくっきり見えます。
山は雲に隠れていますが、糸魚川から見る角度も高さも違うので、まったく違う山に見えますね。
妙高山、焼山、雨飾りの方向です。

雨で足元が水ぽいので、長靴の無料貸し出しもしているとは、さすが白馬は観光地。
お客様サービスが行き届いています。

まずは、お腹空いたと、チラシに載っていた食事処へ。
窓が大きくて、外の木がよく見えます。
夏休みが終わったので、店内は少し年配の方が多かったです。
なんにしようかな、ピザ美味しそうだよね。
でも、おひょっくり食べたいのよ。
信州きのことりんごみそって珍しいよね、とピザ決定。
おひょっくりがついた定食を注文です。

おひょっくりは、すいとんみたいな物で、白馬あたりの郷土料理だそうです。
ゴボウとか野菜たっぷりの汁に、小麦粉を練って丸く平たく伸ばしたものが入っています。
ご飯に色がついているのは古代米で、これも白馬で作付けされている珍しい紫米です。
善光寺の缶の七味というのが、長野県らしくていいですね。
店員さんにお椀をお願いしたら、ご飯の分も持って来てくれて、おおっ、気がきくわぁ。
豚肉は、脂身も美味しくて、林檎を使っているから少し甘い味噌味。
めちゃくちゃご飯がすすむます。
おひょっくりも、ボリューム満点で、単品でおひょっくり追加しようか、と言いながら注文しなくて正解、というくらいの量です。

半分くらい食べたところでピザが焼き上がりました。
もっちもっちした生地です。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、ピザに味噌って合うの?と疑問でしたが、このりんごみそ美味しい!
ペースト状で、味噌の糀の粒々したところがなくて、胡瓜とか野菜につけて食べてもいいんじゃないか、と思います。
入口近くで瓶入りで販売されていたのは、多分これです。

さぁ、お腹が満たされたし、ちょっと散策してみましょう。
フラワーパークは山野草が植えらていて、迷路のように散策路が湾曲されて作られています。
どっち行こうか、テクテクテク。
途中には東屋があり、さっき食べたピザとかは外で食べるというとバスケットに入れてくれるサービスがあったので、今度はここで食べるのもいいかも。
リフトを降りた時にもらったパンフレットの裏面には写真つきで花が紹介されていて、とっても分かりやすいです。

見渡せる場所にあるのはツリーデッキ。
手すりがない階段は、ちょびっと怖い。
看板にも「自己責任で」といったような内容が描かれていました。
木に留められているボルトは、木に負担がかからないように開発されたものを使っているとも。
ふむふむ。
こういう大きな木を使ったツリーハウスって、子供の時アニメとかで憧れたよね。

無料の足湯も、しっかり浸かって来ました。
タオルを持って行ったけど、なんと無料の貸しタオルが用意されているのを発見。
手ぶらで来てもいいんですね。

このあと、白馬の街を見下ろせるデッキで、のんびり座ったり、アルプスホルンを吹いてみたり(難しくて音が出ない・・・)
たっぷり遊んで、リフレッシュして下りのリフトに乗って帰って来ました。

いつかは行ってみたい八方池へ行くルートも分かったし、天気のいい日を狙ってアタックしたいなぁ。

北尾根高原→こちら

※グルメメモ
2019年9月3日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

燕市で打ち合わせがあったので、そうだ、せっかくなら、お昼はそこで食べようと、新幹線燕三条駅の近くにある燕三条地場産業振興センター に移転オープンした燕三条イタリアンBit 燕三条本店さんに行って来ました。
このブログ初登場ですね。
新潟市にもお店があって、雑誌とかでも見たことがあり、行って見たかったお店です。

以前は レストランメッセピアだったところです。
店内は大幅に改装されていて、入るとレジカウンターと、三条の超有名アウトドア用品のスノーピークさんの赤い椅子と、スタイリッシュなテーブルが並んでいます。

そこを通りすぎると、店内はダークブラウン。
左手がオープンキッチンになっていて活気があります。
厨房にむかうカウンター席、左手の窓がある方は4人掛けのテーブル席。
真ん中は大きくて長居カウンター席になっていて、左右から座れるようになっています。
奥はテーブル席で、窓の方はロングソファのようです。

