糸魚川市横町 地魚料理すし活

海がない小千谷市からの友達を、お・も・て・な・し。ミシュラン掲載店地魚料理すし活

日本海が目の前にある糸魚川に来たら、そりゃ~みんな美味しい魚が食べたいと思うもの。
しかも、発売されたばかりのミシュラン新潟版に掲載されたお店となれば、ここに行きたい、とリクエストがあるのは納得です。

というわけで、横町にある地魚料理すし活さんへ。
すし活さんは、ランチ営業もしていて、大将をはじめ気さくな雰囲気なので、入りやすいです。
事前に席を予約しておいて、糸魚川に来たら食べてもらいたい親不知のもずく、甘海老の唐揚げをお願いしておきました。

おすすめの一品メニューから、ホタルイカの麹付け。
そう、糸魚川ではホタルイカもよく手に入るんです。
産卵時期になると波打ち際まで来て夜は青く光るから、網で簡単にすくい取れるとか。
私はもらうばかりなので、実際そんなに簡単なのかわかりませんが、新潟県内でも糸魚川の姫川港あたりまでしか取れないので、市外の人にとっては珍しいんですよ。

左上が親不知のもずく。横町すし活ミシュラン掲載店
天下の険親不知、荒波で育ったもずくは太くてしゃきしゃき。
スーパーで売っているカップ入りのもずくしか食べたことがない友達は
「わぁ、今まで食べていたもずくは何だったんだ?」
というくらい歯ごたえの違いに驚いていました。

右上の甘海老の唐揚げ。
ブラックタイガーかと思うくらい大きい甘海老が頭ごと唐揚げになっています。
糸魚川は甘海老の水揚げが多く、刺身だけじゃなく、こうやって唐揚げにしたり、小さいのはかき揚げにしたりして食べます。
新鮮だから、殻がぱりぱり香ばしいです。
「甘海老も揚げるなんて贅沢」
よしよし、いい反応だ。

右下の青いのは甘海老の卵。
宝石のような緑かかったようなブルーです。
糸魚川では卵を抱えた甘海老を見ることはあるのですが、市外の人だと
「初めて見た、きれ~い」
と感動する美しさです。
その甘海老の刺身に添えられているのは、甘海老の味噌を集めた海老味噌。
これだけで日本酒が呑みたくなるほど、うまみが凝縮されています。

さぁ、お待ちかね、握り寿司の登場です。
せっかくなので、奮発して上寿司です。
糸魚川の甘海老、バイ貝、脂ののったマグロ、みんな大好きイクラetc
そうそう、よく言われるのは糸魚川は刺身が分厚くて大きい。
そう言われれば、そのお店や金額にもよりますが、他で食べると刺身が食べ足りないってくらい薄くて小さいと感じることがありますね。

同じ新潟県でも、糸魚川の食はこんなに充実していると新しい発見があったようです。
ほんと、糸魚川ってサイコー!

地魚料理すし活
糸魚川市横町5-6-33
TEL 025-552-9257
営業時間…11:00~14:00、17:00~22:00(ラストオーダー 21:30)
定休日…月曜日
駐車場あり
HP→こちら

※グルメメモ
2020年9月10日の情報です

↓クリックすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です