今日のおやつ@(株)シュゼット シーキューブ焼きティラミス

今日は、糸魚川の町屋文化を守り伝える会の総会のために帰郷していた小川英子さんのお土産で、(株)シュゼットさんのシーキューブ焼きティラミスです。

小川さんについて、復習しておきましょう。
小川英子(おがわひでこ)さんは糸魚川出身の児童文学作家で、ベレー帽とメガネがトレードマークです。
「やぁ!」と片手をあげるのは、昔かららしく、某有名女性脚本家さんのエッセイ本にも登場しています。

なんでか知らないけど、小川さんの「糸魚川を盛り上げて発信していこう」という、ものすごぉ~い勢いに巻き込まれた第一号が私なんです(泣)

お菓子をいただいて食べると、小川さんの頭の中にあるアイデアに協力するハメになる、というパターン。
既に何年目だろう(泣・泣)
私も学習して、お菓子は小川さんが「帰りの電車に乗りました」というメールが来てから食べることにしています。
最近は、私も小川さんも、あちこち動いているからか、なかなか予定が合わず、いろんなことが全部終わって「明日帰る」という日にいただくことが増えました。
それでも、北陸新幹線で2時間だから、何日か間をあけてから、不意打ちに「やぁ」とあらわれないよな、大丈夫だよな、と確信してから食べることにしてます。

では、開けてみましょう。
ゴテゴテしていなくてシンプルだけど、大人ぽいパッケージですね。
兵庫県芦屋市のメーカーです。
ほう、なんとなく高級感、というイメージの地名だわ。
箱の内側には、ティラミスをどんなときも食べやすくしたい、ということから焼きティラミスが生まれたそうです。

へぇ~、では、さっそくいただきまぁ~す。
見た目はスイートポテトぽいけど、ぱくっ、もぐもぐもぐ。
あ~、ティラミスのちょっと下の方が珈琲シロップに浸かっているぽいところが、しっかりと再現されています。
珈琲の味がしっかりします。
焼いてあるので、ティラミスの上にかかっているココアパウダーが、ぱふっとなることはありませんが、かなりティラミスに近いです。
ティラミス特有のチーズ(マスカルポーネだっけな)の味もちゃんとします。
もぐもぐもぐ、これ、美味しいなぁ。

小川さん、ごちそうさまでした。

糸魚川の町屋文化を守り伝える会のホームページは→こちら

(株)シュゼット
兵庫県芦屋市公光町7-10-101
0120-917-225

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です