平日だというのに、ほぼ満席。
私達は大きなカウンター席に案内されました。
カウンターの上は、金物のまち燕三条らしく、金属のオブジェがさげられていました。

ランチのセットはサラダ、パスタorピザ、デザートとドリンクがついています。
パスタもピザも3種類くらいから選べたので、パスタとピザを1つずツ注文することに。
パスタは、って、写真を撮り忘れている(泣)
ピザはクワトロで、4種のチーズに蜂蜜を好みでかけて食べるのにしました。

まずはサラダ。
雪下人参をムース状にしたドレッシングが手前にあり、もう1つ確かオリーブのソースだったと思います←ちゃんとメモしなかったので記憶が曖昧
見たことのないような珍しい野菜もあって、盛り付けもきれいですね。
カトラリーも燕三条で製造されたのなんだろうなぁ。

ピザは、とにかく生地が美味しい。
ぱりっ、より、もちっ系。
そのまま食べるとチーズの塩気がダイレクトに感じられて、チーズ好きにはたまらない1枚です。
蜂蜜をかけると、塩気がまろやかになって、めちゃくちゃ合います。

最後のデザートはバニラアイスで、アイスコーヒー飲んで、ごちそうさま。
評判通り、美味しくて大満足。
また行きたいなぁ。

おまけ
燕市役所のロビーにあった「下町ロケット」のポスターと衣装。

燕三条イタリアンBit 燕三条本店
三条市須頃1-17
燕三条地場産業振興センター1階
0256-46-0680
定休日 水曜日(祝日の場合は振替)不定休あり
ランチ 11:30~15:00
ディナー 月~木・日18:00~23:00(ラストオーダー22:00)
金・土・祝日前 18:00~24:00(ラストオーダー23:00)
HP→こちら

※グルメメモ
2019年6月4日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

小千谷のきれいなお姉さまに誘われて、小千谷市総合産業会館サンプラザ1階にあるDining Booth 一氣にランチに行って来ました。

個室になっていて、広い部屋もスクリーンカーテンで仕切られるので、隣の席が気にならないで食事が楽しめます。

パスタとピザと1つずつ注文して分けようか、と話していたら、デサーとまでついている2人用のメニューを発見。
パスタとピザにはサラダと小鉢がついていますが、ドリンクは別なので、こっちの方が少し得かな。

シェアランチは好きなピザとパスタが選べます。
本日のサラダ、イタリアンポテト、パスタ、ピザ、デザート、ドリンク2杯がついて3000円です。

パスタとピザは季節によって旬のものを使うからメニューが変わるそうです。
定番ばかりだと飽きてしまうから、行くたびに違うものが食べられるのはとっても嬉しいですね。
てなわけで、パスタは妻有ポークと新玉ねぎのトマト、
ピザはしらすと塩昆布の和風にしました。

まずはサラダです。
わぁ~い、わぁ~い、オリーブの実大好き。
海老とプチトマトがトッピングされていて、色合いが綺麗ですね。

続いてピザ。
ここのピザは窯焼きで、もっちりしたタイプです。
辛いオイルはお好みで。
最近、タバスコじゃなくて、自家製のオイルを出すお店増えた気がします。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、もっちもっちした生地に、しらすと塩昆布のしょっぱさがよく合います。
生地がとっても美味しくて、厚みがあるけど、ぺろりっといけちゃいます。

イタリアンポテトも出てきます。
太く切られたポテトはレモンをかけて。
フライドポテトじゃなくて、炒めるという感じかな。
ほくほくした食感です。

パスタは少し細め。
みずみずしくて甘い新玉ねぎに、スライスされた豚肉です。
妻有ポークは魚沼エリアのブランド豚ですよ。

シェアだけど、ピザもパスタもしっかり1人前なので、お腹いっぱいです。
でもデザートは別腹♪
レモンのシフォンケーキは、さっぱりとしたレモンソース。
ふわふわで、消えるようになくなっていきました。

冷たいアイスコーヒーを飲み干して、大満足のランチタイム。

店員さんは、皆若いけど、対応もよくてオススメですよ。

Dining Booth 一氣
小千谷市総合産業会館サンプラザ1階
0258-83-2244
営業時間
Launch time11:30~15:00(ラストオーダー14:00)
Beer time  月~木・日17:30~23:00(ラストオーダー22:00)
金・土・祝日前17:30~24:00(ラストオーダー23:00)
定休日 水曜日
facebookページ→こちら

