ジオパーク&ジオサイト観光

糸魚川市の長者ケ原考古館がリニューアルオープンしました。
平成25年の5月6日まで入館料金が無料となっています。

長者ケ原遺跡は、ご当地検定の糸魚川ジオパーク検定によく出題されるので、これを機会に実際に目で見て、勉強しましょうね。

長者ケ原遺跡は 国史跡に指定されていて、広さは東京ドーム約3個分(13.6ha)
南北180メートル、東西100メートルあります。
縄文時代中期の集落跡であり、4500年前から3500年前頃にヒスイの玉や蛇紋岩 (じゃもんがん)の石斧の生産と交易の拠点として最も栄えていたと考えられています。
中央の広場を囲むように墓や細長い建物、それをさらに囲むように食料の貯蔵穴や住居があり、ゴミの廃棄場所も決まっていたようです。
これまでに発掘調査された面積は遺跡全体の約3%、集落跡の10%ですが、土器や石器だけではなく、石棒や土偶といった祈りの道具も多く出土しています。

では、さっそく行ってみましょう。
入口は大きな土器が建っています。
右手には、石がごろごろ転がった石の川のようになっています。

途中、なんじゃこりゃ~!
千と千尋の神隠しに出てくるカオナシ???
口からゴミを入れるわけではないし、よ~く見るとススがついているような気がするのでランタンみたいなものでしょうか。
道端や玄関など、表情が違うのがあっちこっちに置かれています。
こわぁ~い、と泣いている子供がいたけど、私は愛嬌があって気に入りました。

玄関を入ると正面の部屋で、翡翠の加工の様子などのビデオ上映がされています。
体験学習にも役立つように椅子には小さなテーブルがついているタイプです。
メモを取りながらビデオを見ることができますね。

ビデオが終わると次の部屋は資料室。
市町村別に貴重な本が並んでいます。

続いて展示室には、出土した土器が並びます。
ここにもボタンを押すとビデオが流れるようになっていて、座ってみることができます。
当時の衣装を再現した服と翡翠のペンダント(レプリカ)を身に着けて記念撮影ができるコーナーもあります。

奥の展示室は、再び土器や、城などの紹介が。
糸魚川がどう歴史を重ねてきたか、このあたりもジオパーク検定に出題されるかもしれませんよ。

長者ケ原考古館の近くには長者ケ原遺跡があり住居跡や復元された住居などを見ることができます。
長者ケ原遺跡のリポートは次回へ続きます→こちら

糸魚川市長者ケ原考古館
糸魚川市一の宮1383
025-553-1900
開館時間 9:00~16:30
休館日 3月~11月無休
12月~2月 月曜日(祝日・休日の場合は翌日)
12月28日~1月4日
入館料 一般200円 小学生~高校生100円 幼児無料

糸魚川市バナー

いといがわベース

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

 

糸魚川市の桜開花情報です。

フォッサマグナミュージアム前にある庭のまがたま池周辺の八重桜は満開。
※4月27日(土)撮影

まがたま池の周りを取り囲むように八重桜が何本も植えられています。
フォッサマグナミュージアムの庭は、桜だけではなく、沢山の植物が植えられています。

吊り橋を渡ると、わんぱく広場があり、滑り台などの遊具で遊ぶこともできます。
わんぱく広場にはテーブルと椅子があり、手を洗う水道もあります。

フォッサマグナミュージアムまがたま池周辺八重桜基本情報
●駐車場無料
※フォッサマグミュージアム、長者ケ原考古館は入館料が必要です
長者ケ原考古館は平成25年5月6日まで入館料が無料です。
●トイレ完備
●ライトアップなし
●売店なし
自動販売機はフォッサマグナミュージアム入口にあり

フォッサマグナミュージアムへの道順は
糸魚川インターチェンジをおり左折(長野県方向へ)→最初の信号を左折(高速道路の下の交差点。右は明星セメント)→大糸線の線路を渡り、道なりに進む→ナカヤオート(バイク&自転車屋)のTの字を右折→坂道をのぼり十字路を右折(糸魚川中学校)→のぼり坂を道なりに直進→左に野球練習場と管理棟があるTの字を左折→突き当りを左折

8号線からは、148号線に入りJRの陸橋を渡ったら、すぐにあるTの字を右折(「肉のひらさわ支店」が目印)→大糸線の線路を渡り、Tの字を右折→ナカヤオートを左折です。

糸魚川市バナー

いといがわベース

 

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

 

ジオサイトでもある海谷渓谷への行き方を写真つきで解説します。

国道8号線から海谷の三峡パークまでは約30分です。

国道8号線の「押上西」の信号(Tの字の角にコンビニあり)から、山に向かって直進。
線路を渡り、左手に糸魚川高校があり、さらに行くと左手に西海小学校がありますが、ひたすら直進です。
西海公民館を過ぎても、まだまだ直進です。

