観光&お出かけ

久しぶりに富山県入善町にあるレストラン5ストリートに行って来ました。

店内のレイアウトは変わっていませんでしたが、一部のテーブルが丸くて新しいテーブルセットになっていました。
タバコを吸うか聞かれて、喫煙と禁煙と席を分けているようです。
私はタバコの匂いが好きではないので、分煙には大賛成です。

メニュー表も新しくなっていて、ラミネート加工された裏表。
壁には美味しそうな写真つきで、石焼ビビンバやオムライスが。
オススメのかつ鍋定食も気になるし、名古屋風ナポリタンもいいなぁ。

ひたすら迷ったあげく、注文したのはホルモンラーメン(700円税別)
最近、ホルモンにハマっているんです。

お昼のピークは過ぎているとはいえ、席がほぼ埋まっていましたが、そんなに待たずにラーメンが運ばれて来ました。
ホルモンと白い蒟蒻、刻んだ長ネギです。
麺は細くてストレートです。

まずはスープをごくり。
醤油ベースでラー油かな。
辛いわけでもなくて飲みやすいスープです。
麺をずるずるずる、するするっと入っていく麺ですね。
ホルモンは、丁寧に下処理してあるのか、臭みもなく、脂っこさもなく、でも柔らかくて、美味しいです。
ゴムみたいに、いつまでも残るタイプとは違っていて、食べやすいです。

麺は少な目だと思いましたが、その分ホルモンがあって噛んでいるので満腹感はありました。

案内とレジを打っていた女性の店員さんは愛想がよいのも、ポイント高いですね。
ポイントで思いだしたけど、Tポイントも貯まります。

レストラン5ストリート
富山県下新川郡入善町椚山1261-1
0765-72-1590
定休日 木曜日
営業時間 11:00~15:00(ラストオーダー14:00)

国道8号線、マクドナルドの交差点を曲がる。
ショッピングセンターのコスモ21近く

※グルメメモ
2018年6月22日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

料理で婚活でお世話になっている片桐先生と、お手伝いしていただいている方から
「新潟市に来る日が分かったら、ご飯でも行きましょう」
とお誘いがありました。

私は好き嫌いないし、帰りの時間に間に合えば、どこでもいいですよ、とお店選びをお任せてしたら
「ここね、いつもいっぱいで入れないから、予約しておいたわ」
と、連れて行ってもらったのが、新潟市駅南にあるホテルメッツ新潟1階にある魚沼釜蔵さん。

あ~、惜しまれつつ閉店されたイタリアンのアネサメゴイさんの向かい側の店です。
確かに、いつも人が沢山入っていくなぁ、と思っていました。

さてさて、店内は、店名の通り、蔵のような造り。
太くて濃い茶色の柱とか、戸板とか、高い天井とか、古民家を移築したのかな???
想像していたのより、広くて客数が沢山あります。
奥に行くと、ロータリーに面したガラスがあるので、明るいです。

さて、なんにしようかな。
平日限定のお得な日替わりメニューや、セットなどいろいろあります。
「お魚が美味しいって評判らしいのよ」
ふむふむ、メニューにも刺身などをPRしているのが目立ちます。

でも、私は糸魚川市民。
普段から美味しいお魚を食べているので、新潟市に来たら、違うものが食べたい。
迷っていると、片桐先生が
「私は昨日の夕飯がお魚だったからも、トンカツにするわ」
おおっ、じゃあ、私もお肉にしよう。
てなわけで、和豚もちぶた肩ロース石焼御膳(1180円税別)を注文です。

平日でも、ほぼ全席埋まっていましたが、てきぱき動く店員さんのおかげで、あまり待たずに料理が運ばれてきました。
じゃ~ん。
ミニサラダ、漬物、もずく、味噌汁、そして艶々白いご飯。
南魚沼産コシヒカリだそうです。
米どころ新潟県でも、名実ともに「美味しいお米の産地」魚沼エリア。
魚沼産コシヒカリというと、範囲が広くなるので、南魚沼産としてあるそうです。
確かに同じ魚沼地域でも、エリアが違えば水も土も違っている=味も違いますよね。

お肉は、鉄板の上で、自分好みに焼きます。
ジュッ~といい音と共に、脂が弾けて踊ります。
おっとぉ、写真を撮っているうちに、焼きすぎちゃう。
特製タレ、塩、山葵と、つけるのが選べて楽しめるのもいいですね。
ぱくっ、よくお肉が「甘い」とグルメリポーターが言うけど、甘いかどうかは別として、くどくないです。
しっかり脂身があって、その脂身の割合がちょうどよくて、でもギトギトしすぎていないです。
野菜も焼きつつ、肉を食べ、しかも白いご飯が本当に美味しくて、肉に合う♪
最高です。

