直江津の記事

今日は直江津互の市の帰りに、なおえつ茶屋さんの斜め向かいにある
(資)三野屋さんで買ってきたカスター大福です。

三野屋さんは看板商品の継続団子をはじめ、季節ごとに「いちじく餅」など珍しい和菓子が並ぶのです。
しかも「どれを食べてもハズレがない」
ん~、と見ていると
店員さんが「カスター大福美味しいですよ」と声をかけてくれたので決定です。
ドアに貼られた「カスター大福」と大きく書かれた紙も気になっていたのもあります。

では、いただきまぁ~す。
持った感じは、とても柔らかくて「ぽてん」としています。
半分に切ると、黄色いカスタードクリームが詰められています。
もぐもぐもぐ、このカスタード美味しいっ!
温かい鯛焼きか大判焼きの中に詰められているカスタードのように、
甘くてコクがあります。
冷たい状態なのに、こんなに美味しく感じられるなんて奇跡です。
もしかして、レンジでチンしたら、更に美味しいんじゃないかしら。
もぐもぐもぐ、よくフルーツ大福とかは中身の果物がメインで、
餅部分が薄っぺらく、皮の役目しかはたしていませんが、
このカスター大福は餅の部分がしっかりしています。
もぐもぐもぐ、餅米は国産と書いてあります。

ん?どこかで食べたことがある味に似ている・・・?
あっ!アイスの雪見大福に近い?
バニラ部分をカスタードにしたら、こんな感じ?
と言うことは凍らせても美味しいかも?
いやいや、うちの家族は4人なんで1人1個食べたらなくなるじゃん。
これは、また買って来て、チンと冷凍と試してみなくっちゃ。
やばいです、また直江津にハマりそうです。

(資)三野屋
上越市中央1-1-11
025-543-2538
直江津駅北口から徒歩1分。
直江津駅を背にして2つ目の信号の右手にあります

↓雪見大福は夏でも食べたい方も
鯛焼きは「あんこ」派の方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

12月11日(日)
糸魚川市は晴れ。
青い空が広がっていますが冷たい風が吹いています。
さて、昨日直江津で開催された「互の市冬の陣」に
サンタクロースで参加して来ましたのでリポートします。

「互の市」は通常、継続団子で有名な三野屋さんの隣の広場で
0と5のつく日に開催されていますが、冬の期間は例年休んでいたそうです。
そこで、近所にあるなおえつ茶屋のおかみさんが
「店内を解放するから続けましょうよ」と呼びかけ、冬の陣が実現したのです。
昨日は記念すべき1回目で、上越タイムスさんも取材に来られていました。
(もし紙面に写真が載っていて、サンタがいたら、それが私です)

私は外で「朝市」と書いた紙を持ち、道行く人にアピールする宣伝隊長に任命され、
サンタからのプレゼント(キャンディー)を配っていました。
車やバスの中から手を振ってくれた皆さん、ありがとうございます。
またイノヤさんの牛乳パンと甘食も
「知ってる、これ」「私は糸魚川の出身なんだよ、懐かしい」
「食べたら美味しかったから10個ちょうだい」と飛ぶように売れました。

店内では、新鮮野菜をはじめ、葉ボタンなどの鉢物、味噌や味噌漬けも並び、
信濃毎日新聞を読まれた長野県信濃町の方もハチミツなどを並べていました。
また、大人気の「お惣菜」も色んな種類があり、
電車の待ち時間を利用して朝ごはんをとる方もいました。
私も朝早く糸魚川を出たので小腹を満たすため、
上越名物の「する天」(一夜干しするめの天ぷら)とミートソースのスパゲティーをゲット。
お弁当がある日なら、この「お惣菜」を入れたいくらいです。
もぐもぐもぐ、ミートソースを食べ終わる頃に
「パンに挟むと美味しいんだよ」というお客さんが。
ガーン、早く言ってくれれば、持ち帰ってパンに挟んだのに・・・(T_T)
と、もう1パック買おうとしたら売り切れていました。がーん!