※グルメメモ
2019年5月12日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

長岡駅降りて、徒歩5分ほど。
古き良き時代のアメリカをイメージしたようなウエスタンバーForty-Ninersに行って来ました。

入口のドアの取っ手は銃のデザインだったり、店員さんもウエスタンハットにジーンズ、首に赤いチーフと、カウボーイスタイルです。

カウンター席の向こうは、お酒の瓶がずらりと並んで、ダウンライトの店内は落ち着いた雰囲気です。
テーブル席も10卓以上あるかな。
結婚式の二次会で使うことも多いそうですよ。

目的は、名物のバッファローウイングチキン。
バッファロー州のお店で生まれたメニューなんだとか。

辛さが何段階かで選べるので、唐辛子1つの一番辛くないのにしました。
ネームが「珍獣」と書いてあるキュートな店員さんが、笑顔でシャカシャカとシェーカーを振って味付けの仕上げを目の前でしてくれました。
こういうサービス、大好き。
で、これ、これ。
とろぉ~りチーズにダイブさせて、ぱくっ、もぐもぐもぐ。
なんともいえないピリ辛で、めちゃくちゃハマります。
ああ、車じゃなきゃ、お酒が飲みたい。
ジンジャーエールで、ビールを飲んでいる気分で、つまんで食べて、骨は専用の容器へぽいっ。
付け合せがセロリと人参というのも、セロリ好きな私には嬉しかったです。

しっかり食べたかったので、イケメンオーナーおすすめのガーリックときのこのピザも注文しました。
かなりニンニクが効いていて、きのこたっぷりで、大人のピザという感じです。
これもお酒とよく合いそう。
飲めないけど・・・。

途中から友達も合流して、追加注文もして、お腹いっぱい。
このチキン、またすぐに食べたくなるんですよねぇ。

お店の雰囲気も、店員さんも気が利いて素敵だし、長岡で飲みならここ、ってところが見つかって良かったです。

ウエスタンバーForty-Niners
長岡市東坂之上町2-3-4いこいビル1階
0258-37-1807
長岡駅徒歩5分ほど
ぐるなびページ→こちら

※グルメメモ
2019年3月7日時点の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

 

三条の友達から「高田世界館に映画を観に行くから、お昼どう?」と連絡があって、
何店舗かオススメを教えていたら、行きたいと言ったのが、びんのかけらさん。

今はスマホで、出かけている先でも検索できる便利な時代になりましたね。

店内はカウンター席と、4人掛けが2つ、2人掛けが1つ。
楕円形のちょっと広いテーブルが1つ。
外のテーブルは冬なので、お休み中です。

メニューはピザがメイン。
私のオススメは、びんのかけらの代名詞ともいえる田舎ピザ。
餅と刻み海苔と鰹節の和風ピザです。
アンチョビも大好き。

サイズは1人食べきりサイズのSからLLまで。
「そんなに食べられるかな」と心配している友達に
軽いから、ぺろっと食べられちゃうよ、と説明して2枚ともMサイズにしました。

飲み物はアメリカンコーヒーにしました。
アメリカンはお代わり無料なんです。

先に珈琲を飲んで、喉を潤していると、運ばれてきました。
ピザは既にカットされています。
1枚ずつ、このピザは開業してから何枚目に焼かれたのかナンバリングされたカードがついていて、20枚集めると好きなMサイズのピザが1枚サービスになるんです。

では、さっそく手前の田舎ピザから、いただきまぁ~す。
ぱくっ、餅と溶けたチーズが伸びます。
この、サクッサクッとした生地、他にはない食感です。
もっちりでも、薄くてパリッでもなく、パイ生地のような軽さ。
これは、ここに来ないと食べられないピザです。

アンチョビも、塩気があって、とっても美味しかったです。

コーヒーのお代わりをいただいて、外に遊びにきいてる丸くふくらんだスズメを観察して、楽しいランチタイムでした♪

初めてきた友達も、すごく気にいってくれたから、今度は薔薇の季節においでよ、となりました。

びんのかけら
上越市大貫4237-106
025-525-8885
定休日 月曜日
直江津方向からは、山麓線を高田インター方向に走り、ウエストニュータウンの最初の角に理容室があるところを入りると、右手側にあります。

