道の駅の記事

十日町市に行く用事があり、せっかくなら十日町でお昼食べなきゃね、とmanma and cafeユキマツリさんへ。

manma and cafeユキマツリさんは道の駅クロス10の1階にあり、地元の食材をメインにしたメニューが特徴です。
入口には写真つきで大きくメニューが表示されているので、選びやすいです。
セルフサービスを取り入れている分、ちょっとお得な価格設定。
笑顔が素敵な店員さんに注文して、先に支払を済ませると、呼び出しベルを渡されます。
十日町って最近行く機会が増えたけど、本当に美人が多いです。

店内は黒と白の椅子で、スタイリッシュ。
このあと、次々に席が埋まっていきました。
大きな窓が解放的で、外にはパラソルが立つテーブルがあります。

壁には、生産者の写真と説明が展示されています。
どんな風にこだわっている食材なのか、自信をもってお届けしている、という気持ちが伝わってきますね。
そうこうしているうちに、ベルが鳴りました。

汁物は、お代わり自由。
私が選んだのは、のっぺ汁(野菜を沢山使った醤油ベースの汁で、新潟県内で広く食べられている郷土料理)
隣にあっただし汁は、いろんなトッピングがあり、具材を選んで自分好みにカスタマイズするっていうのが面白いです。
私も、のっぺ汁に、とろろ昆布をダイブさせました。

じゃ~ん、越の鶏唐揚げ黒酢ソースかけです。
ご飯は白米か玄米が選べたので、健康を気にして玄米にしました。

小鉢はもやしの胡麻和え、キャベツの浅漬けと、黄色いのは何だろ。
瓜っぽいんだけど・・・。
鶏肉は皮の部分がほどよく外されていて、カロリーオフです。
肉と同じくらい蒸し野菜たっぷりです。
ズッキーニは、新顔野菜から、すっかり定番野菜の仲間入りをした気がします。
赤と黄色のパプリカに、茄子。
煮るより蒸す方が野菜の栄養素が流れ出ないと言います。
酢だけど、すっぱさはなくて、ちょっととろっとしたソースです。

玄米はしっかり噛むし、のっぺも野菜いっぱいなので、早食いの私でも、ゆっくり食べました。

十日町に最近ハマってます☆☆☆

manma and cafeユキマツリ
道の駅クロス10のHP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

静岡県伊東市にある道の駅伊東マリンタウン。
海沿いを走る国道135号線沿いにあり、マリーナや温泉施設まである大きな道の駅です。

目の前が海なんだから、太平洋で水揚げされた魚を食べなきゃね、ということで2階にある伊豆中ばんばん食堂で昼食をとることにしました。

サンプルには魚の名前も表示されていて、とっても親切です。
私は日替わり海鮮丼(780円)、家族はアジ丼(990円)を注文です。

お茶はセルフサービスですが、魚の骨(三枚おろしにした骨の部分)をパリパリに焼いたものと、小魚を焼いたもの(煮干しぽく見えますがちょっと違う)、貝の煮つけ(二枚貝で生姜が効いていてました)も、詩食品として並んでいて、好きなだけ小皿に盛って来れます。
※左下の小魚がのっている皿と、横の水色の皿が試食品

お茶を用意したりしているうちに、びっくりするくらいの速さで海鮮丼が運ばれてきました。
味噌汁と、漬物、豆腐には魚のふりかけ(なんて言うんだっけなぁ、出汁の素みたいな・・・)がそえられています。
はい、アップにしますよ~。
ひとつ、ひとつの切り身が馬鹿デカいですね。
ホタテ、カジキマグロ(たぶん・・・)鮭、アジ(・・・?)、ふくらぎ(サイズによってツバイソとかブリとか名前が変わる魚)、玉子と、真ん中はマグロのすき身です。
寿司飯の上に刻み海苔が散らされています。
一切れずつが厚くて食べごたえがあります。
こんだけ大きいと、魚の味が分かっていいですね。
糸魚川って刺身でも寿司でも分厚いのが当たり前なので、このくらい大きくないと、食べた気がしません。

家族が食べたアジ丼は、マグロ、わらさとの三色丼って感じです。
あれ、わらさって・・・、ブリの小さいやつだよなぁ。
一般的には、いなだ→わらさ→ぶり、と言われていますが、糸魚川あたりではツバイソとかフクラギと呼びます。
生魚は鮮度が命ですが、とくにアジは時間がたつと生臭さが気になりますよね。
でも、ここはピチピチって感じで、生のアジが得意じゃない私でも美味しく食べられました。

