静岡県の記事

9月、10月はほぼ全部の土日祝を仕事していたなぁ。
パワー充電に富士山を見てくるか、と出かけてきました。

夜の10時くらいに糸魚川を出て、148号線を南へ。
豊科から名称が変わった安曇野インターチェンジから高速にのり、山梨県を目指します。
ぐぅ~、私は助手席で寝るZzz・・・

さみぃ~と、目を覚ますと、ん~、富士山。
時計を見ると5:40。
ぼんやりと富士山が見えます。
山頂は既に白くなっています。
こりゃ~寒いわけだ。
少しずつ色づいてきますが、思ったより朝焼けにならず移動すことに。
坂道を登ると、裾野までクッキリ広がって見渡せました。
この景色を毎日見られる人はうらやましいなぁ。

で、腹減った、新東名高速道路を走って、サービスエリアで朝御飯を食べることに。

駿河湾沼津サービスエリア(下り線)をうろうろ。
フードコートではなく、お土産コーナーのちょっと奥まったところにあるところで海鮮丼を。
さすが静岡、しらすが沢山のっています。
鮭、イカ、まぐろ、鯛がぶつ切りにされて、ご飯が見えないほどトッピングされています。
しらすの下には大葉、魚の下には錦糸卵が隠れていますよ。
蓋に醤油を出して、山葵を溶かして、たらり~んとかけて、いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、魚うまいっ。
糸魚川市民は毎日旨い魚を当たり前のように食べているので、魚に対するチェックは厳しいですが、ここの海鮮丼は生臭くなくて美味しいです。
青さの味噌汁もついていて大満足です。

続いて、フードコーナーの駿河蕎麦(800円)です。
やっぱり、静岡と言ったら、桜えび。
そして、ここにも、しらす!
おおっ、この見慣れない小判型は黒はんぺんってやつですかね。
魚のすり身のような、厚揚げのような味です。
鰹節と、わかめで蕎麦が見えません。
静岡はサービスがいいですね。

太平洋と伊豆半島を眺めながらのご飯は最高に旨かった。
さて、山梨で、ほうとう食べて帰るかな。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は親戚のおばあちゃんが「貰いもんだけん、歯悪いそい食べれんやんだわね。
代わりに食べてくんない」と持って来てくれた東海フーズ(株)さんの小魚せんべいです。

えっと、ここで糸魚川弁講座。
「〇〇(だ)けん」「〇〇(だ)そい」は語尾によく使います。
「〇〇だけど」「〇〇だから」という意味です。
「だわね」は語尾を柔らかくする感覚で使います。
「そういんだわね」は「そうなりよ~」というニュアンス。
「くんない」は「ちょうだい」
「それ、おらにくんない」だと「それを私にちょうだい」
「ぴしゃってくんない」は「捨ててちょうだい」
ってことです。
おばあちゃんの言葉を標準語にすると
「貰い物だけど、歯が悪いからたべられないのよ。代わりに食べてちょうたい」
ちなみに私は3年ほど標準語が多い場所にいましたが、語尾の「そい」「けん」はなかなか抜けなかったのを覚えています。

さてさて、話が脱線しました。
「おいしいお茶の友」とキャッチコピーで、茶畑のイラストですね。
静岡県のメーカーぽいデザインです。
さっそく、開けてみましょう。
小魚せんべい、とあったので、よく道の駅とかの海産物売り場にある骨せんべいみたいなのを想像していましたが、丸くて白いせんべいです。

ほほう、じゃがいもの澱粉に黒ゴマや青のりを練りこんだ形ですね。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、おおっ、骨のざらざら感はないのに、焼いた骨の香ばしい味がします。
よく見ると小さな海老も入っています。
裏面を見ると、ハト麦もありました。
もぐもぐもぐ、ほどよい歯ごたえがあって美味しいです。

ちゅ~か、裏面のキャッチコピーが「本品は健康を考えた体にいい商品です。
食べれば・・・・・・あなたのカラダは良さを感じます」ってところがツボにはまりました。
なんだか、英語とかを翻訳ソフトを使って直訳したような、どっか違和感があるような、ないような表現の仕方が素朴でいいです。

