新潟県のお菓子

今日は、十日町市で買って来た(株)夢えちごさんの新潟やま柿です。

この(株)夢えちごさんは、ご当地色を出したお土産を色々出していて、サービスエリアとか、道の駅とかで見かけることが多いです。
このブログでも何度か登場しています。

家族が柿大好きなので、お土産で1つ買うことに。
これは12個入りですが、もっと沢山入っている箱もあった記憶が・・・。

さてさて、包装紙はオレンジ色で、ちょっと和紙ぽくわざと色むらがあるようなデザインです。
銀色に輝いている文字は「第24回全国菓子大博覧会名誉総裁賞受賞」
すごいじゃん。

包装紙を外して、白い箱を開けると、柿をへたの部分から見たようなイラストが描かれた包み紙が出てきました。
これを外すと、干し柿をミルフィーユのように重ねてプレスしたようなお菓子です。

ぱくっ、もぐもぐもぐ、おおっ、干し柿そのままのような甘さと味わいです。
柿特有の少しザラっとした甘さと言えばいいのでしょうか。
自然の美味しさがそのままです。

干し柿を作ろうとすると、皮をむいて、紐で下げて、カビたりしないように風と太陽にあてて、蜜が垂れるのも掃除して、とかなり手間がかかります。
これなら1個単位で持ち歩きやすいし、手軽に食べられていいですね。
柿のシーズンじゃない時に、柿が食べられるのもいいなぁ。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

今日は十日町市の友達からもらった、御菓子きさらぎさんの焼き菓子です。

ハロウィーンが近いということもあって、オバケかぼちゃのパッケージが可愛いですね。

私が気になったのは窯出しチーズショコラ。
それから、いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、ふわっふわっのスポンジはココア味です。
軽い生地の中に、チョコレートチップが隠れていて、それがカリッと香ばしくて美味しいです。
真ん中にチーズが散らされていますが、チーズの味は強くなくて、ほぼチョコレート。

続いて、ピンク色の包みに入っているマドレーヌを、ぱくり。
もぐもぐもぐ、レーズンがすごくラム酒が効いていて、大人の味わいです。
こちらの生地も、すごくふんわり。

かぼちゃのパウンドケーキと、丸いムレーブと書かれたお菓子は、またあとでのお楽しみ♪

Kさん、ごちそうさまでした。

御菓子きさらぎ
十日町市高田町3-14
025-752-2679

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

今日は白根のお土産でいただいた、みの口や菓子舗さんの白根せんべい、凧見サブレ、さぶれ最中です。

白根は中ノ口川を挟んで大凧を上げて、紐をからめて戦う大凧合戦が有名です。
凧の大きさは24畳もあるんだとか。

包装紙も凧が上がる青空をベースに、勇ましい歌舞伎役者や達磨、縁起物の鯛など大凧が色鮮やかに描かれています。
この、どこのお土産かすぐに分かるデザイン、すっごく大切ですよね。

しかも、テープには「凧のまち しろね フルーツ王国」の文字と、果物と大凧の絵がカラーで印刷されていて、これも素敵。
このテープは、他でも見かけるので、白根で統一して使えるようにしているんだと思います。
紙袋は無理でも、テープならどこでも使えていいアイデアですね。

さて、ピンク色の紐を外して、箱を取り出すと、こちらにも大凧のイラストがありました。
大凧のパンフレットが3種類もあり、お土産をもらった人に「行ってみたい」と思わせます。

さてさて、中身は、上から白根せんべい、凧見サブレ、さぶれ最中。
この1つずつの袋にも凧の絵が描かれていて、ものすごく白根の大凧愛が伝わってきます。

食べたことのない、さぶれ最中から食べてみましょう。
緑色は、かぼちゃの種、ピンクはごま、とあります。
う~ん、ごまから、いただきまぁ~す。
開けてみると、お~、そういうことか。
四角い最中の皮を器にして、サクサクのサブレ生地が詰められています。
しかも、すごい白ごまの量です。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、下唇は最中で和菓子ぽく、口の中はサブレで洋菓子で、ぷちぷちと弾けるあたりは胡麻団子のようで中華ぽい。
しかも、最中の皮には、鯛が浮き出すようにデザインされていて、ここまで大凧推しとは脱帽です。