※グルメメモ
2019年1月12日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

上越に行った時に、そうだ、お昼は久しぶりに雪詩慕雲に行ってみよう、と寄ってみました。

雪詩慕雲と書いて「せしぼん」と読みます。
ちょっと、おとぎの国ぽいような特徴ある建物です。

大雪続きの新潟県内。
天候が悪ければ
「家にたどり着くまでどんだけかかるか分からないから、ご飯食べないで帰ろう」
と思うのですが、この日は車のエアコンをオフにしてもいいくらいの陽気。
駐車場の端には、雪山ができていましたが、駐車スペースは確保されていました。

曲線を描くアプローチをあがると、ドアがあり、雪国らしく風除室のように、さらに奥にドアがあります。
そこに開店祝いのスタンド花が。
ん?
「リニューアルオープン」と書いてあります。
建物は変わっていないようだけど、と思いながら入ると、店内は以前のままです。

入口から左右に分かれていて、私が希望した禁煙スペースは入って左側。
雪詩慕雲は、テーブルの1つずつが座った時の芽の高さに板が入っていて、隣り合うテーブルともスクリーンが下してあったりして、個室とまでいかなくても、ゆったり過ごせる造りになっています。
照明もアンティークな感じのライトで、木の内装に合った落ち着いた雰囲気です。

メニューを広げると、モーニングタイム、ランチタイム、カフェタイム、ディナータイムと分けられていました。
そういえば、以前は「田吾作のがんばるパスタ」だとか「天使の涙」(だったかな)のような
注文するのが面白いようなネーミングでしたが、メニューはシンプルな料理名になっていました。

う~ん、パスタもいいし、ハンバーグも大好きだけど、ピザが食べたい。
ピザも定番のマルゲリータから、蜂蜜を使ったものまで色んな種類があります。

そのなかで私が選んだのは、シーフードバジルピッツア(780円)
トマトベースと迷ってバジルです。

プラス100円でサラダがつけられたので、それも注文して、お手洗いへ。
だって、変わっているか気になるでしょ。
ジェームスディーンのパネルも、そのままで、それはそれでなんとなく嬉しかったです。

先にサラダが来て、続いてピザが来ました。
おっ、予想していた以上に本格派。
カットされた状態だったので、さっそく、いただきまぁ~す。
小柱、えび、殻つきアサリです。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、生地は薄くてクリスピータイプ。
端っこの丸いところは少し厚くなっていて、カリッとしています。
チーズに塩気があって私好みです。
バジルソースが多めで、バジルの味もしっかり楽しめるのがいいですね。

先に全部のアサリの殻を外して、もぐもぐもぐ。
正直780円なら、6ピースくらいの小さめかな、と思っていましたが、この私が食べても大満足の大きさでした。
コストパフォーマンスがいいと思います。

ちなみにリニューアルオープン記念で2月はディナータイムは1ドリンクサービスだそうですよ。

あ、カップをつけて1万円の珈琲と、誕生日のケーキサービスがあるかを確認してくるのを忘れました。

雪詩慕雲上越店
上越市大豆1-12-60
025-526-2525

※グルメメモ
2018年2月11日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

十日町市のキナーレまつりに参加したら、夕飯はbeer&pizza ALEさんのスペアリブを食べるのが楽しみ。
私に影響されて、すっかり十日町のファンになった友達が
「温泉に来て、ピザ食べて帰ろうと思ったのに、場所が分からなくなって辿りつけなかった」って言うんです。
類友で、友達もナビなし、ガラケー愛用者(笑)
ただし、私のように、一度食べた店は忘れないというのは、食い意地の差かしら。

クラフトビールが有名なお店なのですが、二人して呑めない。
気分だけでも、と泡の出て色がそれっぽいジンジャーエールで乾杯です。

まずはピクルス(450円)
疲れた体に酢が染み込むわぁ。
これをボリボリしていると、妻有ポークのみそ漬けソテー(1000円)運ばれてきました。
これは「本日のおすすめ」黒板ボードからのチョイスです。
味付けも、焼き方も、うめぇ~。
付け合せの野菜も、塩気が聞いていて、この野菜だけで1皿欲しいくららいです。
思わず、炊きたてのコシヒカリくれ、と言いたくなる肉です。
端っこに少し脂身があるのが、うちらには嬉しい。
こりゃ~、絶対に痩せるわきゃないわな。