Oさん、ごちそうさまでした。

↓ カルシウムが多い食品というと魚と乳製品を真っ先にあげるけど、海藻類も多いと知っている方も
骨がスカスカになる骨粗鬆症を早口言葉で言えない方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は静岡に行って来た親戚からのお土産で土井製菓(株)さんの桂川湯けむり巡歌です。

古くから神様へのお供え物やお祝い事に使われていた黒米を練りこんだ、とあります。
ほほう、中身はどんなかな?
包装紙を外すと、ビニールに包まれていて、白い箱の中に和紙のような紙で1つずつ包まれたお菓子が12個並んでいます。
ピンクかかったオレンジ色した紙の端っこをねじって留めているような包み方です。

四角い餅で、周りは砂糖なのかな?
キラキラした白いものがついています。
ぺろっ、砂糖じゃないなぁ。
ん~と、白い最中(みたいなもの)を細かく砕いた感じです。

ぱくっ、もぐもぐもぐ、柔らかい餅の中は半分潰した状態の餡子です。
餅は黒米の色で、真っ黒というより、すごく濃い灰色ですね。
もぐもぐもぐ、私はこしあん派ですが、これは微妙に残した皮があった方が合っていると思います。
もっちもっちしているので、こしあんだとアッサリしすぎるんじゃないかな、っと。

楽しみにしていた船から見る富士山は悪天候で中止になったと残念がっていたけど、また旅行に行く理由が出来た、と思えばいいんですよね。
そして、またお土産が楽しみ(笑)

Tさん、ごちそうさまでした。

↓古代米は紫や赤といった色がついているイメージがある方も
 宇宙戦艦ヤマトの戦闘班長は古代進と知っているもクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

一泊二日の伊豆の旅も、いよいよ最後の目的地。

熱海から県道80号線を使い、山伏峠インターから伊豆スカイラインに入ります。
山伏峠の入り口は「え?ここで合ってる?」と少し不安になるほど分かりにくいですが、ちゃんと看板が出ています。
インターですがゲートはなく、有料道路だけどいいのかな?と思います。
料金は出口で「山伏峠から」と告げればOK。

走りやすくて、景色も最高で、気持ちのいいスカイラインです。
ライダーの季節ですねぇ。

っと!正面に富士山が!
霞んでいるけど、頂上から裾野まで山のラインがきれいに見えます。
この二日間で色んな角度から見たけど、こうやってパッと目に入ると「富士山!」と喜んでしまいます。

富士山が見える地域に住んでいる人が羨ましいです。
逆に「雪にあこがれる」とか「スキー場が近くていい」なんて思われるのかしら。

標高694メートルの西丹那には駐車場があり、ここからは熱海の海まで見下ろせます。
少し走る(下る)と、また海が見えて来ました。

朝の3時に「伊豆に行こう」と起こされ、空いているホテルをネットで予約して無計画で出発したわりには天気にも恵まれ、美味しい物を沢山食べ、富士山を何度も楽しめ、大満足の旅になりました。

※ドライブメモ
2013年4月29日の情報です。
28日・・・長野県南佐久郡南牧町野辺山駅→山梨県北杜市道の駅南きよさと→静岡県富士市道の駅富士川楽座→芦ノ湖
29日・・・静岡県伊豆の国市道の駅伊豆のへそ→静岡県伊東市道の駅伊東マリンタウン→小山臨海公園→伊豆スカイライン

↓スカイラインと言ったら日産車を連想する方も
長野県にあるスカイラインのミュージアムに行ったことがある方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

日本海側に住む私が静岡に行ったらやってみたくなること。
それは、海水を舐めてみる!

日本海と太平洋は同じ海。
外国に行ったって、海はつながっています。
でも、場所によって潮の香りが強かったり、しょっぱかったり、水っぽかったりする気がするんです。
雨がふった後、とか、気温によって違うのかもしれませんね。
去年も由比ヶ浜と沼津のシーパラダイスあたりの2ヶ所で舐めてみました。
由比ヶ浜の方は湾だからか塩が濃くて、シーパラダイスの方はほとんど塩を感じなかったんですよね。
砂浜と玉砂利の違いかしら???

