観光&お出かけ

友達が「美味しいって評判の蕎麦屋さんがあるって聞いたから行って見ない?」と誘ってくれて、富山県方向へ。
このブログ初登場のお店です。
初登場だから、って別に何もないですけど・・・。

とにかく「泊駅」の近くなんですって。
張り切って、糸魚川を早く出たら、開店時間は11時半。
平日でも並ぶって噂だから、少し早く行って並んだとしても、早すぎだよねぇ、と苦笑いしながら、ちょっぴり8号線をドライブ。

泊駅は、子供の頃、耳鼻科に通っていた思い出深い駅です。
耳かきをしすぎて、耳の中を傷つける→耳の穴が分からないほど腫れる→外耳炎と診断されて、耳に綿を詰められてヘッドホンのようにもので治療(赤外線とかだったのかな)
腫れているところに綿を詰められて、ズキンズキンと響いて、ヘッドホンを遠ざけていると、看護師さんに、後ろからガードされたんだよなぁ。
帰りの電車時間まで本屋で漫画買ったりしたけど、その商店街はどこだったのかしら???
すっかり道路が新しくなっていて、思い出せません。

さてさて、なんとか辿りついて、お店の隣にある駐車場に車を停めました。
古民家を改装したようで、表札は「口岩」でした。

靴を脱いであがると、カウンター席と、座敷と居間が続き間のようになっていて、奥には縁側というか別の席が見えました。
全て椅子とテーブル席です。
なんとなく、時間がゆったりと流れている空間です。

初めてだから冷たい蕎麦から、迷いましたが、この日は風が冷たい。
鴨南蛮に惹かれまくって注文です。

若いご夫婦が二人で切り盛りされていて、8号線沿いにあった店が移転いたようです。
日本酒と一緒に楽しめるように、保冷ケースにはお酒が並んでいます。

先客が1人だったので、そんなに待たずに出てきました。
ものすごく細い、というのが第一印象。
ちょっだけ汁につけて、つるつるつる、うまいっ!
鴨の脂と、ネギの甘味と、醤油のいい香り。
日本って最高。
刻みネギが別皿で出てきたので、それも投入して、最後は蕎麦湯も楽しみました。
蕎麦湯を呑みやすくするために、蕎麦猪口と、木のサジが出されたのもポイント高いです。

来てよかった、心からそう思えるお蕎麦屋さんでした。

酒蕎楽くちいわ
下新川郡朝日町平柳667
0765-83-3455
営業時間 11:30~14:30(最終入店14:00)
18:00~22:00(最終入店21:00)
facebook→こちら

※グルメメモ
2018年11月12日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

友達と、秋は小布施だよねぇ、とぽかぽか陽気に誘われてドライブへ。

お昼は事前に調べておいたイタリアンへ。
林檎畑の中にある一軒家という感じで、北斎館とか甘味処が並ぶメインストリートとは離れているところです。

外観はミラノよりナポリとか太陽が似合う南の地域ぽい造り。
大きなイタリア国旗が掲げられていて、ドアを開けると、ものすごく印象的な内ドアが。

店内はサッカーのユニフォームなどが飾られていて、どうやらJ3の長野パロセイロを応援しているようです。
壁には大きなモニターがあるので、もしかしたらサッカーの試合を観戦しながら、というのもあるのかもしれません。

人気店らしく、既に女性グループが。
隣の6人掛けのテーブルは予約済で、階段を上がって2階にも席があるようです。
予約してなかったけど、座れて良かった。

ピザとパスタを1種類ずつ注文して分けることに。
本日のカプリチョーザ(きまぐれ)は舞茸と魚(えっとぉ、鮭じゃなくて鱒だったような・・・)
パスタはモッツァレアのトマトソースにしました。

先にパスタの登場です。
モッツァレラチーズが塊で入っていて、フォークに絡みつきます。
シンプルだけど、美味しい、これ。

パスタを半分食べた頃にピザが運ばれて来ました。
もっちりとした生地で、とっても美味しいです。
瓶に入ったオイルは好みで、たらせるので、それをちょびっとつけてパクリッ。
大きいけど、ぺろりとイケちゃうピザでした。

