直江津の記事

6月2日(土)
糸魚川市は快晴。
明日から雨が続く予報です。

さて、本日放送のUX新潟テレビ21「まるどりっ!」の
「ズックでいこう 旅してちょうない」コーナーは直江津。

UX新潟テレビ21「まるどりっ!」
毎週土曜日9:30~
UX新潟テレビ21→こちら

やまだみつるさんのブログは→こちら

クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

直江津にある「洋食屋さん」という表現がピッタリなレストランペニス。

味噌カツを食べてから、次は「ハヤシライスを食べたい」と思い続けていました。
直江津に行く機会は何度があったのに、なかなか食べられずにいました。
やっと、念願かなって注文です。

待ってました、これがハヤシライスです。
じっくり炒めた玉ねぎ、椎茸からじわぁ~としみ込んでいるソース。
すっげぇ~、うまい。
こんなに美味しかったら、次は味噌カツ食べるか迷っちゃいます。
ただでさえ、ナポリタンもお勧めって噂を聞いているのに・・・。
ベニスさん、ハマりそうです。

友達はAセットを注文しました。
ハンバーグにエビフライ、ボートをひっくり返したようなライスの盛り方が懐かしいですね。

レストラン ベニス
上越市中央1-5-4
025-543-1376
直江津駅北口を降りて徒歩3分
駅を背にして左手側
海産物の佐藤商店さんの二階

※駐車場はコインパーキングが近くにあります。
30分100円(最大500円)
詳しくは→こちら

↓ベニスといえばイタリアを想像する方も
ベニスの商人のストーリーを言えない方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

直江津駅から徒歩すぐにあり、電車待ちなどに重宝されている「なおえつ茶屋」さん。
おかみさんの人柄につられて、常連さんになった方も多いのではないでしょうか。

何度も行っているのに、なおえつ茶屋さんでランチをするって、まだしてないじゃん!と気づき「おかみさん、時間ですよ」ならず「おかみさん、オーダーですよ」と注文しました。
※友達と行ったんですよ。けっして一人で、全部食べているわけじゃありません。

まずは「茶屋ランチ」
茶屋ランチは日替わりで、なるべく地元産の野菜を使った料理になり、ご飯ものになるか、麺類になるかは、その日(その時)によって変わるそうです。
この日の茶屋ランチはパスタ。
ナポリタンのようなトマトベースと、白いキノコベースでした。
茶屋ランチの特記すべきことは「夜でもランチのオーダーがOK」
人それぞれに昼食時間があり、日が暮れてからお昼という方もいるから、だそうです。
おおっ、さすが。
人はそれぞれ違うんだよ、という、おかみさんの気持ちが現れていますね。
ちなみに、茶屋ディナーもメニューにありますよ。

続いて「からむしグリーン焼きそば」
「からむし」とはイラクサ科の多年生植物で別名「苧麻」
丈夫な繊維が取れることから、越後で盛んに栽培されていたそうです。
その「からむし」の若葉を摘んで粉末にしたものを練りこんだのが「からむし麺」
乾麺で販売されているのをいただいたことがありますが、群馬県の「水沢うどん」のような細めでコシがある麺です。
パッケージの商品名も「干しうどん」となっていました。
詳しくは→こちら
「からむしグリーン焼きそば」は麺の色もグリーン、使う季節の野菜もグリーンで、
糸魚川ブラック、妙高レッド、上越ホワイトに続いて、上越エリアご当地焼きそばに食い込んできそうなインパクトがあります。
妙高名物の「かんずり」と混ぜながら食べると、ちょ~旨い一品です。

おまけ
東京ミルクチーズ工房さんの「蜂蜜&ゴルゴンゾーラクッキー」
私がチーズ好きだと言うのを覚えていたsecoさんからいただきました。
茶屋の珈琲と一緒にパチリ。
「おぬし、なかなかのものよのぉ~」と言いたくなるほどのハイクオリティーなクッキーでした。

