2017年 3月 5日

今日は、新潟市の友達からのお土産で、江口だんごさんのうぐいす餅&桜餅です。

江口だんごさんは、長岡市の超有名店。
2階が喫茶になっているそうなんですが、週末は最低30分待ちだとか。
念願叶って、初「江口だんご」です。

包装紙は、深い緑色。
ハーアェーイヤーで始まる文字は、何かの歌のようです。
城下町、千本桜とあるので、長岡の民謡か小唄なのかな。

さてさて、中身は、これ。
「春セット」と書いてある通り、春らしくうぐいす餅と桜餅です。
ぷぅ~んと、桜餅の香りがします。

糸魚川では、祭りの時に食べる「きなこ餅」が優勢で、うぐいす餅を食べる機会が少ないんです。
きなこ餅は、角が丸くて、うぐいす餅は先っぽがキュッとなっていて、鶯の形をしていますね。

では、うぐいす餅からいただきまぁ~す。
ぱくっ、おおおっ、めちゃくちゃ柔らかいです。
餅が薄くて、こしあんたっぷりです。
丁寧にこされた感じの、こしあんで、モロ私の好みです。
もぐもぐもぐ、甘さ控えめで、これなら何個でもイケちゃいそうです。

続いて桜餅。
桜餅って、米粒のと、生地を焼いたような2種類がありますが、これは米粒バージョンです。
道明寺とも言うんでしたっけ。
生地を焼いた方は関東風で、道明寺は関西風だとか。
私は、道明寺の方が好きですよ。
花より男子では、道明寺より、花沢類派ですけどね←どうでもいいか(笑)
桜の葉っぱが得意ではないから、外して食べるという人もいますが、私は、このちょぴっと塩気のあるぱっばが好き。
だって、桜餅でしか食べる機会がないし、桜餅自体、春しか食べられないんだもん。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、糸魚川だと半分くらい潰した状態を「半ごろし」と言いますが、これは7分くらいかな。
餅の手前というくらい米粒がつぶされています。
もぐもぐもぐ、あ、この桜餅、白あんです。
珍しい!
こっちも上品な甘さで、何個でも食べられます。

なのに、隣から「食いすぎ、だから太るんだよ」と、ツッコミが入ったので今日のところは1個ずつにしておきます。

Hさん、ごちそうさまでした。

江口だんご
長岡市宮本東方町52-1
0258-47-4105

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

本日: 160人
合計: 338093人

カレンダー

2017年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る