旧倉又茶舗の記事

東と西の文化が混在する糸魚川。
餅の形やポリタンクの色の違いなどパネルや実物を展示します。

ジオまる、ぬーなのおかきも販売します。

「境界のまち糸魚川」展
●7月25日(水)~8月5日(日) 10時~16時
※7月25日は16:30~歩行者天国終了まで。
8月4日はおまんた祭り終了まで。
7月29日(日)は休みます
●入場無料
●旧倉又茶舗 
糸魚川本町通り商店街クスリのコダマ様ななめ向かい
●主催 糸魚川の町屋文化を守り伝える会
025-555-7275

↓餅は丸と四角の違いだと知っている方も
醤油も濃口と薄口で分かれると知っている方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

7月19日(木)
糸魚川市は曇り。
太陽が出ていない分、昨日より気温は上がりませんが、湿度が高くべたべた蒸し暑い一日になりそうです。

今日は打ち合わせ(午前)と、寺町琴平社宵祭り歩行者天国(17:00~)に出店のため、臨時休業いたします。

さて、本町通り商店街にある旧倉又茶舗で野菜市がスタートします。
(株)お米の配達人、園田さんちの新鮮野菜です。
第1回目は本日10時~。
なくなり次第終了となりますので、お早目に。

木曜野菜市
●日時 7月19日、7月26日、8月2日(いずれも木曜日)
10:00~12:00
なくなり次第終了
●場所 旧倉又茶舗
糸魚川本町通り商店街 クスリのコダマさま斜め向かえ
●問合せ先 糸魚川の町屋文化を守り伝える会
025-555-7275 小川
●(株)お米の配達人HP→こちら

↓家庭菜園をしている方も
大きくなり過ぎた胡瓜を味噌汁にするのが好きな方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

7月8日(日)
糸魚川市は曇り。
一日降り続いていた雨はやみ、天気は少しずつ回復する予報です。

今日は13時~19時まで「高田お馬出し七夕縁日」に出店します。
お馬出しの辻は住所でいうと本町2丁目から3丁目のあたり。
大杉屋惣兵衛 お馬出し店さん(上越市本町3-3-7)を目印にすると分かりやすいと思います。
高田お馬出し七夕縁日については→こちら

さて、写真は七夕に旧倉又茶舗さんで開催された「夏ものがたりin町屋」の様子。
真ん中に立っているのが、あの噂の(?)小川英子さんですよ。
親子で浴衣を着て参加された方もいました。

詳しくはNさんのブログ「ぼくのまちのこと~青海・糸魚川・能生」をご覧ください→こちら

↓お馬出しの地名は城下町の名残と知っている方も

七夕の短冊に願いことをした方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

7月7日に開催される「夏ものがたりin町屋」
夜の部は灯りを消してお話を聞くのですが、若干予約に余裕があります。

夏ものがたりin町屋

7月7日(土)
旧倉又茶舗(糸魚川本町通り クスリのコダマ様向かい)
参加費無料

昼の部 14:00~15:00
●夏の絵本の読み聞かせ、紹介
●詩を楽しもう
鈴木初江の自作朗読
●「赤いろうそくと人魚」
(小川未明の童話を小川英子が朗読)

夜の部 18:30~19:30
保護者が付き添うか、友達同時で申し込みください
※申し込み先着順15組
●おばけの絵本の読み聞かせ、紹介
●会談「どちらを選ぶ?」
小川英子の自作朗読
●昔話「きつねにょうぼう」
(越後の昔話を鈴木初枝の語りで)

申し込み・問合先 025-555-7275(小川)
主催 糸魚川の町屋文化を守り伝える会
後援 糸魚川市教育委員会
※この活動は「子ども夢基金(独立行政法人国立青少年教育振興機構)の助成を受けて行います。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

「糸魚川の町屋文化を伝え守る会(小川英子代表)」と「お米の配達人(園田岳彦代表)が共同開発した
「ジオまる」「ぬーな」の手作りおかきが、本町通り商店街にある旧倉又茶舗で販売されています。

「ジオまる」は地層をイメージした茶色で醤油味のぬれおかき。
濃口醤油のしっかりした味で、しっとりした食感です。

「ぬーな」は翡翠をイメージした翠色のきなこ塩味。
きなこの風味と、あっさりした塩味です。

どちらとも糸魚川産のもち米を100%使用、40g入り180円(税込)。
お土産や、お茶うけにどうぞ。

糸魚川の町屋文化を文化を守り伝える会
旧倉又茶舗
糸魚川市本町6-2
(糸魚川本町通り商店街、クスリのコダマ様ななめ向かえ)

