ラーメンの記事

雑誌やテレビに紹介されることはない(取材を断っているのかも?)けど、私が一番美味しいと思っているチャーシューメンは糸魚川の押上にある第二こだま食堂さん。

子どもの頃は家族で外食というと、ここで食べていたから味覚にすり込まれているのかもしれません。

どうして第二こだま食堂というか、説明しておきましょう。
糸魚川駅近くの本町通り商店街に、こだま食堂があり、そこの娘さんが結婚して第二こだま食堂を開いた、そうです。
本町通りの食堂は、10年ほど前に惜しまれつつ閉店されましたが、第二こだま食堂はお昼のみですが営業を続けています。

店内は4人掛けが3つ、2人掛けが1つ、真ん中は4人掛けをくっつけて8人座れるようになっています。
流行りのコテコテ系ではなく、あっさりとした味付けなので、年配の常連客が多いのも特徴ですね。

迷わずチャーシューを注文して、週刊誌をぺらぺらめくって1冊読み終わる頃に運ばれてきました。
見てください、この透き通ったスープ。
そして、丼を埋め尽くすチャーシュー。
麺は細いちぢれ麺です。

スープをごくり、はぁ~、うますぎる。
丁寧に作っていて、嫌味の全くないスープです。

麺をずるずるずる、茹ですぎず、硬すぎず、うんうん、この味。

チャーシューを箸でつまみます。
このほどよい厚みといい、脂身がいい感じで入り込んでいるところといい、とろりん具合がものすごく旨いんです。
しかも8枚もあるから、食べごたえ十分です。
どこのラーメンでもチャーシューを注文する確率が高い私ですが、ぱさぱさ系だったり、ただ大きいだけだったり、しょっぱすぎると飽きるのですが、ここのチャーシューは、くどくなくて本当に美味しい!

他の具が、メンマと長ネギというシンプルなのもラーメンとチャーシューがあっさりだから、これでいいんです。
はぁ~、満たされたぁ~。
し・あ・わ・せ。

第二こだま食堂
糸魚川市押上2-9-6
025-552-1315
営業時間 11:00~15:00
定休日 火曜日・水曜日

※グルメメモ
2018年10月27日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

十日町市にある、あてま高原ベルナティオ。
ゴルフ、テニス、プール、カヌーから、ジップラインまでアクティビティが揃っているリゾートホテルです。

飲食も和食、喫茶、洋食、酒房といろいろあって、その中でも今回はステーキダイニングアイリスで昼食をとってきました。
ゴルフ場の芝が見える大きい窓が一面にあり、高いところにあるレストランなのでとっても眺めがいいです。

メニューを広げると、クロアチア産本マグロ丼なんてメニューも。
そうそう、十日町市はサッカーのクロアチアの練習地。
こういう国際交流も面白いですね。
妻有ポークのカツ重や、しゃぶしゃぶにも心惹かれます。

悩んだ結果、注文したのは鶏塩白湯ラーメン(980円税別)
だって、ラーメン食べたかったんだもん。

白濁したスープは、優しい塩味。
ストレート麺で、するっするっと入っていくラーメンです。
岩のりがたっぷりトッピングされていて、茹でた鶏肉がさっぱりしていて美味しいです。
好みで、別容器に入ってくるラー油を投入できるので、後半は味変をして、スープを飲み干しました。

宿泊しなくても食事をしたりアクティビティを楽しめるので、思いっきり一日遊びたい人にもオススメです。

あてま高原ベルナティオ
HP→こちら

※グルメメモ
2018年10月21日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

暑くてご飯作る気がしない
でも、お腹は空く
暑いからと麦茶ばっか飲んでご飯食べなかったら夏バテしそう

てなわけで、糸魚川駅に行くついでに、ヒスイ王国館1階にあるタウンいとよさんでお昼を食べることに。

お盆シーズンということもあり、店内は家族連れや、大きな荷物を持った帰省客や観光客らしき人でいっぱいです。
ちょうど、奥の2人掛けのテーブルが空いたので、すんなり座れました。

なんにしようかな。
店内を見渡すとブラック焼きそばを食べている人が多いです。
う~ん、やっぱりスープが飲みたい。

迷ったあげく、広東麺(700円)にしました。
水をぐいぐい飲み、昼間からビール飲める人っていいなぁ(私は全くビールが飲めない)なんて、人間観察をしていると運ばれて来ました。

茹で卵、メンマ、チャーシューは2枚、わかめです。
スープをごくり、はぁ~、塩分が嬉しい。
って、この暑いのに、とろみのある広東麺を注文したことを、少し後悔(涙目)
クーラーが効いているのに、汗をかきながら食べます。
ずるずるずる、麺はちぢれ麺です。
とろみがからまって、熱いのでふぅ~、ふぅ~、ふぅ~。