道の駅伊東マリンタウンHP→こちら

※ドライブメモ
2013年4月29日の情報です。
28日・・・長野県南佐久郡南牧町野辺山駅→山梨県北杜市道の駅南きよさと→静岡県富士市道の駅富士川楽座→芦ノ湖
29日・・・静岡県伊豆の国市道の駅伊豆のへそ→静岡県伊東市道の駅伊東マリンタウン

↓道の駅マリンタウンのキャラクターは「マリにゃん」と「カモメ隊長」と知っている方も
マリにゃんは男の子と知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

静岡県伊東市道の駅伊東マリンタウン。
海沿いを走る国道135号線沿いにあり、マリーナや温泉施設まである大きな道の駅です。
※1枚目の写真は国道側から見た建物ではなく、海側の広場から見た建物です。

海にむかって階段状になっていて、一部は日よけの屋根が設置されていました。
イベント時は、多くの人が座れるように工夫されているのですね。
真ん中には、ちゃんと高さを変えて階段があり、混雑時でも上り下りできるように計算されているのが素晴らしいわ。

さてさて、この建物の目と鼻の先は海。
伊豆マリーナには沢山の船が係留されています。
海賊船のようなデザインの遊覧船も、ここから出発するようです。

海面をのぞくと・・・、お~、すごぉ~い、透き通っていて海の底まで見えます。
キラキラしていると思ったら小さな魚が、あっちにも、こっちにも。
赤い枠の中の青っぽいのが魚です。
太平洋ってこんなにカラフルな魚がいるのかしら。
暖かい地域の海にいる魚は色鮮やかと聞きますが、熱帯魚みたいな色をしています。
よ~く見ると、黒っぽくて、もっと小さな魚たちは群れで泳いでいました。
ちなみに、ここで釣りは禁止。
魚に餌をあげたくなりますが、自然の中にいるものは、自然のままに食事をさせてあげましょう。

では、中に入ってみます。
1階は干物や柑橘類、お菓子など、色んなお土産が売っていて、観光案内所もありました。
2階はフードコートになっています。

この日はGWまっただ中、塗り絵の鯉のぼりで吹き抜けが埋め尽くされていました。
よく見ると、ただの鯉のぼりではありません。
道の駅伊東マリンタウンのキャラクター、まりニャンが鯉のぼりにしがみついています。
可愛い、まりニャン。
本当は本人(着ぐるみ)が登場していたのだけど、すごい人に囲まれていて近づけなかったんです。
一緒に写真を撮りたい子供達が順番を待っていたから、大人は我慢、がまん。
また別のチャンスがあるでしょう。

え?まさか、これだけで終わるわけないだろ?
もぐもぐリポートは?
もちろんありますよ、海鮮丼は次回へ続く・・・。

道の駅伊東マリンタウンHP→こちら

※ドライブメモ
2013年4月29日の情報です。
28日・・・長野県南佐久郡南牧町野辺山駅→山梨県北杜市道の駅南きよさと→静岡県富士市道の駅富士川楽座→芦ノ湖
29日・・・静岡県伊豆の国市道の駅伊豆のへそ→静岡県伊東市道の駅伊東マリンタウン

↓伊東に行くならハトヤ、というCMが印象に残っている方も
あ~、遊びきれないホテルは聚楽ぅ~♪というCMを覚えている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

静岡県伊豆の国市にある道の駅伊豆のへそ。
こじんまりしていて、隣にある「みんなのHAWAIIAN」の方が建物が大きくて目立ちます。

トイレ休憩に寄ったら、なにやら気になるものが・・・。
ここだけの一品「青バラソフト」
え?
バラのソフトクリーム・・・。
しかも、まさかの青。

もぐもぐリポーターとしては、食べておかなければなりません。
てなわけで青バラソフト(300円)を注文。

すごいな、水色のソフトクリームです。
ソフトクリームの甘い匂いの中に、薔薇の香りがします。
ぺろっ、舐めなめナメ・・・、う、う~ん、薔薇は食べたことがないので味がどうかはビミョーです。
家族にも食べさせてみます。
「芳香剤みたいだ」
ボソッとつぶやき「俺はもういい」と言われました。
ガーン(ーДー;)
芳香剤って言われたら、芳香剤を食べている感覚になっちゃうじゃないか。
味覚って視覚や聴覚からの情報にも大きく左右されるんですねぇ(泣)

