お土産

今日は糸魚川市民より糸魚川に詳しいんじゃないか、と思うくらい糸魚川をこよなく愛する「大糸線の旅を自ら企画して楽しむ自称、大糸線の旅人、外堀通り」さんからのお土産で、いすみ鉄道列車ドロップと北陸新幹線E7系キャンディーです。

外堀通りさんは大糸線&糸魚川が落ち着く場所だそうで、糸魚川の観光大使になったらいいんじゃないか、と思います。

さて、このドロップのいすみ鉄道。
公募で社長になった方は、鉄道マニア。
スクラップ寸前のキハ52を、観光列車としたところ、
「唯一走るキハ52」として全国から沢山の方が来てくれるようになったんだとか。
糸魚川から南小谷の大糸線を走っていたディーゼルカーで、新しくなった糸魚川駅のアルプス口(南口)に展示されることになったのも赤とクリーム色のツートンカラー。
糸魚川では青のツートンカラー、真っ赤な通称「たらこ」を押さえて、投票で選ばれた人気の色です。
缶に、紙が貼られたタイプで、作っているのは(株)オークコーポレーションさん、企画がいすみ鉄道(株)さんです。
では、開けてみましょう。
丸くて水色のドロップです。
ぱくっ、舐めなめナメ・・・、ソーダ味です。
ソーダ味って書いてあるんだから、そりゃ~そーだ(笑)
ラムネのような爽やかな懐かしい味です。

もう1つ、北陸新幹線E7系を開けてみましょう。
こちらは、缶に直接印刷されているタイプで、シールを剥がすと「開封」と缶に字が残るようになっています。
おおっ、開けたことが分かるすごいアイデアだ。
蓋には船のようなデザインがされています。
こちらは、サクマのドロップのように、カラフルで形が少しずつ違いますね。
思わず「節子」と言いたくなる(笑)
作っているのは(株)ナガトヤさんです。
赤いのを、ぱくっ、舐めなめナメ・・・、これは苺味なのかな。
りんご???
なんとなく形は苺ぽかったんだけど。
缶の中から、好きな味が一発で出ると嬉しいんですよねえ。

外堀通りさん、ごちそうさまでした。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

 

今日は親戚からのお土産で(株)グレープストーンさんの銀座のいちごケーキです。

これ「。」まで商品名なのかな。
モーニング娘。みたいですね。
(株)グレープストーンというより、東京ばな奈ワールドと言った方がピンときますか?

では、開けてみましょう。
8個入りです。
黄色いスポンジの上に、ピンク色の苺が描かれています。
半分に割ってみると苺クリームの上にカスタードクリームの2段重ねです。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、ふわふわした柔らかい生地の中から、甘いカスタードクリームと苺クリームが出てきます。
苺の粒々が奥歯で弾けて、しっかり苺の感覚があり美味しいです。

東京ばな奈といい、このシリーズはすっかりお土産の定番になりましたね。

Iさん、ごちそうさまでした。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日はスーパーで見つけた(株)湖池屋さんのポテトチップスみかん味。

いったん通り過ぎて、ん?と気になり二度見して買って来ました。
ポテトチップスと、みかん。
すごいチャレンジャーだな。
もぐもぐリポーターとして、これは食べておかなければいけません。

開けてみます。
おさつスタックのような、ほんの~りかすかに甘い匂いがします。
黄色いパウダーがかかっていて、所々固まって濃くなっています。

ぱくっ、もぐもぐもぐ、ほ~、そうきたか。
ぱりっとしたボテチップスを食べているのに、なんとなく蜜柑ジュースを飲んでいるような感じがします。
乾いているのにジューシーというか、口の中と、脳内が混乱しているとむいうか、なんだか不思議な感覚です。
もぐもぐもぐ、ん~と、なんか懐かしい味に似ているぞ。
おっ、小さい頃飲んだ粉のジュースを、指につけて舐めた時の味。
もぐもぐもぐ、ポテト自体は、素揚なのかしょっぱさはなくて、みかんの味が強いです。
これは、ハマる人はハマるだろうなぁ。

