お土産

今日は小布施で買って来た竹風堂さんの「おーぶっせ栗」です。

小布施と言えば栗。
街歩きを楽しむ中心地にあって、裏に広い駐車場もある竹風堂さんは、小布施に行ったら寄りたいお店。
この、竹色のお土産袋、見ただけで竹風堂さんと分かります。

二階の喫茶で、午後のお茶タイムと思ったら、なんと40分待ちだとか。
そうよ、小布施は来ようと思えば、いつでも来れるわ。
きっと冬になれば空いているはず、と気を取り直して、おやつを買うことに。
栗どらやき、おこわ、いろいろ迷って、まだ食べたことのない、おーぶっせ、にしました。
小布施と、ブッセをかけているんですね。

黄色の袋を開けると、丸くて、ちょっとヒビ割れたような生地のブッセが出てきました。
パウダー状の砂糖がかかっています。
では、いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、生地はキメが細かくて均等に空気を含んでいるので、とってもふわふわしています。

もぐもぐもぐ、真ん中のペースト部分にたどりつきました。
渋皮ごとペーストにしたような色で、ざらりとした栗特有のでんぷん質を感じます。
もぐもぐもぐ、ん、きっとこれは栗意外に何かブレンドされている。
原材料を見ると手亡餡とあるので、白いんげんのペーストを栗と混ぜているようです。
なんで分かったかというと、私は豆のザラっが得意じゃないから。
栗のザラっとは、ちょっ違うんだなぁ。
でも、栗の方が強いので、全然気になりません。

もぐもぐもぐ、真ん中の栗ペーストの厚みがあって、美味しいブッセでした。

よぉ~し、リベンジにまた小布施に行くぞ~。

(株)竹風堂
上高井郡小布施町小布施973
0120-872-480

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

今日は「能登に行って来た」という友達のお土産で、みそまんじゅうです。
なんでも、能登名物なんだとか。

「箱に入るとその分高くなるから、袋でいいよね」
うんうん、箱はゴミになるし、中身が食べられればいいよ。
友達同士なら、箱なしの方がゴミが減っていいです。

さっそく、いただきまぁ~す。
手のひらより少し小さいサイズです。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、あ~、皮が少し味噌の味がします。
白あんの甘さと、皮のほんのりしょっぱさがマッチして、美味しいです。
白あんも、真っ白じゃなくて、ほんのり味噌色をしています。
もぐもぐもぐ、あんこたっぷりで、食べごたえがある饅頭です。

饅頭って、自分で買って食べるより、圧倒的に土産で食べる確率が高いと思います。
それだけ昔から、饅頭は土産品として定番=名物になっているんでしょうね。

Kさん、ごちそうさまでした。

(有)竹内 みそまんじゅう本舗
石川県七尾市田鶴浜町を部14
0767-68-2053

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

今日は白根のお土産でいただいた、みの口や菓子舗さんの白根せんべい、凧見サブレ、さぶれ最中です。

白根は中ノ口川を挟んで大凧を上げて、紐をからめて戦う大凧合戦が有名です。
凧の大きさは24畳もあるんだとか。

包装紙も凧が上がる青空をベースに、勇ましい歌舞伎役者や達磨、縁起物の鯛など大凧が色鮮やかに描かれています。
この、どこのお土産かすぐに分かるデザイン、すっごく大切ですよね。

しかも、テープには「凧のまち しろね フルーツ王国」の文字と、果物と大凧の絵がカラーで印刷されていて、これも素敵。
このテープは、他でも見かけるので、白根で統一して使えるようにしているんだと思います。
紙袋は無理でも、テープならどこでも使えていいアイデアですね。

さて、ピンク色の紐を外して、箱を取り出すと、こちらにも大凧のイラストがありました。
大凧のパンフレットが3種類もあり、お土産をもらった人に「行ってみたい」と思わせます。