バスの終点「来海沢」からは、くねくね道を登ります。
どんどん登ってください。
登りきったところで、Tの字になりますが、進行方向にある広い道(下り坂)を進むと道路標識があり十字路に出ます。
※1枚目と2枚目の写真です。
このTの字を左折します。

道なりに進むと道路の左側にある民家の壁に「海谷渓谷、海谷三峡パーク150m先左折」と案内があります。
※3枚目の写真

この案内から150mほど進むと、ジオパークの看板があるTの字があります。
ここを通り過ぎてしまわないように注意です。
(直進すると下り坂になって、隣の根知地区に出ます)
※4枚目、5枚目の写真
左折して、どんどん進んでください。

途中、民家がなくなり「まだ直進でいいのかな?」と思うかもしれませんが、ゴールはもうすぐです。
カーブが多いので、スピードを落とし、対向車に気をつけましょう。
ガスがかかってなければ途中で「なめ滝」が正面に見える場所があります。
「なめ滝」とは、岩肌を舐めるように流れる滝のことで、ジオパーク検定にも出題されたことがあります。
天気がよければ市街地と日本海を見渡すことができる場所もあります。
姫川にそって町が広がっているのが、よく分かりますよ。

三峡パークには水洗トイレ(トイレットペーパーあり)、炊事コーナー、ベンチとテーブルがあります。
ジュース類は管理人さんがいる時は買えますが、自動販売機はありません。
海谷まつりがない日は、水筒などを持参することをお勧めします。

 

秋の海谷まつり
●とき 10月14日(日)9:00~15:00
●ところ 海谷三峡パーク周辺
●内容 もみじの学校、丸太切り大会、海谷の写真展、各種特産品の販売、海谷へのハイキング、木工クラフト
●参加費 無料
●その他 会場までの送迎バスはありません
・海谷へのハイキングは係員が同行します。昼食や雨具などを用意のうえ当日9時までに会場へ集合してください。
※雨天時は水保のコミュニティースポーツセンターでイベント(9:30~11:30)を行います。

問合先 西海公民館 025-552-0268(平日8:30~17:00)
春の海谷まつりの様子は→こちらこちら

↓御前山を「ごぜんやま」と読める方も
三峡パークの駐車場入り口脇にある天然水でお茶を入れるとまろやかで美味しいと知っている方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

 ご当地検定「糸魚川ジオパーク検定」が開催されます。
今年は東京会場も増え、受験しやすくなりました。

第4回糸魚川ジオパーク検定
実施日時 平成24年11月18日(日)13:30〜15:15
申込期間 平成24年11月2日(金)締切
会場 ヒスイ王国館
東京会場 糸魚川市東京事務所
東京都千代田区神田1-5-1 トライエム大手町ビル7階

※参加人数等により会場が変更になる場合があります。

◎初級
※どなたでも受験できます受験料 大人(高校生以上)1050円
子供(中学生以下)525円

◎上級
※初級に合格した方が対象です
受験料 大人2100円
子供1050円

◎達人級
※上級に合格した方が対象です
受験料 3150円

★公式テキストブック第3弾
1冊500円(税込)
過去の問題(一部)を掲載

主催 糸魚川ジオパーク協議会
問合先 糸魚川ジオパーク検定事務局
025-552-1225(糸魚川商工会議所内)

糸魚川市バナー

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

世界ジオパーク糸魚川の24あるジオサイトのひとつ「海谷渓谷」で、春の海谷まつりが開催されます。
ブナ林の散策や、丸太切り、ターザンブランコなど自然を満喫しませんか?

春の海谷まつり2012
~みどりの学校~
●日時 6月10日(日)9:30~15:00
●場所 海谷三峡パーク
●タイムスケジュール
9:30 開会式・海谷太鼓演奏
10:00~12:00 近くにあるブナ林を散策・探検(参加費無料)
※参加者全員にお菓子をプレゼント
12:00 フラダンス・天池一バンドなど
13:00~15:00 ヒラタケのコマ打ち、輪投げ大会、丸太切り、ターザンブランコ(参加費無料)
●先着100名様限定 餅煮の「無料券」をプレゼント
※開会式終了後に無料券を配布します(お一人一枚限り)
●手打ち蕎麦、採れたて新鮮特産物、おつまみ、笹寿司、おやき、パン、などの販売
※雨天の場合は西海公民館向かいのコミニティースポーツ(体育館)
●問合先 西海公民館 025-552-0268
nishiko@city.itoigawa.niigata.jp