025-555-7275
※5月15日(火)までの販売となります

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

旧倉又茶舗さんで開催されている、第2回カルタ会in町屋のリポートです。

10:30からの1回目をのぞくと・・・、既に残り数枚になっている模様。
頭に両手を置き、畳の上に広げられた取り札を真剣に見つめます。

読み手は、新潟県立白嶺高校の皆さん。
可愛らしいピンクのユニホームの胸には四葉のクローバーがあしらわれていました。
「みんな近すぎるから、少しずつ後ろに下がってみよう」と、ケンカにならないようにするあたり、大人ですねぇ。

このボランティア部の皆さんは、子供達と遊ぶのもとても上手で、午後には羽根つきで盛り上がっていました。
羽根つきをする機会がない小学生は、最初にカン!と打つのも難しいようです。
失敗した人には顔に墨で×をつけたいところですが、さすがそれは・・・(笑)
紙に正の字を書いて誰が一番うまいかを競っていました。
見ているうちに、どんどんラリーが続くようになり、カン!カン!とリズムが聞こえてきます。
あはは、きゃはは、と箸が転がってもおかしい年頃なんでしょうね。

と、会場の旧倉又茶舗さんは築80年の町屋。
懐かしいミシンが置かれていました。
現在放送中のNHK連続テレビ小説「カーネーション」に出てくるような足踏みミシンです。
この足踏みミシン、私も小さい頃家にあったのを覚えています。
母が縫い物をしているのは記憶にないけど・・・。
そういえば、使われなくなったミシンを発展途上国に送る活動があるそうですよ。
電気がきていない地域でも使えて女性の社会進出と貧困からの脱却に役立つのだとか。

そのミシンの上には、上刈みかんが並べられています。
柑子(こうじ)という耐寒性の強い品種のミカンで、産地名から上刈ミカンと呼ばれ、栽培の北限として知られています。
味は酸味が強いが香りはよく、正月まで保存すると甘味が増します。
最盛期の明治の終わりに栽培面積3ha、樹数1,000本、収穫量100tほどあり、県内外にも出荷されていました。
雪の舞う本町通りの雁木で、黒いマントに手ぬぐいのほお被り姿のミカン売り、買う人は角巻き姿といった、年の瀬の糸魚川の風物詩は、今は昔語りになってしまいました。
現在は市の天然記念物に指定されている推定200年の古木1本と、個人と保存会が育てた若木を合わせて十数本が命脈を保っています。】

※市制50周年記念事業ふるさと伝承ガイドより→こちら

上刈みかんを初めていただきましたが、酸っぱくて種が多くて、みかんというより何か新しいフルーツを食べているかのような感じでした。

カルタ会は明日2月5日(日)も開催されています。

おまけ
取材に来られていた新潟日報の記者さん。

↓飾り羽子板で羽根つきをして怒られた事がある方も
上刈みかんの木はフォッサマグナミュージアムにあると知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

2月4日(土)
糸魚川市は小雨。
傘をさすか、ささないか迷うくらいの小さな粒で降っています。

さて、本日、第2回カルタ会in町屋が開催されます。
ポスターは白嶺高校ボランティア部の皆さんの力作です。
とっても素敵ですね。

子供から大人まで、どなたでも参加できますので、
「雪で家にいるのに飽きた」と言う方は、ぜひお出かけください。

第2回かるた会in町屋
●日時 2月4日(土)・5(日)
10:30~、13:30~、18:30~(百人一首大会)
●場所 旧倉又茶舗
糸魚川市本町通り商店街 クスリのコダマ様斜め向かい
●入場無料
申し込みは必要ありません
●問合先 糸魚川の町屋文化を守り伝える会
025-555-7275(小川)

それでは、交通情報です。
高速道路の情報は「NEXCO東日本」→こちら
国道148号線小谷村、白馬村、大町のライブカメラは長野県大町建設事務所→こちら
新潟県内の道路情報は日本道路交通情報センター→こちら
糸魚川市内9ヶ所の積雪状況は糸魚川市役所→こちら