片桐先生は
「年を取ったら肉より魚が好き、なんて決めつけよねぇ。
逆に年を取ったら、お肉食べなくっちゃ」
と、トンカツをペロリと平らげました。
年齢は内緒にしておきますが、この年齢でお肌がつるつるしていて、ものすごくパワフルなのは
「お肉のおかげ」
らしいです。
やっぱり、肉よね、肉。

ランチメニューと、夜は違うらしいてので、夜ご飯に行ってもいいかも、と思いました。

※グルメメモ
2018年5月28日の情報です

魚沼釜蔵新潟店
HP→こちら

ぽんしゅ館新潟
HP→こちら

ホテルメッツ新潟
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

小千谷市総合産業会館サンプラザの、すぐ近くにあるピザキャナックさんへ行って来ました。

目的は、まん丸いナンで食べるカレー。
メニューには「ナン風」と書いてあるので、インドのカレー屋さんで出される横長のナンとは、ちょっと違うかもしれませんが、私はナンが大好きナンです←ダジャレ(笑)

カレーは丸い陶器で出されます。
お肉がごろっ系で、野菜は煮込まれていて、野菜ゴロゴロより液体系(という表現で分かるかな)
ものすごぉ~くスパイスが効いていて辛い、といったようなクセがないカレーなので、子どもからお年寄りまで食べやすいと思います。

ナンは大きくて丸。
そして2枚。
真ん中が空洞なので、そこにカレーを挟み込むようにして食べます。
ぱくっ、うんっ、美味しい。

キャナックさんは、店名にピザとある通り、ピザは持ち帰りもOK、配達もしてくれるようです。
で、書いてて気づいたんだけど、私、キャナックさんで、まだピザ食べてないじゃん。
よし、次はピザだな。

ピザキャナック
小千谷市城内1-8-20
0258-83-2770
営業時間10:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日 火曜日

※グルメメモ
2018年5月20日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

地元の美味しいお店は地元民に連れて行ってもらうシリーズ。

小千谷市は行列ができるラーメン屋が多いと聞いて、ラーメン屋をリクエスト。
小千谷市は十日町から長岡に抜ける国道117号線が通っているので、国道沿いにはファーストフードやチェーン店、家電やスーパーなど大型店が並んでいます。

ここはどう?と言っていた店は店の外で大行列。
並ぶのは得意じゃないと意見が一致して、次のお店へ。

さすが地元民。
ここが混んでたら、あっち、と近くで違う店をすぐに思いつけます。
てなわけで、越後秘蔵麺無尽蔵へ。
2組ほど待っていましたが、友達が「回転が速いから大丈夫」と即座に判断。
順番待ちの紙に名前を書いて、待っている間に壁に貼られたメニューを見ます。
こうやって写真つきだと分かりやすくて親切です。
いつもは、こってり系を食べるのですが、この日はあっさり鶏塩に心を惹かれます。
醤油にするか迷っているうちに「一番奥へどうぞ」と通されました。

テーブルで再度、メニューを広げます。
友達が「チャーシューじゃなくていいの?」
「私はいつもこれ食べるのよ」
そう言われると、迷うじゃ~ん。
でも、ここは初志貫徹。
鶏がら塩ラーメン(660円税別)にしました。
細麺と太麺が選べるというので、細麺で。

水飲んで、世間話を始めていると、運ばれて来ました。
早いっ!
トッピングは板海苔、チャーシュー2枚、めんま、長ネギ(青ネギ)、煮玉子です。
スープをごくり、うん、あっさりしているけど、コクがあって美味しい。
麺をずるずるずる、すごくツルツルした感じの麺です。
胃の中にするするっと入っていきます。
煮玉子のとろりんと、味付けが私にはドストライクです。

昼にラーメンを食べると、夕飯の時間を過ぎても、まだ満腹、というのがなくて良かったです。

越後秘蔵麺無尽蔵
HP→こちら

※グルメメモ
2018年5月13日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

4月7日(土)は高田お馬出しで出店だったので、てくてく歩いて上越市高田城にお花見に行って来ました。

高田城は1614年(慶長19年)に徳川家康の六男・松平忠輝公が築城しました。
築城は忠輝公の妻・五郎八姫の父である伊達政宗が指揮し、わずか4カ月という短い期間で築城されました。
天守閣と石垣がないのが特徴です。

