グルメ

あべのハルカスで大阪の景色を楽しみ、近くでたこ焼きとお好み焼きを食べたあと、
大阪府民が「美味しい団子の店があるねん」と連れて行ってくれたのが、甘党まえだ。

キューズモールというファッションや飲食店などが入るショッピングモールの3階。
順番待ちの用紙に名前を書いて、待っている間、向かいにあるハンドメイド用品を扱いお店をプラプラ。
夏休みの日曜日ということもあり、入口の自作コーナーでは、女の子が何人も何か作るのに夢中になっていました。

友達は違う店を見てまわった来たようで、和モダンという感じのピアスを気に入って、その日のうちにつけていました。

「レジで先に注文するさかい、今のうちにメニュー見て決めとってな」←関西弁を文字にしようとすると難しい。。。
写真つきでオススメがあり、夏はやっぱりカキ氷推しです。
黄な粉が黄金色に輝く「金のカキ氷」とか、どれも惹かれるものばかり。
団子が美味しいって言うんだから、みたらし団子は外せないでしょ。
しかも、店頭で焼いていて、いい匂いが漂ってきています。
次々に順番待ちの人が呼ばれて列が短くなっていき、次に呼ばれるって時に決めました。
ゆず寒天氷のセット。
柑橘類が好きだし、なにより涼しげで、ゆずの黄色が元気に見えたんです。
ドリンク、わらび餅2つ、みたらし団子までついているパーフェクトなセットです。

まず溶けてしまうと困るので、ゆず寒天氷のソフト部分をぱくり。
冷たくて、甘くて美味しいです。
ゆず寒天氷は、柚子を寒天で閉じ込めてあって、柚子のほろ苦さと酸っぱさが楽しめます。
寒天の上には、ゆずペーストがトッピングされていて、ソフトの下にはカキ氷が隠れています。
ソフトが溶けていって、カキ氷のシロップのようになって、さらに得した気分です。

さぁさぁ、みたらし団子も冷めないうちに食べなくっちゃね。
ぱくっ、1粒が多きくて食べごたえのある団子です。
もっちもっち柔らかくて、伸びのいいお団子です。
タレが粘度が高くて、すごく美味しい。
おもわず寒天を食べていたスプーンで、タレだけをすくって口に運んだほどです。

わらび餅も黄な粉たっぷりで、するするっと胃袋に入っていったし、
アイスコーヒーも、暑い日に嬉しい量だったし、店員さん感じ良かったし、大満足です。

甘党まえだキューズモール店
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目6−1あべのキューズタウン3階
06-6648-5688

営業時間 10:00~21:30 
オーダーストップ21:00

甘党まえだ
HP→こちら

あべのキューズモール
HP→こちら

※お出かけメモ
2018年8月19日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

美味しいお店は、地元民に連れて行ってもらうのが一番!
大阪でも、お好み焼き、たこ焼き食べたい、とリクエストして、連れて行ってもらいました。
あべのハルカスを出て、そんなに歩かないで
「ここが本店やねん。お好み焼き食べれる店はこっちや」
と到着。
階段登って2階でした。

真ん中はコの字のカウンターで、目の前に鉄板で焼いてもらえる席。
入って左手は、半個室のような座ったら頭の上くらいまでの高さがあるボックス席。
奥が仕切りのない4人掛けという感じです。

メニューを見ると明石焼きもある!!
糸魚川に昔あったサティの奥のフードコートに、明石焼きあったんだよなぁ。
たこ焼きは、マヨネーズ、青のりをかけていいか、聞かれます。
アレルギーとか好みがあるからね。

お好み焼きは、大阪府民のオススメを聞いて豚玉と、長ネギたっぷりのねぎ焼きにしました。

待っている間、友達はビールをぐいぐい。
私も気分的に、ジンジャーエールで炭酸しゅわしゅわ。

まずは明石焼きが、お寿司屋さんのような板にのって出て来ました。
出汁は徳利に入れられて、薬味は紅生姜、小口ネギ、三つ葉。
紅生姜は紅が入ってなくて、白っぽいタイプです。
たぷたぷと、出汁を深みのある取り皿に入れて、明石焼きを箸で慎重につまんで、ダイブ。
ぱくっ、はふはふはふ、美味しいっっっ!!
明石焼きは卵でふわっふわっとした感じです。
出汁が主張しすぎず、ものすごく美味しいです。

