津南町㈱ごはん お米屋さんのグリテンフリー玄米粉Brownクッキー

十日町市の友達からお土産にもらったのは津南町㈱ごはんさんの「お米屋さんのグリテンフリー玄米粉Brownクッキー」

津南町は十日町市の隣、長野県と接している豪雪地帯で、ひまわり畑や秋山郷が有名な町です。㈱ごはん玄米粉クッキー
苗場山麓ジオパーク2014年12月に日本ジオパークに認定されています。
はい、ここ、日本や世界ジオパークの数や、ジオパークに認定された場所は糸魚川のジオパーク検定に出題される確率高いですよ。

さて、会社名が「㈱ごはん」というだけあって、パッケージはお米の袋になっています。
口を留めている紐の縛り方、どこでも同じだと思っていたら、農家によって縛り方が違ったり、癖があるそうで、出荷前のお米が盗難にあった場合、うちはこう縛っている、のが決め手のひとつになる、と聞いたことがあります。

話がそれました。
茶色の紙袋の中はビニールに入った丸くて茶色のクッキー。
原材料は新潟県産の玄米粉、こめ油、甜菜糖、米胚芽糖など、なんだか体によさそうなものが使われています。

では、いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、ザクッザクッとしたしっかりした歯ごたえです。㈱ごはん玄米粉クッキー中身
端から真ん中まで、密度が高いというか、ギュッと詰まっているような感覚です。
もぐもぐもぐ、噛んでいるうちに、玄米を食べているかのような香ばしさが出てきます。
そっか、これ、クッキーだけど、小麦粉、バター、卵を使っていなくて、玄米粉だもん。
非常食の乾パン代わりに、このクッキー、というのもいいかもしれません。

私は、根菜とか歯ごたえのあるものが好きなので、この食感、好きです。
早食いを抑えられて、必要以上に食べ過ぎないのも、ポイント高いです。
食物繊維、ビタミンEと、おやつを食べながら体に必要なものを取り入れられるのもいいですね。

Yさん、ごちそうさまでした。

㈱ごはん
新潟県中魚沼郡津南町
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川のブログが見られます
にほんブログ村ロゴ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です