ラーメンの記事

ラーメンが食べたい。
たまには、ちょっと足を延ばして、富山県を開拓してみよう、と国道8号線を富山県へ。

このあたりにあるラーメン屋が気になっているんだけど・・・、真っ暗。
ダメだこりゃ、次行ってみよー(ドリフターズのいかりや長介さんの気持ち。あぁ、年がバレる)
その次も・・・、電気がついてない。
お盆シーズンでスープがなくなったんじゃない?
回転寿司は開いてたけど、ラーメン食べに来たんだもん。 と、黒部まで来てしまった時に、電気のついてて、車が沢山停まっているラーメン屋を発見。

外に写真つきで大きなメニューが出ていました。
私が選ぶ基準は、チャーシューはとろりん系ぽいか。
アゴ(トビウオ)とか、魚粉とか、煮干しとかの出汁は得意じゃないので、そこをアピールしてあるのは候補から外して、です。
ばぁちゃんが作った味噌汁が煮干しだったからか、味覚と視覚はラーメンなのに脳みそが味噌汁を思い出して混乱するから、なんですよね。

おっ、富山と言ったらブラックラーメン(790円) 発見。
ご当地ラーメンとして有名です。
家族は、ちゅーしゅー中華そば(900円)
餃子は5個で300円です。
入口の券売機でチケットを買って、大盛り1.5玉、特盛2玉を希望する人は、下に置いてあるプラステックのタグを一緒に出します。
この大盛り、特盛は無料サービスという太っ腹。
中華そばを大盛りにしてもらいました。

店の中央はコの字のカウンター席。
壁際に4人掛けのテーブル席が4つ。
夜の9時頃と遅い時間でも、席はほぼ埋まっています。

週刊誌をパラパラめくっていると、運ばれて来ました。
富山ブラックラーメンは、もっと真っ黒なのかな、と思っていましたが、茶色に近いです。
スープをごくり。 新潟の背脂ちゃっちゃっのように、脂の塊が浮いていませんが、同じくらいこってりです。 黒胡椒がパンチをきかせています。
麺はきしめんを細くしたような平麺ストレートです。
ずるずるずる、しっかりした弾力のある麺です。
トッピングはメンマ、チャーシュー、刻みねぎ、なると、茹で卵、もやし。
チャーシューは私好みの、脂身とろりんです。
ずるずるずる、スープをごくり。
刻んだニンニクがスープにかなり入っているんだなぁ。
麺の量は少なめだけど、こってりしているから、私はちょうどいい量です。

ちゃーしゅー中華そばは、魚介系の味。
細いストレート麺で、ブラックラーメンと麺が全然違います。
こちらは大盛りにして、ちょうどいい量だと思いました。

餃子用のタレはテーブルに用意されていて、辛くて濃厚でした。

ポイントカードを見たら入善にあった中華麺飯店ワンフーとグループ店のようです。
滑川、呉羽にもあって、麺家なるとは掛尾にもあります。
もう一軒、富山市にも系列店があるそうです。

ポイントカードは500円ごとに1ポイント。
20ポイントで500円の割引券として使えます。

麺家なると 黒部店
富山県黒部市荻原7175-3
0765-32-5559

※グルメメモ
2016年8月17日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

暑くて、そうめん茹でるのも嫌、と夕飯は外食にしよう、と南押上にある、かんざんさんへ行って来ました。

こんなに暑いのに、熱いラーメンを食べる矛盾(笑)
いやいや、クーラー効いてるし。

「かんざんは味噌バターラーメンが美味しいよ」
という友達から情報を仕入れていたので、今回は迷わず味噌バターラーメンを注文です。

新聞をめくりながら、水を飲んでいると、運ばれて来ました。
まずは、バターの影響がないあたりのスープをごくり。
味噌汁とは違う飲みやすいスープです。
ちょっとバターが溶けかかっているところを、ごくり。
あっ、こっちの方が好きだな、私。
でも、一気にバターを溶かさないわよ。

中太のストレート麺を、ずるずるずる。
味噌ラーメンって、味噌の味がダイレクトに伝わってくる濃さのところが多いのですが、ここの味噌はアッサリ系です。
そこにバターが加わると、ちょっとだけ、こってりして、美味しいです。