明石焼きを2つ、3つと胃袋に入れたところで、たこ焼きも登場です。
ぱくっ、あちっ、もぐもぐもぐ。
外は適度にかりっ、中はとろりん、火が通っていないとか、粉っぽさがないのに、クリーミーなんです。
「すごい、幸せそうに食べるね」
隣のテーブルから友達がビール片手に褒めてくれました。

そうこうしているうちにお好み焼きが運ばれて来ました。
店員さんが焼いてくれたのを持ってくるスタイルです。
へらで切って、ここで大阪府民に質問。
大阪の人って、小さいヘラでお好み焼き食べるって本当ですか?
「うちは箸で食べるで」
この、自分のことを「うち」って言い方が可愛いなぁ、と思いました。

お好み焼きは、ふわふわ。
軽くて、何枚でも食べられそうです。
ねぎ焼きは、本当にネギたっぷりで、生地の脇からネギの緑がのぞいているくらいですが、辛さもないし、食べたことがないのもあって、すごく気に入りました。

まだまだ追加注文したいくらいでしたが
「美味しい団子のお店があるねん」
と言うので、団子のスペースを空けておくことに。

大阪の美味しいお店は、まだまだ続く。

ねぎ焼 お好み焼き本店
やまちゃん本舗
大阪市阿倍野区松崎町2-3-53
川上ビル2階
06-6622-3399
平日 12:00~15:00、17:00~23:00
土曜日 12:00~23:00
日祝日 11:00~22:00
ラストオーダー クローズ30分前
定休日 火曜日

あべのたこやき やまちゃん
HP→こちら

※お出かけメモ
2018年8月19日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

暑くてご飯作る気がしない
でも、お腹は空く
暑いからと麦茶ばっか飲んでご飯食べなかったら夏バテしそう

てなわけで、糸魚川駅に行くついでに、ヒスイ王国館1階にあるタウンいとよさんでお昼を食べることに。

お盆シーズンということもあり、店内は家族連れや、大きな荷物を持った帰省客や観光客らしき人でいっぱいです。
ちょうど、奥の2人掛けのテーブルが空いたので、すんなり座れました。

なんにしようかな。
店内を見渡すとブラック焼きそばを食べている人が多いです。
う~ん、やっぱりスープが飲みたい。

迷ったあげく、広東麺(700円)にしました。
水をぐいぐい飲み、昼間からビール飲める人っていいなぁ(私は全くビールが飲めない)なんて、人間観察をしていると運ばれて来ました。

茹で卵、メンマ、チャーシューは2枚、わかめです。
スープをごくり、はぁ~、塩分が嬉しい。
って、この暑いのに、とろみのある広東麺を注文したことを、少し後悔(涙目)
クーラーが効いているのに、汗をかきながら食べます。
ずるずるずる、麺はちぢれ麺です。
とろみがからまって、熱いのでふぅ~、ふぅ~、ふぅ~。

汗をかいたので、スープがとくに美味しくて、飲むたびに体にいきわたっていく感じがします。
はぁ~、食べた、食べた。
いい汗かいたぜ。

タウンいとよ
糸魚川市大町1-7-11
ヒスイ王国館1階
025-553-1778
営業時間 11:00~14:30
定休日 不定休(12月31日と1月1日は休み)