ちょうど夕飯はカレーにしようと考えていたので人参と玉ねぎを買って来ました。
ちなみに、このベータ―リッチという人参、ちょ〜、甘いんです。
生で試食させていただきましたが、人参臭さもなく、
かと言って、臭さをなくしすぎて味のない人参とは全く違い、とにかく美味しいんです。
ちょっとチンするだけで、さらに甘さが増すそうです。
カレーに入れるのはもったいないから、サラダで食べようかな、と思うくらいのうまさです。
その下に書いてあるパープルスティックも気になっていたのですが、やはり売り切れ。
また次回のお楽しみにします。

心配していた天気も、昨日は温かいくらいの陽気になり、沢山のお客様でにぎわいました。
また次回は15日に開催されます。

私と牛乳パン&甘食は毎回参加できませんが、土日ならば出来る限り参加したいと思います。

なおえつ茶屋
上越市中央1-5-2
0255395205
HPはこちら

↓子供の嫌いな野菜=人参のイメージがある方も
馬って本当に人参が一番好きなのかな?と疑問の方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

12月10日(土)
糸魚川市は晴れ。
澄んだ空気のなか、見える山並みはどこも真っ白です。

さて、今日は直江津の朝市「互の市」が冬の陣と称して「なおえつ茶屋さん」で開催される第一回目です。
糸魚川からはリーベルイノヤさんの牛乳パン甘食が参加します。
私はサンタクロースになって、クリスマス雑貨を並べていますよ。
もちろんサンタクロースなので、ちょっとしたプレゼントを用意しています。

冷えた体は、なおえつ茶屋さんの珈琲で温めて、
お腹が空いたらベニスさんで味噌カツを食べるのがおススメです。
最近、ちょっとずつ直江津にハマっているんです♪

直江津互の市冬の陣
場所 なおえつ茶屋
開催日 5と0がつく日(12月10日スタート。3月30日まで)
時間 7:00〜10:00
なおえつ茶屋は引き続き通常営業(カフェ)となります
※月曜日は定休日のため、互の市が終了次第閉店になります

なおえつ茶屋
上越市中央1-5-2

025-539-5205
HPは→こちら

↓互の市冬の陣が信濃毎日新聞に取り上げられたのを読んだ方も
直江津は長野県に向かう電車があると知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

直江津の三野屋さん隣で0と5のつく日に開催されている朝市「互の市」
寒くなってきたので、冬期間は「なおえつ茶屋」店頭に場所を移すそうです。

なおえつ茶屋さんの記念すべき第1回目は
糸魚川名物のリーベルイノヤさんの「牛乳パン」と「甘食」が参加です。
レトロなパッケージと、素朴な牛乳の味がするクリームを挟んだパンは
雑誌やテレビで何度も取り上げられている糸魚川のソウルフード。
このパンを食べたことがない糸魚川市民はいないんじゃないかというくらいのロングセラーです。
甘食も「懐かしい」「大好き」「最近見かけない」と、年配の方に大好評です。
限定30個ずつの販売になりますので、ぜひ互の市のおでかけください。
私もサンタクロースになって、盛り上げに行きますよ。 

直江津互の市冬の陣
場所 なおえつ茶屋
開催日 5と0がつく日(12月10日スタート。3月30日まで)
時間 7:00~10:00
なおえつ茶屋は引き続き通常営業(カフェ)となります
※月曜日は定休日のため、互の市が終了次第閉店になります

なおえつ茶屋
上越市中央1-5-2

025-539-5205
HPは→こちら

↓旅先で朝市に行ったことがある方も

早起きは三文の徳がありそう、と思う方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

林芙美子さんの「放浪記」に出てくる、上越市直江津の「継続団子」は
死ぬのがばからしくなった、と命をつなぎとめた直江津名物です。

舞台「放浪記」で主演した森光子さんの直筆で銘文が刻まれた記念碑が建立されることをお祝いし、
なおえつ茶屋のおかみさん、花柳紀寿郎さんが一人舞踊劇を
継続団子の三野屋さん前で披露するそうです。