女性(一応、私も分類上は女性です)はバラの香りが好きな人が多いから気にならないけど、男性は苦手という人が多いかもしれません。
個人差が出るソフトクリームだと思いますが、話のネタに食べておいても損はないかなぁ、と。

※ドライブメモ
2013年4月29日の情報です。
28日・・・長野県南佐久郡南牧町野辺山駅→山梨県北杜市道の駅南きよさと→静岡県富士市道の駅富士川楽座→芦ノ湖

↓世界初の青いバラはサントリーが開発したと知っている方も
花全体が青いチューリップを開発するのも難しいと言われているのを知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

静岡県富士市にある道の駅富士川楽座。
一般道とーだけではなく、東名高速道路の上り線から利用することができるハイウェイオアシスです。
東名高速道路は富士川サービスエリアとなっていますね。
スマートインターチェンジもありますが、インターチェンジを入るとサービスエリアに入ることができないので要注意です。

さてさて、静岡の名物といったら、しらす。
桜えびも有名です。
ここで食べようと、まる鮮食堂のショーケースをのぞくと、おおっ、生しらす丼と生桜海老丼のセットがあるではないですか。
私の記憶が確かなら「わんこ丼セット」(900円)
ドライブの途中で、いろんなものを食べているのでミニサイズが嬉しいわ。
さくらえびのかき揚げ(300円)も美味しそうだったので注文しました。
ここでは、レジで注文してお金を払い、好きな席につくと店員さんが食券を取りに来てくれるシステムです。
ショッピングモールにあるフードコートのようになっていて、何店舗か並んでいて、どこに座ってもOK、水やお茶はセルフで持ってきます。

広い富士川を見下ろせる窓際のカウンター席に陣取ると、おおっ、富士山が正面に見えます。
すごぉ~い、なんて素晴らしい食事処なんだろう。
しかも下が駐車場になっているので、ここは3階。
高いところから富士川と富士山を見ることができます。
って、ちょっと頂上の雲が残念だけど・・・。

と、待つこと数分、店員さんが運んできてくれます。
安いのに、セルフじゃないのがすごいわぁ。
しかも、超早いっっっ!
はいっ、アップにしますよ~。
透明でつやつや輝いている生しらすには、おろし生姜。
ピンク色が鮮やかな生桜海老丼には山葵が添えられています。
両方とも大葉の下は刻み海苔ですよ。

しらす丼からいただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、口の中でしらすが弾ける感じです。
普段は茹でたしらすばかり食べているので、こうやって生の状態で食べられるのは、静岡に来た!と感じられていいでねぇ。

桜海老は、ぷち、ぷりっ、小さいながらもしっかり海老です。
ちょっとヒゲがチクチクするけど・・・。

かき揚げも、ぱくりっ、さくっ!
すごぉ~く軽いサクサクした歯ごたえ。
ちょ~、旨いです。
揚げたてサクサクサク香ばしくて、めちゃくちゃ美味しい。

と、書いているうちに思い出しましたが、確かここの道の駅って、テレビか何かで日本一の集客があると紹介されていたところじゃないかしら。
美味しいものが沢山あって、プラネタリウムまであったら、目的地がここ、でもいい気がします。
もちろん、私のように旅の途中で立ち寄っても、文句なく楽しい&満足。
やっぱり「その土地らしい」グルメや、お土産の品ぞろえって大きなポイントですよね。
なにより富士山が見えるのがポイント高い!
富士山は世界遺産に登録されそうだから、また注目度が上がる気がします。

また静岡に行く時は寄りたい道の駅でした。

まるせん食堂
営業時間 8:00~21:00
ラストオーダー20:40
0545-81-5555
道の駅富士川楽座HP→こちら

※ドライブメモ
2013年4月28日の情報です。
長野県南佐久郡南牧町野辺山駅→山梨県北杜市道の駅南きよさと→静岡県富士市道の駅富士川楽座

↓文部省唱歌の「あたまを雲の上に出し♪」の続きを忘れた方も
富士川の戦いは、平安時代だと言える方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

山梨県北杜市道の駅南きよさとの、グルメリポートです。

まずは鉄板の上で、こんがり焼きたてのベーコンステーキ。
太いソーセージは、チョリソーと・・、ん?白いのは見たことがないなぁ。
看板にはシポラタとあります。
これは白秋のソーセージ屋さんフランクさんの商品だそうです。