さてさて、中身は、上から白根せんべい、凧見サブレ、さぶれ最中。
この1つずつの袋にも凧の絵が描かれていて、ものすごく白根の大凧愛が伝わってきます。

食べたことのない、さぶれ最中から食べてみましょう。
緑色は、かぼちゃの種、ピンクはごま、とあります。
う~ん、ごまから、いただきまぁ~す。
開けてみると、お~、そういうことか。
四角い最中の皮を器にして、サクサクのサブレ生地が詰められています。
しかも、すごい白ごまの量です。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、下唇は最中で和菓子ぽく、口の中はサブレで洋菓子で、ぷちぷちと弾けるあたりは胡麻団子のようで中華ぽい。
しかも、最中の皮には、鯛が浮き出すようにデザインされていて、ここまで大凧推しとは脱帽です。

続いて、真ん中のサブレ。
こちらは歌舞伎役者のような顔が刻まれています。
ぱくっ、ざくっざくっざくっ、すごく気持ちのいい歯ごたえのサブレです。
甘くて、1枚が大きいので、すごい食べごたえがあります。

最後に白根せんべい。
これは1袋に2枚入っているのですが、2枚とも絵柄が違います。
瓦のような形をしていて、お米じゃなくて小麦粉のお煎餅です。
ん? 1袋ずつ柄が違う。
しかも、裏には「みの口や」と刻まれています。
すごすぎる。

美味しくて、どんな柄か見るのが楽しくて、とっても嬉しいお土産です。
白根では、この大凧サブレを売っているお店が何軒かあるそうなので、食べ比べるのもいいと思いますよ。

みの口や菓子舗
新潟市南区白根3068
025-372-2367
白根大凧と歴史の館HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

今日は長野の友達がお土産で持って来てくれた、(株)果実企画さんり信州星ノ実ぶどう無添加ドライフルーツです。

わぁ、これ、前にもらって、すごく美味しかった干しぶどうじゃん!
やったぁ!

手さげ袋はシンプルに白。
箱にかけてある紙は、葡萄の粒をイメージした水玉模様です。

紙を外すと白い箱が出てきて、その中身は白い小包装。
紙に書かれたのと同じ信州の山と文字のデザインです。

袋を開けると小さなトレーに2種類の干し葡萄が入っていました。
大きいのは種なし巨峰
小さいのはシャルドネ
シャルドネは白ワインの品種ですね。

では、大きい巨峰から、いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐしないで、口の中で転がしてみます。
よくあるレーズンより、大きくて皮ごとなので、葡萄の甘味がギュッと詰まっている感じです。
ほのかに酸味と、ワインのような香りがします。

続いてシャルドネ。
干してあっても、白っぽいのが分ります。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、種が何個かあって、ガリっとしますが、そこがまた美味しいです。
皮は薄くて、つるっとしていて、クランベリーのような感じです。

干し葡萄は、パンやお菓子の中に入っているイメージが強いですが、
これは立派な主役。
大人のドライフルーツという感じですね。

Sさん、ごちそうさまでした。

(株)果実企画
長野県中野市竹原847-3
お客様相談室0120-410-210
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

今日は大阪で買ってきたくいだおれ太郎のボールチョコです。
販売者は(株)太郎フーズ、製造者は(株)ニューエストです。

グリコなど巨大看板が有名な難波のアーケードにあったお土産屋さんで見つけました。
この、ぐいだおれ太郎のデザインのお菓子は他にもあったのですが、この形!!
思わずジャケット買いしちゃいました。

大阪のお土産は、こうやって「大阪」を前面に出したお土産が多かったです。
こてこて、というんでしょうか。
見たことあるある、と思わず手に取りたくなるようなデザインなんですよね。

さて、中身を開けてみましょう。
ビニール袋に入っていて、白いボールが2つずつ入っています。
くいだろれ太郎が縦に描かれているものと、
「道頓堀のネオンが眩しおまっせ」
「大阪はくいだおれの街でっせ」
「わて泳げまへんねん」
「まいどおおきに」
とセリフが書かれているものが入っていました。
それぞれ色が、紫、ピンク、水色、緑とカラフルなのも、大阪らしい気がします。

では、いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、白いコーティングの下はチョコレートです。
白い部分がカリッとして、ザクザクと砕けていって、気持ちのいい食感です。
こういうのって、外側の白い部分だけ先に剥がして食べたくなる。。。