林芙美子 放浪記
森光子さん直筆記念碑建立 記念パフォーマンス
日時 平成23年11月23日(祝) 午後1時より数分
会場 元祖継続だんご 三野屋前
出演 花柳紀寿郎
演目 一人舞踊劇 嘆き(放浪記より)~直江津継続だんごのシーン~
入場 無料
企画 なおえつ茶屋演劇部
協力 三野屋 上越商工会議所 なおえつ茶屋和の会
問合せ 025-539-5205

(資)三野屋
上越市中央1-1-11

025-543-2538
直江津駅北口から徒歩1分。
直江津駅を背にして2つ目の信号の右手にあります

なおえつ茶屋
上越市中央1-5-2

025-539-5205
HPは→こちら

↓森光子さんは何歳になっても若々しいと思う方も
継続団子の命名の由来を知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は、昨日に引き続き、結婚式の引菓子でいただいた
上越市直江津にある三野屋さんのガトーショコラです。

三野屋さんは継続団子やいちじく餅など和菓子のイメージが強いのですが、
ガトーショコラもあるんですね。

では、さっそく切り分けます。
引菓子って、結婚式に呼ばれなかった家族にも、
こうやって幸せのおすそ分けができるのがいいですよね。
私は個人的に引菓子は丸いバームクーヘンや、
丸い鯛の和菓子みたいに、切り分けるタイプの方が好きです。
個別包装は菓子皿に置いておきやすい利点もあるのですが、
包丁で「どれだけ食べる?」と聞きながらカットする時がワクワクするんです。
普段、バームクーヘンをホールで買う事も、
結婚式じゃないと、あんこの詰まった鯛や海老の和菓子を食べられないからかもしれません。

では、いただきまぁ~す。
ずっしりとして、ぎっちり詰まっている感じのケーキです。
もぐもぐもぐ、ケーキなのに、チョコレートを溶かしてほどよく固めたようなコクがあります。
4分の1に切りましたが、8分の1でも満足できるくらいの重量感です。
もぐもぐもぐ、いただいて嬉しい引菓子です。
電子レンジで少しチンしたら、チョコレートが溶けて更に美味しいかもしれません。

残りはラップをして、家族と食べることにします。

Kさん、Sさん、ごちそうさまでした。

(資)三野屋
上越市中央1-1-11
025-543-2538
直江津駅北口から徒歩1分。
直江津駅を背にして2つ目の信号の右手にあります

↓富山県では大きな蒲鉾が引き出物と知っている方も
カタログの葉書を出しそびれた経験がある方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は結婚式にいただいた
上越市の直江津にある三野屋さんの引菓子です。
そう、三野屋さんと言ったら、放浪記にも出ている「継続団子」が有名ですね。

新郎は糸魚川市、新婦が上越市だったので、
上越にある三野屋さんを引菓子として選んだのだと思います。
やはり引菓子は食べ慣れている地元の御菓子屋さんだと嬉しいものです。
正直、「どこで作っているの?」と思うようなところの引菓子って
「パサパサして美味しくない」「甘いだけ」と思うことが多いんですよねぇ。

神前式だったこともあり、引菓子も和風の箱に入っています。
引き出しの箱なんて、ちょっと凝っていますね。 

では、上の段の可愛い包の方を食べてみることにします。
ピンクの包は「八房の梅」と書いてありますが、
もう一個はなんだろ?
がさごそ開けてみます。
「八房の梅」は「梅の種にご注意ください」と書いてあるとおり、
真ん中に梅が入っていていました。
もう片方は栗が入った一口羊羹ですね。 

「八房の梅」を先にいただきまぁ~す。
もぐもぐもぐ、外は甘さ控えめの白あんです。
真ん中の梅は、シロップ漬けかな。
青梅の爽やかな酸味で、この味ってどこかで・・・、
あっ!梅酒を漬けて、ぷっくり汁を含んだ梅の味に似ています。
シワシワになった梅も好きですが、焼酎と氷砂糖の汁がパンパンに入った梅も好きなんですよね。
もぐもぐもぐ、これは美味しいぞ。
梅が好きな私には「よっしゃ!」と思える引菓子です。
「八房」とは、どう意味なのか、今度直江津に行ったら聞いてみることにします。
私は末広がりの「八」が縁起がいいので名付けたんじゃないかな、と思うんですけど・・・。