ちなみにカロリーは1袋60グラムあたり340キロカロリーでした。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は親戚からのお土産でいただいた、(株)東京玉子本舗さんの東京たまご すいーとぽてとたまごです。
銀座たまやさん、と言った方が分かりやすいのかしら。

ん?このデザイン、見たことあるぞ、と調べたら
白と黒で「ごまたまご」を食べたことがありました。
ブログに書いたことあるかな、と遡ってみましたが、見つからず・・・。

まぁ、いいか。
開けてみましょう。
蓋はクリーム色、下の箱は包装紙と同じうっすら紫かかった赤に近い濃いピンクです。
8個行儀よく、小包装されたのが並んでいます。
取りだすと、つるんとしたうっすら紫の卵型。
絞り出した最後の部分なのか、片方だけ、ちょっぴっとぽちっと出べそぽくなっています。
半分に割ると、真ん中にサツマイモペースト、それを包むカステラのような生地、一番外側はチョコレートですね。
ぷぅ~んと甘い焼き芋の香りがします。
では、いただきまぁ~す。
ばくっ、もぐもぐもぐ、舐めらかに練られたサツマイモペーストが、すんごい薩摩芋って感じです。
THE薩摩芋といえばいいのかな。
薩摩芋風味というレベルじゃなく、しっかり焼き芋の領域に達しています。
箱に入っていた紙を読むと
「中身が黄金色をしていることから鳴門金時と名付けられた徳島産生まれの鳴門金時芋」とあります。
ほほう、鳴門金時ね、そりゃ~、旨いわけだ。
ちなみに生地の小麦粉は国産、表面のチョコレートは紫芋をパウダー状にしたものを合わせているそうです。
細かく言うと、真ん中の薩摩芋部分は、ペーストとあんの二層構造らしいです。
もぐもぐもぐ、玉子サイズなのに、焼き芋1本食べたくらいの満足感があります。
日本茶ともよく合って美味しいです。

Iさん、ごちそうさまでした。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は友達からのお土産で、道の駅小谷のはちみつドーナツです。
販売者は、(株)タイヨーさんで、松本市のメーカーです。

道の駅小谷は、全国でもトップくらいの集客と売上があると言われていますね。
糸魚川からも、白馬方向からもコンビニや公共トイレから、かなり距離がある立地条件もありますが、日帰り温泉施設の併用や、148号線を通る大型トラック用の駐車スペースが広いなど、さまざまな要因があります。
地元の名産、栃の実を利用した大福(栃の実を使うと柔らかくなり硬くなりにくいとか)を筆頭に、地元色が強いのもいいですよね。

このドーナツのパッケージも、糸魚川から続く塩の道がモチーフ。
歩荷と呼ばれている、荷物を運ぶ牛と人が描かれています。
1つずつ小包装されて7個入りです。
では、いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、ドーナツというと丸くて輪っか状のものを思い浮かべますが、これはラグビーボールのような形です。
沖縄のサーターアンダーギーに近いです。
色も黄色かかっているからね。
もぐもぐもぐ、揚げてあるけど、油でぎっとりではないです。
端っこのあたりに、溶けかかった砂糖がじょりじょりいうのが、端っこ大好きにはたまりません。

1個がそれなりの大きさで、中身が詰まっているドーナツなので、満足感があります。

みー、ごちそうさま。

道の駅小谷HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は、おすそ分けでいただいた、(名)平木製菓さんの俳風お好焼です。

「新歌舞伎座 観劇記念」とあるので、誰かが歌舞伎を見に行ったお土産なんだろうか・・・。

浮世絵ぽい絵が描かれたパッケージです。
開けてみましょう。
中身は、丸い煎餅(かな)で、真ん中に白ごま、青のりと海老、板海苔、プレーン(だと思う)の4種類が2枚ずつ入っています。