友達がハマっているという通り、私も次に来たらまた注文しちゃうそうだなぁ。

かんざん
糸魚川市南押上3-1-32
025-552-5321
営業時間 AM11:00~PM2:00、PM5:30~PM10:00
定休日 月曜日

※グルメメモ
2016年7月27日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

十日町の友達が「十日町ってファミレス少ないんだよ」と言いながらも教えてくれたのが、ショッピングセンターにある花&レストランらぽーとランド。

イオンを中心として、電気屋、本屋など大型店が集まっている一角にあります。
入口には食品サンプルが並ぶショーケースが。
でも、なぜか花屋さんにしか見えないんだけど・・・。
おっ、入っていくと、奥にレストランの入り口があるではないか。
なんかもこういう造り、わくわくする。

店内は想像以上の広さで、テーブルレイアウトといい、照明の感じといいファミレスぽい(ファミレスだから当たり前か)
サラダバーカウンターがあったので、時間帯かメニューによってはサラダバーがあるようですね。

何にしようかな。
メニューはご飯ものから、洋食の定番もの、ラーメン、けっこうなんでもあります。
なんとなく、野菜が食べたかったので、らぽーとメン(700円)を注文です。
だって、店名をつけているということは、自信の一品ということだし、イチオシメニューって赤字で書いてあったんだもん。
ん?
らぽーと?
どっかで、聞いたことがある、どこだっけなぁ?
水を飲みながら、しばらく記憶を引き出していると、思い出しました。
商店街にある、JAの式場が、ラポートだった!
どうやら、ここも、同じ系列のようです。
JAがファミレスも経営している、って、すごいな。

メニューを見返していると、カロリーや塩分表示が。
あ~、見なかったことにしよう・・・。

そうこうしているうちにラーメンが運ばれて来ました。
とろみのついた、旨煮麺という感じです。
スープをごくり、ふぅ、なんだか、気取っていなくて、安心する味です。
中太麺を、ずるずるずる、このとろみがあるから、冷めなくていい。
野菜が多いのか、麺が多いのか、けっこうボリュームがある一杯という印象でした。

※グルメメモ
2016年6月5日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

胎内市に行く用事があり、お昼は、きのと観光物産館どっこん水の里で食べることに。

乙と書いて「きのと」と読む地区で、日本海東北自動車道の荒川胎内インターから3分くらいのところです。

窓際は小上がり席になっていて、広いテーブルだから6人くらい座れるんじゃないかな。
カーブを描いた建物なので、食事処も丸くて、大きな窓が気持ちいいです。
テーブル席も沢山あり、1人でも入りやすい雰囲気です。

さてさて、なんにしよう。
土曜日でしたが、お得な「日替わり」があって、この日はラーメンとミニ炒飯。
ラーメンは醤油か塩。
さらに「米粉使用」とあります。
そういえば、国際ご当地グランプリに胎内市からの出店は米粉を使ったものが多かった。
真ん丸の鯛焼き、クレープも美味しかったもん。
一緒にいた胎内市の方に聞いたら「胎内市は米粉発祥地の地と言われている」んですって。
ほほう、そりゃ~、米粉ラーメンを食べなきゃ。
塩を選んで、水をぐいっと飲んで、胎内市と糸魚川市がどんだけ離れているか、などを語っていると運ばれて来ました。

スープをごくり、あっさりとしています。
わかめ、チャーシュー、ネギですね。
麺をずるずるずる、米粉を使っているからか、細いけど弾力があります。
チャーシューは、ほどよい脂身で私の好み。
ずるずるずる、背油系とか、創作系ラーメンも好きだけど、こういう基本のラーメンって、疲れている時でも、するすると食べれていいですよね。

炒飯がついて700円とは良心的。
地域の人に愛されているという感じの味でした。

きのと観光物産館どっこん水の里
胎内市乙1525
0254-46-3100
営業時間10:00~21:00
定休日 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日、12月30日・31日)
たいないトコトコガイド→こちら

※グルメメモ
2016年2月27日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

上越市の大潟区にある鵜の浜温泉に向かう途中。
お昼をどこかで食べたいなぁ、と目についたお店が食呑屋二代目きょう楽さん。

外見はカフェぽいお洒落な感じ。
車を停めると、ガラス越しに女性のグループが何組がいるのが見えます。
ふむふむ、女性がこんだけ入っているお店なら間違いないだろう、と判断して、いざ入店。

