今日のおやつ@土井製菓(株)桂川湯けむり巡歌

今日は静岡に行って来た親戚からのお土産で土井製菓(株)さんの桂川湯けむり巡歌です。

古くから神様へのお供え物やお祝い事に使われていた黒米を練りこんだ、とあります。
ほほう、中身はどんなかな?
包装紙を外すと、ビニールに包まれていて、白い箱の中に和紙のような紙で1つずつ包まれたお菓子が12個並んでいます。
ピンクかかったオレンジ色した紙の端っこをねじって留めているような包み方です。

四角い餅で、周りは砂糖なのかな?
キラキラした白いものがついています。
ぺろっ、砂糖じゃないなぁ。
ん~と、白い最中(みたいなもの)を細かく砕いた感じです。

ぱくっ、もぐもぐもぐ、柔らかい餅の中は半分潰した状態の餡子です。
餅は黒米の色で、真っ黒というより、すごく濃い灰色ですね。
もぐもぐもぐ、私はこしあん派ですが、これは微妙に残した皮があった方が合っていると思います。
もっちもっちしているので、こしあんだとアッサリしすぎるんじゃないかな、っと。

楽しみにしていた船から見る富士山は悪天候で中止になったと残念がっていたけど、また旅行に行く理由が出来た、と思えばいいんですよね。
そして、またお土産が楽しみ(笑)

Tさん、ごちそうさまでした。

↓古代米は紫や赤といった色がついているイメージがある方も
 宇宙戦艦ヤマトの戦闘班長は古代進と知っているもクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です