同封された紙を読むと「袋のままで小さく割ってお召し上がりください」とあります。
この紙の内側には
「歯の弱い方 小さく割ってお含みください。よくとけておいしさが広がります
歯の丈夫な方 歯ごたえを楽しみください。かめばかむ程味がでてきます
辛党の方 日本酒・ビール・焼酎等のおつまみにもよく合います
お子さま 円いままおあがり下さい。適度なかたさが脳を発達させ丈夫な身体を作るでしょう
乳幼児 円いままお持たせください。乳児食にも好適です」
とあります。

では、小さく割って、よく噛んで食べてみることにします。
えっと、白ごまを、ぱりっ、いい音をして割れます。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、煎餅というとお米でずか、これは小麦粉ですね。
洋風煎餅というのかな。
ほんのり甘くて、しっかり水分がなくなるまで焼いてあり、香ばしいです。
胡麻がぷちぷち弾けます。
もぐもぐもぐ、口に含んでいるだけで優しく溶けるとあるので、今度は噛まないでおこう。
ぱくっ、じぃ~・・・。
おっ、じわじわと柔らかくなっていきます。
崩れていくにしたがって、味も広がっていく感じです。
あ~、でも、噛んじゃうな、私。

(名)平木製菓
本社工場  三重県伊賀市上野忍町2596
0595-21-0981
東京本社 東京都中央区日本橋浜町2-52-5
03-3668-1643
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は京都に行って来た友達からのお土産で、(株)辻利さんの宇治抹茶チョコレートです。

宇治といえば、お茶が有名ですよね。
中学の修学旅行で宇治に行った時に、お昼は平等院近くでした。
そこでは、ご飯に細かく刻まれたお茶の葉がふりかけられていた記憶があります。

黒とグリーンの対比がかっこいいパッケージですね。
では開けてみましょう。
引き出すタイプの中箱に、7枚並んでいます。
小袋を開けると、ぷぅ~んと抹茶のいい香りが漂ってきます。
葉っぱをイメージした形のチョコレートですね。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、とても滑らかで、とっても美味しいです。
チョコレートの甘さの中から、じわじわとくる抹茶ならでは、ほろ苦さ。
舌の奥に、抹茶の風味が広がっていきます。
これ、美味しい。
抹茶が苦すぎず、かといって、抹茶の味が薄いと、普通のチョコレートになっちゃいますが、これは抹茶とチョコレートのバランスがとてもいいです。
もぐもぐもぐ、7枚入りじゃなくて、もっと欲しいな、と思います。

Nちゃん、ごちそさまでした。

↓十円玉は、平等院鳳凰堂がデザインされている方が表と知っている方も
鳳凰は、60年~120年に1度しか実をつけない竹の実だけを食べると言われていると知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は仕事でお世話になってる方からのお土産で、埼玉県行田市の(株)十万石ふくさやさんの十万石まんじゅうです。

十万石ということは城があったということ???
箱の裏の説明を読むと
「現代の行田市を中心とする埼玉県北部は成田氏城主の天正年間、石田光成の水攻めにも屈せず、難攻不落の白として関東七名城の1つに数えられた「忍城(おしじょう)」を中心に栄ました」
ほほう、やはり城があったのですね。
そして、1石は百升だそうで・・・、えっと、十万石は・・・、どんだけ???
じゃあ、加賀百万石って、めちゃくちゃすごいってこと???