初めて着たお店ですが、大ヒット!
また来ようね、と友達と意見が一致しました。

CVCINA  ITALIANA  PACE
クチーナ・イタリアーナ・パーチェ
長野県上高井郡小布施町2255-5
026-247-6685
定休日 月曜日、第1・3火曜
ランチ 11:30~14:00(ラストオーダー)
ディナー 17:30~20:30
facebookページ→こちら

※グルメメモ
2018年11月11日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

大阪1泊2日、実質は到着が昼で、帰りは14時台だから、映画のタイトル24状態。
あべのハルカスに行くことと、たこ焼き&お好み焼きを食べること以外、ほぼノープラン。
2日どこ行く?と相談して、グリコの看板で有名な難波に行くことに。

調べると飲食店も多いし、お昼には困らなそう。
てなわけで、ふたたび御堂筋線で移動。
ホテルが新大阪から1駅で、今回は御堂筋線ばかり使いました。

2日目は「うちぃ、大阪やけど、ほぼ和歌山やねん」という大阪の友達。
来たことがあるので、出口はこっち、とナビゲーションしてくれます。

難波の地上に出てると、大きなアーケード街が2本伸びています。
横断歩道の信号を待っている間、飲食店の看板を見るだけで、お腹が空いてきそうな雰囲気。
まだ10時を過ぎた頃です(笑)

いくら夏休みとはいえ、この日は月曜日。
それでもアーケードは真っすぐ歩けないほど、人であふれています。
スーツケースを引っ張ったり、外国からの観光客も多いという印象です。

てくてくアーケードを歩いて行くと、十字路に。
右に行くとお笑いの聖地、なんばグラウンド花月。
おもろいから観てってや~、という感じで呼び込みをする方や、着ぐるみ(おじいさんのキャラクター)もいます。
たこ焼き屋からソースの匂いと、お笑い芸人をかたどった人形焼きからは甘い香り。
大阪はいい匂いであふれています。
NMBの文字発見!
そっか、ここは難波。
48の劇場もあるんですね。

「うちぃ~、方向音痴やねん」
細い道に入ったところで友達が不安げに言います。
そうだと思ったよ(笑)
大阪は路上の掃除をする人や、交通係のような人がけっこういるので、道を聞きやすかったです。
グリコの看板、というと、真っすぐ進んで道路渡って、ドンキホーテも通り過ぎて突き当ったら左、と親切に教えてくれました。
このあたりから、私の脳内GPS機能がスイッチオンです。

途中、前日に案内をしてくれた大阪の友達が勧めてくれた天龍山法善寺に寄り道。
水をかけてお参りするので、苔むしていました。

てくてく、てくてく。
アーケードを抜けて、大きな通りに出たので、ここを左だな。
お土産や、飲食店だけじゃなくてファッションのお店も多くあり活気があります。

おっ、カールの看板発見。
路上にカメラがあるらしく自分の姿が映るので、立ち止まって自分を入れて写真を撮る人がいました。
そうそう、カール!
中部地方から東は販売が中止されてしまったので、大阪行って見つけたら買おうと思っていたのに、買って来るのをすっかり忘れてました(泣)

カールの近くにあったのが、カニ道楽本店のカニ。
これも有名ですよね。

このカニを曲がると、すぐそこが道頓堀の戎(えびす)橋。
あれ?
グリコはどこ?
「こっち側やねん」
橋の途中まで行って振り返ると、ありました、グリコの看板。
多くの人が、両手を上げた同じポーズで記念撮影をしています。

見渡すと、ビルなのに観覧車が。
これが、エビスタワーってやつか。
乗りたいけど、帰りの時間があるので、今度のお楽しみに回します。

難波は巨大看板があるので、全体的に大胆な色使いだったり、派手というか、めちゃくちゃ元気な街という印象です。
でも、帰り道に見つけた、こんな静かな石畳みの小道があったりして、そのギャップも面白いなぁ、と。