汗をかいたので、スープがとくに美味しくて、飲むたびに体にいきわたっていく感じがします。
はぁ~、食べた、食べた。
いい汗かいたぜ。

タウンいとよ
糸魚川市大町1-7-11
ヒスイ王国館1階
025-553-1778
営業時間 11:00~14:30
定休日 不定休(12月31日と1月1日は休み)

※グルメメモ
2018年8月12日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

白根で打ち合わせ前に時間があったので、パッと目に入った幸楽苑でラーメンを食べることに。
腹が減っては戦はできぬ、です。

さて、なんにしようかな。
外はペタペタする暑さの真夏日。
冷やし中華もいいなぁ。
いや、待てよ。
これから夏本番。
家で冷やし中華を作ることが増えそうだから、ここでフライングしなくても、と考え直します。

よし、汗かいたから塩分だ。
メニューの写真をながめて、背油が少し浮いている尾道ラーメンにしました。
あ~、餃子とか、半炒飯のセットもあるけど、いやいや、最近お腹まわりが気になるので、ここは我慢しておこう。(最近に始まったことじゃないけどさ)

クーラーの効いた店内で、メールを返信したり、手帳に書きこんだりしているうちにラーメンが運ばれて来ました。
少し色の濃い醤油ベースで、背油がところどころ浮いています。
スープをごくり。
鶏ガラと煮干しのスープなので、あっさり系です。
私はTHE煮干しというスープが得意じゃないのですが、ここのは気になりません。

麺をずるずるずる。
コシがあるというか、しっかりとした麺です。

チャーシューは、とろりん手前。
2枚のっかっているのが嬉しいです。

背油がギトギトしていなくて、でもほどよくこってりで、もう一口、もうちょと、とついついレンゲを動かしました。
少し麺が少ないかなぁ、と思いましたが、半炒飯や餃子などのサイドメニューを食べることを考えると、このくらいがいいのかも。
これで561円(税込)なら、お財布にも優しいし、お腹も満足です。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

地元の美味しいお店は地元民に連れて行ってもらうシリーズ。

小千谷市は行列ができるラーメン屋が多いと聞いて、ラーメン屋をリクエスト。
小千谷市は十日町から長岡に抜ける国道117号線が通っているので、国道沿いにはファーストフードやチェーン店、家電やスーパーなど大型店が並んでいます。

ここはどう?と言っていた店は店の外で大行列。
並ぶのは得意じゃないと意見が一致して、次のお店へ。

さすが地元民。
ここが混んでたら、あっち、と近くで違う店をすぐに思いつけます。
てなわけで、越後秘蔵麺無尽蔵へ。
2組ほど待っていましたが、友達が「回転が速いから大丈夫」と即座に判断。
順番待ちの紙に名前を書いて、待っている間に壁に貼られたメニューを見ます。
こうやって写真つきだと分かりやすくて親切です。
いつもは、こってり系を食べるのですが、この日はあっさり鶏塩に心を惹かれます。
醤油にするか迷っているうちに「一番奥へどうぞ」と通されました。

テーブルで再度、メニューを広げます。
友達が「チャーシューじゃなくていいの?」
「私はいつもこれ食べるのよ」
そう言われると、迷うじゃ~ん。
でも、ここは初志貫徹。
鶏がら塩ラーメン(660円税別)にしました。
細麺と太麺が選べるというので、細麺で。

水飲んで、世間話を始めていると、運ばれて来ました。
早いっ!
トッピングは板海苔、チャーシュー2枚、めんま、長ネギ(青ネギ)、煮玉子です。
スープをごくり、うん、あっさりしているけど、コクがあって美味しい。
麺をずるずるずる、すごくツルツルした感じの麺です。
胃の中にするするっと入っていきます。
煮玉子のとろりんと、味付けが私にはドストライクです。

昼にラーメンを食べると、夕飯の時間を過ぎても、まだ満腹、というのがなくて良かったです。

越後秘蔵麺無尽蔵
HP→こちら

※グルメメモ
2018年5月13日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

三条で用事があり、ご飯どこにしようかなぁ。

三条燕インターを降りたあたりは大型店やチェーン店も多く、なんでもありそうだけど、なんとなく肌寒いからラーメンが食べたい。
三条はカレーラーメン、燕は背油ラーメンが有名だけと、ナビなし車でガラケー愛用の私には、まったく見当がつかない。
そうだ、大きいイオンがあるから、飲食店が入っているはず。

食べ物に関しては脳内ナビが働くおかげで、なんとか駐車場にたどり着けました。
食料品売り場、洋服、靴、なんかいろいろあるけど、私は探しているのは飲食店!
キャンペーン中で声をかけられても、ごめんなさい、と突き進み、見つけました、ラーメン屋。