では、ベーコンとシポラタを。
ベーコンは食べやすい大きさに包丁で切ってくれました。
爪楊枝で、ぱくっ、もぐもぐもぐ、う~ん、ジューシー!
塩気が効いていて、うめぇ~。
はぐはぐはぐ、じゅわっと脂が染み出してきます。
うますぎる、厚いベーコン最高っ!
続いて太くて白いソーセージ、シポラタをかぶり。
もぐもぐもぐ、つるんっと皮が弾けます。
ぷりっ、というより、つるんって感じです。
ハーブが所々に見え隠れしています。
そうそう、ハーブのセージって、ソーセージに使われているんですってね。
フランクフルトより太くて、食べごたえがあります。
買ってみて大正解です。

しょっぱい系を食べたら、次は甘いものです。
ケーブルカー乗り場の近くで「信玄ソフト」なるものを発見。
「信玄ソフト発祥の地」「お館様一大事でござる」なんてうたい文句に引かれて、買ってみました。
とんがったコーンではなく、幅が広くて高さがないコーンに、ソフトクリームがのっています。
で、信玄餅がトッピングされていて、信玄餅に必ずついている黒蜜がとろりとかけられています。
あははは、信玄ソフトだもんね、武田信玄じゃなくて、信玄餅の信玄です。
スプーンですくって、もぐもぐもぐ、黒蜜ってソフトクリームによく合いますね。
柔らかい信玄餅もぷにぷにしていて美味しいです。
池のデカい鯉を見ながら、ぺろり。

今まで道の駅南きよさとは夕方遅くなってからで、売店が閉店後、観光客もほとんどいない時間帯でしたが、休日の昼間はとっても賑わっていました。
確かに、小腹を満たすベーコンがあったり、この日みたいに暑い日にはソフトクリーム(しかもバニラじゃなくてご当地ぽいのがいい)鯉に餌をあげたり、リフトカーに乗ってみたり、と一日いても飽きないだろうなぁ、と思いました。

山梨県北杜市道の駅南きよさとHP→こちら

※ドライブメモ
2013年4月28日の情報です。
長野県南佐久郡南牧町野辺山駅→山梨県北杜市道の駅南きよさと

↓山があっても山梨県と親父ギャグを知っている方も
ベーコンはカリカリが好きな方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

山梨県北杜市にある「道の駅南きよさと」
以前から乗ってみたいと思っていたリフトカーを体験して来ました。

リフトカーは「鯉のぼり号」
往復で300円(3歳以下は無料)
午前10時から午後5時までの運行です。

まだ桜の咲く丘を一気に登っていきます。
角度はすきーのジャンプ台とほぼ同じなんだとか。
こんなに急な角度をジャンプの選手は滑っているんですね。

この日はGW前半ということもあり、沢山の鯉のぼりが泳いでいました。
遠くから見ると、めざしを干しているように見えるのは、海が近い糸魚川市民の目だからでしょうか^_^;

リフトカー内では、係員のおじちゃんがジョークを交えながら見える景色の説明をしてくれます。
山の名前、花の名前など、とっても分かりやすくて、いいサービスですね。
ちなみに行きと帰りでは、違う説明(ジョーク)なので、2回楽しむことができます。
ただ、狭い空間で、笑っていいのか、拍手していいのか、びみょ~に迷う雰囲気に包まれるのは間違いないです。
いや、面白いんだよ、笑いたいんだよ、でもね・・・、どこで突っ込めばいいのか、背中向けてると分からないだけで・・・(笑)

はい、数分で到着です。
頂上はお花畑と、芝生の広場、窯焼きのピザとソフトクリームなどの売店が並んでいます。
これからの時期、薔薇も咲いて、もっともっときれいな広場になるのでしょう。
松の間からは、まだ残雪が残る山々が青空にくっきり見えています。
説明されたのに、山の名前を覚えていない・・・反省・・・。

頂上の駅の上には「希望の鐘」が設置されていました。
しまった、ブログを書くのに写真を見なおしていて気づきましたが「5回鳴らしながら、あなたの希望を唱えてください。希望が叶うかもしれません」とありました。
私は3回しか鳴らしていません。
しかも希望を唱えてもいない、え~ん、せっかく階段登って鳴らしてきたのにぃ~。
まぁ、いいや、きっといいことはあるはずさ。
だって、こんなに天気がよくて気持ちがいいのだもん♪

