静岡県の記事

今日は静岡県伊東市にある道の駅伊東マリンタウンで買って来た、(株)いっしんさんのうり坊・ぐり坊・さざえ最中・胡麻最中です。
道の駅では和洲、本店は一進堂という店名になっているようです。

お土産用の箱詰めだけではなく、何種類かは、こうやってバラ売りをしていました。
だって、もぐもぐ日記を書く私にとって、このさざえとホタテの形をした最中、とっても気になったんだもん。
うりとぐりも食べてみたいじゃん。

てなわけで、手前の左のうり坊からいただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、ココアパウダーが振りかけられています。
小麦粉とかじゃなく、白あんを蒸したお菓子です。
真ん中には、外側よりさらにしっとりとした黄身餡が隠れていました。
パンフレットには「和風ティラミスともいえるお菓子」とあります。
ん~、確かに。

続いて、ぐり坊。
ぐり、とはグリーンティーのことかな?
と、再びパンフレットを読むと「伊豆以外では入手困難なお茶ぐり茶を使用」
ほほう、静岡はお茶どころ。
その中に「ぐり茶」なんてあるんですねぇ。
こっちも外側と真ん中の二重構造となっています。

そして、さざえ最中。
この形、ウケるわぁ。
とげとげも再現されている(笑)
ぱくっ、もぐもぐもぐ、粒あんですね。
それも粒々した粒あんじゃなくて、しっかり練ってあって、こしあんに近いです。
こしあんに皮が残っている感じですね。
ねっとりとした餡です。

最後はホタテの形の胡麻最中。
お~、白い皮に黒々とした胡麻で白黒はっきりしています。
胡麻のいい香りがして、とっても美味しいです。

4点とも、見た目のインパクトがあって、珍しいさ満点だと思います。
しかもお土産なのに、どこにもない味というのが気に入りました。
なんといってもバラ売りで味を確かめてから箱を買うってできるサービスもいいと思います。

↓ぐりとぐらの絵本が好きな方も
イノシシの子供はうりのような縞模様があるため、うり坊と呼ばれていると知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は「静岡に行って来た」という親戚からのお土産でマルコシ製菓(株)さんの「蒸ししぐれ」です。
静岡県東伊豆町にある銀水荘さんのお土産として有名なんだそうです。

薄紅色に紫色で、なんとなく「源氏物語」とか、そんなような色合いです。

では、さっそく、開けてみます。
つるつるしたただの白い箱ではなく、蓋にはちょっとエンボス加工がされています。
紫色の箱の中に横長の包みが9つ並んでいます。
おっ、薄紙でちょっと変わっていますね。
がさごそ開くと、こした餡子が、ころんとしています。
半分に割ってみると、中は黄身餡ですね。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、ほろほろと口の中で崩れる硬さです。
あんこなんだけど、甘さ控えめで、あっさりしています。

ホームページを見ると「お着きお菓子」とあるので、部屋に入るとテーブルの上にあって、日本茶ととりあえず一服ってお菓子ですね。
確かに、これなら旅の疲れも取れそうだし、夕飯前に食べても影響なさそうです。

Tさん、ごちそうさまでした。

↓旅館に着いたら夕飯前にまず大浴場という方も
部屋にあるお菓子を売店で探して土産にする方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

 

静岡県伊豆半島の観光ではずしちゃいけないのが浄蓮の滝。

浄蓮の滝は高さが25メートル、滝つぼの深さは15メートルもあるそうです。
夏でも冷たい水が流れ、わさびが育てられていました。

石川さゆりさんの「天城越え」が流れる駐車場から階段を下ること約10分。
ゴーと音とともに滝が現れます。
浄蓮の滝の近くにある岩も河津七滝と同じような石柱みたいな形です。
火山の噴火で流れた溶岩が浄蓮の滝をつくったということは、溶岩が冷えて固まった形なのかな?
新緑と滝と、マイナスイオンでまくり、なんとなく深呼吸したくなるスポットですね。

滝から流れている川では渓流釣りを楽しむ人々が。
小さい子どもでも釣れるように、石をプールのようにしてある場所もありました。
上から見ていても魚の姿が見えるくらい澄んだ水です。
つり竿は売店で借りられるようで、竹でつくったレトロな竿が立てかけてありました。