なおえつ茶屋

上越市中央1-5-2
025-539-5205
HPは→こちら

↓5月13日の、ご当地グルメ対決「食の嵐in糸魚川」が楽しみな方も
「おかみさん時間ですよ」世代の方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は直江津互の市冬の陣の帰り、近くにある(資)三野屋さんで買って来た「抹茶ロール」と「栗ロール」です。
12月から月に1度参加している互の市が終わった後は(資)三野屋さんに寄るのが楽しみになっていました。

写真はセロファンを外した状態ですが、1個ずつ透明な袋に入っていて、帯のようにクルッとまかれていました。
帯を半分外すと、手を汚さずに持って食べられるようになっているんです。
写真を撮る時にセロファンは反射してしまうので、外してしまいましたが、切る手間もないロールケーキって便利だわぁ。
しかも、抹茶も食べたい、栗も食べたいって時に2本も買うと多いよなぁ、と思う日も、このロールケーキなら好きな分だけ買えるんです。

では、さっそく左の抹茶ロールから、いただきまぁ~す。
写真を撮っている時から、濃い抹茶の香りがプンプン漂ってきています。
ばくっ、もぐもぐもぐ、しっかり焼いて、ギュッと巻いた感じの生地にたっぷり挟まれたクリームはバタークリームです。
日本の味には、生クリームよりバタークリームの方が合うのかもしれません。
もぐもぐもぐ、抹茶を飲んでいるかのような濃い味に負けないバタークリームです。
日本庭園を眺めながら、ちょっと一服って時に食べたい味です。
洋菓子なのに、和のテイストが強いのは三野屋さんらしい、と言えますね。

続いて栗ロールを、もぐもぐもぐ。
こちらも栗をペースト状にしたバタークリームです。
シンプルな生地が栗の味を引き立てています。
もぐもぐもぐ、洋菓子を食べているのに錦鯉が泳ぐ庭園でくつろいでいる気分になります。
これは普段ケーキは食べないという年配の方にもウケがいいんじゃないかしら。

小包装で生クリームのロールケーキより日持ちがするので、お土産にしても良さそうです。

(資)三野屋
上越市中央1-1-11

025-543-2538
直江津駅北口から徒歩1分。
直江津駅を背にして2つ目の信号の右手にあります

↓三野屋さんと言ったら継続団子だと思う方も
ロールケーキのクリームって「の」に見えると思う方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

3月10日(土)
糸魚川市は雨。
今日は冷え込んでいますので少し温かい格好でお出かけください。

雪解けがすすんでいますが、大糸線は運休の延長が決定しました。
雪のため、大糸線では雪崩の危険性があり、列車運行の安全が確認できるまでの期間
2月1日〜3月27日、始発列車から最終列車まですべての列車が全区間運転取りやめとなり、代行輸送を実施致します。
なお、代行バスは道路状況によっては、列車時刻で運転できない場合と接続列車への接続ができない場合があります。】
詳しくはJR西日本列車運行情報→こちら

今日はなおえつ茶屋さんで開催されている直江津互の市に参加しています。
イノヤさんのパンは定番の牛乳パンだけではなく、クリームパンやチョコレートデニッシュといった菓子パン、リクエストの多かったラスクも並んでいますよ。
当初の予定では10時まででしたが、好評につき11時まで開催しています。

直江津互の市冬の陣
場所 なおえつ茶屋
開催日 5と0がつく日(3月30日まで)
時間 7:00〜11:00
なおえつ茶屋は引き続き通常営業(カフェ)となります
※月曜日は定休日のため、互の市が終了次第閉店になります

なおえつ茶屋
上越市中央1-5-2
025-539-5205
HPは→こちら

↓新年度が始まるまでに大糸線の雪が解けるといいなぁ、と思う方も
小さな壺に入った「かんずり」がなおえつ茶屋さんで販売していると知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は直江津互の市冬の陣の帰りに買って来た
(資)三野屋さんの「さくら餅」です。

互の市は「0」と「5」のつく日に三野屋さんの隣で開かれているのですが、寒い冬の間はお休みしていたんです。
なおえつ茶屋のおかみさんが「それなら茶屋を解放するから続けましょうよ」と呼びかけ開催が決定したそうです。
私とイノヤさんのパンは月に1回しか参加できませんが、
美味しいお総菜と、新鮮でお得な野菜(珍しい品種の人参や大根などもあります)
そして何より人と人との交流がとても楽しい朝市なんです。