※グルメメモ
2018年8月12日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

きんつば、うずしおが看板商品の、青海にあるゑ太古屋(えたこや)さん。

手土産用の菓子折りを、と思って行ったら、店内でカキ氷を食べる人でいっぱい。
どうやら「カキ氷始めました」らしいです。
座るところが・・・、と思っていたら、ご夫婦が
「ここ、座んない」
と、長椅子をつめてくれたので、座ることができました。
ここで、糸魚川弁ワンポイント講座。
「座んない」は「座ってください」
「くんない」が「〇〇してください」「〇〇してちょうだい」という意味なので、座る+くんない=座ってくんない、となります。
連語ってやつですね。
「ねまんない」という言い方もあり、これも「座りなさい」
「立っとらんで、ねまんない」は「立っていないで座りなさい(座ってください)」
糸魚川弁って、表現豊かなんです。

さてさて、男の子が食べている小豆が美味しそうだ、しかも団子つき。
メニューは特になくて、自家製シロップが何種類かと、小豆、団子を「のせて」と言えばOKらしいです。
しょりしょりしょり、大きな氷の塊を、手で回すタイプで優しく削って行く音です。
「今日は、ちょっと調子が悪いんだよ」
と、旦那さんが申し訳なさそうに言いますが、家のガリガリ氷に比べたら月とすっぽんくらい、ふわふわ具合が違います。
じゃ~ん、あんこたっぷり。
いただきまぁ~す。
ぱくっ、和菓子屋さんのあんこなので、とっても美味しいです。
団子もつるん、もちもち。
そうそう、えたこやさんの、みたらし団子も美味しいのよね。

向かいに座った男の子3人組は自転車で来たようです。
夏休みに、子供達だけで、お小遣いと相談して食べに来るのって、ちょっとした冒険で、きっといい思い出になるんだろうなぁ。
そのうちの1人は野球をやっているらしく、ちょうど店内のテレビで高校野球をやっていたから、甲子園に出たら応援するよ、なんて初対面なのに盛り上がりました。

席を空けてくれるご夫婦、夢を語ってくれる子どもたち、それを優しいまなざしで見守る店主の旦那さんと奥さん。
こういうコミュニティがあるのが糸魚川の良さですよね。

暑い日でしたが、冷たいカキ氷を食べて、爽やかな気分になれました。

カキ氷は9月いっぱいやる予定、と言っていましたよ。

ゑ太古屋(えたこや)
糸魚川市青海177-5
 025-562-2561
青海町商工会HP→こちら

えたこや田沢店
ピアタウン青海内
糸魚川方向から国道8号線を富山方向へ
姫川を渡り、新幹線の下の交差点を左折して左手側
新幹線の高架下に何店舗か並んでいます

※グルメメモ
2018年8月17日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は「山形に行って来た」という幼馴染からのお土産で、(株)タカチホさんの山形さんらんぼーどです。
販売者は山形県鶴岡市の庄和堂(株)さんです。

ん?(株)タカチホさんって、聞き覚えがある。
ブログを遡ると、ありました。
長野のブルーベリーのウエハースと同じ会社かしら???
各地の特色を生かしたお菓子を作っているのかな。

艶々の赤い宝石のようなさくらんぼの絵が描かれた箱を空けてみましょう。
ぱかっ、とな。
縦長で12袋入っています。
袋を開けてみると、ウエハースが出てきました。
横から見ると、ウエハース、クリーム、ウエハース、クリーム、ウエハースの5層構造。
ぷぅ~んと、甘い匂いがします。

ぱくっ、もぐもぐもぐ、ザクザクとした感じで、でも硬すぎないで心地良い歯ごたえです。
クリームがしっかり甘くて美味しいです。
さくらんぼ特有の後味があります。
箱の中にあった紙には、山形の美味しい素材をお菓子にしました、とあり
山形県産佐藤錦の果汁
山形県のさくらんぼの花から採取したさくらんぼ蜂蜜
山形県産の小麦粉
と、トリプル山形。

あ~、この自然な甘さは、蜂蜜を使っているからですね。

お土産のお菓子って、甘すぎると手が伸びなかったり、
大量に同じのが入っていると飽きたりして残ることが多いですが、
これは美味しいし、12本というちょうどいい数です。
地元の素材を使っているのもポイント高いです。

Yちゃん、ごちそうさま。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は東京の友達からのお土産で、(株)ショウエイさんのメープルクリームパンケーキです。