続いて、栗羊羹を、もぐもぐもぐ。
ほんの少し塩気を感じましたが、もぐもぐもぐしているうちに消えました。
ところどころら粒あんがアクセントのように入っています。
もぐもぐもぐ、やはり最初に口に入れた時は塩味で、
もぐもぐもぐしているうちに小豆の甘さになっていきます。
栗が立派で嬉しい大きさです。
もぐもぐもぐ、濃くて熱い日本茶をすすりながら
家族みんなで食べたい引菓子です。

Kさん、Sさん、ごちそうさまでした。

(資)三野屋
上越市中央1-1-11
025-543-2538
直江津駅北口から徒歩1分。
直江津駅を背にして2つ目の信号の右手にあります

↓最近、鯛や海老のあんこが入った生菓子を貰う事が少なくなったと思う方も
クッション材が多くて底上げみたいな引菓子はガッカリと思う方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

直江津徒歩3分のレストハウス、なおえつ茶屋さんで
震災復興祈願の「からむし茶屋」を開催します。

からむし?ってなんだろ?
芋虫みたいなのだったら嫌だなぁ、と調べてみると
【カラムシとはイラクサ科の多年生植物。
戦国時代の上杉謙信、直江兼続、上杉景勝の特産開発で広まった。】

あれ、もしかして、
糸魚川のブラック焼きそば、上越のホワイト焼きそば、妙高のレッド焼きそばの3色に続いて
上越グリーンが登場と聞いたことがあるけど、この「からむし」の色なのかしら?
ホワイトも食べてないのに、グリーンが気になる・・・。

からむし茶屋
11月4日()、5()
からむしカクテル
からむしパン
からむしづくしの2日間

場所 なおえつ茶屋
上越市中央1-5-2
0255395205
HPはこちら

↓焼きそばが変身戦隊ヒーローの色みたいと思う方も
ピンク焼きそばなら、何を入れるんだろ?と想像してしまった方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

10月28日(金)
糸魚川市は晴れ。
今日も一日いい天気になりそうですが、
夕方からグッと気温が下がる予報です。夜は上着が必要ですよ。

さて、最近ハマりだした直江津。
レストランベニスさんで味噌カツを食べたあとは、
なおえつ茶屋さんで珈琲タイムです。

店の外では懐かしい駄菓子が並び、
子供も、昔子供だった人も、小銭でたちまちハッピーになれます。

店内に入ると、珈琲のいい香りが。
文字通り「珈琲豆を炒った」匂いで包まれています。

なおえつ茶屋さんは、なんと言っても「おかみさん」が魅力的なんです。
この「おかみさん」に会うために、立ち寄っている人も多いんじゃないかなぁ。

「おかみさん」は日本舞踊、花柳流の名取でもあり、
花柳紀寿郎さんとして創作舞踊や、舞で表現する活動を積極的にされているんですって。
詳しくは→こちら

この日も、次から次へお客様が。
本を読んでのんびりする人、手帳を広げて何やら考え中の人、
邪魔されたくないタイミングを見ながら、おかみさんはグラスに水を注いで回っていました。
す、すごい、超能力者みたい。

そうそう、なんと嬉しい再会もあったんですよ。
アート商展街in直江の津で、可愛いスイーツデコを並べていた「月の庭」さんが
隣のテーブルにいたんです。
「オレンジの人ですよね」って、そうです、ハロウィン帽子かぶっていました。
「月の庭」さんの作品は、色合いといい、完成度といい、とってもキュート。
次回の作品展がとても楽しみな作家さんです。

なおえつ茶屋さんにいると
「いい人の周りには、いい人が自然と集まる」のが、手に取るように実感できます。
ALEXも、こんな風になりたいなぁ、と思う目標ですね。

肝心な珈琲の話がまだでした。
なおえつ茶屋さんの珈琲には駄菓子がつきます。
この日はチョコが入ったマシュマロ。
珈琲はブラックですが、砂糖とミルクの代わりに
「安心と安全と、おかみさんの愛」が入っています。
苦みのある珈琲と、おかみさん、訪ねていく価値あり、ですよ。

