道の駅燕三条地場産センター レストランメッセピア4種のチーズのリゾットランチ

道の駅になったばかりの燕三条地場産センターにあるレストランメッセピアに行って来ました。

新幹線とJR弥彦線の燕三条駅から徒歩5分、
三条燕インターからも車で5分という立地の良さ。
しかも国道8号線と国道289号線も近くて便利です。

そうそう、この燕と三条。
新幹線は燕三条、インターは三条燕なんですが、燕と三条が
「おらの方を頭につけてくれ」とお互い譲らなかったとか。
そこで、新潟県出身の政治家(総理大臣をした方です)が
「新幹線は燕三条で燕が先。インターは三条燕で三条が先。これでいいだろう」
の一声で決まった、という逸話があります。

この道の駅、所在地は三条市だけど、燕三条地場産センターで燕が先ですね(笑)
略して「つばさん」と言うから、燕が先の方が言いやすいのかな。

っと、話がそれました。
レストランに入りましょう。
ゆるいカーブの建物で、大きな窓にはレースのカーテン。
どの席に座っても明るい感じの店内です。
奥には10人くらいかせ座れる個室もありました。

スーツを着た、きっちり感のある店員さんが、メニューを渡してくれました。
メニューに写真や説明が丁寧にあると選びやすくていいですよね。

4月のデイリーランチセット(月~金曜日)は1296円。
もとまち春きゅうりのビジソワーズ
メインは4種のチーズのリゾットかタンドリーチキンのマイルドカレー。
デザートは車麩と越後姫の抹茶風味
珈琲つきです。

チーズ大好き。
これにします。

カトラリーは、もちろん燕三条エリアで作られた物だそうです。
ノーベル賞の晩さん会に使われているのも燕三条って言いますよね。
すげぇ~な。

まずはスープが運ばれて来ました。
すり下ろした胡瓜と、ジャガイモも入ってます。
青臭さも、そんなになく、きゅうりのスープって初めて飲んだかも。

メインの登場です。
リゾットというから、ちょっと深みのある皿に、のっぺり盛られて出てくるのかと思ったら、丸く形成されていて、焦げ目をつけてあります。
粉チーズがパラパラ、リゾットの上にも薄いチーズが飾られています。
チーズが飾られている方には、更にとろりんと濃厚なチーズ。

チーズは
ラクレット(スイス)牛乳
ロックフォール(フランス)羊乳
ペコリーノ・ロマーノ(イタリア)羊乳
バルミジャーノ・レッジャーノ(イタリア)牛乳
だって。
まろやかなコク、ナッツのような香り、と説明まであるけど、違いが分かるかなぁ。
どれが、どれか、サッパリ分からない(笑)

ソースも3種類あるんだけど、トマトと胡瓜??? あとなんだろ。
店員さんに聞きまくればいいところを、打ち合わせしながらだから、全然リサーチしてません。

デザートもきれいですね。
車麩は糸魚川や上越でも作られますが、中越でも作るそうです。
丸い車麩の上にドーム状の抹茶ババロアがのっていて、越後姫(苺)が飾られています。
小豆も添えられてますね。
それにしても、フォークやナイフがピカピカ美しいなぁ。
車麩は、もっちりしていて、ぷるんとしたババロアもとっても美味しいです。

写真にはないですが、珈琲はお代わりをいかがですか?と勧めてくれました。

雰囲気もいいし、美味しいし、対応もいいし、月によってメニュー変わるみたいだし、また来たいなぁ、と思いました。

道の駅燕三条地場産センター レストランメッセピア
三条市須頃1丁目17番
0256-33-5841
営業時間10:00~21:30
※18:00~は完全予約制
定休日 第一水曜日
HP→こちら

※グルメメモ
2016年4月13日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

本日: 205人
合計: 377178人

カレンダー

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る