小山臨海公園(熱海アリーナ)に車を停めて、海岸に降りてみました。
って、夏には海水浴客でにぎわうだろう砂のところは足元にざっぱぁ~んと波がきそうなので、堤防沿いの岩場を移動。
この時間は引き潮なのか、海藻が出ていて滑ります。
よっ、ほっ、乾いている岩で、ぐらぐらしていないのを選んで、しゃがめそうな平らな岩を探します。

よし、このあたりでチャレンジです。
人差し指で、ぺろり。
う~ん、海って感じの塩味です。
ちょい苦味があるというか、THE海水って味。
波がくるとワカメ(?)が、ゆらゆらしていて、満潮時はここまで海の中になるのが分かります。

さぁ、満足したし、伊豆スカイラインを通って日本海に帰るとしましょう。

※ドライブメモ
2013年4月29日の情報です。
28日・・・長野県南佐久郡南牧町野辺山駅→山梨県北杜市道の駅南きよさと→静岡県富士市道の駅富士川楽座→芦ノ湖
29日・・・静岡県伊豆の国市道の駅伊豆のへそ→静岡県伊東市道の駅伊東マリンタウン→小山臨海公園

↓熱海殺人事件の主なキャストは4人と知っている方も
熱海市の隣は神奈川県と知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

静岡県伊東市にある道の駅伊東マリンタウン。
海沿いを走る国道135号線沿いにあり、マリーナや温泉施設まである大きな道の駅です。

目の前が海なんだから、太平洋で水揚げされた魚を食べなきゃね、ということで2階にある伊豆中ばんばん食堂で昼食をとることにしました。

サンプルには魚の名前も表示されていて、とっても親切です。
私は日替わり海鮮丼(780円)、家族はアジ丼(990円)を注文です。

お茶はセルフサービスですが、魚の骨(三枚おろしにした骨の部分)をパリパリに焼いたものと、小魚を焼いたもの(煮干しぽく見えますがちょっと違う)、貝の煮つけ(二枚貝で生姜が効いていてました)も、詩食品として並んでいて、好きなだけ小皿に盛って来れます。
※左下の小魚がのっている皿と、横の水色の皿が試食品

お茶を用意したりしているうちに、びっくりするくらいの速さで海鮮丼が運ばれてきました。
味噌汁と、漬物、豆腐には魚のふりかけ(なんて言うんだっけなぁ、出汁の素みたいな・・・)がそえられています。
はい、アップにしますよ~。
ひとつ、ひとつの切り身が馬鹿デカいですね。
ホタテ、カジキマグロ(たぶん・・・)鮭、アジ(・・・?)、ふくらぎ(サイズによってツバイソとかブリとか名前が変わる魚)、玉子と、真ん中はマグロのすき身です。
寿司飯の上に刻み海苔が散らされています。
一切れずつが厚くて食べごたえがあります。
こんだけ大きいと、魚の味が分かっていいですね。
糸魚川って刺身でも寿司でも分厚いのが当たり前なので、このくらい大きくないと、食べた気がしません。

家族が食べたアジ丼は、マグロ、わらさとの三色丼って感じです。
あれ、わらさって・・・、ブリの小さいやつだよなぁ。
一般的には、いなだ→わらさ→ぶり、と言われていますが、糸魚川あたりではツバイソとかフクラギと呼びます。
生魚は鮮度が命ですが、とくにアジは時間がたつと生臭さが気になりますよね。
でも、ここはピチピチって感じで、生のアジが得意じゃない私でも美味しく食べられました。

道の駅伊東マリンタウンHP→こちら

※ドライブメモ
2013年4月29日の情報です。
28日・・・長野県南佐久郡南牧町野辺山駅→山梨県北杜市道の駅南きよさと→静岡県富士市道の駅富士川楽座→芦ノ湖
29日・・・静岡県伊豆の国市道の駅伊豆のへそ→静岡県伊東市道の駅伊東マリンタウン