夕飯には早い時間でしたが、何組が先客がいました。
うんとぉ~、そうだなぁ。
始めての店なので、何を食べるか迷いましたが、ポスターでどんっと貼ってあるのはオススメに違いない。
車で暖房をつけていたけど、体の芯が温まってない感覚があったので、あったまりそうな「新潟からし味噌らーめん」(750円税別)にしました。
だって、不動の人気!ってメニューにも書いてあるんだもん。

ラーメンが出てくる間に、メモった内容は
15種類以上のスパイスを使ったからし味噌のWテイスト、なんだそうです。

そうこうしている間にラーメンが運ばれて来ました。
赤いから味噌は真ん中より、やや上に鎮座していて、好みで溶かしながら食べるスタイル。
チャーシュー、メンマ、ナルト、緑色は青のり???
まずは、溶かさないでスープをごくり。
見た目は、こってりしているようなスープですが、こてこてしないなくて、案外あっさりイケる。
麺は中太のストレート。
ずるずるずる、もちもちした食感です。
こだわりの自家製麺だそうです。

から味噌を溶かすと、スープが引き締まる方向へ変化します。
唐辛子のストレートな辛さじゃなくて、ちょっとニンニクが効いているのかな。
額から汗がじわりじわりしてくるのが分ります。

ラーメン全体としては、麺の量は少なめですが、ほどよいこってりで満腹感がありました。

ちゃーしゅうや武蔵イオン県央店
燕市井土巻3-65 イオン県央店1階
0256-47-1991
HP→こちら

※グルメメモ
2018年4月7日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

新潟駅に行くたびに「行列が出来てるなぁ」と気になっていたラーメン店。
夕飯には少し早かったけど、待っているのは部活帰りらしき男子高校生の集団のみ。
よし、食べてみよう、と麺屋しゃがらさんへ。

券売機で買ってから、順番を待つスタイルで、時々店員さんが外に来ては人数確認したり、先に注文をメモして行きます。

なんにしようかな、迷った時はチャーシューです。
基本的に醤油が好きなのと、醤油ラーメンだと物足りない時でもチャーシューがあればたいていお腹いっぱい。

チャーシュー麺は880円。
あっ、財布の中小銭が、微妙に足りません。
こんな時に限って1000円札もないとは。
後ろに並んだ、お兄さんに「お先にどうぞ」と順番を譲りましたが、そのお兄さんも5000円札が使えなくて困っています。
券売機の隣に両替機ありましたが、故障中だったので店員さんに両替をお願いしました。
ドラマなら、ここで次回予告になるくらいですが、残念ながら、私はすぐにカウンター席へ案内され、お兄さんがどこに座ったかさえ見えない場所。
人生、そんなに甘くないですねぇ(笑)

水はコップじゃなくて、タンブラーに入っていました。
ぐいっと飲み干して、手際よくラーメンが作られていくのを眺めます。

暗号のようなオーダーの声を聴きながら、待っていると、そんなに待たずに私のチャーシューメンが運ばれて来ました。
わぁお、美味しそう。
まずはスープをごくり。
背油が浮いていますが、こってり大きいのではなく、細かくて飲みやすいです。
麺は、ちょい太めで、自家製麺だとか。
ずるずるずる、おおっ、すげぇ、もっちもっち。
元気のいい麺という印象で驚きました。

チャーシューは丼ぶりからはみ出しています。
しかも6枚もあり、厚みもなかなかです。
ぱくっ、うん、私が好きなとろりん系。
トッピングはもやし、なると、板海苔とシンブルさがいいです。
ずるずるずる、こってりだけど、重くなくていいです。

背油系を食べると、年齢的に胃がもたれて仕方ないのですが、ここのは食った、食ったという満足感のところで止まって良かったです。

麺屋しゃがら
HP→こちら

※グルメメモ
2018年3月3日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

山形県酒田市にいる友達と、数年ぶりの再会で、お昼はどこさ行こうかね、と立ち寄ったのが山居倉庫。
農業の倉庫として、今でも12棟が残り、ドラマおしんの撮影地のひとつです。
そのうち道路側に近いところが改装されて、お土産や歴史資料館として観光拠点となっていました。
雪の中、規則正しく連なる屋根が美しいですね。

そうそう、庄内弁は語尾に「さ~」がよくつきます。
「大雪で、仕事さ行けねんども」とか、ほとんど通じるけど、新潟県とは全然言葉が違って面白いです。

酒田市はラーメンが有名で、20年ほど前に初めて行った時に食べたのが「ざるラーメン」
え? ざる蕎麦じゃなくて???
「そうさ~、ざるの上にラーメンがのっているんさ~」
と注文したのが、今でいう「つけ麺」
糸魚川では見たことがなかったけど、酒田市民は当たり前のようでした。