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

5月20日(日)
糸魚川市は快晴。
すっきり青空で暑くなりそうです。
今日は結婚式に出席のため、臨時休業いたします。

さて、糸魚川の藤の名所「月不見の池」開花状況です。
5月19日の昼頃、早川に行って来ました。
今年は雪が多かったため、開花が例年より遅いようです。
早川の藤街道も、もう少しで見ごろといったところでしょうか。
月不見の池は森に囲まれていることもあり、沿道沿いの藤より開花は少し遅くなっています。

それでも、お天気が続くので来週には開花が進みそうですね。
5月27日(日)には月不見の池周辺で藤の苗木、地元特産品、けんさい飯(みそ味のおにぎり)おぼろ汁、山菜の販売があります。
また、藤まつりの間、月不見池近くの売店では、とれたての筍やフキ、木工製品、、花、パッチワーク、飲み物などが並んでいます。
(トイレから右手に進んでください)

藤の名所月不池に行くには
国道8号線「早川橋西詰」の交差点を早川郷へ入ります。
※ガソリンスタンドあり。
交差点には大地の公園糸魚川ジオパークの看板があり「月不見の池」「八十八ヶ所」「不動山」「焼山」「早川温泉郷」と矢印が出ています。
郷の駅「翠工房わさび屋」さんを目印に直進してください。
左手に翠工房さんの看板が見えたら少しだけ行くと今度は
白い看板「日光寺」と黄色い看板「糸魚川市立下早川小学校」があります。
ここの脇道に入り、突き当たりの小さなTの字を左に曲がります。
坂道を道なりに登ってください。
左手に下早川小学校、続いて日光寺があり坂を上りきると大きな十字路に出ます。
正面左手に大きな藤棚があるのでそのまま十字路を直進してください。
すぐ左手に月不見の池の無料駐車場があります。

赤ちゃんのほっぺ」「たまげたこびり」が有名な山川製菓舗さんは郷の駅わさび屋翠工房さんより下ったところにあります。

郷の駅 わさび屋 翠工房
糸魚川市日光寺221-8
025-555-4250(FAX兼)
営業時間 9:00~17:00
定休日 第二・第四土曜日
HPは→こちら

山川製菓舗
糸魚川市新町253甲
025-555-2207
定休日・火曜日・第三日曜日
国道から県道へ入り左手にある下早川郵便局を過ぎたら、すぐ右手にあります

糸魚川定期観光バス~糸魚川ジオま~る号~花物語
●運行日 
平成24年5月11日(金)~23日(水)
●運行コース
JR糸魚川駅前10:10発→藤のさと「月不見の池」40分滞在→藤街道「早川藤まつり会場」45分滞在→彫刻と庭園の美「谷村美術館・玉翠園」(昼食)70分滞在→つつじの咲く丘「月華山かねこつつじ園」40分滞在→JR糸魚川駅14:25着
●乗車料金
大人2900円、子供(小学生以下)1900円、ペアパック(大人2人)で5500円
●お申込み・お問合せ
糸魚川バス 025-552-0180
※お電話でご予約をお願いします。座席が空いていれば事前予約なしでもご乗車いただけます。

●観光に関するお問合せ
糸魚川市観光協会 025-552-1742
HP→こちら
糸魚川市交流観光課 025-552-1511
HP→こちら

月不見の池は山地の隆起で起きた大きな地すべりで出来たと知っている方も
藤で月が見えないくらいだから「月不見の池」というのだと知っている方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

糸魚川の見どころを日帰りで楽しめる「糸魚川定期観光バス」
春は「花物語」として藤のさと「月不見の池」、彫刻と庭園の美「谷村美術館・玉翠園」、つつじの咲く丘「月華山かねこつつじ園」を回ります。
藤街道沿いの茶屋で休憩と季節の彩「お花見弁当」つき。

毎年、平日でも「空席があればラッキー」というくらいの人気コースですので、糸魚川観光を計画されている方はぜひご予約ください。

糸魚川定期観光バス~糸魚川ジオま~る号~花物語
●運行日 
平成24年5月11日(金)~23日(水)
●運行コース
JR糸魚川駅前10:10発→藤のさと「月不見の池」40分滞在→藤街道「早川藤まつり会場」45分滞在→彫刻と庭園の美「谷村美術館・玉翠園」(昼食)70分滞在→つつじの咲く丘「月華山かねこつつじ園」40分滞在→JR糸魚川駅14:25着
●乗車料金
大人2900円、子供(小学生以下)1900円、ペアパック(大人2人)で5500円
●お申込み・お問合せ
糸魚川バス 025-552-0180
※お電話でご予約をお願いします。座席が空いていれば事前予約なしでもご乗車いただけます。
※開花時期は気象状況によって前後する場合がありますので、おでかけの前にご確認をお願いします。
※障がい者手帳を交付されている障がいのある方と、その介護者の方は乗車料金が割引になります。詳しくは申込時にお問合せください。
※遊歩道などを散策しますので、歩きやすい靴でお越しください。
●観光に関するお問合せ
糸魚川市観光協会 025-552-1742
HP→こちら
糸魚川市交流観光課 025-552-1511
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