わさび漬けや、山葵のイラストが描かれたハンドタオルなどが並んだ小さなお土産店が並んでいたので、ぷらぷら見ていると「わさび醤油くしだんご」なんて文字を発見!
しかも「新潟のおだんごと天城のわさび最強の組み合わせ」なんて書いてあるじゃないですか。
太平洋側の静岡県に来て、まさか我が新潟県の文字を見つけるとは、なんとなく嬉しいです。
「最強の組み合わせ」食べてやろうじゃないの、と1本買ってみました。
注文を受けてから焼くみたいで、温かいのが渡されます。
じゃ~ん、これが「わさび醤油くしだんご」だ!
浄蓮の滝とのツーショットをパチリ。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、ごまがトッピングされていて醤油団子に、ちょいわさび味って感じです。
「わさびはサービスで~す(ハート)」と書かれていたんですが、私はわさびが苦手なんです。
つけなくていいんです。

ふ~、満足したぞ。
さて、駐車場に戻ろうか。
帰りは登りです。
20分くらいかかって、ひぃ~こら階段をあがります。
「団子とか食ってばかりだから体が重いんだよ」
階段の上で冷たい目で見下ろす家族って・・・。

※行ったのは平成24年4月30日です

浄蓮の滝観光センターHP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

静岡県伊豆半島の河津町にある「天城山隧道」
川端康成の「伊豆の踊子」のトンネルとして有名だそうです。
と、行っても私は伊豆の踊子を読んだことがありません・・・。
どちらかと言うと石川さゆりさんの「天城越え」のイメージです。

国道414号を河津町から伊豆市の方へ向かい、途中から旧道へ入ります。
くねくねと山道をのぼります。
時々ハイキングしている人を追い越し・・・、っと!
いきなり砂利道です。
ツーリングマップだと「ダート」ってやつですね。
えっ、工事中?と思いつつ、速度を落として慎重に運転。
前を走る車の砂煙をかぶらないように車間距離をあけ、のろのろのろ。。。
「そんなにトンネル見たい?」
ハンドルを握る家族が愛車の心配をします。
すぐ着くよ、ここまで来たら、天城ぃ~ごえぇぇ~、の気分味わいたいもん、と説得。
ガタガタガタ・・・「まだかよ」
ちょっと不機嫌になりかけた頃、到着です。
河津町方向からだと駐車場も数台分で、あいにくの満車。
路肩に停めて「興味ないし、サッサと写真撮って来い」とブツブツうるさいドライバーを車にのこして撮影です。

馬蹄のようなアーチの石造りのトンネルです。
てっきり歩行者専用になっているのかと思ったら、車のヘッドライトが!
びっくらこいた。
対向車がいたら擦れ違いなんてできないし、どちらかがバックですよね。
やだやだ、こんな暗くて狭いとこのバック、私なら絶対に壁にガリガリ擦ってしまいます。
と思いつつ、壁をパチリ。
はい、これで満足です。

では、次の目的地、浄蓮の滝をめざします。

「トンネル通るのもヤダよ」と再びブツブツ言いながら砂利道を引き返しました。

そうそう、調べたら、この天城山隧道交通規制があるんですね。
旧国道414号交通規制のお知らせ
期間 5月21日(8:30)~6月29日(17:15)  
区間 旧天城トンネル(伊豆市側)~国道414号までの間 
内容 車両通行止め 歩行者通行可
伊豆河津町観光協会HP→こちら

※行ったのは平成24年4月30日です。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

静岡県伊豆半島の旅「河津七滝」と「河津ループ橋」編です。
※行ったのは平成24年4月30日です

七滝に行くには414号線をループ橋に向かい、ループ橋の付け根のあたりから脇道に入ります。
下から見上げると、ループ橋の高いこと。
子どものおもちゃのミニカー立体駐車場みたいです。

ちなみに「河津七滝」は「かわづななだる」と読むそうで、滝を「タル」と呼ぶのは平安時代から続いている民俗語で、水が垂れるという意味の「垂水(たるみ)」がルーツなんだとか。
そう言えば「石ばしる たるみの上のさわらびの 萌えいづる春に なりにけるかも」(志貴皇子)という歌、
中学か高校で習った記憶があります。

町営の無料駐車場に車を停めて、歩いてすぐに「出合滝」の入口があります。
階段をトントンと下がると、ゴォーと水の音が響いてきます。
けっこう近いんですね。
石が柱のように規則正しく同じ方向に並んでいます。
えっとぉ~、この石柱みたいな石の形状、なんて言ったかな。
どうやってできたか、石の形状の名前を分かる方は、ぜひコメントで教えてください。