そうこうしているうちに、ピザの登場です。
ALEさんはシカゴピザといって、ふちが持ち上がっているタルトのような形。
生地は、もっちりでも、パリパリでもなく、サクサク。
サイズが選べるので、これは一番小さいS。
新作でポテト&ベーコン。
バジルとトマトのタプルソースです。
輪切りのジャガイモが歯ごたえあって、中身はとろり。
さっきの、妻有ポークと交互にもぐもぐ。

さぁさぁ、お待ちかね。
スペアリブのおでましです。
この骨付き肉を食べる為なら、2時間の運転も苦になりません。
スペアリブは時間がかかるので、最初に注文するのがオススメ。
マスタードをつけたら、両手で持って、かぶり。
はい、無口になりますよ。
気分は「はじめ人間ギャートルズ」です←マンモスの肉に憧れた人は、きっと私と同じ年代

〆はチョリソーとトマトソースのペンネ(900円)
かなりお腹いっぱいなのに、炭水化物を食べないと落ち着かないタイプです。
辛いチョリソーが胃袋を刺激したので、しっかりお腹にしまいこめました。
あ~、美味しい物食べて、幸せ。

帰りは、253号線から一番分かりやすい道順を通りました。
駅はあっち、キナーレはもっとあっち。
十日町の位置関係、分かったんかな。

一応、友達が読んで分かるように書いておきます。

253号線から、浅河原の信号(Tの字、角に食堂あり)を曲がり十日町橋を渡る
橋を渡ったら、すぐの信号を斜め左方向へ(ローソンあり)
道なりに直進して、JRの線路を渡る(高架橋は北越急行)
そのままコモ通りを117号線へ直進。
本町2の信号を右折。
すぐに左折(角に広場があるので広場方向へ)
広場の奥に細い道があり、砂利のスペースがALEさんの駐車場。

ALE beer&pizza
十日町市宮下町西267-1
025-755-5550
HP→こちら
フェイスブックページ→こちら

本町2丁目広場の近く。

※グルメメモ
2017年6月25日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

友達が「誕生日なのぉ~」「行ったことのないお店に行きたいのぉ~」と言うので、今だと薔薇がどうかな、と思ってびんのかけらさんへ連れて行きました。

山麓線を8号線方向から走っていると、大きなスーパー原信が出来たんだなぁ。
って、そこまで行ったら通り過ぎてます。
ニュータウンの中に入り、えっと、確かこっち、と適当に曲がると、おおっ、ここだ。

薔薇はピークを過ぎていましたが、白い壁につたが絡まって、とっても素敵。
アプローチでは小さい草花がお出迎えをしてくれます。

天気がよく気持ちのいい日だったので、テラス席にしました。
ここから見る庭も素敵ですよね。

ピザは、お誕生日の友達のチョイス。
ハーフピザと、オイルサーディンにしました。
どちらもMサイズ750円です。

ハーフは、びんのかけらの代名詞ともいえる田舎ピザと、定番のミックスが半分ずつです。

ちゅんちゅん、スズメが何羽か地面をつついたり、首をかしげながら枝にとまったり遊んでいます。
隣のテーブルにいた、年配の女性二人組も「小さいから、子雀だね」と目を細めています。

スズメを見ているうちにピザが運ばれてきました。
手前がオイルサーディン、奥がハーフです。
オイルサーディンは鰯のオイル漬け。
鰯でも魚臭さがなくて、私も大好きです。

いただきまぁ~す。
ぱりっ、もぐもぐもぐ、もっちりでも、パリパリでもない、なんていうのかな。
びんのかけらさんにしかない食感です。
薄くてパリパリのお店はよくありますが、ここのパリパリはパイ生地に近くて特徴があります。
友達はピザ生地は薄いのが好きなので、これは大ヒットだったようです。

もしかして、スズメはピザの欠片が落ちていないか探しているのかも、と思い、小さい欠片を少し離れてところに置いてみたら、チュンチュン。
美味しそうにつついていました。