ドアを開けると、内ドアまでのアプローチに、ランチメニューがあったのでチェック。
さっぱり黒酢で酢豚+和風しゅうまい、サラダ、小鉢、ご飯、味噌汁。
平日土曜日限定で980円。
よし、これだ。
と決めて、席につくと、愛想のいい女性の店員さんが「ごめんなさい、酢豚と海鮮丼が売り切れていまして」
あああああ、13時過ぎてるもんね。

メニューを広げて、悩む、悩む・・・。
ご飯もの食べたいし、ラーメンも美味しそう。
てなわけで半ラーメンとミニ丼セット780円にしました。
丼は、ネギトロ、しらすいくら、温玉鶏そぼろ、鶏から和風だし、牛すじ煮込みから選べたので、鶏からをチョイス。

はぁ、お腹空いた、と水をぐいぐい飲んで落ち着いたところで、店内を観察です。
グルメリポーターとしては、初めてのお店は興味深々です。

ドアを入って右手側はテーブル席。
3人ずつくらい座れるベンチソファタイプが3つ。
国道を横目にして大きなガラスなので、晴れていたら、明るくて気分がいいだろうなぁ。
私が座ったのは、一番奥の4人掛けで、ベンチソファーと椅子が2つの4人掛け。
確か、反対側にもう1つ、4人掛けのテーブルがあって、厨房に向かってのカウンター席がありました。
左手は座敷席で、トイレは男女別に1つずつでしたね。

カウンターの上のメニューボードを見ると、夜は居酒屋になるようです。
くびき牛と海鮮が看板メニューなんだなぁ。

と、お盆にのって、ラーメンとミニ丼が登場です。
唐揚げは、半分に切ってあって、女子が食べやすいサイズになっている心配り。
え?切ってなくても一口で食べられるんだろ?
一応、女子ってことにしておいてくださいよ。

まずはラーメンのスープをごくり。
あ~、やさしい系。
こてこて、辛い、酸っぱい、いろんなラーメンがありますが、基本の醤油ラーメンってホッとするわ。
中太麺をずるずるずる、はぁ、美味しい。
チャーシューは箸で切れるくらい柔らかくて、私のストライクゾーンど真ん中です。

食べ終わった頃に、店員さんが「珈琲がセルフでサービスですので」と教えてくれました。
自分で、珈琲豆をスプーン1杯投入して、スイッチを押すと、香りが広がって幸せ。

ふらっと、入ったけど、大ヒットでした。
女性客が多いのも納得ですね。

食呑屋二代目きょう楽
上越市西ヶ窪浜411-12
025-520-7557
昼11:00~14:30(ラストオーダー14:00)
夜17:30~23:00(フードラストオーダー22:00、ドリンク22:30)
日曜日 17:00~22:30(フードラストオーダー21:30、ドリンク22:30)
定休日 月曜日
※祝日の場合は翌日になる場合があります
国道8号線を糸魚川から柿崎方向へ向かい「夷浜」の信号を過ぎて、しばらく行って左手

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

家族が飲み会だったので、迎えついでに、徳菜光さんでラーメンを食べて来ました。

飲んだ後に食べるラーメンって美味しいですよね。
徳菜光さんは飲んでなくても美味しい。
月徳飯店さんとグループだから、というのもあるかもしれません。
でも、月徳飯店さんのラーメンとは、違うんですよ。

麵はストレートの中太。
もっちりした歯ごたえで、つるつるとしています。
スープをごくり、魚介系かな。
煮干しじゃなくて、トビウオかな???
ただの醤油ラーメンじゃありません。
なんだろ、重くないけど、軽すぎない、そんな感じです。
チャーシューは脂身がほどよく入っていて、私好みです。
めんま、長ネギ、板海苔とシンプルだけど、飽きのこない1杯ですね。

おまけ
チーズが入ったオムレツみたいな、とんぺい焼き&お通し

だいにんぐばー徳菜光
新潟県糸魚川市大町1-7-11(ヒスイ王国館1F)
025-552-3751
11:00~15:00(14:30ラストオーダー)
17:00~23:00(22:30 ラストオーダー)
年中無休(臨時休業あり)

月徳飯店グループHP→こちら

※グルメメモ
2015年7月16日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

大野のらーめん龍喜さんに行って来ました。

メニュー新しくなった気がするけど、気のせいかな。
と思いつつ、一枚ものの新メニューや夏メニューを見ていると、なんとそこには「スーラーメン」の文字が。
漢字で書くと酸辣湯麺だったかな。
携帯でメモったはずが、保存できてなかった(泣)