帰りに近所にある三野屋さんで季節の和菓子を買うのも恒例になりました。
今回は販売しながら北風にハタハタなびくピンク色の旗「さくら餅」が、ずっと気になっていました。
直江津小町と言っていいほど美人な若奥様が朝市に来られたので
「道明寺と呼ばれている方ですか?それとも生地がクレープみたいな方ですか?」と聞いたら
「米粒が残っている方ですよ」
やったぁー!です。
私は「さくら餅」は生地がペロンとしているのではなく、餅米を粗くつぶしたような方が好きなんです。

いそいそと「さくら餅」をゲットです。
では、さっそくいただきまぁ~す。
パッケージをあけると春の香りがします。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、しょっぱいくらいの桜の葉っぱと、もちもちした桜色の餅。
そして甘さを控えたこしあん。
お互いが引き立てあい、すっごく美味しいです。
私は桜の葉っぱを一緒に食べる人ですが、味気ない葉っぱは途中でゴミ箱行きになることがあります。
でも、この葉っぱ、しっとりしていて、それだけ食べてもいいくらい美味しいぞ。
餅とあんこと、めりはりがあって、すごくいい!
もぐもぐもぐ、よ~く見ると小豆はビミョーに皮が残っていますが、このくらいの潰し方は、こしあん派の私でも平気です。
この餅の「半殺し」(半分潰した状態を「半殺し」というのは方言かしら?)具合も、私好みです。
久しぶりに「思っていた通りの桜餅に出会えた」気分です。

(資)三野屋
上越市中央1-1-11

025-543-2538
直江津駅北口から徒歩1分。
直江津駅を背にして2つ目の信号の右手にあります

↓桜餅の葉っぱが苦手な方も
季節の変化を食で感じる日本は素晴らしいと思う方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は友達からの差し入れで
上越市直江津駅南口近くにあるフランス菓子レ・ドゥーさんの焼き菓子です。

このレ・ドゥーさん、ALEXのお客様の中でも美味しいと評判になり、
その話を聞いたお客様から「行ってきました。オシャレなお店でした」と何度かいただいたことがあるのです。
「早く本命もらいなよ」と義理チョコをあげていた友達からもホワイトデーは、ここのシュークリームだったこともあります。
私はまだ一度も行った事がないのですが、また貰っちゃいました^_^;

今回はなんだろな、っと紙袋から取り出します。
おおっ、なんだか可愛い色合いのチョコ?
よく分からないけど、ピンクが気になるので食べてみます。
ふたを開けると、ん~、なんだろ、この香り。
ストロベリーを想像していましたが、ラズベリーのような匂いがします。
手に持つと、ふにゃんと、すっごく柔らかくてぷにぷにしています。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、わぁ~、不思議な食感。
マシュマロなのかな?
なんせ初めて食べる歯ごたえです。
ふわっとしていて、舌で押すとぷにょ、と弾力があり、でも溶けていくって感じで、なんなんだ、これ!
正体を探るべく、容器の底から紙袋から商品名を探してみましたが、ない!
紙袋には「名称焼き菓子 原材料小麦粉、卵、バター、砂糖、アーモンドパウダー、くるみ、膨張材、香料」と賞味期限しか書いてありません。
賞味期限は一週間で、品名が書いてありません・・・。
謎だ、すごく謎だ・・・。
マシュマロなのか、それとも新しいお菓子なのか、買った本人は帰っちゃったし、メールしても返事がないし、これは直江津に行った時に買いに行って確かめるしかない?
ちなみに味はラズベリーのような独特の酸味です。
舌の残る渋みがあるっていうか・・・。

ちなみに白い方は、ぱくっ、もぐもぐもぐ、あ~、ミントかな、これ。
ところどころにグリーンの葉っぱみたいなのが練りこまれています。
ほんのり甘いのに、歯を磨いている、この感覚。
私はハーブ系が苦手なんです。
ミントティーは蜂蜜入れようが、なにをしようが飲めません。
ん~、ハーブが好きか嫌いかで評価が分かれる味ですね。
飲み込んだ後も口の中がスースーします。
私、そう言えばガムもあんまり噛まないんだよなぁ。