てなわけで、帰りもリフトカーを使って麓まで帰ります。
リフトカーを使わなくても散策路があるらしいので、てくてく上り坂を歩けば頂上に行けるようでした。
往復で300円ならリフトカーがいいかな。

山梨県北杜市道の駅南きよさとHP→こちら

え?道の駅に寄ったのにグルメ情報がないのか?
もちろん、もぐもぐしてきましたよ。
グルメリポートは次回へ続く・・・。

※ドライブメモ
2013年4月28日の情報です。
長野県南佐久郡南牧町野辺山駅→山梨県北杜市道の駅南きよさと

↓清里と言ったら高原リゾートで牧場をイメージする方も
長野オリンピックのジャンプ競技は白馬村だったと覚えている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は静岡県伊東市にある道の駅伊東マリンタウンで買って来た、(株)いっしんさんのうり坊・ぐり坊・さざえ最中・胡麻最中です。
道の駅では和洲、本店は一進堂という店名になっているようです。

お土産用の箱詰めだけではなく、何種類かは、こうやってバラ売りをしていました。
だって、もぐもぐ日記を書く私にとって、このさざえとホタテの形をした最中、とっても気になったんだもん。
うりとぐりも食べてみたいじゃん。

てなわけで、手前の左のうり坊からいただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、ココアパウダーが振りかけられています。
小麦粉とかじゃなく、白あんを蒸したお菓子です。
真ん中には、外側よりさらにしっとりとした黄身餡が隠れていました。
パンフレットには「和風ティラミスともいえるお菓子」とあります。
ん~、確かに。

続いて、ぐり坊。
ぐり、とはグリーンティーのことかな?
と、再びパンフレットを読むと「伊豆以外では入手困難なお茶ぐり茶を使用」
ほほう、静岡はお茶どころ。
その中に「ぐり茶」なんてあるんですねぇ。
こっちも外側と真ん中の二重構造となっています。

そして、さざえ最中。
この形、ウケるわぁ。
とげとげも再現されている(笑)
ぱくっ、もぐもぐもぐ、粒あんですね。
それも粒々した粒あんじゃなくて、しっかり練ってあって、こしあんに近いです。
こしあんに皮が残っている感じですね。
ねっとりとした餡です。

最後はホタテの形の胡麻最中。
お~、白い皮に黒々とした胡麻で白黒はっきりしています。
胡麻のいい香りがして、とっても美味しいです。

4点とも、見た目のインパクトがあって、珍しいさ満点だと思います。
しかもお土産なのに、どこにもない味というのが気に入りました。
なんといってもバラ売りで味を確かめてから箱を買うってできるサービスもいいと思います。

↓ぐりとぐらの絵本が好きな方も
イノシシの子供はうりのような縞模様があるため、うり坊と呼ばれていると知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

高岡市は「万葉の里」
万葉集の代表的な歌人、大伴家持が国府として赴任中に沢山の和歌を詠んだ地で、秋には万葉集全20巻を歌い上げる「万葉集全20巻朗唱の会」が開催されるそうです。
なんでも会場は堀に作られた水上の特設ステージで、2000人が4,516首、三日三晩かかるんだとか。
越中で読まれた歌を中心に選ばれた百首は「越中万葉カルタ」となり、読み札と取り札にも絵が描かれていて高岡市民に親しまれていると聞いたことがあります。

道の駅外観も和風で、それっぽいですね。

では、中に入ってみましょう。
でっかいシュークリームとか、富山と言ったら鱒の寿司など、色んな商品が並んでいます。

隣のフードコーナーはどんなでしょうか。
おおっ、なんだか面白いメニューばかり。
「かまこんそふとくり~む」は昆布を使用したソフトクリームで、富山名物のかまぼこがトッピングされているんだって。
「あんころソフトクリーム」あんころ餅も名物だっけ?
いやいや、ソフトクリームは海王丸パークで食べたじゃないか。
ここは違うものを・・・、んんんっっ???
なんじゃ、この「高岡大仏コロッケ」って。
緑色のビックリおめめしたイラストが超ツボです。
※写真撮ってこなくてすみません、気になる方は高岡へ行ってみてください。

よし、この高岡大仏コロッケ200円と、富山湾の宝石と言われている白えびコロッケ150円を注文だ。
まさかの皿ですよ、皿。
大きすぎるので、紙に挟んでかぶりつくんじゃなくて、箸で食べるんです。
直径14センチとありましたが、インパクト大です。
比較の為に500円玉を置いてみました。
これで大きさが分かるかな?