マンホールのふたの建物は何だろう。

大阪の旅は、まだまだ続きます。

※お出かけメモ
2018年8月20日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

東京と神奈川にいる友達が「大阪に行かない?」と誘いがあり、1泊2日で行ってくることに。
あっちは新幹線、こっちは金沢からサンダーバードで、お昼すぎに新大阪に到着です。

神奈川の友達が、大阪の友達に「行くよ」と伝えておいたら、案内をしてくれて、まずはあべのハルカス。
地下鉄御堂筋線で、天王寺駅まで向かい、コインロッカーに荷物を預けました。
身軽になったところで、いざハルカスへ。

夏休みの日曜日というのもあって、ものすごく混んでいました。
それでも、さすが現地の人は情報通。
混んでいるのを予想して、先に行って当日券を人数分買っておいてくれました。

あべのハルカスは日本一高いビルで、展望台は60階。
受付から上がるエレベーター内は、光が落ちてくるような演出があり、おお~って感じ。
ただし、3Dとか苦手な私は、ずっと見ていると酔いそう。。。
カーブミラーの湾曲したのも苦手なんです。

到着すると58階から吹き抜けでロの字のように回廊になっています。
電車や道路が交差して、あちこちに伸びているのを見ると、大都市だと実感しますね。
床がガラスになっているところから下を見ると、なんだか足元からゾワゾワする高さです。

ここでも大阪府民の本領発揮。
方角ごとに名所を説明してくれました。
「あそこが四天王寺、緑が多いのは全部寺やねん」
おおっ、大阪市天王寺といえば、糸魚川の天津神社や白山神社の舞のルーツとも言われているところじゃないですか。
ジオパーク検定にも出題されてことがあります。
なんか、嬉しい。

あの、日立エレベーターと書いてある塔はなんですか?と聞いたら
「通天閣や。ビリケンさんおるところやで」
おおおっっっっ、大阪のシンボル通天閣!
ビリケンさんって、街角にいるんだと思っていたけど、通天閣にいるのね。

ぐるっと回ると百舌鳥・古市古墳群方向の案内発見。
世界遺産の登録間近の、日本最大の仁徳天皇陵とかがある古墳群です。
ちょっと離れているので、あっち方向ね、というくらいで、教科書に出ているような上からの光景というのは残念ながら分りませんでした。
そうそう、前方後円墳というのは日本特有の形らしいです。

通天閣と古墳群は時間の関係で「また今度のお楽しみ」となりました。

さて、お昼を食べないで最初の観光をしたので、お腹が空いた。
大阪と言ったら、粉もん文化。
オススメのたこ焼きかお好み焼き連れて行ってください、と近くのお店へ。

大阪の旅は、次回へ続く・・・。

あべのハルカス
HP→こちら

※お出かけメモ
2018年8月19日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

久しぶりに富山県入善町にあるレストラン5ストリートに行って来ました。

店内のレイアウトは変わっていませんでしたが、一部のテーブルが丸くて新しいテーブルセットになっていました。
タバコを吸うか聞かれて、喫煙と禁煙と席を分けているようです。
私はタバコの匂いが好きではないので、分煙には大賛成です。

メニュー表も新しくなっていて、ラミネート加工された裏表。
壁には美味しそうな写真つきで、石焼ビビンバやオムライスが。
オススメのかつ鍋定食も気になるし、名古屋風ナポリタンもいいなぁ。

ひたすら迷ったあげく、注文したのはホルモンラーメン(700円税別)
最近、ホルモンにハマっているんです。

お昼のピークは過ぎているとはいえ、席がほぼ埋まっていましたが、そんなに待たずにラーメンが運ばれて来ました。
ホルモンと白い蒟蒻、刻んだ長ネギです。
麺は細くてストレートです。

まずはスープをごくり。
醤油ベースでラー油かな。
辛いわけでもなくて飲みやすいスープです。
麺をずるずるずる、するするっと入っていく麺ですね。
ホルモンは、丁寧に下処理してあるのか、臭みもなく、脂っこさもなく、でも柔らかくて、美味しいです。
ゴムみたいに、いつまでも残るタイプとは違っていて、食べやすいです。

