2018年 3月 11日

新潟市の友達から「上越で仕事だから夜なら糸魚川へ行けるよ」と連絡があったので、糸魚川駅日本海口に隣接していヒスイ王国館1階にあるだいにんぐばー徳菜光さんへ。

掘りごたつ式の個室を予約しておいたら、通された部屋は真田。
戦国武将の名前と家紋がそれぞれの部屋についているのですが、六文銭が嬉しい。

糸魚川に来たら海の幸。
てなわけで、他の地域に行くと珍しいと言われるものを注文。

まずは黒幻魚の天ぷら。
幻魚と書いて「げんぎょ」と読みます。
ゼラチン質で、歯がギザギザしていて、ちょっとグロテスクなのですが、干物にしたものを軽くあぶって食べると最高に旨いんです。
天ぷらにするとぬるぬる感がなくなって、サクサクとした食感になります。
付け合せのふきのとうが嬉しいですね。

奥に写っているのは、あんこうの唐揚げ。
あんこうも糸魚川の冬の味覚。
鍋が定番ですが、唐揚げにすると、淡泊でふっくらとした身がとっても美味しいです。

写真を撮り忘れていますが、メギスのすり身揚げもいただきました。
メギスはキスに似ている魚なので「ニギス」が標準語らしいのですが、糸魚川では「メギス」が当たり前のように使われています。
開いて天ぷら、丸もので煮つけや唐揚げ、すり身にして味噌汁にしたり、干したのもよく食べられます。
糸魚川では沢山水揚げされるので、スーパーで天ぷら用、生、干物と何種類か並んでいますし、家計の味方というくらいの価格なので、当たり前のように食べていましたが、市外に行くと売ってないんだとか。
ここのすり身は、さつま揚げのようになっていました。

食べてみたかったチーズタッカルビ。
カルビというから、牛肉だと思ったら、鶏肉。
野菜と、鶏肉がキムチで辛く味付けされていて、チーズでまろやかにしている感じです。
なんで、鳥なんだろ???
と、調べたら、カルビって牛肉の意味じゃなくて、韓国語であばら骨だそうです。
つまり、あばら骨あたりの肉がカルビ。
で、タッが鶏なので、鶏のあばら骨。
ほぉ~、なるほどね。
初めて食べたけど、野菜を沢山摂れて、辛さとチーズが好きな私はハマりそうです。

最後の〆は、徳菜光名物のハニートースト。
花火がパチパチ音を立ててくるので、これがインスタ映えってやつですね。
食パンを切りぬいて、蜂蜜とチョコレートをたっぷりかけて、染み込ませてあります。
壁(パンの耳)はカリカリで香ばしい。
いちご、ブルーベリー、ぶどう、バニラアイス、ストロベリーアイスとトッピングが多いので、それをのっけて壁の部分は手で持って食べるのがオススメです。
中身はふわふわで、しっかり蜂蜜が染み込んでいて、添えられているホイップクリームやアイスをつけたら、どんだけでも食べられます。

短い時間だったけど、楽しくて、美味しかったです。

だいにんぐばー徳菜光
新潟県糸魚川市大町1-7-11(ヒスイ王国館1F)
025-552-3751
17:00~23:00(22:30 ラストオーダー)
定休日 火曜日
月徳飯店グループHP→こちら

※グルメメモ
2018年3月11日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

本日: 92人
合計: 393552人

カレンダー

2018年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る