月徳飯店さんにもあるスーラーメン。
酸っぱくて、辛くて、くせになる味なんです。
梅雨でむしむし暑いけど、ここは逆に汗かいてしまおう、と注文することに。

冷たい水をゴクゴク飲んで、新聞でも読もうかな、と一面に目を通しているうちに、運ばれて来ました。
野菜が多くて、塩ベース。
タンメンに酸味とラー油を加えた感じといえば伝わるかしら。

スープをごくり、酸っぱい。
私は酸っぱいものが大好きです。
糸魚川弁だと「すいのに、がいなんだわね」
(糸魚川では酸っぱいを「すい」といいます。
イタドリに似ていて、田んぼのあぜ道などによくある赤い花を咲かせるスイバ(酸葉)のことは「すいこんべ」と呼びます。
がい、は丈夫、強いということ)
ラー油のところを飲むと、辛い。
酸味と辛さで、けほっ、となりそうです。

中太のちぢれ麺を、ずるずるずる。
とろみのあるスープで、しっかり麺にスープがついてきます。
野菜が多くて、溶き卵がふわっとしていて、とっても美味しいです。
何と言っても、この酸味と辛味のハーモニー。
くせになるわぁ。
狙い通り、汗が噴き出してきました。
早食いの私でも、ふーふー冷ましながら、スープを味わいながら、なので、ゆっくり食べられました。

全部飲み干すことを「全スー」と言うらしいのですが、さすがに、お腹いっぱい。
ふぅ~、いい汗かいたぜ。

ーめん龍喜
糸魚川市大野1196
025-553-2626
営業時間11:00~21:00
国道148号線沿い、糸魚川インターより長野県方向へ5分ほど。

※グルメメモ 2015年6月21日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

糸魚川駅前、ってアルプス口(南口)ができたので、どっちか書かないと迷いますよね。
日本海口(北口、商店街がある従来の方)近くにある麺家なりたさんに行って来ました。

壁一面に貼られたメニュー。
どれにしようか迷いますが、心はブレません。
糸魚川ではここにしかない(と思う・・・)焼きそばラーメン!(820円)
初めて見た時は
え? 焼きそば? ラーメン??
と驚きましたが、注文したら、ありゃ、イケる。
しかも、しばらくするとまた食べたくなるくらいハマる。

さぁ、すんごい久しぶりにいただきまぁ~す。
焼きそばなので、麺に味がしっかりついています。
ずるずるずる、匂いも味も焼きそばなんですが、ラーメンなんです。
紅生姜も、トッピングされているでしょ?
家で作る焼きそばではなく、屋台で食べる焼きそばでもなく、ラーメン屋や定食屋さんで食べる焼きそばの味なんです。
それがラーメンスープにダイブしていると想像してください。

友達は辛味噌ネギラーメンにしました。
口の中がピリピリ、ヒーヒーくる辛さじゃなくて、コク辛というか、喉を通り過ぎてお腹がポッとくる感じです。

どらちも具が多くて、麺も多め(なんじゃないかしら)
お腹いっぱいになるラーメンでした。

※グルメメモ
2015年6月6日の情報です

麺家なりた
糸魚川市大町1-4-25
025-553-0130
営業時間 11:30~14:00
18:30~深夜1:00
定休日 月曜日
糸魚川駅からアーケードを徒歩1分
(駅を背にして左手側)

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

笹倉温泉龍雲荘に行って来たのでリポートします。

まずは腹ごしらえ。
日帰り温泉の玄関の隣にある、めん処一休さんでラーメンです。
券売機でチケットを買ってカウンターで出すスタイルです。

野菜を積極的にとろうと、タンメンにしました。
雨の平日、13時を過ぎていたので、そんなに待たずに「熱いので気をつけて」とラーメンがカウンターに置かれました。

まずは、澄んだスープをごくり。
言われた通り、熱いです。
塩ベースだけど、薄味ですね。
細いちぢれ麺を、ずるずるずる。
私の記憶が確かなら、麺は温泉で茹でてるそうです。