麺は少な目だと思いましたが、その分ホルモンがあって噛んでいるので満腹感はありました。

案内とレジを打っていた女性の店員さんは愛想がよいのも、ポイント高いですね。
ポイントで思いだしたけど、Tポイントも貯まります。

レストラン5ストリート
富山県下新川郡入善町椚山1261-1
0765-72-1590
定休日 木曜日
営業時間 11:00~15:00(ラストオーダー14:00)

国道8号線、マクドナルドの交差点を曲がる。
ショッピングセンターのコスモ21近く

※グルメメモ
2018年6月22日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

料理で婚活でお世話になっている片桐先生と、お手伝いしていただいている方から
「新潟市に来る日が分かったら、ご飯でも行きましょう」
とお誘いがありました。

私は好き嫌いないし、帰りの時間に間に合えば、どこでもいいですよ、とお店選びをお任せてしたら
「ここね、いつもいっぱいで入れないから、予約しておいたわ」
と、連れて行ってもらったのが、新潟市駅南にあるホテルメッツ新潟1階にある魚沼釜蔵さん。

あ~、惜しまれつつ閉店されたイタリアンのアネサメゴイさんの向かい側の店です。
確かに、いつも人が沢山入っていくなぁ、と思っていました。

さてさて、店内は、店名の通り、蔵のような造り。
太くて濃い茶色の柱とか、戸板とか、高い天井とか、古民家を移築したのかな???
想像していたのより、広くて客数が沢山あります。
奥に行くと、ロータリーに面したガラスがあるので、明るいです。

さて、なんにしようかな。
平日限定のお得な日替わりメニューや、セットなどいろいろあります。
「お魚が美味しいって評判らしいのよ」
ふむふむ、メニューにも刺身などをPRしているのが目立ちます。

でも、私は糸魚川市民。
普段から美味しいお魚を食べているので、新潟市に来たら、違うものが食べたい。
迷っていると、片桐先生が
「私は昨日の夕飯がお魚だったからも、トンカツにするわ」
おおっ、じゃあ、私もお肉にしよう。
てなわけで、和豚もちぶた肩ロース石焼御膳(1180円税別)を注文です。

平日でも、ほぼ全席埋まっていましたが、てきぱき動く店員さんのおかげで、あまり待たずに料理が運ばれてきました。
じゃ~ん。
ミニサラダ、漬物、もずく、味噌汁、そして艶々白いご飯。
南魚沼産コシヒカリだそうです。
米どころ新潟県でも、名実ともに「美味しいお米の産地」魚沼エリア。
魚沼産コシヒカリというと、範囲が広くなるので、南魚沼産としてあるそうです。
確かに同じ魚沼地域でも、エリアが違えば水も土も違っている=味も違いますよね。

お肉は、鉄板の上で、自分好みに焼きます。
ジュッ~といい音と共に、脂が弾けて踊ります。
おっとぉ、写真を撮っているうちに、焼きすぎちゃう。
特製タレ、塩、山葵と、つけるのが選べて楽しめるのもいいですね。
ぱくっ、よくお肉が「甘い」とグルメリポーターが言うけど、甘いかどうかは別として、くどくないです。
しっかり脂身があって、その脂身の割合がちょうどよくて、でもギトギトしすぎていないです。
野菜も焼きつつ、肉を食べ、しかも白いご飯が本当に美味しくて、肉に合う♪
最高です。

片桐先生は
「年を取ったら肉より魚が好き、なんて決めつけよねぇ。
逆に年を取ったら、お肉食べなくっちゃ」
と、トンカツをペロリと平らげました。
年齢は内緒にしておきますが、この年齢でお肌がつるつるしていて、ものすごくパワフルなのは
「お肉のおかげ」
らしいです。
やっぱり、肉よね、肉。