信越本線が大雪の為、次の列車は運転取り止めとなります。
金沢駅6時38分発特急北越1号(金沢~新潟間)
金沢駅10時34分発特急北越3号(金沢~新潟間)
新潟駅7時55分発特急北越2号(新潟~金沢間)
新潟駅10時11分発北越4号(新潟~金沢間) 】
大糸線は運休、代行運転が続いています。
JR西日本列車運行情報http://trafficinfo.westjr.co.jp/i/list.html

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

築80年の町屋で、世界ジオパークの糸魚川にふさわしい恐竜や化石が出てくる「進化のカルタ」や、
糸魚川ふるさと自慢カルタをはじめ、百人一首などで遊びましょう。

第2回かるた会in町屋
●日時 2月4日(土)・5(日)
10:30~、13:30~、18:30~(百人一首大会)
●場所 旧倉又茶舗
糸魚川市本町通り商店街 クスリのコダマ様斜め向かい
●入場無料
申し込みは必要ありません
●問合先 糸魚川の町屋文化を守り伝える会
025-555-7275(小川)

前回の様子は
ぼくのまちのこと~青海・糸魚川・能生~→こちら
糸魚川ぷらっと駅長ブログ2→こちら

↓百人一首の時代でも、やはり恋の歌が多いと知っている方も
富山県高岡市には万葉カルタがあると知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

11月11日(金)
糸魚川市は雨。
今日は一日ぐずつく予報です。

さて、築80年の町屋「旧倉又茶舗」で開催されている
糸魚川出身の藤木節子さんのステンドグラス展。
まずは万華鏡をのぞいてください。
面白い仕掛けが沢山あり「何時間でも見ていたい」作品です。

靴を脱ぎ趣のある座敷で鑑賞するステンドグラスは、ため息かでるほどです。
端午の節句、雛まつりは、お孫さんに贈りたいと思われる方が何人もいらっしゃるようです。

また、二階はあえて天井の照明を消し
ステンドグラスが放つ光を楽しめる工夫がされていて
「わぁ〜、すごい」と声をあげる方と
感動のあまり声がでなくなる方の両極端に分かれるそうですよ。
畳に広がる光は町屋ならではの鑑賞の仕方でしょうね。

お問い合わせの多かった12日のクリスマスサンキャッチャーを作る講習会
13:00〜、15:30〜の部とも満員になったと聞きました。
次回の開催を心待ちにしたいと思います。

藤木節子ステンドグラス展
11月13日(日)まで
10:00〜17:00
会場 旧倉又茶舗
糸魚川市本町6−4
入場無料

↓雛まつりも国民の休日になったらいいなと思う方も
糸魚川の古い街並みを大切にしたいと思う方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

築80年の町屋、旧倉又茶舗で開催されている
糸魚川出身の藤木節子さんのステンド展。
本日の糸西タイムスのトップページにも紹介されていました。

奴奈川姫と勾玉作りの男の恋を描いた
山岸佐千子さんの著書「翠なる海つ道」の表紙を飾った作品は
入口正面に飾られていて、想像以上の大きさでした。
※糸西タイムスさんに掲載された写真が、この作品です。

また、電子書籍化された小川英子さんの「ピアニャン」の赤いピアノは
幻想的な光に包まれていました。
(写真がピンボケで、すみません)
ピアノの大好きな猫(だから、ピアニャン)が嬉しそうにピアノを弾く光景が目に浮かぶような作品です。

座敷に上がると「伝説を遡る奴奈川姫の世界」と題して
新聞の切り抜き、翡翠の写真が展示されています。

大きな作品ばかりではなく、
ペンダントトップなどの手頃なアクセサリーも並んでいます。
一部の非売品を除いて値札のついているものは販売されているそうです。
今週末には、ステンドグラス講習会も行われますので、ぜひご参加ください。

藤木節子ステンドグラス展
日時 11月6日(日)~13日(日)

10:00~17:00(6日のみ13:00~)
会場 旧倉又茶舗
糸魚川市本町6-4
入場無料

ステンドグラス講習会
窓にかける「クリスマスサンキャッチャー」を作成し、お持ち帰りいただきます
11月12日(土)
① 13:00~15:00 満員になりました
② 15:30~17:30 
1回5名 予約制
参加費3000円(材料費込み)
主催 糸魚川の町屋文化を守り伝える会
問合・講習会申込先 025-555-7275(小川)

↓糸西タイムスを購読している方も
糸魚川は翡翠の産地と知っている方もクリックをお願いします。 
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

4 / 512345

本日: 196人
合計: 393516人

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る