1909年(明治42年)、在郷軍人会が第13師団の入城を祝い、城跡に2200本の桜を植樹したのが観桜会の前身といわれています。

1993年(平成5年に)シンボル的存在だった三重櫓を再現し、1階と2階は展示室、3階の展望台からは桜と遠くの山々が一望できます。

夜桜が有名ですが、昼間も素敵ですよ。
この日(4月7日)は風が強く、ダウンコートが必要なくらい寒い日でしたが、桜は見頃でした。

西堀にかかる赤い橋は、西堀橋(車両通行不可)
お堀の左右はずっと桜並木が続いていて、大手町の信号から西堀の信号にかかる車道(歩道あり)から見ると、手前の桜が額縁のようです。
ちょうど、風がおさまり、お堀の水面が穏やかで、桜が写りこんでいます。
この西堀は、夏になると東洋一と言われている蓮でいっぱいになります。
蓮も大きくて見応えがあり、オススメですよ。

高田公園の桜で「これは見ておきたい」というのが、滝のような大きなしだれ桜。
さくらロードの奥、図書館の近くにあります。
こちらも見頃。
外国からの観光客の方も多くいました。
桜は日本らしい花で、美しいと思うのは世界共通ですね。

このあたりには、夜になるとイルミネーションが設置され、撮影スポットとしても人気です。
まわりより濃いピンクは八重桜です。
どこを見ても、桜、桜、とにかく桜。

さくらステージでは、ラジオの公開生放送が行われていました。
ステージ後ろの桜も絵になりますね。
あの頃青春グラフティのフェイスブックページ→こちら

今年の桜は4月に入って夏日並みの陽気で一気に満開を迎え、観桜会が始まる日には既に満開のピーク。
そのあと、雨や風の日が続きましたが、最終日まで桜たちが頑張ってくれるといいですね。

※2018年の観桜会は4月22日(日)までです
HP→こちら

お出かけメモ
2018年4月7日の様子です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

山形県酒田市にいる友達と、数年ぶりの再会で、お昼はどこさ行こうかね、と立ち寄ったのが山居倉庫。
農業の倉庫として、今でも12棟が残り、ドラマおしんの撮影地のひとつです。
そのうち道路側に近いところが改装されて、お土産や歴史資料館として観光拠点となっていました。
雪の中、規則正しく連なる屋根が美しいですね。

そうそう、庄内弁は語尾に「さ~」がよくつきます。
「大雪で、仕事さ行けねんども」とか、ほとんど通じるけど、新潟県とは全然言葉が違って面白いです。

酒田市はラーメンが有名で、20年ほど前に初めて行った時に食べたのが「ざるラーメン」
え? ざる蕎麦じゃなくて???
「そうさ~、ざるの上にラーメンがのっているんさ~」
と注文したのが、今でいう「つけ麺」
糸魚川では見たことがなかったけど、酒田市民は当たり前のようでした。

そんなんで、酒田はラーメンというイメージが強く、ラーメンを食べることに。
隣の蔵との間から自然光が入る窓際のテーブル席につきました。
ラーメンは750円。
ホットコーヒーがサービスだったので、珈琲を飲みながら待つこと数分。
座敷に団体様が到着して賑やかになった頃に、運ばれて来ました。

お~、シンブルイズベストって感じのラーメンです。
スープをごくり、あっさりしていて美味しいです。
細いちぢれ麺に、バラ肉のチャーシュー。
ナルト、ネギ、メンマで、ラーメンの王道です。
ずるずるずる、するっするっと入って胃袋に入っていきます。
この歳になると、こういう優しいラーメンが嬉しいんです。
めちゃくちゃ、旨い。
こってりしていないから、ついついスープをもう一口、もうちょっと、と飲んでしまいます。

「アルバイトの研修の帰りに寄ったラーメン屋覚えている?」
「ラーメンください、と言ったら、中華そばでしょ?っておばちゃんに言われたよね」
「なんか東京の人は、意地悪だな、って思ったわぁ」
「そうそう、中華そばって言い方知らなかったもん」
と、何年も会っていなかったのに、昔話で盛り上がりました。

おまけ
山居倉庫に展示されていた酒田大獅子の赤ちゃん獅子
黒が「けん」 赤が「こめ」
おもわず、花の穴に手を突っ込みたくなってやめました(笑)