この(株)ショウエイさん、もぐもぐ食べているお土産の中で、けっこう見る名前です。
あちこちのお土産を販売していて、これは東京バージョンですね。
買った友達も「東京って書いてあったから、これにした」と言ってたので、
THE東京土産、とか、〇〇土産(地名)というのは、分かりやすくていいのだと思います。

さてさて、開けてみましょう。
中身は1つずつ袋に入っているミニパンケーキ、10個入りです。
って、箱の写真にあるじゃないか。
シェフの帽子のような形と、なんて書いてあるんだ、この英語???
赤点すれすれ、英語の文法も単語のつづりも全く覚えれなかった私なりに解読すると「pancake original」じゃないかしら???

正面は黒、裏は金のラインが入ったビニールふくろを開けると、ぷぅ~んと甘い匂いがします。
クリームがたっぷりで、上下のスポンジが離れています。
つまり、どらやきみたいになっていないってことです。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、しっとりとした生地で自然な甘さです。
はちみつ入り、とあるので、しっとり&甘さは蜂蜜かな。
もぐもぐもぐ、クリームはメイプルシロップが真ん中にとろりんと隠れています。

子どもの頃、家で焼くホットケーキにはマーガリンか箱に入っていたシロップだったけど、大人になってからスーパーで「メイプルシロップ」を買えた時の嬉しさを思い出しました。

1個でも、しっかり甘いので満足度が高いです。

Fさん、ごちそうさま。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は上越のバルーンアーチティスト、SmileBalloonさんからいただいた、(有)有田ヒロ・クレインさんの焼き菓子です。

わぁ、この金魚の箱、めちゃくちゃ可愛いです。
立体的で、背びれ、尾びれもあって、胸びれのところも切りこみがあって、ちゃんと出てくるようになっています。
デザイン大賞って感じですよね。

オレンジ色のリボンを外して、背びれを開けて行くと、焼きドーナツ、四角いフィナンシェ、マドレーヌ、チョコ&ナッツのクッキーが出て来ました。

どれにしようかな。
フィナンシェから、いただきまぁ~す。
ビニールを開けると、ぷぅ~んとバターのいい香り。
ぱくっ、もぐもぐもぐ。
しっとりしていて、でもアーモンドパウダーでさっくりしいて、とっても美味しいです。

続いて、丸いクッキーをぱくっ、もぐもぐもぐ。
ざっくりとした歯ごたえで、口の中でほろほろと崩れていきます。
これもバターの豊かな香りがして、とっても幸せな気分になれます。

休みの日の午後に、のんびりしながら食べたいお菓子ですね。

SmileBalloonさん、ごちそうさまでした。

ヒロ・クレイン
上越市春日新田2-11-12
025-544-0084

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

「あおい食堂の冷し中華、量もあるし旨いんだわね」
(旨いんだわね→美味しいのよ)
と、土曜楽市に出ている野菜売りのおばちゃん達が話していたのを聞いて
「出前取るそい、おまんも食べんかね。はい昼だぜね」
(出前取るから、あなたも食べない?もうお昼だよ)

ここで糸魚川弁ワンポイント講座。
「はい」は返事以外にも「もう」という意味があります。
「はい、来たんかね」だと「もう、来たの?」
この場合は、思っていたより早く来た、というニュアンスです。

こんだけ猛暑日が続いていると、家で冷やし中華の麺を茹でること自体が面倒くさいですからね。
750円を出前の男性に渡して、配達の銀色のケースから出された皿を見てビックリ。
冷やし中華って、外食で何軒も食べたことないけど、たいていは炒飯の皿みたいに少し深さがあるけど、平たい皿というイメージです。
出前だから、汁がこぼれないように深めの器なのかな???
それにしても、噂通りのすごい量です。
きゅうり、ハム、卵、紅生姜、板海苔、トマトに隠れていますが、メンマもトッピングされています。