なおえつ茶屋
上越市中央1-5-2
025-539-5205
営業時間 AM10時〜PM10時(日曜PM5時)
なおえつ茶屋HPは→こちら

↓おかみさん時間ですよ、と言いたくなる方も
駄菓子屋さんが近所にあった方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

昨日は定休日だったので、ぷらぷら直江津に行ってみました。

毎年秋に開催されている「アート商展街in直江の津」で、
いつも「入ってみたい」「食べてみたい」と思っていた、
レストランベニスさんを目指します。

中心市街地活性化員のT子さんと、なおえつ茶屋さんで待ち合わせをして、
数件隣のレストランベニスさんへ。
茶屋のsecoさんは「ナポリタンとかスパゲッティ」
T子さんは「味噌カツが有名」
ほほう、わくわくわく、
オススメが沢山ある店ってハズレがないと私は思っています。

レストランベニスさんは、海産物を扱う佐藤商店さんの二階にあります。
(あちゃ、写真がブレまくりです、反省・・・)

ちょっと急な階段をあがると、
正面にはBSNが取材に来た時の写真とサイン色紙が飾られていました。
自動ドアが開くと懐かしい感じの喫茶店という感じです。

あれ、階段をのぼると左手側にドアがあるところといい、
糸魚川にあった「しまみち」さんを思い出します。
落ち着いたダークな色合いといい、よみがえる遠い記憶・・・。

お昼になったばかりなので、店内は常連客と思われる男性か一人。

せっかくなので、景色のいい窓際の席に座りました。
木枠の出窓には、秋色の木と葉がセンスよく飾られていました。
素敵っ!
この、いかにも「洋食屋さんぽい」ソーススタンドと、いい味を出しています。
落ち着くわぁ~。

さてさて、何にしようかな。
喫茶店かな?と思ったらデザート系はなくて、
メニュー表を見ると、やはり洋食屋さんですね。

ん~、悩みます。
だって、どれも1000円でお釣がくる価格設定で
「安いのにしておこう」という選択肢がないんですよ。
どれも美味しそうで、しかも財布に優しいなんて、すっごく迷います。
 
と、メニュー表の一番最初にある「味噌カツ」にします。
T子さんはAランチです。

とってもいい香りがする熱いおしぼりは、ふかふかです。
白以外のおしぼりって久しぶりに見た気がします。

待つこと数分、やってきました、
これがレストランベニス名物「味噌カツ」だっ!
黒に近いこげ茶の味噌ソースが、たっぷりかかっています。 

では、いただきまぁ~す。
さくさくとした衣に、ほどよく残した脂身がある豚肉です。
もぐもぐもぐ、美味しいっっっ。
ちょっと甘めの味噌で、しっかり裏ごしされているのか
ソースのような滑らかさです。
もぐもぐもぐ、しかも7切れもあるんですよ。
私が数え間違えていなければ、7切れ、ラッキーセブン。
がっつり食べたい人にも嬉しいボリュームです。
もぐもぐもぐ、これに御飯と味噌汁、漬物(この日は胡瓜と大根)がついていました。
直江津に来て良かった、と感動する美味しさです。

T子さんのAランチは、
海老フライ2匹とハンバーグ。
ライスとキャベツの千切りがのったワンプレートです。
海老とハンバーグを愛する私としては「次回は絶対にAランチ」と心に決めるセットです。

満足×満足、地元の方に長く愛されているレストランというのが
本当によく分かるお店でした。

レストラン ベニス
上越市中央1-5-4
025-543-1376
直江津駅北口を降りて徒歩3分
駅を背にして左手側
海産物の佐藤商店さんの二階

中心市街地活性員のT子さんのブログ「だから、直江津が好き!」→こちら
なおえつ茶屋HP→こちら

※駐車場はコインパーキングが近くにあります。
30分100円(最大500円)
詳しくは→こちら

なおえつ茶屋さんの珈琲の話は明日へ続く・・・。 

↓ベニスといえばイタリアを想像する方も
ナポリタンが青春の味という方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

4 / 512345

本日: 151人
合計: 377672人

カレンダー

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る