田舎ピザは鰹節と刻み海苔なのですが「合うね」と気に入ってくれた様子。
「雰囲気もいいし、また来たい。あ、でも、たぶん曲がり角間違えて迷子になると思うわ」
へいへい、また一緒に来ようね。

んのかけら
上越市大貫4237-106
025-525-8885
営業時間 10:00~21:00(オーダーストップ20:30)
定休日 月曜日
直江津方向からは、山麓線を高田インター方向に走り、ウエストニュータウンの最初の角に理容室があるところを入りると、右手側にあります。
白い壁に薔薇のつるが伸びているのが「びんのかけら」さんです。

※グルメメモ
2017年6月20日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

糸魚川で開催したイタリアンクッキングパーティー。
その時に作ったのが甘海老のトマトクリームパスタ。
シェフおすすめの一皿です。

とっても美味しそうなのに、私達スタッフは味見程度(泣)
てなわけで、スタッフで「甘海老のトマトクリームパスタを食べに行こう」とトラットリアバンビーノさんへ。

迷わず甘海老のトマトクリームパスタを注文(1782円)
料理の時に「ペペロンチーノはシンプルだからこそ難しい」という話が出ていたので、今月のオススメからホタルイカのペペロンチーノ(1620円)も注文です。
待っている間、グラスビールやノンアルコールで乾杯。
「私、レシピもらったから甘海老のパスタを作ってみたよ」
おおっ、さすが。
私は不器用なので、甘海老の殻をむく段階で力つきそうです。

さぁ、パスタがきましたよ。
平麺の生パスタです。
さっそく取り分けて、ぱくり。
う~ん、濃厚で美味しい。
そんでもって、とってもクリーミー♪
平麺だからソースがたっぷり絡まって、めちゃくちゃ旨い!

ペペロンチーノは平麺の細いパスタ。
メニューによってパスタの太さを変えているのは、さすがです。
パスタだけ食べてもホタルイカの味がするくらい、こちらもダイレクトに旨味が伝わってきます。
「そういえば今年はホタルイカ、なかなか貰わないよね」
そうそう、糸魚川はホタルイカが海岸まで来る地域なので、春先の旬になると誰かが網をもって海に行く→生の状態でもらう→家で茹でる→食べきれない量だったら甘しょっぱく醤油で煮つけたりしておく、のがパターン。

バンビーノさんのメニューは糸魚川で水揚げされた新鮮な魚介類をふんだんに使ったメニューが多いです。

フリットミスト(1026円)
天ぷらみたいな揚げ物で、厚切りベーコンと、アスパラ、ブロッコリー、人参と白身魚。
あれ?なんだっけな? 鯛じゃないし・・・(記憶力がヤバイ)
ふわっとしていてレモンを絞らず、そのまま食べました。

アンティパスト(2106円)は前菜の盛り合わせ。
一番奥で器に隠れていますが、白身魚のカルパッチョ。
手前がお肉で、真ん中がオリーブ。
トマトとチーズ、ピクルス、トマト煮。
オリーブは珍しく種がありました。
つまみはチーズかサラミ系だった私は、最近オリーブもハマってます。
ピクルスも酢が効いていて、野菜のサイズといい、食感といい、バンビーノさんのピクルスが一番私の好みです。

さてさて、まだ食べますよ。
バンビーノさんに来たらピザを食べなきゃ。
入口にある赤い窯に薪をくべて焼くナポリピッツァ。
もっちりとした厚い生地が特徴です。
辛い系ということで、ディアボラ(1512円)
辛いオイルを好みで垂らしながら、サラミとチーズのピザです。
このもちもちとした食感がたまりません。

もう一枚はビスマルク(1836円)
生ハムと卵のピザです。
はみだしている生ハム、最高です。

さすがにお腹いっぱい。
よく食べて、よく喋りました。

バンビーノさんは6月1日から店内改装のため、臨時休業するそうです。

Trattoria Bambino トラットリア バンビーノ
糸魚川市大町2-5-7
025-553-1870

営業時間 日曜日~木曜日17:30~24:00、金土祝前日17:30~25:00 
定休日 月曜日、第一火曜日
HP→こちら

※グルメメモ
2017年5月25日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

本日: 171人
合計: 441200人

カレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る