続いて、真ん中のサブレ。
こちらは歌舞伎役者のような顔が刻まれています。
ぱくっ、ざくっざくっざくっ、すごく気持ちのいい歯ごたえのサブレです。
甘くて、1枚が大きいので、すごい食べごたえがあります。

最後に白根せんべい。
これは1袋に2枚入っているのですが、2枚とも絵柄が違います。
瓦のような形をしていて、お米じゃなくて小麦粉のお煎餅です。
ん? 1袋ずつ柄が違う。
しかも、裏には「みの口や」と刻まれています。
すごすぎる。

美味しくて、どんな柄か見るのが楽しくて、とっても嬉しいお土産です。
白根では、この大凧サブレを売っているお店が何軒かあるそうなので、食べ比べるのもいいと思いますよ。

みの口や菓子舗
新潟市南区白根3068
025-372-2367
白根大凧と歴史の館HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

今日は五泉市の友達からプレゼントされた、 渡六菓子店さんの焼き菓子詰め合わせです。

ピンク色のワイヤーかごと、左右に結んだ薄いピンクと濃いピンクのリボン。
とっても可愛いです。
そして、手さげ袋にも、タグにも目立つ数字の「6」
店名にも「六」が入っています。

タグの裏に書いている説明を簡単にまとめると
「五泉の5と、いつまでも1であり続けたい」
で5+1=6なんですって。
なるほどぉ~。

リボンと透明セロファンを外して、中身を見ると、いろんなお菓子が入っています。
手前のセンターはサンクフォンテーヌ
青りんごのゼリー
メレンゲをドーム状にしたムラングココ
大きなチョコチップクッキー
リーフパイ
カットされたバウムクーヘン
オレンジケーキ
ホタテ貝のような形をしたマドレーヌ
旬の果実ゼリー
全部違うものが9種類も入っています。
しかも、ゼリーを食べるための小さなスプーンもついているという心遣い。
素晴らしいです。

どれも美味しそうだから、迷うけど、私はナッツ類が好き。
一番真ん中を陣取っているということは、イチオシに違いない。
というわけで、ギザギサした丸いスポンジの上にナッツがいろいろ乗っているサンクフォンテーヌからいただきまぁ~す。
袋を開けると、ぷぅ~んと焼き芋のような秋の香りがします。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、大きな黒ぽい塊はドライプルーン。
その隣で香ばしい胡桃があり、南瓜の種があって、上半分を占めているぷちぷちとしたイチジクが奥歯で弾けて、口の中がサーカスのように賑やかです。
アーモンドプードルで、しっとりとした中に、さっくりとした生地で、とっても美味しいです。

次はなんにしようかな。
白いムラングココにします。
調べたらムラングはフランス語でメレンゲの意味で、卵白に砂糖を加えて泡立てたもの。
ココは、たぶんココナッツを使っているからでしょう。
壊れないように、そっと指でつまんで、ぱくっ。
もぐもぐしないで、ゆっくり溶かしていきます。
こ、こ、これは旨いっ!
じわじわと溶けていくにしたがって、甘さとココナッツが広がってきて、その溶け方が絶妙。
ついつい2個目を口に放り込んでしまう美味しさです。

さすが地元民は美味しいお菓子屋さんを知っていますね。
しかも、ホームページを見たらマカロンの写真が!
行ってみたいお店が増えました。

Nさん、ごちそうさまでした。

渡六菓子店
五泉市伊勢の川962-2
0250-42-2667
営業時間 9:00~19:00
定休日 月曜日
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

