(株)米田 富山名物あんころ餅

糸魚川と大糸線をこよなく愛して、月に一度は糸魚川に来ている方からのお土産で、(株)米田さんの富山名物あんころ餅。

富山県の立山に生息する雷鳥が描かれています。
竹の皮に包まれていて、なんだか峠の茶屋で売ってそうなイメージです。

紐を外すと、透明なビニールに入っていました。
トレーに3×3に並んでいます。
ちゃんと小さなスプーンがついていたので、それで、ぱくりっ、もぐもぐもぐ、こしあん最高。
私は粒あんの皮が得意じゃないんです。
奥歯と歯茎の間にビタッと挟まるというか、張り付くのが苦手(+o+)
最近、コンビニの「あんまん」が「粒あんまん」と表示されていると、きぃぃぃぃ~、食べてやるもんか、と思っている女です。
だから、あんころ餅は、私にとってとっても食べやすいんです。
もぐもぐもぐ、お餅は柔らかくて、あんこの比率が高いですね。

そうそう、なんで「あんころ」って言うのかと聞いたことがあり、あんこが衣のようについている→あんこ・ころも→あんころ、って説があるらしいですよ。
へぇ~、へぇ~、へぇ~。

Kさん、ごちそうさまでした。

↓雷鳥は富山県の県鳥だと知っている方も
特急に雷鳥があったのを覚えている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です