2枚あるチャーシューはとろりん系。
箸で持ち上げと、脂のところで、簡単に崩れるくらいです。

全体的に、とろんとした優しい感じのラーメンです。

浴室は3つ。
全てにシャンプー、リンス、ボディーソープ、ドライヤー、化粧水が用意されています。
千寿荘展望風呂は、浅い部分があり温泉の注ぎ口から離れると温度が下がるので、小さいお子さんはこちらが入りやすいと思います。
外には、1人で入れる壺湯があります。

めん処一休近くにある千手の湯は源泉かけ流し。
湯船は小さいですが、温度が高くて、湯の花が浮いています。

龍雲の湯は大浴場で岩の露天風呂があります。
洗い場の一部は畳敷きになっています。

笹倉温泉はナトリウム炭酸水素塩泉。
匂いがなく、透明で、少しとろんとした柔らかいお湯です。
つかった瞬間に、肌がつるつるするのが分かるくらい、美人の湯として有名。
あせもや、肌あれによく効くと評判で、温泉でご飯を炊くと黄色くなるのが特徴です。
ちなみにGWの日帰り入浴は5月2日~5日まで受付は2時終了となります。

笹倉温泉龍雲荘
糸魚川市大平5804
025-559-2211
HPは→こちら

 めん処一休
 11:30~14:00 、 17:00~20:00 (月~木曜日は昼のみ)

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

糸魚川から国道148号線を白馬方向へ向かう時に、そろそろ休憩というあたりにある道の駅小谷。

軽食コーナー、お土産コーナー、食事処、そして日帰り温泉施設もある人気の休憩スポットです。
糸魚川と白馬の中間にあり、糸魚川からも白馬からも、食事やトイレを使えるところから、それなりの距離もあるので、かなり重宝されています。

この時期は、スキー帰りのお客さんも多いようです。

食事処はオープン当初のもとから、リニューアルされて、渋いこげ茶色で落ち着いたライティング、半セルフになりました。
1人でも入りやすいカウンター席、古民家を使っているのか、味のある柱があり、広いけど、ところどころ区切られているので落ち着きます。

外にもメニューとサンプルが並んでいるので、悩んでから入れるのはいいサービスだと思います。
もちろんテーブルにもありますよ。
入ると、レジがあり(そこにも写真つきでメニューが紹介されています)先に注文、支払。
呼び出しベルを渡されます。

熱いお茶、冷たいお茶、水はセルフサービスで、野沢菜とキャベツの漬物も「ご自由に」状態です。
お茶お代わり欲しいって時に、店員さんを呼ばなくていいから、私はセルフが好きです。

一品料理もかなりあり、大根サラダ(180円)とサンマの甘辛煮(160円)を注文。
漬物とお茶と一緒に、つまんでいると、ブザーが鳴りました。

私は塩ラーメンとミニ豚すき丼セット(1000円)です。
ミニ丼は天丼と撰べました。
スープをごくり、澄んでいて、優しい塩味です。
花かつおが沢山のってあたりを飲むと、鰹風味になり、梅干しを崩すとちょっと酸っぱくて、1杯で味が変化してきます。
肉厚の梅干し、メンマ、刻んだ青ネギ、チャーシューは嬉しい2枚、温泉卵と板海苔と、トッピングがオールスター状態です。
ずるずるずる、ストレートの麺は、中太(普通の太さ)です。
むぎゅ、とした歯ごたえです。
ずるずるずる、あっさりしているから、食べやすいです。
チャーシューは、ほどよく脂身がマーブル状態。
端っこだけ脂身とかじゃないって表現で分かるかな?

ミニ豚すき丼は、糸こんにゃく、えのき、玉ねぎと具だくさん。
玉ねぎがしっかり色づいています。
こっちの豚肉も、脂身多め。
ご飯にも汁が染み込んでいて、美味しいです。

家族が注文した日替わりかまど飯定食(1050円)
この日は刺身でした。
ホタテ、甘エビ、ふくらぎ、イカ。
日本海から来たのかなぁ、なんて。
冷奴にのっているのは、なんだろ、蕗味噌じゃないし、ちょっと変わった味。
ああ、これ何て言うんだっけ?思い出せない・・・。
小鉢の煮物も、おふくろの味ぽくて良かったですよ。
ご飯は、カウンターに並んでいたかまどで炊いているようで、つやつやでした。

ちなみに、食事処のレシートを見せると温泉入浴が半額になります。

道の駅小谷HP→こちら

※グルメメモ
2015年2月11日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

3 / 512345

本日: 114人
合計: 369596人

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る