ランチメニューと、夜は違うらしいてので、夜ご飯に行ってもいいかも、と思いました。

※グルメメモ
2018年5月28日の情報です

魚沼釜蔵新潟店
HP→こちら

ぽんしゅ館新潟
HP→こちら

ホテルメッツ新潟
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

小千谷市総合産業会館サンプラザの、すぐ近くにあるピザキャナックさんへ行って来ました。

目的は、まん丸いナンで食べるカレー。
メニューには「ナン風」と書いてあるので、インドのカレー屋さんで出される横長のナンとは、ちょっと違うかもしれませんが、私はナンが大好きナンです←ダジャレ(笑)

カレーは丸い陶器で出されます。
お肉がごろっ系で、野菜は煮込まれていて、野菜ゴロゴロより液体系(という表現で分かるかな)
ものすごぉ~くスパイスが効いていて辛い、といったようなクセがないカレーなので、子どもからお年寄りまで食べやすいと思います。

ナンは大きくて丸。
そして2枚。
真ん中が空洞なので、そこにカレーを挟み込むようにして食べます。
ぱくっ、うんっ、美味しい。

キャナックさんは、店名にピザとある通り、ピザは持ち帰りもOK、配達もしてくれるようです。
で、書いてて気づいたんだけど、私、キャナックさんで、まだピザ食べてないじゃん。
よし、次はピザだな。

ピザキャナック
小千谷市城内1-8-20
0258-83-2770
営業時間10:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日 火曜日

※グルメメモ
2018年5月20日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

地元の美味しいお店は地元民に連れて行ってもらうシリーズ。

小千谷市は行列ができるラーメン屋が多いと聞いて、ラーメン屋をリクエスト。
小千谷市は十日町から長岡に抜ける国道117号線が通っているので、国道沿いにはファーストフードやチェーン店、家電やスーパーなど大型店が並んでいます。

ここはどう?と言っていた店は店の外で大行列。
並ぶのは得意じゃないと意見が一致して、次のお店へ。

さすが地元民。
ここが混んでたら、あっち、と近くで違う店をすぐに思いつけます。
てなわけで、越後秘蔵麺無尽蔵へ。
2組ほど待っていましたが、友達が「回転が速いから大丈夫」と即座に判断。
順番待ちの紙に名前を書いて、待っている間に壁に貼られたメニューを見ます。
こうやって写真つきだと分かりやすくて親切です。
いつもは、こってり系を食べるのですが、この日はあっさり鶏塩に心を惹かれます。
醤油にするか迷っているうちに「一番奥へどうぞ」と通されました。

テーブルで再度、メニューを広げます。
友達が「チャーシューじゃなくていいの?」
「私はいつもこれ食べるのよ」
そう言われると、迷うじゃ~ん。
でも、ここは初志貫徹。
鶏がら塩ラーメン(660円税別)にしました。
細麺と太麺が選べるというので、細麺で。

水飲んで、世間話を始めていると、運ばれて来ました。
早いっ!
トッピングは板海苔、チャーシュー2枚、めんま、長ネギ(青ネギ)、煮玉子です。
スープをごくり、うん、あっさりしているけど、コクがあって美味しい。
麺をずるずるずる、すごくツルツルした感じの麺です。
胃の中にするするっと入っていきます。
煮玉子のとろりんと、味付けが私にはドストライクです。

昼にラーメンを食べると、夕飯の時間を過ぎても、まだ満腹、というのがなくて良かったです。

越後秘蔵麺無尽蔵
HP→こちら

※グルメメモ
2018年5月13日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

4月7日(土)は高田お馬出しで出店だったので、てくてく歩いて上越市高田城にお花見に行って来ました。

高田城は1614年(慶長19年)に徳川家康の六男・松平忠輝公が築城しました。
築城は忠輝公の妻・五郎八姫の父である伊達政宗が指揮し、わずか4カ月という短い期間で築城されました。
天守閣と石垣がないのが特徴です。