大仏コロッケは、甘いです。
砂糖とかじゃなくて、じゃがいも自体に甘味があるんじゃないかしら。
ほくほくというより、よ~くすり潰されていて、どろっとしている感じです。
何もつけなくても、美味しいです。
揚げたて最高!

白えびコロッケは、かまぼこの中に白えびが入っている感じです。
白身魚の練り物に衣をつけた形です。
これもヒット!
何より地元のおばちゃんが元気でいい。
こんだけ種類があれば、GWとか夏休みとかは賑わうんだろうなぁ、と思います。
でもテーブルも沢山あって広いし、テレビもあるから、待たされてイライラもなさそうですね。

てなわけで、計画なしに出かけたわりには大満足の道の駅巡りでした。

道の駅 万葉の里
富山県高岡市蜂ヶ島131-1
国道8号線沿い、高岡インターすぐ
HP→こちら

※ドライブメモ
2013年3月20日
新湊大橋&海王丸パーク→道の駅氷見→道の駅能登食祭市場→道の駅万葉の里高岡

↓高岡大仏は奈良、鎌倉と並んで三大大仏と呼ばれていることを知っている方も
小野小町の「花の色はうつりにけりないたづらに」の下の句を言える方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

ドライブの楽しみは美味しいもの♪
どこでも食べられるもじゃなくて、その町の名物を食べたいですね。

てなわけで、七尾市にある道の駅「能登食祭市場」で昼食タイム。
正面玄関は工事中でした。

1階は鮮魚や蒲鉾、工芸品のお土産店が並び、浜焼きコーナーでは大きな牡蠣のセットが人気のようです。
2階のグルメ街は、能登牛のステーキを食べられるお店や、和食店、喫茶店、シーフードレストランなどが並んでいます。
とりあえず、ぐるりと一周回って、お腹の好き具合と財布と相談です。
どの店も外にメニューが出されていたり、食品サンプルが展示されていて、選びやすいのがいいですね。

能登なんだから魚が食べたいなぁ、ご飯ものがいいなぁ、というわけで「能登の味処漁師屋」へ。
海鮮丼はA、B、Cで、種類(数)と金額が違います。
この日の「まかない丼」は魚をコチジャンで和えたもの。
よし、これにするぞ。

店内は靴を脱いであがるスタイルで、掘りごたつ式のテーブルです。
黒を基調とした店内は半個室ぽくなっていて、落ち着くわぁ。

では、まず「まかない丼」980円。
錦糸卵の上に、赤く染まった生魚。
刻みネギがたっぷりのっています。
もぐもぐもぐ、私はこのくらい辛いのが好きです。
角切り胡瓜がアクセントになっていて、美味しいなぁ。
海老の頭とわかめが入った味噌汁と、ガリがついてきます。

家族が注文したのは「海鮮丼A」1180円
旨い魚を食べ慣れている糸魚川市民の私達でも文句なしの海鮮丼です。

外に出ると、すぐそこは七尾南湾。
地図で見たとおり、湾のカーブした地形が分かります。
海を眺める広場の岸壁にある、船を係留するときにロープを巻く杭。
思わず足をのせてポーズを決めたくなりました。
パイプをくわえて、青いストライプのシャツを着て、首に赤いスカーフってイメージ(笑)
海洋高校出身の家族いわく「ボラードかビットって呼ぶんじゃなかったっけな?」
そうなのか、そういう名前なのか。
海面をよ~く見ると小さな細い魚がちょろちょろ泳いでいます。
「サヨリじゃないのか」
ふ~ん、合ってるのか分からないけど、こういう時は数学や英語より海の知識があるのは役に立つわ。

さぁ~て、ここまで来たし、もう一軒道の駅に寄ってみることにします。
富山県&石川県ドライブは続く・・・。

道の駅 能登食祭市場
七尾市府中町員外13-1
国道249号線から「七尾駅前」の信号を海方向へ
HP→こちら

※ドライブメモ
2013年3月20日
新湊大橋&海王丸パーク→道の駅氷見→道の駅能登食祭市場

↓湾に浮かぶ能登島に行ったことがある方も
平成25年3月31日正午から能登有料道路、田鶴浜道路、川北大橋有料道路が無料になったと知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

2 / 3123

本日: 109人
合計: 377762人

カレンダー

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る