じゃあ、気を取り直して、生チョコぽい茶色の筒をあけてみます。
ココアのいい匂いがします。
手に持つと・・、あらぁ~、生チョコじゃありません。
これも同じように、ふんにゃり柔らかいです。
写真を撮るために、つまんでいる間に、びにょ~んと伸びて逃げようとします。
ぱくっ、逃がさないわよっ!
もぐもぐもぐ、おおっ、これはほろ苦いココアパウダーで食べやすいです。
駄菓子のチョコが入ったマシュマロの高級版って感じです。
こっちはスースーすることもなく、美味しいです。

もう1パックは黄色×白の組み合わせで、おそらく同じシリーズのフレーバー違い、
もう1パックはフィナンシェみたいなものだと思うのですが、
口の中のスースーを歯磨きでごまかさないと、ね。

Sちゃん、ごちそうさまでした。
商品名覚えていたらメールください。

業務連絡「Mさん、今年も逆チョコはレドゥーのシュークリームを待っています」

フランス菓子レ・ドゥー
上越市東雲町2-3-53
025-545-2670

↓ミントを庭に植えたら増えすぎて困ったことがある方も
ハーブじゃなくても日本にはシソやドクダミなど身近に薬草があるじゃん、と思う方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は15日に参加した直江津互の市冬の陣inなおえつ茶屋の帰り、
近くにある(資)三野屋さんで買ってきた、義の塩まんじゅうです。
継続団子が有名な三野屋さんですが、季節を感じる和菓子が並び、しかもハズレがない。
今日は何にしようかな、と直江津にいくたびに楽しみにしているんです。
とても綺麗なお花の饅頭を発見。
義の塩饅頭と、茶饅頭も入ったセットを買いました。

日本茶を入れて食べようとしていたところに、先輩が来て「まぁ、綺麗なお饅頭、押し花だね。初めてみたよ」
おばあちゃんにあげたい、というので、お花の饅頭と茶饅頭は先輩のお家へ。

私はエメラルドグリーンを薄めたような謙信公義の塩饅頭をいただきまぁ~す。
割ってみると、中身は白あんです。
あれ、饅頭なのに磯の香りがします。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、白あんは塩味です。
饅頭=甘いという思い込みで食べると、あははは、すごくいい意味で裏切られます。
もぐもぐもぐ、皮に混ぜられているのは青のりですね。
これが磯の香りの正体だと思います。
ちょい、しょっぱいじゃなくて、塩の旨味があるしょっぱさです。

同封されていたパンフレットを読むと
【故事「敵に塩を送る」
越後の名将、上杉謙信公は甲斐国武田半減の領民が塩留めに困っていることを知り、敵国にかかわらず塩を送り続けました】
明日はどうなるか分からない戦国時代でも、義の心を持ち続けた謙信公は、越後の誇りですね。

(資)三野屋
上越市中央1-1-11

025-543-2538
直江津駅北口から徒歩1分。
直江津駅を背にして2つ目の信号の右手にあります

↓謙信を演じた役者さんの中で、NHK大河ドラマ武田信玄の柴田恭平さんが好きだと思う方も
糸魚川市から松本へぬける「塩の道」を歩いてみたい方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

毎月、5と0のつく日に直江津で開催される互の市。
冬の期間は、なおえつ茶屋さんに場所を移し続けられています。

12月10日に続いて、互の市にお邪魔してきました。

ちらちら雪が降る、寒い朝になりましたが、
市を楽しみにされている近所の方が「キャベツない?」「珈琲で温まろう」と足を運ばれました。
なおえつ茶屋のおかみさんが一生懸命宣伝していただいたおかげで
「牛乳パンちょうだい」と買いに来られる方もいました。

コツコツ続けることは大切ですね。
互の市は冬でも開催している、と少しずつ認知度は上がっているようです。
「朝市やっています」と大きな看板も出来ていて、車で通過する方にもPRされていました。

と、前回アッと言う間に売り切れて買えなかった人参をゲットです。
確かパープルスティックという名前だったような・・・。
細くてスラリとした人参です。
紫の縞模様がとても綺麗で、生で食べると甘くて美味しいんだって。