1909年(明治42年)、在郷軍人会が第13師団の入城を祝い、城跡に2200本の桜を植樹したのが観桜会の前身といわれています。

1993年(平成5年に)シンボル的存在だった三重櫓を再現し、1階と2階は展示室、3階の展望台からは桜と遠くの山々が一望できます。

夜桜が有名ですが、昼間も素敵ですよ。
この日(4月7日)は風が強く、ダウンコートが必要なくらい寒い日でしたが、桜は見頃でした。

西堀にかかる赤い橋は、西堀橋(車両通行不可)
お堀の左右はずっと桜並木が続いていて、大手町の信号から西堀の信号にかかる車道(歩道あり)から見ると、手前の桜が額縁のようです。
ちょうど、風がおさまり、お堀の水面が穏やかで、桜が写りこんでいます。
この西堀は、夏になると東洋一と言われている蓮でいっぱいになります。
蓮も大きくて見応えがあり、オススメですよ。

高田公園の桜で「これは見ておきたい」というのが、滝のような大きなしだれ桜。
さくらロードの奥、図書館の近くにあります。
こちらも見頃。
外国からの観光客の方も多くいました。
桜は日本らしい花で、美しいと思うのは世界共通ですね。

このあたりには、夜になるとイルミネーションが設置され、撮影スポットとしても人気です。
まわりより濃いピンクは八重桜です。
どこを見ても、桜、桜、とにかく桜。

さくらステージでは、ラジオの公開生放送が行われていました。
ステージ後ろの桜も絵になりますね。
あの頃青春グラフティのフェイスブックページ→こちら

今年の桜は4月に入って夏日並みの陽気で一気に満開を迎え、観桜会が始まる日には既に満開のピーク。
そのあと、雨や風の日が続きましたが、最終日まで桜たちが頑張ってくれるといいですね。

※2018年の観桜会は4月22日(日)までです
HP→こちら

お出かけメモ
2018年4月7日の様子です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

山形県酒田市にいる友達と、数年ぶりの再会で、お昼はどこさ行こうかね、と立ち寄ったのが山居倉庫。
農業の倉庫として、今でも12棟が残り、ドラマおしんの撮影地のひとつです。
そのうち道路側に近いところが改装されて、お土産や歴史資料館として観光拠点となっていました。
雪の中、規則正しく連なる屋根が美しいですね。

そうそう、庄内弁は語尾に「さ~」がよくつきます。
「大雪で、仕事さ行けねんども」とか、ほとんど通じるけど、新潟県とは全然言葉が違って面白いです。

酒田市はラーメンが有名で、20年ほど前に初めて行った時に食べたのが「ざるラーメン」
え? ざる蕎麦じゃなくて???
「そうさ~、ざるの上にラーメンがのっているんさ~」
と注文したのが、今でいう「つけ麺」
糸魚川では見たことがなかったけど、酒田市民は当たり前のようでした。

そんなんで、酒田はラーメンというイメージが強く、ラーメンを食べることに。
隣の蔵との間から自然光が入る窓際のテーブル席につきました。
ラーメンは750円。
ホットコーヒーがサービスだったので、珈琲を飲みながら待つこと数分。
座敷に団体様が到着して賑やかになった頃に、運ばれて来ました。

お~、シンブルイズベストって感じのラーメンです。
スープをごくり、あっさりしていて美味しいです。
細いちぢれ麺に、バラ肉のチャーシュー。
ナルト、ネギ、メンマで、ラーメンの王道です。
ずるずるずる、するっするっと入って胃袋に入っていきます。
この歳になると、こういう優しいラーメンが嬉しいんです。
めちゃくちゃ、旨い。
こってりしていないから、ついついスープをもう一口、もうちょっと、と飲んでしまいます。

「アルバイトの研修の帰りに寄ったラーメン屋覚えている?」
「ラーメンください、と言ったら、中華そばでしょ?っておばちゃんに言われたよね」
「なんか東京の人は、意地悪だな、って思ったわぁ」
「そうそう、中華そばって言い方知らなかったもん」
と、何年も会っていなかったのに、昔話で盛り上がりました。

おまけ
山居倉庫に展示されていた酒田大獅子の赤ちゃん獅子
黒が「けん」 赤が「こめ」
おもわず、花の穴に手を突っ込みたくなってやめました(笑)

酒田夢の倶楽
HP→こちら

※グルメメモ
2018年2月18日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

本日: 226人
合計: 407586人

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る