今日は新潟市の方からいただいた、(株)いえい菜菓亭さんのどらやきです。

ん?(株)いえい菜菓亭は、もしかして、私が大好きな河川蒸気を作っているお菓子屋さんではないですか。
私の記憶力は食べ物に関してはすごいんです。

この、ほっこりした昭和チックなイラストも統一感があっていいですね。

さっそくいただきまぁ~す。
手に持っただけで、しっとりが伝わってきます。
ずっしりしたどらやきです。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、指先で感じたとおりの、期待を裏切らないしっとりした生地。
ほどけるような生地の中に、あんこが端のほうまでしっかり挟まれていて、とっても美味しいです。
あんこも上品に炊き上げた、という甘さ。

これはドラ〇もんに食べさせたい、どらやきですね。

(株)いえい菜菓亭さんのお菓子は自分では買ったことがないけど、もらうたびに「やったぁ!」と喜んじゃうお店。

Kさん、ごちそうさまでした。

(株)いえい菜菓亭
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

今日は上越のバルーンアーチティスト、SmileBalloonさんからいただいた、(有)有田ヒロ・クレインさんの焼き菓子です。

わぁ、この金魚の箱、めちゃくちゃ可愛いです。
立体的で、背びれ、尾びれもあって、胸びれのところも切りこみがあって、ちゃんと出てくるようになっています。
デザイン大賞って感じですよね。

オレンジ色のリボンを外して、背びれを開けて行くと、焼きドーナツ、四角いフィナンシェ、マドレーヌ、チョコ&ナッツのクッキーが出て来ました。

どれにしようかな。
フィナンシェから、いただきまぁ~す。
ビニールを開けると、ぷぅ~んとバターのいい香り。
ぱくっ、もぐもぐもぐ。
しっとりしていて、でもアーモンドパウダーでさっくりしいて、とっても美味しいです。

続いて、丸いクッキーをぱくっ、もぐもぐもぐ。
ざっくりとした歯ごたえで、口の中でほろほろと崩れていきます。
これもバターの豊かな香りがして、とっても幸せな気分になれます。

休みの日の午後に、のんびりしながら食べたいお菓子ですね。

SmileBalloonさん、ごちそうさまでした。

ヒロ・クレイン
上越市春日新田2-11-12
025-544-0084

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

今日は長岡市の友達からもらった、ガトウ専科さんの長岡花火パイです。

ガトウ専科さんは有名なお菓子屋さんで、長岡市街にも広く知られています。

その長岡と言ったら、空一面が花火で埋め尽くされるフェニックス。
海の柏崎、山の片貝、川の長岡と言われている越後三大花火の1つです。

パッケージも花火がデザインされていて、赤と黒、金とシンプルなのに、とって素敵ですよね。

箱を開けると、花火をイメージした丸くて大きなパイが4枚出てきました。
一枚ずつ割れないように透明トレーがついていて、ビニール袋にも花火が打ちあがっています。

お土産で買ったり、手土産として人にあげたり(私の場合はいただくことがとても多いです)する時に、その土地がイメージできるデザインって、重要だと思います。
長岡に行ってきましたよ、とお土産で貰った人が、長岡花火に行ってみたいな、と思わせたり、お菓子って優秀な観光大使ですよね。

では、さっそくいただきまぁ~す。
見た感じからして、パイの細かい層が分かります。
ぱくっ、サクサクサク、軽くて気持ちのいい歯ごたえです。
時々、四角い透明な砂糖のザクッとしたところが、またたまりません。
もぐもぐもぐ、いつかはお店のカフェでケーキを食べてみたいなぁ。

Oさん、ごちそうさまでした、

ガトウ専科 本店
長岡市大手通2-4-1
0258-33-2637
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

今日は親戚からのもらった、ボン・オーハシさんのデザートコレクションです。

長岡市を中心に展開しているスーパー原信のサービスカウンターには必ずといっていいほど、このボン・オーハシさんのケーキや、お菓子が並んでいます。

水色の夏らしい箱を開けると、パステルカラーのゼリーが並んでいます。
真ん中の列に、上から甘夏、ピーチ、グレープ、甘夏のゼリー。
左右に白桃、マンゴー、ラ・フランス、白桃のジュレ。