このお菓子は、城下で作られる忍米を形取り、皮に米の粉と大和芋を使っているそうです。
そして、箱の絵は、故棟方志功さんだとか。
テレビのお宝探偵団に出てくる名前じゃないですか。

では、さっそく、開けてみましょう。
ぱかっとな。
小判を包んでいるような白い楕円形です。
なんとなく、時代劇の饅頭の下に小判隠してるシーンが重い浮かびます。
そうそう、あれって「越後屋、そちも悪じゃのぉ~」なんて台詞でしょ?
越後の人は、真面目だから悪巧みなんてしません(笑)
どこの越後屋さんよ、賄賂贈ってんの、ぷんぷん。

それは、それ、として、いただきまぁ~す。
1つずつビニール袋に入っていて、さらにビニールで包まれています。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、美味しい、これ。
しっとりとし生地は、もっちりした感じです。
それもそのはず、米粉は新潟県産コシヒカリ。
ふふ~ん、越後やるじゃん。

中身は、こしあんで、こちらも、しっとり滑らか。
甘さも甘すぎず、かといって、しっかり甘く、とっても美味しいです。

つくね芋(山芋のなかでも最高級)のすりおろしが入っているので、ふっくらしているのだと思います。
なんとなく、お饅頭だけど、お腹で膨れる気がするし。
これを指名買いする気持ち分かります。

Nさん、ごちそうさまでした。

(株)十万石ふくさや
埼玉県行田市長野2-27-28
0120-07-1059

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は久しぶりに糸魚川に帰郷したイトコからのお土産で、(株)ショウエイさんの東京駅丸の内駅舎まるころです。

東京駅は100周年、ということで、れんがの東京駅の写真が使われていて、JR東日本商品化許諾済のロゴが入っています。

ふら、写真を見るとマカロンぽい♪
私、マカロン、大好きです。
さっそく開けてみましょう。

4つずつ、ピンク、黄色、茶色の丸い・・・、マカロンじゃありません。
クッキーぽい。
箱の裏には、しっかり「この製品は、さっくりと焼き上げた生地にホワイトクリームをサンドした色鮮やかなクッキーです」と書かれています。

では、ピンクから、いただきまぁ~す。
真ん中★がついてますね。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、ピンクは苺味です。
サクサクとした軽くて甘いクッキーです。
真ん中のクリームも美味しいです。

続いて黄色を、ぱくっ、もぐもぐもぐ。
こちらはチーズです。
サックリした中にチーズのコクが広がっていきます。
クリームはたぶん同じで、クッキー生地にチーズが使われているんだと思います。

最後に茶色を、ぱくっ、もぐもぐもぐ。
これはチョコレート味です。
ココア味と言えばいいのかな。
苺が爽やかで、チーズがコクて、これが一番甘い気がします。
もぐもぐもぐ、(株)ショウエイさんの色んなお土産(お菓子)を食べたけど、どれも美味しいし、パッケージもいいです。
ハズレがないって感じかな。
これもおすそ分けしやすくて、鞄に1つ、2つおやつとして入れておいてもいいと思います。

まーくん、ごちそうさま。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は糸魚川と小谷の境にあるホテル國富翠泉閣に行って来たという親戚からのお土産で(株)新潟東洋さんのホテル國富翠泉閣とろろおぐらです。

よく「京都に行って来ました」と書かれている(それが商品名)お土産を見ますが、これもズバリホテル國富翠泉閣に行って来たと分かるお菓子です。

とろろ、おぐら???
最初は、とろろ蕎麦と思いました。
でも、おぐらって小豆だよね。

開けてみましょう。
平らな包みが5つ並んでいます。
優しい黄色の色合いは、山並みをイメージしているのかもしれません。
包みを開けると、表面は茶巾絞りとまではいかないけど、真ん中に生地を寄せたような感じです。
半分に割ると、小豆は砕いて白あんに練りこまれています。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、白あんって、ちょっとパサパサするのが得意じゃないのですが、これはしっとりしています。
とろろ芋を使っているからでしょうね。
もぐもぐもぐ、小豆の味と、白あんの味、そして、うっすらとろろ。
皮も蒸かした饅頭とは、違います。

食べたあと、なんとなくお腹の中で膨れる気がするのは、とろろ効果???
ちなみに、やまいもの含有量は全重量の15%、小豆は17%使用だと大きく書かれていました。

Iさん、ごちそうさまでした。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

10 / 29« 先頭...89101112...20...最後 »

本日: 197人
合計: 397485人

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る