ご当地グルメ

「からむし」って知っていますか?

虫の種類?と思う人が多いそうなのですが、
イラクサ科の多年生植物で別名「苧麻」とよばれています。
「からむし」の名前の由来は、説によると、「から」は韓国の古代王朝である加羅を意味し、
「むし」は朝鮮語のmosi(苧)の転用と言われています。
このように縄文時代の晩期に中国大陸から朝鮮半島を経て日本へ伝播したものと考えられています】
※(有)ネオ昭和HPより引用

丈夫な繊維が取れることから、越後で盛んに栽培されていたそうです。

その「からむし」の若葉を摘んで粉末にしたものを練りこんだ「からむし麺」をいただきました。
パッと見た感じ、お蕎麦のような太さですが、商品名は「干しうどん」です。
たっぷりのお湯で4~5分茹で、吹きこぼれそうになったら火を弱めて、好みの硬さにします。

茹で汁は、きれいな緑色になりました。
冷水で洗い、ざるうどんにして食べてみます。
写真だと色が悪くて糸こんにゃくみたいですが、うっすらグリーンですよ。

薬味は直江津互の市で買ってきた大根をおろしてみました。
おおっ、見た目も青々していましたが、皮をむいても緑が鮮やかで、大根おろしにしても緑が濃いですね。
お椀に麺つゆを入れて、からむし麺と大根おろし、そして妙高名物かんずりをのせます。
ピントがボケていますが、色のコントラストがとてもきれいです。
どこかの国旗のようにも見えます。
同じく朝市で買った紫色かかった人参もスティックにして並べます。

では、いただきまぁ~す。
つるつるつる、もぐもぐもぐ、おおっ、コシの強いうどんです。
しこしこしていて、つるつるしています。
青臭さはなくヨモギみたいな味がします。
大根おろしと、かんずりを混ぜると・・・、すっげぇ旨い!
ちなみに、この大根、すっごく辛味があります。
その辛味を、かんずりの柚子がふんわり包み、辛いんだけど、とにかく旨い。
この組み合わせ最強です。
辛いあとに人参をボリボリすると、さらに甘く感じられます。

ちなみに邪道だとよく言われますが、辛い大根おろしはマヨネーズと醤油を混ぜると、まろやかになんですよ。

からむし麺は、なおえつ茶屋さんで販売しています。
かんずりと合わせて、ぜひ食べてみてください。

(有)ネオ昭和
十日町市伊達甲236
025-750-2857
HP→こちら

なおえつ茶屋
上越市中央1-5-2
025-539-5205
HPは→こちら
ネットショップは→こちら

↓香川県に行って、うどんを食べ歩きしてみたい方も
大根おろしを「大根すり」と言う方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

1月18日(水)
糸魚川市は快晴。
青い空が広がっています。
糸魚川駅周辺の雪はすっかりなくなっています。

さて、なおえつ茶屋のおかみさんが「体が温まっていいのよ」と
お土産に持たせてくれた妙高名物の「かんずり」
塩漬けの唐辛子を雪にさらした後すりつぶし、麹・塩・ゆず等を加えて熟成させた香辛料。
真っ白い雪の上に、真っ赤な唐辛子が並ぶ様子は冬の光景として有名です。

ニュースで「今年も妙高市でかんずりの雪さらしが始まりました」と何度か見たことはあるのですが、
私、食べるのは初めてかもしれません。
しかも、瓶ではなく、この壺の形、いいわぁ。
「お味噌汁にでも、お蕎麦にでも、なんにでも入れてごらん」と言われたので、
さっそく、鍋に使ってみました。
ポン酢を使う前に、ひとさじ入れてみました。

思ったより辛くなく、柚子の風味が広がり、これは美味しい。
ご飯のうえに、ちょぴりのせてもイケます。
ポン酢と合わせても、ほどよいピリリでコクがでます。
おかみさんに教えてもらったように、毎日食べる味噌汁に入れたら体がポカポカしそうです。
この壺に入った「かんずり」は、なおえつ茶屋さんで販売しています。
ネットショップで取り寄せも可能です。

また、かんずりの雪さらしは見学できるそうなので、興味のある方は、
製造元の(有)かんずりさんにお問い合わせください。
(有)かんずり 
妙高市西条438-1
0255-72-3813
HP→こちら

なおえつ茶屋
上越市中央1-5-2
025-539-5205
HPは→こちら
ネットショップは→こちら

↓冷え性対策で生姜をとるようにしている方も
寒い地方ほど、味噌汁が覚めないように具だくさんになる傾向があると聞いたことがある方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

富山県入善町で、町おこしの一環として、入善町商工会青年部が造ったブラウンラーメン。
お隣の朝日町でも、提供しているお店があるそうです。

日帰り入浴施設の「らくち~の」で
石焼ラーメン熱い要望に復活決定!の文字を発見。
これは食べておかなきゃ、と注文してみました。

石焼ビビンパに使われているような石の器と
麺、チャーシューなどのトッピング、そしてスープが運ばれてきます。
食事処のお姉さんが、まずは麺を投入。
じゅっ、といい音がします。
少しかき混ぜてから、スープを注ぎます。
ぐつぐつと音を立てているところに、チャーシューやもやしをのせます。
これは美味しそうだ。

鍋を食べる時のように、小さい器に移しながら、いただきまぁ~す。
まずはブラウンラーメンの特徴であるスープを、ごくり。
香ばしい海老味噌の味がして、少しピリ辛です。
味噌ベースなんですが、私には、ちょっとしょっぱいかな。
もやしはシャキシャキ、チャーシューはジューシーで、日帰り入浴施設にしてはレベルが高いラーメンです。
復活を望む声が多かったのが、よく分かります。
石焼なので、最後まで熱いまま食べられます。
御飯を入れて、おじやにしても美味しそう。
って、白い御飯orおにぎりがメニューにあったか確認してこなかった、反省・・・。

ちなみに母が注文したのは生姜焼き定食。
メニューを読むと豚肉は黒部ブランドの名水ポークで、もちもちしているのが特徴だそうです。
御飯と、なめこの味噌汁、小鉢は蒟蒻の煮物と、漬物は大根(酢漬けみたいな味)
しめじ、かまぼこ、銀杏、鶏肉が入った茶わん蒸しには、季節の柚子が飾られていました。
厚みのある豚肉は食べごたえ十分なのですが、大きすぎて口に入れにくいくらいです。

畳の無料休憩所は広くて、のんびりできます。
禁煙なので煙草の匂いも気にしなくていいのが、なによりです。
今度は岩盤浴もしてみたいなぁ、と思います。

入善町のショッピングモール「コスモ21」内にあるチャイナハウス遊遊さんのブラウンラーメンは→こちら

朝日町 環境ふれあい施設らくち~の
営業時間 AM10:00~PM11:00
定休日 毎月第2木曜日
※8月をのぞく。祝日の場合は前日になります
富山県下新川郡朝日町舟川新35

0765-82-0990
HP→こちら

↓ラーメン食べ歩きが好きな方も
生姜がない?しょーがないなぁ、と親父ギャグを言いたくなった方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

9 / 9« 先頭...56789

本日: 237人
合計: 393399人

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る