なにから食べようかなぁ。
よしっ、白桃のジュレにします。
紙を外して、ピンク色のビニールを外して、プラスティック容器のふたをペロンと剥がして、スプーン片手に、いただきまぁ~す。
ぱくっ、つるん、もぐもぐもぐ、ざらりとした舌触りで、桃の繊維質が感じられるジュレです。
とろんとした桃の甘さが生かされていて、とっても口当たりがいいです。
ちなみにカロリーは1個65グラムあたり52キロカロリーと書いてあります。

そういえば、ゼリーとジュレの違いってなんだ?
なんとなく私の中では、ジュレはゼリーより固まり方がゆるくて、料理にも出るからゼリーよりもちょっとオシャレ。
そんでもって、ゼリーは塊のままで、ジュレは崩されていてキラキラしているイメージです。
調べたらジュレはフランス語で、ゼリーは英語の違いで、同じものらしいです。
なるほどね。

沢山ありますが、日持ちするので冷蔵庫で冷やしておいて、お客さんに出したり、おやつに食べたりしようと思います。

Hさん、ごちそうさまでした。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

今日は長岡の友達からもらった、洋菓子・喫茶ヨハンさんのクッキーです。

金ぴかシールには「ヨーロッパ風 愛のお菓子」とあります。
なんか、いいな、この言葉。

では、さっそく、いただきまぁ~す。
マーガレットのような丸くてお花のようなクッキーです。
細かい黒い粒々はなんだろ?
紅茶かな?
ぱくっ、もぐもぐもぐ、ほろ苦い珈琲味です。
さくさく、というか、口の中でほろほろと崩れる食感です。
バターの香りから、珈琲の苦さがあって、甘いだけのクッキーとは一味違って、とっても美味しいです。

長岡市では老舗の洋菓子屋さんなんだとか。
やっぱり美味しい店は、地元民が一番よく知っていますね。

ちなみに、お茶と一緒に出されたケーキもナッツ類がぎっしりで、ものすごぉ~く私の好みでした。

喫茶とあるので、今度は喫茶コーナーで食べてみたいなぁ。

Oさん、ごちそうさまでした。

洋菓子・喫茶ヨハン
長岡市本町5丁目113-28
0258-28-1673

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

今日は白根の友達にもらった、塚田菓子舗さんの白根大凧セットです。

わぁ~い、わぁ~い、これ大好き。
以前に同じお菓子屋さんのをいただいたのですが、手さげ袋といい、包装紙といい、THE白根大凧合戦という感じで、すごくいいんです。
お土産って、どこで買ったか、その土地のPRにもなるので、持ち歩く時の手さげ袋のデザインって、本当に大事だと思います。

で、箱も白じゃなくて、凧合戦のデザイン。
歌舞伎役者や鯛など、凧合戦見てみたい、と思わせるような箱なんです。
凧のミニチュアと、凧合戦のパンフレットが入っているのも開けた時の楽しみ倍増です。

中身はサブレと、せんべい(と言ってもお米じゃなくて小麦粉でできているせんべい)で、小袋にもデザインがされているのが、すごいんです。

では、さっそく、達磨が描かれたサブレから、いただきまぁ~す。
やぶきやすいように、切りこみがあるのが加算ポイントです。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、サクサクとザクザクの間の歯ごたえです。
甘くて、とっても美味しいです。

続いて、せいべいを、ぱくっ、ぼりぼりぼり。
小麦粉なので、香ばしさの中に、ほんのり甘さがあって洋菓子に近いです。
こちらは1袋に2枚入り。

どちらも凧のように縦長で大きいので、1袋ずつ3枚食べたら、お腹いっぱいになります。

白根では、何店舗か凧合戦のお菓子を出しているそうなので、いろいろ食べ比べてみたいですね。

Kさん、ごちそうさまでした。

お菓子の塚田屋
新潟市南区白根2388
025-372-2767
新潟市南区観光協会こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

本日: 62人
合計: 403533人

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る