そんなんで、酒田はラーメンというイメージが強く、ラーメンを食べることに。
隣の蔵との間から自然光が入る窓際のテーブル席につきました。
ラーメンは750円。
ホットコーヒーがサービスだったので、珈琲を飲みながら待つこと数分。
座敷に団体様が到着して賑やかになった頃に、運ばれて来ました。

お~、シンブルイズベストって感じのラーメンです。
スープをごくり、あっさりしていて美味しいです。
細いちぢれ麺に、バラ肉のチャーシュー。
ナルト、ネギ、メンマで、ラーメンの王道です。
ずるずるずる、するっするっと入って胃袋に入っていきます。
この歳になると、こういう優しいラーメンが嬉しいんです。
めちゃくちゃ、旨い。
こってりしていないから、ついついスープをもう一口、もうちょっと、と飲んでしまいます。

「アルバイトの研修の帰りに寄ったラーメン屋覚えている?」
「ラーメンください、と言ったら、中華そばでしょ?っておばちゃんに言われたよね」
「なんか東京の人は、意地悪だな、って思ったわぁ」
「そうそう、中華そばって言い方知らなかったもん」
と、何年も会っていなかったのに、昔話で盛り上がりました。

おまけ
山居倉庫に展示されていた酒田大獅子の赤ちゃん獅子
黒が「けん」 赤が「こめ」
おもわず、花の穴に手を突っ込みたくなってやめました(笑)

酒田夢の倶楽
HP→こちら

※グルメメモ
2018年2月18日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

美味しいお店は地元民に連れて行ってもらうのが一番シリーズ!
え? いつからシリーズになったんだった?

てなわけで、今回は長岡市民が連れて行ってくれたお店は、中国四川料理喜京屋さん。
なんでも、中華の達人、陳健一さんのお店で修業したそうで、特に麻婆豆腐が、舌にビリビリくるくらい辛くてオススメなんですって。

店内は入口すぐがレジで、少しL字に曲がるとテーブル席。
壁側はベンチシートでした。

メニューは写真つきで、どんな料理か、オススメポイントも書いてあって、とっても見やすいです。
友達は迷わず、麻婆丼。
口から火を噴くなんて、私が食べたらゴジラになりそうだ。
う~ん、せっかくだから違うのを、ということで、海老ラーメン(800円)にしました。

雪の状況や、世間話をしていると、運ばれてきました。
料理が出てくるのが早い、のは嬉しいですね。

まずはスープをごくり。
優しい塩味です。
野菜がたっぷりで、ブロッコリー、薄切りカボチャまで見えます。
細い麺を、ずるずるずる。
うんっ、麺までしっかり塩の味がします。
味が染み込んでいるというより、もしかしたら麺自体に軽く塩味をつけているのかも。
海老は、大きくて、ぷりっとしていて、下処理が丁寧にされているという印象です。

地元民が行くお店は外れがないことが、長岡でも証明されました。

ちなみに麻婆は、一口で、ひぃ~、舌がピリピリくる、という刺激的な味でしたよ。

中国四川料理喜京屋
長岡市殿町1-3-9
0258-32-2417 
HP→こちら
長岡駅大手口を出て、駅を背にしてアーケードを左手方向。
最初の信号の角にあります

※グルメメモ
2018年2月3日時点の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

お正月のご馳走もいいけど、そろそろお餅も刺身も飽きてきた、ということで、糸魚川駅日本海口に隣接しているヒスイ王国館1階にあるタウンいとよさんへ行ってきました。

糸魚川駅に一番近い飲食店ということもあり、年末年始やGWは乗り換え時間で食事を済ませる方で混みあっていますが、回転が速いので少し待てば大丈夫です。

で、なんにしようかな。
寒いし、とろみのある広東麺(700円)なら最後まで熱いはず、と注文しました。

厨房は真ん中にあり、店員さんがテキパキ動いているのが分ります。
おっ、丼が取り出されました。
あれは私の広東麺に違いない。
待ってました、今年初のラーメン♪

まずはスープをごくり。
はぁ~、あったまる。
この優しい醤油ベースがたまりません。
ストレートに近い中太麺を、ずるずるずる。
少し茹ですぎのような柔らかさですが、ご馳走続きで弱っている胃には、これくらいがいいのかも。
かなり、とろみが強くて、細かい背油も浮いていて、最後まで熱々です。

茹で卵は、外側が茶色で、塩味がしっかりついていて美味しかったです。

ついつい、スープをもう一口、もうちょっと、と飲み干してしまいました。

タウンいとよ
糸魚川市大町1-7-11
ヒスイ王国館1階
025-553-1778
営業時間 11:00~14:30
定休日 不定休(12月31日と1月1日は休み)

※グルメメモ
2018年1月6日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください。

本日: 62人
合計: 403533人

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る