出合滝は2つの川が合流するところにあるため「出合滝」と言います。
「出会い」じゃありませんよ、河津町役場HPでも、看板にも「出合滝」となっています。

出合滝の近くには「出合茶屋」があり、お土産や食事処となっています。
丸いポストがレトロでいいですね。
なにか面白いものはないかなぁ、と見ていると炭火でこんがり焼かれている「出合茶屋特製みそだれ焼きだんご」を発見。
もぐもぐリポーターとして、これは食べておかなくちゃいけません。
時代劇でも茶屋では団子と決まっています。
さっそく1本買ってみると、これが美味しい。
みそだれには胡桃が入っているんじゃないかしら。
びよ~んと、よく伸びて香ばしい団子でした。

他の滝も見学したいところでしたが、体力と時間に余裕がなかったので「また来よう」ということに。

ぷらぷら歩いて駐車場に戻る途中、生ジュースのスタンドがありました。
イタリアのポンペイ遺跡の入口で売っていたレモンジュースを思い出しました。

滝歩きで乾いた喉を潤そうと、私も列に並びニューサマーと甘夏を1杯ずつ買ってみました。
ニューサマーは初めて聞いた名前ですが、静岡県ではポピュラーなんですって。
黄色い皮で小ぶり、林檎みたいに皮を薄く向いて白いワタの部分ごと食べるそうです。
ジュースにするとレモンとオレンジの中間のような味です。
酸っぱさと甘さが、とっても美味しくて私は気に入りました。

甘夏の方は、特有の苦みがあります。
ジュースで飲む機会はなかなかないけど、甘夏ってこんなに美味しかったんだと再認識させられました。
ジュースを絞っていた男性いわく
「柑橘類は収穫してすぐより、少し寝かせて熟成させると美味しくなる」
ちなみに、この作業は腕より腰が痛くなり、暑くなればなるほど忙しいとのこと。
他にも清見オレンジも並んでいました。
時期によって種類変わるのかもしれませんが、飲んで損はない生ジュースですよ。

このあと、ループ橋をグルグルまわり、旅は天城山隧道と浄蓮の滝へと続きます。
ループ橋は、すごいGがかかり、まるでジェットコースターに乗っているかのような感覚。
登りでもすごいんだから、下りはもっと目が回るかもしれませんよ。

このあたりから頭の中は石川さゆりさんの「天城越え」

河津町役場HP→こちら

↓河津町は河津桜発祥の地と知っている方も
カラオケで「あまぎぃ~ごえぇ~」とサビの部分が上手く歌えない方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

静岡県南伊豆町弓ヶ浜は日本の渚百選にも選ばれている海水浴場です。
伊豆半島を、ず~と下っていき先端のあたりにあります。

湾になっていて、波もおだやかですね。
※撮影日は平成24年4月30日です

日本海側の人間なんで、太平洋ってどんな味がするのか気になります。
そぉ~と波打ち際まで近づいて手を伸ばします。
ぺろり、うん、同じようなしょっぱさです。
伊豆半島の違うところの海は、水ぽい感じで、あんまり塩気がなかったんですよ。
場所によって海の濃度って違うのかな。
川が近くて真水が混ざると薄くなるのかな、そんなことを考えていました。
小さい頃聞いた日本昔話では
【塩が出る臼を欲張りな男性が盗んで舟で運ぼうとした。
海の上で試しに塩を出してみたのはいいが、塩をとめる方法を知らなかった。
塩がどんどん出て舟は臼と一緒に沈んでしまった。
臼は海の底で塩を出し続けているから海はしょっぱくなったんだとさ】

ふと、サザンオールスターズの「砂にかいた名前消して波はどこへ帰るのか」とフレーズが浮かび、砂浜に「えりー」と書いてみました。
自分の名前じゃないですよ。
エリーって、いとしのエリー。
あちゃ、違う曲じゃん。
しかも、なんで平仮名で書いたんだろ。
まぁ、いいや。

こんぶ(わかめ?)が浜にうち上げられているのも日本海と同じですね。
そういえば、この浜は貝殻はほとんど見ませんでした。
糸魚川の浜は牡蠣やサザエの貝殻を沢山みつけることができるのですが、波が高くないから浜まで上がらないのかしら。