↓道の駅マリンタウンのキャラクターは「マリにゃん」と「カモメ隊長」と知っている方も
マリにゃんは男の子と知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

静岡県伊東市道の駅伊東マリンタウン。
海沿いを走る国道135号線沿いにあり、マリーナや温泉施設まである大きな道の駅です。
※1枚目の写真は国道側から見た建物ではなく、海側の広場から見た建物です。

海にむかって階段状になっていて、一部は日よけの屋根が設置されていました。
イベント時は、多くの人が座れるように工夫されているのですね。
真ん中には、ちゃんと高さを変えて階段があり、混雑時でも上り下りできるように計算されているのが素晴らしいわ。

さてさて、この建物の目と鼻の先は海。
伊豆マリーナには沢山の船が係留されています。
海賊船のようなデザインの遊覧船も、ここから出発するようです。

海面をのぞくと・・・、お~、すごぉ~い、透き通っていて海の底まで見えます。
キラキラしていると思ったら小さな魚が、あっちにも、こっちにも。
赤い枠の中の青っぽいのが魚です。
太平洋ってこんなにカラフルな魚がいるのかしら。
暖かい地域の海にいる魚は色鮮やかと聞きますが、熱帯魚みたいな色をしています。
よ~く見ると、黒っぽくて、もっと小さな魚たちは群れで泳いでいました。
ちなみに、ここで釣りは禁止。
魚に餌をあげたくなりますが、自然の中にいるものは、自然のままに食事をさせてあげましょう。

では、中に入ってみます。
1階は干物や柑橘類、お菓子など、色んなお土産が売っていて、観光案内所もありました。
2階はフードコートになっています。

この日はGWまっただ中、塗り絵の鯉のぼりで吹き抜けが埋め尽くされていました。
よく見ると、ただの鯉のぼりではありません。
道の駅伊東マリンタウンのキャラクター、まりニャンが鯉のぼりにしがみついています。
可愛い、まりニャン。
本当は本人(着ぐるみ)が登場していたのだけど、すごい人に囲まれていて近づけなかったんです。
一緒に写真を撮りたい子供達が順番を待っていたから、大人は我慢、がまん。
また別のチャンスがあるでしょう。

え?まさか、これだけで終わるわけないだろ?
もぐもぐリポートは?
もちろんありますよ、海鮮丼は次回へ続く・・・。

道の駅伊東マリンタウンHP→こちら

※ドライブメモ
2013年4月29日の情報です。
28日・・・長野県南佐久郡南牧町野辺山駅→山梨県北杜市道の駅南きよさと→静岡県富士市道の駅富士川楽座→芦ノ湖
29日・・・静岡県伊豆の国市道の駅伊豆のへそ→静岡県伊東市道の駅伊東マリンタウン

↓伊東に行くならハトヤ、というCMが印象に残っている方も
あ~、遊びきれないホテルは聚楽ぅ~♪というCMを覚えている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

静岡県伊豆の国市にある道の駅伊豆のへそ。
こじんまりしていて、隣にある「みんなのHAWAIIAN」の方が建物が大きくて目立ちます。

トイレ休憩に寄ったら、なにやら気になるものが・・・。
ここだけの一品「青バラソフト」
え?
バラのソフトクリーム・・・。
しかも、まさかの青。

もぐもぐリポーターとしては、食べておかなければなりません。
てなわけで青バラソフト(300円)を注文。

すごいな、水色のソフトクリームです。
ソフトクリームの甘い匂いの中に、薔薇の香りがします。
ぺろっ、舐めなめナメ・・・、う、う~ん、薔薇は食べたことがないので味がどうかはビミョーです。
家族にも食べさせてみます。
「芳香剤みたいだ」
ボソッとつぶやき「俺はもういい」と言われました。
ガーン(ーДー;)
芳香剤って言われたら、芳香剤を食べている感覚になっちゃうじゃないか。
味覚って視覚や聴覚からの情報にも大きく左右されるんですねぇ(泣)