酒田夢の倶楽
HP→こちら

※グルメメモ
2018年2月18日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

山形県の酒田市にいる友達に逢いに行く途中、ちょうど新潟駅での乗換がお昼時。
乗換時間は約20分。

立ち食い蕎麦も間に合わないかも。
そうだ、新潟駅って改札出たところで駅弁売っているんだよね。
と、いったん改札を出て、駅弁コーナーへ。
なんにしようかな。
愛想のいい女性の店員さんが、いろいろ説明してくれます。
あ、このお弁当。
テレビで紹介されているのを最近見たばかり。
しかも最後の1つということは、人気があるって証拠。
そんなわけで、 新発田三新軒 えび千両ちらし(1300円)をゲットして、電車に乗りこみました。

ちょうど4人掛けのボックスシートが空いていたので、進行方向の窓際に座り、しばらくは車窓を眺めます。

箱は赤いゴムで留められていて。表紙になっているのは、ポストカードとして使えるようになっていました。
ナイスアイデア。
ゴムを外して、ポストカードは大事に鞄にしまって、箱を空けます。

じゃ~ん。
厚焼き卵が敷き詰められていて、その上に蒸した海老をそぼろ状にしたものがちらされています。
黄色とピンクが目に鮮やかです。

いったん、透明な蓋の上に、卵を全て動かします。
たまごは4枚。
せっかくなので、卵の上の海老は御飯の方へぽろぽろっと。

卵の下には、見てください。
こんなに豪華!
イカ、海老、うなぎ、こはだ、ガリ。
具の下には、薄い昆布まで見えています。

わぁ、美味しそう!!
親切にお品書きがあり
すし飯・・・新潟米の精進合わせ
うなぎ・・・かば焼きのたれ仕込み
こはだ・・・薄切り〆、わさび醤油からめ
蒸し海老・・・酢通し醤油からめ
いか・・・塩いかの一夜干し
厚焼き卵・・・出汁入り
海老・・・むき海老のおぼろ
ガリ・・・甘酢漬け

まずはコハダをぱくっ。
もぐもぐもぐ、酢の加減がすごくいいです。
〆具合も私好みで、美味しいです。
あ、そういえば、食べ終わって最後の卵を食べた時に、コハダが2枚くっついていたので、写真はコハダが2枚ですが、本当は4枚です。

ご飯食べてみましょう。
薄切り昆布と一緒に、ぱく。
寿司飯ですが、そんなに酸っぱさはなくて、ぎゅっと押してあります。
ご飯には、細かく刻んた干瓢と、胡桃が混ぜられていて、この寿司飯だけでも、十分イケます。

続いて、イカ。
肉厚でぷりっとしていて、気持ちのいい弾力です。
これもいい!

開いた甘海老は酸っぱい醤油味。
さっきのコハダと、この甘海老の味付けがしっかりしているので、寿司飯が控えめなのでしょうね。

うなぎは、ふわふわです。
卵焼きは甘くて、どれを食べてもとっても美味しいです。

電車は海岸線を走り、笹川流れという、日本海の荒波で削られた岩が独特な景観を生み出した名所を通ります。
美味しい駅弁と、見てて飽きない日本海。
最高のローカル線の旅でした。

おまけ
村上駅で乗り換えた酒田駅行のローカル線。
真っ青の、もふもふシートでした。

※グルメメモ
2018年2月17日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

糸魚川や上越からも通う人が多いという小千谷の有名ラーメン店、勝龍さん。

時間があったので、ちょっと遅いお昼になりましたが、行って来ました。

駐車場はすごく広い。
ということは、そんだけお店が広いか、待つ人がいるってこと???
と思いながら、ドアを開けると、券売機が。
あ~、ラーメンの名前だけじゃ、どれがどんなだか分からない。
しかも、どれがオススメなのか人気なのか、さっぱり見当がつきません。
そんな時は、友達の行動力が役に立ちます。
お店から出てきた人に「何がおすすめですか?」「何を食べましたか?」と聞いてくれました。
で、ほとんとが「味噌」
1人だけ「つけ麺が好きなんで、参考にならんすよ」と言う男性がいましたが、どうも味噌がウリらしい。

てなわけで、友達は味噌、私はデカデカと貼られていたマッハGOGO(930円)にしました。
味噌味なのか、醤油なのかも分からないけど、角煮とチャーシューとひき肉って書いてあったから。