世界ジオパークの観光拠点となっているフォッサマグナミュージアム。
石の博物館は全国でも珍しいと言われています。
フォッサマグナミュージアムは平成6年(1994年)4月25日に開館したのですが、
なんと平成24年3月24日に入館100万人を達成しました。
ぱちぱちぱち、おめでとうございます。

そして、平成24年の4月から、月曜日の定休日がなくなり、毎日開館しています。
(冬季期間や年末年始、メンテナンスのための臨時休業があります)
石を学んだあとは、広い公園で遊んだりすることもできますよ。
5月3日にはクラシックカーミーティングもあるので、GWはぜひ糸魚川にお越しください。

フォッサマグナミュージアム

糸魚川市一の宮1313
025-553-1880
開館時間 9:00~17:00
※最終入館は16:30
定休日 冬季(12月~2月)の月曜日(祝日・休日の場合は開館)
HP→こちら

糸魚川街めぐりワンコインバス
2013年3月31日までの土日祝限定
※1月2日、3日は運行。1月1日は運休
●糸魚川駅(ヒスイ王国館北側)発
8:30,9:30,10:30,11:30,12:30,13:30,14:30,15:30
※12~3月は8:30と15:30は減便されます
一周約40分で糸魚川駅に戻ってきます。
詳しくは→こちら

↓ミュージアムの中庭にある日時計は日本列島の上にあると知っている方も
フォッサマグナとはラテン語で「大きな溝」という意味だと知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

3月30日(金)
糸魚川市は快晴。
ポカポカ春の陽気です。

さて、ビーチホールまがたまで明日開催されるビューティー&健康フェスティバルの抽選会に提供するため、
笹倉温泉へ入浴招待券を買いに行ってきました。
車の窓を開けたくなるほどの青い空と残雪の白い山々のコントラストがとてもきれいでした。
ふと見上げると、焼山から水蒸気がふわりふわり出ていることに気づきました。
ほわほわと煙草の煙のように出したかと思えば、風にのり消えていく水蒸気。
まるで焼山が白い息を吐きながら呼吸をしているようです。
※写真では分かりにくいですが、矢印のところが焼山です。
山頂から左側に白く水蒸気が出ています。

焼山(2400m)は糸魚川ジオパークの24あるジオサイトのひとつ。
フォッサマグナ最北端の活火山で、約3000年前に誕生しました。
300年前の噴火で埋もれたブナの立ち木や、火砕流の堆積物を見学することができます。
登山道は未整備ですので、ベテラン向けの山となっています。

この焼山のおかげで温泉があるのですよ。
お肌がつるつるになる美人の湯として有名な笹倉温泉と焼山温泉。
雪の上に残る動物の足跡を見ながら、のんびり入るのはいかがでしょうか?

↓焼山へリスキーに参加したことがある方も
3000年前の山は「若い」うちに入ると聞いて驚いた方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

3月28日(水)
糸魚川市は曇り。
朝方は雷がなって激しく降っていましたが、8:30現在雨はやんでいます。

さて先日、毎年GWに行われるフォッサマグナミュージアムの市民縁日の申し込みに行って来ました。
市民縁日は糸魚川市内では一番大きなフリーマーケット、朝から掘り出し物を探す多くの方でにぎわいます。
初日にあたる3日にはクラシックカーミーティングも開催されます。

今年もALEXは笹すし九郎右エ門さん、郷の茶店えほんさん、御菓子司澤田屋さん、リーベルイノヤさんと協力してテントを並べる予定です。

市民縁日出店者募集
とき 5月3日(木・祝)~5日(土・祝)
ところ フォッサマグナミュージアム前広場
募集対象 1人でもグループでも出店できます
※市内に住所がある方、または勤務地か事業所が糸魚川市にある方
応募期限 4月13日(金)16:00まで
※要項・出店申込用紙はフォッサマグナミュージアムにあります。
詳しくはお問合せください。
フォッサマグナミュージアム
糸魚川市一の宮1313
025-553-1880
糸魚川市HP→こちら

クラシックカーミーティングは→こちら

↓フリマに参加したことがある方も
値切り交渉が得意な方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

本日: 196人
合計: 393516人

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る