女性(一応、私も分類上は女性です)はバラの香りが好きな人が多いから気にならないけど、男性は苦手という人が多いかもしれません。
個人差が出るソフトクリームだと思いますが、話のネタに食べておいても損はないかなぁ、と。

※ドライブメモ
2013年4月29日の情報です。
28日・・・長野県南佐久郡南牧町野辺山駅→山梨県北杜市道の駅南きよさと→静岡県富士市道の駅富士川楽座→芦ノ湖

↓世界初の青いバラはサントリーが開発したと知っている方も
花全体が青いチューリップを開発するのも難しいと言われているのを知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

静岡県の気まぐれドライブ。

前回は芦ノ湖近くは大渋滞で途中で断念。
そりゃ~、GWの日中なんて激混みなのは仕方ありません。
で、リベンジ(?)しよう、夕方なら空いているんじゃないか、と今年も芦ノ湖へ車を走らせました。

芦ノ湖沿いを適当に入っていると、なんと!
こんなに美しい夕焼けに遭遇。
湖までオレンジかかったピンク色に染まっていて、富士山もくっくり頂上まで顔を出してくれています。
ボートをけん引して横切るのも絵になっています。
釣り人のシルエットまで別世界のようです。
ちなみに釣り人は「今日はダメだなぁ」と言って帰られたので収穫なしのようでした。

思わず愛車をパチリ、パチリと撮りまくり。
車にも富士山が写りこんでいるのが分かりますか?

富士山って、なんでこうも、どんだけ見ても飽きないんでしょうね。
私は日本海側の人間なので、富士山を見るのは東京に出張する時の車窓から、とか年に数回しかありません。
だから、富士山を見ると珍しくて毎回、感動します。

なんとなく、春先の頂上付近に雪(氷?)があり、麓付近は色づき始めている富士山が「それっぽくて」好きです。
いい写真が撮れました♪

※ドライブメモ
2013年4月28日の情報です。
長野県南佐久郡南牧町野辺山駅→山梨県北杜市道の駅南きよさと→静岡県富士市道の駅富士川楽座→芦ノ湖

↓車のご当地ナンバープレート富士山では、富士山の標高と同じ3776が大人気だと知っている方も
富士スバルラインでは、唱歌「ふじの山」のメロディが流れる道があると知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は静岡県伊東市にある道の駅伊東マリンタウンで買って来た、(株)いっしんさんの「ぐり茶プリン」です。
道の駅では和洲、本店は一進堂という店名になっているようです。
前回食べたうり坊・ぐり坊・さざえ最中・胡麻最中だけではなく、プリンも買ってきたんですよ。

ちなみに「ぐり茶」とは静岡県外では入手困難なお茶らしく、苦味が少ないらしいです。
抹茶プリンを作ろうとした時に、抹茶の味を強くする(つまりお茶の量を増やす)と苦くなりすぎ、逆に苦味を抑えようとすれば抹茶の風味が薄くなる、このジレンマが「ぐり茶」を使うと解決するようです。

ほほう、では、さっそくいただきぁ~す。
中身は黒蜜ソースが別容器に入っています。
まずは、そのまま、ぱくり、もぐもぐもぐ、う~ん、すごくもったりしたプリンです。
密度が濃いというか、つるっというより、もったりした感じ。
もぐもぐもぐ、抹茶だけど、粉っぽさがなくて美味しいです。
せっかくなので、黒蜜をかけて、ぱくり、もぐもぐもぐ、黒蜜はサラサラしています。
信玄餅や出陣餅についている黒蜜のように、とろり、ではなく、粘度が低くてかけやすいです。
これをかけると、甘いなぁ~。
一気に全部かけちゃったけど、ちょっとずつの方がいいみたいです。

ちなみに幼稚園児の姪っ子は黒蜜をかけても「苦い」と言ったので、大人の味かもしれません。
お茶どころ静岡県らしいプリンでした。

↓信玄餅に黒蜜は全部かけて食べる性格の方も
ぐり茶の「ぐり」はグリーンの「ぐり」だと思う方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

1 / 3123

本日: 271人
合計: 348210人

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る