また、隣に並んでいた大根も買ってみました。
長江青長という種類で、ネズミみたいな形をしています。
大根おろしにしてみようか、と考え中。
作っているおじちゃんいわく
「生野菜を食べなきゃダメだよ。これ食べたら風邪ひかないよ」
確かに、新鮮な野菜を食べたら風邪も近づけないような気がします。

私が「糸魚川から来た」というと90歳を超えるおじいちゃんが
「奴奈川姫は大国主命と結ばれて、信州の諏訪の神様を産んだんだ。
御風さんは校歌を沢山作ってる。
翡翠文化は今の朝鮮半島から渡ってきた人達が技術を教えたらしい」とニコニコとお話しをされました。
とても広い知識をお持ちの方で、補聴器もつけずに会話をされるのでお年を聞いてビックリしました。
ひょい、と帽子をかぶり雪の中、スタスタを歩く後ろ姿はカッコイイなぁ。
ハウスで野菜を作っているというので、やはり野菜を食べると元気になれるんですね。

次回の開催日は20日(金)
私とイノヤさんのパンは、来月また参加する予定です。

直江津互の市冬の陣
場所 なおえつ茶屋
開催日 5と0がつく日(3月30日まで)
時間 7:00〜10:00
なおえつ茶屋は引き続き通常営業(カフェ)となります
※月曜日は定休日のため、互の市が終了次第閉店になります

なおえつ茶屋
上越市中央1-5-2
025-539-5205
HPは→こちら

↓人参は子供が好きな野菜になってきているのを聞いたことがある方も
大根足とバカにされたら「あら、そんなに白い?」と切り返す方法を知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は、直江津で買ってきた(資)三野屋さんの越後道中餅です。
店内には森光子さん主演の「放浪記」のポスターが貼られています。
そう、林芙美子さんは三野屋さんの継続団子を食べて生きる力を取り戻したんですよ。
直江津駅前には、最近記念碑が建てられました。

私は祖父に似たのか餅が大好き。
ちなみに一番好きな食べ方が、安倍川もち。
そう、きな粉をまぶして食べるのが好きな私にとって、道中餅は餅を焼く手間がなくて最高なんです。

丁寧に風呂敷のような包をはずして、っと。
包には草色で道中餅と書かれています。
爪楊枝が入っている袋にはお菓子司なおえつ三野屋と店名が入っていて、黒蜜は小袋に入っています。
山梨県の「信玄餅」は、確かお弁当に使う醤油さしの四角い版みたいな容器に黒蜜が入っています。
新潟県の出陣餅も、そうじゃなかったかな?
三野屋さんの黒蜜が一番「最後まで出しやすい」です。
ここ、大事です。
私は黒蜜を最初に全部かけないで、少しとっておき、
最後に残ったきなこと混ぜて食べるのを楽しみにしているんです。
最後の一滴まで搾りだせるのは、いいぞ、とってもいいぞ。

包を広げて、蓋をはずし、黒蜜を餅の上にたらします。
この包ってよく出来ていて、こうやって広げることによって、きなこが飛び散っても片付けやすいんです。
準備完了、ぱくっ、もぐもぐもぐ、
柔らかくて、もちもちした餅自体が少しだけ甘くて、美味しいです。
ん?そういえば、三野屋さんの餅には色がついています。
おおっ、よもぎが使われているんですね。
商品名のように道中には「よもぎ」がよくあります。
包紙の草色は、よもぎ色だったんです。
もぐもぐもぐ、餅を食べて、きなこに黒蜜を足してっと♪
爪楊枝で、こねこねしていると塊になってきます。
これをパクっとするのが好きなんです。
ああ、満足、満足。

今までお土産とか、何かのお返しとかで食べることはあっても自分で買う事はなかったのですが、
次に直江津行った時に、また買ってくると心に決めました。

(資)三野屋
上越市中央1-1-11
025-543-2538
直江津駅北口から徒歩1分。
直江津駅を背にして2つ目の信号の右手にあります

↓餅は海苔を巻いた磯辺焼きが好きな方も
お正月の朝「餅いくつ食べる?」と家族に聞いてから焼く人もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

3 / 512345

本日: 154人
合計: 388562人

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る