箸で少し麺をほぐして、いただきまぁ~す。
つるつるつる、酢と胡麻油が効いていて、サッパリとっても美味しいです。
具もたっぷりで、麺も多いから、正直「冷やし中華だけだと食べ足りない」ことが多い私でも、お腹ぽんぽん。
大満足です。
あおい食堂さんは、定食でもなんでも、盛りがいいお店ですが、冷やし中華もすごいです。

確かにこれは、ハマるわ。
おばちゃん達のおかげで、新発見がありました。

あおい食堂
糸魚川市大町1-1-28
025-552-0573
営業時間 10:00〜21:00
日曜日・祭日は休む場合があります
お昼休憩をはさむ場合があります

※駐車場は店の隣にあり(道路に近い区画の「あおい食堂」と書かれた場所に停めてください)
糸魚川駅を背にしてロータリーから左にのびる商店街の線路側。
糸魚川駅から徒歩2分ほど

※グルメメモ
2018年8月4日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は長岡市の友達からもらった、ガトウ専科さんの長岡花火パイです。

ガトウ専科さんは有名なお菓子屋さんで、長岡市街にも広く知られています。

その長岡と言ったら、空一面が花火で埋め尽くされるフェニックス。
海の柏崎、山の片貝、川の長岡と言われている越後三大花火の1つです。

パッケージも花火がデザインされていて、赤と黒、金とシンプルなのに、とって素敵ですよね。

箱を開けると、花火をイメージした丸くて大きなパイが4枚出てきました。
一枚ずつ割れないように透明トレーがついていて、ビニール袋にも花火が打ちあがっています。

お土産で買ったり、手土産として人にあげたり(私の場合はいただくことがとても多いです)する時に、その土地がイメージできるデザインって、重要だと思います。
長岡に行ってきましたよ、とお土産で貰った人が、長岡花火に行ってみたいな、と思わせたり、お菓子って優秀な観光大使ですよね。

では、さっそくいただきまぁ~す。
見た感じからして、パイの細かい層が分かります。
ぱくっ、サクサクサク、軽くて気持ちのいい歯ごたえです。
時々、四角い透明な砂糖のザクッとしたところが、またたまりません。
もぐもぐもぐ、いつかはお店のカフェでケーキを食べてみたいなぁ。

Oさん、ごちそうさまでした、

ガトウ専科 本店
長岡市大手通2-4-1
0258-33-2637
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

今日は親戚からのもらった、ボン・オーハシさんのデザートコレクションです。

長岡市を中心に展開しているスーパー原信のサービスカウンターには必ずといっていいほど、このボン・オーハシさんのケーキや、お菓子が並んでいます。

水色の夏らしい箱を開けると、パステルカラーのゼリーが並んでいます。
真ん中の列に、上から甘夏、ピーチ、グレープ、甘夏のゼリー。
左右に白桃、マンゴー、ラ・フランス、白桃のジュレ。

なにから食べようかなぁ。
よしっ、白桃のジュレにします。
紙を外して、ピンク色のビニールを外して、プラスティック容器のふたをペロンと剥がして、スプーン片手に、いただきまぁ~す。
ぱくっ、つるん、もぐもぐもぐ、ざらりとした舌触りで、桃の繊維質が感じられるジュレです。
とろんとした桃の甘さが生かされていて、とっても口当たりがいいです。
ちなみにカロリーは1個65グラムあたり52キロカロリーと書いてあります。

そういえば、ゼリーとジュレの違いってなんだ?
なんとなく私の中では、ジュレはゼリーより固まり方がゆるくて、料理にも出るからゼリーよりもちょっとオシャレ。
そんでもって、ゼリーは塊のままで、ジュレは崩されていてキラキラしているイメージです。
調べたらジュレはフランス語で、ゼリーは英語の違いで、同じものらしいです。
なるほどね。

沢山ありますが、日持ちするので冷蔵庫で冷やしておいて、お客さんに出したり、おやつに食べたりしようと思います。

Hさん、ごちそうさまでした。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

2 / 20112345...102030...最後 »

本日: 195人
合計: 397484人

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る