天気がイマイチな日でも散歩を楽しむ人、ツーリングの途中で立ち寄る人が多くいました。
きっと夏には、座る場所に困るほど賑わうのでしょうね。

弓ヶ浜にある「青木さざえ店」のリポートは→こちら

↓砂浜で「棒倒し」をして遊んだことがある方も
海に向かって石を投げると海の神様が怒って波が高くなる、なんて話を聞いたことがある方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

静岡県の伊豆半島ぐるりドライブのリポート「青木さざえ店」編です。
※行ったのは平成24年4月30日です

青木さざえ店は伊豆半島の先っぽ、海水浴場で有名な弓ヶ浜にあります。
国道136号線から県道16号(小学校と中学校がある交差点)→県道120号と走ります。
持っていた地図にも「伊勢海老ラーメン」と書いてあり、気になっていたお店です。
近くには直営の掛け流し温泉民宿「青木さざえ荘」がありました。

日本海と違う海の幸を食べてみようと、早目のお昼をとることに。
隣のテーブルでは伊勢海老を食べていましたが、家族は「ぷりぷりした海老が苦手」
伊勢海老ラーメンを私ひとりで食べるのは贅沢すぎるので、海鮮丼と三色丼を注文しました。

海鮮丼(1800円)はカンパチ、アジ、金目鯛、サザエ、海老、まぐろ、イカが、これでもか!とのっています。
しかも一切れがデカい!
糸魚川は「刺身でも寿司でも厚く切り、ネタが大きい」と言われていますが、その糸魚川市民でも「いや、まいった」ってくらいのボリュームです。
ご飯より魚の方が多いんですよ。
そして脂ののり方といい、新鮮さといい、最高です。
毎日のように美味しい日本海の魚を食べている私にとって、生魚で感動するという感覚が鈍っているのですが、ここの魚は旨いです。

家族が注文した三色丼(1200円)は、アジ、まぐろ、カンパチでした。
マグロは切り身だけではなく、たたきものっていました。

どちらも小鉢(この日は切干大根)と味噌汁、漬物つきでした。
魚は、その日によって変更があるようです。
お土産に買った金目鯛の干物は、グリルで入らないほどの大きさで、半分ずつ焼いて食べました。

また、下田S級サザエ(沖根サザエ)というのがあり、一般的なサザエの4倍はあるビックサイズなんだそうです。
今度はそれを食べに行きたいなぁ、と、思っています。

青木さざえ店食堂部
静岡県賀茂郡南伊豆町湊894-53
0558-62-0333
営業時間 平日8:30~18:00
土日8:30~19:00
年中無休
HP→こちら

↓魚、魚、魚ぁ、魚を食べると頭がよくなる♪と歌ってしまう方も
北陸はマグロよりブリをよく食べると知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

5月8日(火)
糸魚川市は晴れ。
半袖でもいいような陽気となっています。

さて、静岡県西伊豆町(伊豆半島)をドライブしていたところ「わさびの駅」を発見。
トイレが目的だったのですが、「天城深層水 健」なんて看板が。
軽トラックから大量のペットボトルを降ろすご夫婦に聞いてみると地元の方で
「お茶も美味しくなるし、ご飯もこの水で炊いている」とのこと。
時間がたっても腐らないから、時々こうやって汲みに来ているんだとか。

ほほう、ちょうど空いたペットボトルがあるから汲んでみよう、と蛇口をみると
「100円で15リットル」
空のポリタンクも販売していましたが、トランクはお土産のお菓子でいっぱい。
ちょびっとだけ汲んで、残りは親切に教えてくれたご夫婦にあげてきました。
井戸みたいなのは飾りで、100円を入れるとドパドバ出てきます。
一旦停止ボタンもあり、次々にボトルを替えて汲んでいきます。

売店も併設していて、甘夏も買ってみました。
見てください、この立派な甘夏。
どれでも100円でした。
オレンジにおされて消費量は減少しているそうですね。
そう言えば、私も甘夏を食べるのは久しぶりです。
切ってみると瑞々しい果汁が溢れてきて、爽やかな初夏の香りがします。
食べてみると、甘味と酸味、そしてほのかな苦味があり、とっても美味しい。
特産品に出会えるのは目的地を決めないドライブの醍醐味ですね。

わさびの駅
ホームページは→こちら
国道136号線、西伊豆町役場近くから県道59号線に入り、ひたすら道なり。

↓清見オレンジ、デコポン、夏みかんと柑橘類の種類を見分けられる方も
井戸のポンプを動かしたことがない方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