入るとコの字に厨房があり、カウンター席に。
二重ドアの入口の左右がテーブル席でした。
カウンター席に通されて、券売機のチケットを渡すと麺の量を聞かれます。
大盛りでもサービスのようです。
コップの水を飲みながら厨房を見ていると、麺は一人ずつではなくて、大きな鍋に一気に投入されて、ゆであがったところを分けていました。
丼が並び、麺が入ると、すごい速さでトッピング作業。
混んでいましたが、このおかげで、そんなに待たずにラーメンが出てきました。
丼の下には皿がありますが、スープがこぼれるくらいです。
麺はすごい太麺ですね。

スープをごくり、お~、こってりだけど飲みやすい。
麺をずるずるずる、もちもちというか、弾力のある麺で私好みです。

チャーシューは厚切りで、とろりん系。
角煮はしっかり味が染みていて、ほろほろ具合が最高です。
ひき肉も濃い味つけで、たっぷりのせられた葱との相性がいいです。

餃子もでかいですね。

こってりとか、量が多いとは聞いていましたが、確かにガッツリ系です。
これは時々無性に食べたくなる部類のラーメンです。
う~ん、食った、食った。

手打ちらーめん勝龍
facebookページ→こちら

※グルメメモ
2017年9月18日情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

小千谷に行った帰り道。
あ~、冷たいものが食べたい。
そうだ、道の駅クロステンでジェラート売ってたなぁ。

そういえば、北信越スタンプラリーの台帳を見せると100円引きって書いてあったぞ。
ついでにクロステンのスタンプを押せばいいんじゃん。
と、寄り道。
以前はジェラートだったのですが、今はソフトクリームに変更になったそうです。

350円が250円、ラッキーです。
ちなみにJAFの会員証でも100円引きになりますが、スタンプラリーと合わせて200円引きにはならないですよ。

せっかくだから、隣のキナーレの回廊で食べようかな。
た、倒れそうだ。
ぺろり。

キナーレは、真ん中に水が張られていて、ところどころ、ぷくっ、ぷくっと水が出ていました。
雨の雫が描く同心円がとってもきれいです。
このコンクリートの柱といい、2階のしなのがわバルの明かりといい、キナーレって何回来ても飽きません。

ソフトクリームは甘くて、クリーミーで、とっても美味しかったです。

北信越スタンプラリーについては
えちごトキめき鉄道(株)HP→こちら

クロステンHP→こちら

越後妻有交流館キナーレHP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

小千谷市の岩沢地区にある農家レストランより処山紫さんへ行って来ました。

最近、農家レストラン増えていますね。
自慢の農作物を生かして、地元の人が生き生きと働いていて、地域活性に一役かっているのではないでしょうか。

近くに食事がとれるお店が少ないのもあり、店内は顔なじみのお客さんでいっぱいです。
評判を聞きつけて来たんだろうなぁ、という女性グループや、若い人も。

さて、この日注文したのは、岩沢だんだんたっぽのおにぎり膳。
だんだんたっぽ、とは、段々田んぼ(棚田)のことですね。

つやつやのお握りが、笹の葉に鎮座しています。
手前にはフキ味噌、お握りの向こうにはミョウガが添えられています。
小鉢は、手前からキャラブキ、胡瓜の塩糀漬け、大豆、野沢菜です。
味噌汁は夕顔と刻みねぎ。
糸魚川でも夕顔は煮つけにしたり、味噌汁にしたり、食卓にあがることが多いです。

お握りを、ぱくっ、
お~、もっちりした食感です。
あとから聞いたら、米自体も旨いんだけど、保管状態がいいから、だそうです。
温度が上下したり、直射日光があたるようなところで保存したら、せっかくのお米も風味が落ちますもん。
精米してから置いておくより、食べる分を精米した方がいい、とも言いますし、少ない量より沢山炊く方が美味しいのは誰でも聞いたことがあると思います。

フキ味噌をつけたり、甘しょっぱいキャラブキと合わせたり、シンプルなんだけど、奥深いお昼ご飯になりました。

農家レストランより処山紫
小千谷市岩沢1010
0258-89-8522
営業時間 月曜日~木曜日11:30 ~16:00、金曜日~日曜日11:30~20:00
定休日 木曜日、第5火曜日
駐車場あり
HP→こちら
フェイスブックページ→こちら
国道117号線から、JR飯山線「越後岩沢駅」の信号を右手へ
越後岩沢駅から徒歩1分

※グルメメモ
2017年9月3日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

1 / 1912345...10...最後 »

本日: 196人
合計: 393516人

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る