これなら鞄やポッケに入れて持ち歩いても溶けにくいんじゃないかな。
飴ちゃんを配るみたいに、このボールチョコを渡してもいいかも。

大阪、楽しいわぁ。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は大阪の方からお土産にいただいた、(株)粟玄さんの和洋です。

白くて和紙のような袋は、ところどころ金と銀が入っていて、シンプルだけど高級感が漂います。
さらっと細筆で書いた和洋という文字もいいですね。

どんなお菓子か、裏を見ても全く分からないという期待感があります。
紫色のワイヤーを外すと、なにやら小さい包みが沢山入ったビニール袋。
それを開けると、小さい包みは袋じゃなくて和紙のような紙で、上をぐるぐるとひねってあります。
包みを広げると、つやつや茶色に輝くアーモンドが出てきました。

よく見るとアーモンドだけじゃくて、パフと呼ばれるものもくっついているようです。
では、さっそく、いただきまぁ~す。

ぱくっ、かりっ、コーティングされている部分がとてもいい音を立てました。
もぐもぐもぐ、キャラメル味かと思ったら、なんと珈琲味。
バター飴のような、珈琲牛乳のような、甘くて、でも香ばしくて、これは美味しいっっ!
もぐもぐもぐ、アーモンドとパフが奥歯で砕ける感覚も、心地いいです。
や、やばい、これ、一度食べたら止まらなくなるやつだ。

もぐもぐもぐ「すぐに湿るお菓子ですのでお早めにお召し上がりください」とありますが、湿る前に食べつくしちゃうわ。

ごちそうさまでした。

(株)粟玄
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は大阪で買ってきた(株)向新さんのこがしバターケーキです。

グリコなど巨大看板が有名な難波のアーケードにあったお土産屋さんで見つけました。
大阪の友達が「これ、めっちゃ甘いねん」とか食べたことがあるのは教えてくれて
このバターケーキは「美味しいねん」とオススメしてくれたんです。

大阪はお土産もコテコテ。
どれもウケそうで迷いましたが、家族で食べるのはこれにしました。
ちゃんと、このお菓子には専門の袋をつけてくれるのが、商人の街大阪!
口をとめるシールまでつけてくれましたよ。

包装紙を外すと、白に黄色の箱です。
右に開けるタイプで、おおっ、すごい。
外はシンプルなのに、内側にはバターケーキが並んでいてインパクトが大きいです。

袋から出してオーブントースターか電子レンジで温めると、さらに美味しくなるんだとか。
そかそか、やってみよう。

ラップをして10秒、チンッ!
ほかほかぁ~。
では、いただきまぁ~す。
チンしたので、甘い香りが漂ってきます。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、上の部分がさっくり、ほんのり砂糖がショリとします。
角ばっている砂糖がジャリじゃなくて、かすかにショリです。

バターの豊かな香りと味。
空気を含んでいた生地は、珈琲とよく合います。

甘いけど、重たくない甘さですね。
思っていたより大きくて、1つだけでも満足感があります。

もぐもぐもぐ、ん?
暖める時は紙のカップも外すのか。
食べ終わってから気づきました。
反省。。。

ちなみに8個入りで税別852円でした。

(株)向新
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は沖縄に行ってきた姪っ子からのお土産で、南風堂(株)さんの紅芋かりんとうです。

沖縄は行ったことがありませんが、沖縄といえば、さとうきびとか、紫芋とか、太陽の恵みで甘さを蓄える特産物イメージがあります。
さて、この紅芋も沖縄産。
台風が多く、稲作に適さない沖縄にとって紅芋(薩摩芋)は、なくなはならない食べ物のひとつだそうです。

紅梅のような、やさしい色合いのパッケージです。
では、開けてみましょう。
想像していたのは指の太さほどのかりんとうでしたが、これは細いです。
うっすら紅かかっていますが、赤々しているわけではありません。
というか、着色料で赤々としていたら、逆に人工的で嫌かも。

いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、細いので、がりっ、ぼりっとならず、食べやすい硬さです。
砂糖たっぷりコーティングではなく、甘すぎず飽きのこない味です。
もぐもぐもぐ、自然な甘さというか、素朴な甘さと言う感じです。

45グラムは、旅行中に自分でおやつ用にしてもいい量だと思います。
しなしなぁ~、と湿気たのが好きという人もいるけどね。

南風堂(株)
沖縄県糸満市西崎町4-15-2
098-995-3111

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

今日は従姉からのお土産で、(株)メリーチョコレートカムパニーさんの国産果実の果樹園倶楽部です。

水色の包装紙には東京名所がデザインされています。
東京駅、雷門、東京タワー、スカイツリー、忠犬ハチ公、東京都庁、国技館、国会議事堂、橋はレインボーブリッジかな、電車は3両なので都電ではないようです。
パンダ、力士、歌舞伎と、楽しい包装紙ですね。

その包装紙を開けると、わぁ、箱もきれい。
薄いクリーム色をベースに、果物をイメージした水玉模様が描かれています。
洋梨は少し下をふっくらさせた形、パイナップルは扇形に描かれています。

その箱を開けると、これまた、とってもきれいな色合いのゼリーが8つ並んでいます。
上の段、左からさくらんぼ、白桃、洋梨、伊予柑
下の段、左から洋梨、パイナップル、葡萄、林檎です。

どれもカップを通しても、果物がごろっと入っているのが見えます。
特に葡萄やさくらんぼは、真ん丸で「ここにいますよ」と涼しげです。

う~ん、どれも美味しそう。
と、迷ったあげく、今が旬の葡萄にしました。
まず果物の絵が描かれたカバーを外そうとしたら、あら、これ簡単。
ペリッとミシン目があり、テープを外したり、切り口が分からないという手間がなくていいです。
そのあと、カップからお皿にうつすと、あまぁ~い香りがぷぅ~んと漂ってきます。

葡萄、それね巨峰サイズが2つ、細かい筋も全て見えるほど、生の葡萄そのままに入っています。
つるんっ、もぐもぐもぐ、おおっっっっ、すごいジューシー。
葡萄の果実だけを呑んでいるかのような濃厚さ。
まるで生の巨峰を食べたあとのような甘さが口の中いっぱいに残ります。
葡萄は種がなくて、生の食感が残っていて、すごく美味しいです。
これは、季節外れの時に食べたら、すごく贅沢な気分になれるはず。
そのくらい果実感がハンパないです。

Mちゃん、ごちそうさま。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

今日は「山形に行って来た」という幼馴染からのお土産で、(株)タカチホさんの山形さんらんぼーどです。
販売者は山形県鶴岡市の庄和堂(株)さんです。

ん?(株)タカチホさんって、聞き覚えがある。
ブログを遡ると、ありました。
長野のブルーベリーのウエハースと同じ会社かしら???
各地の特色を生かしたお菓子を作っているのかな。

艶々の赤い宝石のようなさくらんぼの絵が描かれた箱を空けてみましょう。
ぱかっ、とな。
縦長で12袋入っています。
袋を開けてみると、ウエハースが出てきました。
横から見ると、ウエハース、クリーム、ウエハース、クリーム、ウエハースの5層構造。
ぷぅ~んと、甘い匂いがします。

ぱくっ、もぐもぐもぐ、ザクザクとした感じで、でも硬すぎないで心地良い歯ごたえです。
クリームがしっかり甘くて美味しいです。
さくらんぼ特有の後味があります。
箱の中にあった紙には、山形の美味しい素材をお菓子にしました、とあり
山形県産佐藤錦の果汁
山形県のさくらんぼの花から採取したさくらんぼ蜂蜜
山形県産の小麦粉
と、トリプル山形。

あ~、この自然な甘さは、蜂蜜を使っているからですね。

お土産のお菓子って、甘すぎると手が伸びなかったり、
大量に同じのが入っていると飽きたりして残ることが多いですが、
これは美味しいし、12本というちょうどいい数です。
地元の素材を使っているのもポイント高いです。

Yちゃん、ごちそうさま。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

本日: 62人
合計: 403533人

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る