静岡県富士市にある道の駅富士のミニ生シラス丼&ミニ桜えび天丼リポートです。
道の駅富士は国道1号線、富士川の近くにあります。
※行ったのは4月29日(日)16:30頃。

よく利用する新潟県や長野県の道の駅は野菜の直売所や日帰り温泉などを併設していることが多く、駐車場も広いのですが、道の駅富士は「思っていたより小さいんだな」

広くはありませんが、トイレに食堂、ソフトクリームやお土産を多く並べる売店がありました。

今回の目的は駿河湾名物の「シラス」と「桜エビ」を食べなくちゃ、です。

旅の情報誌「じゃらん」とのタイアップで「ご当地の味がギュっとつまった安くてウマい道の駅500円丼」なんてポップを発見。
がっつり食べる時間帯でもないので、ラッキー、と食券を買います。

じゃん!
これが「生シラス丼」だっ!
刻みのりと、ネギのうえに、つやつやしたシラス。
生姜がのっています。
茹でたシラスは食べる機会がありますが、生シラスって初めてかも。
ぷりぷりで、ちょっと苦くて(はらわたの味?)これがシラスかぁ、って感じです。

続いて、ミニ桜エビ天丼。
こちらは注文を受けてから揚げるから、かりかりです。
すんごく香ばしくて、とっても美味しい桜エビです。
糸魚川は甘エビがたくさんとれるので、かき揚げも甘エビを使うことが多く、桜エビってお好み焼きを焼く時くらいしか出番がなかったのですが、それだって乾燥桜エビです。
こんなに桜エビって甘くて美味しいんだ。
当たり前だけど、小さくても黒い眼があるんだなぁ、としみじみ観察しちゃいました。

このミニ丼は5月31日まで、一日各20食限定だそうです。
ちなみに御飯は茨城県産を使用している、とありました。

この道の駅には二階に展望台があり、富士山が見えると言うので昇ってみました。

が、この日は曇り。
暑いのにガスがかかっているような天気で、全く富士山が見えません。
はぁ、残念、日本海側に住んでいる人間としては富士山は憧れなんですよね。

まぁ、また静岡県に来る楽しみがあるということで・・・。

静岡の旅は伊豆半島へ続きます。

↓山梨県と静岡県から見る富士山の姿って違うよね、と思う方も
道の駅めぐりが好きな方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いしま

今日は浜名湖サービスエリアで買った(株)敷島屋さんの「富士乃山静岡茶菓 玉露クランチ」です。

お土産を買うことを想定し、凍らせた保冷剤をキッチンペーパーで包み、発泡スチロールに入れて出かける私は、なんて準備がいいんだ、と思いませんか?
これも「溶けることはないだろいうけど・・」と、発泡スチロールに入れて来たんですよ。
えっへん!

静岡といえば、お茶の名産地。
整然と続く茶畑を初めて見た時は感動しました。
静岡県民にすれば当たり前の光景なのでしょうが、青々とした茶畑、とっても美しい日本の美です。

では、さっそく箱を開けてみます。
おおっ、小包装のひとつずつに富士山と茶畑or急須が描かれています。
これは海外へのお土産としても、すっごく喜ばれると思います。
8個全部違うわけじゃありませんが、素敵です。
パッケージを開けるときに、絵が破けるのがもったいないくらいです。

それでも私の指名は「もぐもぐリポート」すること。
びりっ、既にお茶のいい香りがします。
富士山を思わせる、こんもりした形です。
それも雪をかぶったところをイメージしたのか、ホワイトチョコレートが頂上のあたりにかかっています。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、サクサクとした歯ごたえに深い玉露の味わい。
これは美味しいっ!
お茶の「苦いだけではなく、甘みがある」ところが十分に引き出されています。
チョコレートなのに、後味がスッとしていて、お茶の旨味が奥歯に少しだけ残ります。
もぐもぐもぐ、買って来て良かった!

だって「JA静岡経済連原料提供」で「静岡県産玉露茶葉100%使用」ですよ。
やっぱりお土産は、その土地の物を使っているのが一番です。

もぐもぐもぐ、美味しいなぁ。
8個入りなんて少ないわ(笑)

↓富士山は3776mと言える方も
お茶を入れる時に急須を揺らす(回す)方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

2 / 3123

本日: 93人
合計: 393553人

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る