ラーメンの記事

地元の美味しいお店は地元民に連れて行ってもらうシリーズ。

小千谷市は行列ができるラーメン屋が多いと聞いて、ラーメン屋をリクエスト。
小千谷市は十日町から長岡に抜ける国道117号線が通っているので、国道沿いにはファーストフードやチェーン店、家電やスーパーなど大型店が並んでいます。

ここはどう?と言っていた店は店の外で大行列。
並ぶのは得意じゃないと意見が一致して、次のお店へ。

さすが地元民。
ここが混んでたら、あっち、と近くで違う店をすぐに思いつけます。
てなわけで、越後秘蔵麺無尽蔵へ。
2組ほど待っていましたが、友達が「回転が速いから大丈夫」と即座に判断。
順番待ちの紙に名前を書いて、待っている間に壁に貼られたメニューを見ます。
こうやって写真つきだと分かりやすくて親切です。
いつもは、こってり系を食べるのですが、この日はあっさり鶏塩に心を惹かれます。
醤油にするか迷っているうちに「一番奥へどうぞ」と通されました。

テーブルで再度、メニューを広げます。
友達が「チャーシューじゃなくていいの?」
「私はいつもこれ食べるのよ」
そう言われると、迷うじゃ~ん。
でも、ここは初志貫徹。
鶏がら塩ラーメン(660円税別)にしました。
細麺と太麺が選べるというので、細麺で。

水飲んで、世間話を始めていると、運ばれて来ました。
早いっ!
トッピングは板海苔、チャーシュー2枚、めんま、長ネギ(青ネギ)、煮玉子です。
スープをごくり、うん、あっさりしているけど、コクがあって美味しい。
麺をずるずるずる、すごくツルツルした感じの麺です。
胃の中にするするっと入っていきます。
煮玉子のとろりんと、味付けが私にはドストライクです。

昼にラーメンを食べると、夕飯の時間を過ぎても、まだ満腹、というのがなくて良かったです。

越後秘蔵麺無尽蔵
HP→こちら

※グルメメモ
2018年5月13日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

三条で用事があり、ご飯どこにしようかなぁ。

三条燕インターを降りたあたりは大型店やチェーン店も多く、なんでもありそうだけど、なんとなく肌寒いからラーメンが食べたい。
三条はカレーラーメン、燕は背油ラーメンが有名だけと、ナビなし車でガラケー愛用の私には、まったく見当がつかない。
そうだ、大きいイオンがあるから、飲食店が入っているはず。

食べ物に関しては脳内ナビが働くおかげで、なんとか駐車場にたどり着けました。
食料品売り場、洋服、靴、なんかいろいろあるけど、私は探しているのは飲食店!
キャンペーン中で声をかけられても、ごめんなさい、と突き進み、見つけました、ラーメン屋。

夕飯には早い時間でしたが、何組が先客がいました。
うんとぉ~、そうだなぁ。
始めての店なので、何を食べるか迷いましたが、ポスターでどんっと貼ってあるのはオススメに違いない。
車で暖房をつけていたけど、体の芯が温まってない感覚があったので、あったまりそうな「新潟からし味噌らーめん」(750円税別)にしました。
だって、不動の人気!ってメニューにも書いてあるんだもん。

ラーメンが出てくる間に、メモった内容は
15種類以上のスパイスを使ったからし味噌のWテイスト、なんだそうです。

そうこうしている間にラーメンが運ばれて来ました。
赤いから味噌は真ん中より、やや上に鎮座していて、好みで溶かしながら食べるスタイル。
チャーシュー、メンマ、ナルト、緑色は青のり???
まずは、溶かさないでスープをごくり。
見た目は、こってりしているようなスープですが、こてこてしないなくて、案外あっさりイケる。
麺は中太のストレート。
ずるずるずる、もちもちした食感です。
こだわりの自家製麺だそうです。

から味噌を溶かすと、スープが引き締まる方向へ変化します。
唐辛子のストレートな辛さじゃなくて、ちょっとニンニクが効いているのかな。
額から汗がじわりじわりしてくるのが分ります。

ラーメン全体としては、麺の量は少なめですが、ほどよいこってりで満腹感がありました。

ちゃーしゅうや武蔵イオン県央店
燕市井土巻3-65 イオン県央店1階
0256-47-1991
HP→こちら

※グルメメモ
2018年4月7日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

新潟駅に行くたびに「行列が出来てるなぁ」と気になっていたラーメン店。
夕飯には少し早かったけど、待っているのは部活帰りらしき男子高校生の集団のみ。
よし、食べてみよう、と麺屋しゃがらさんへ。

券売機で買ってから、順番を待つスタイルで、時々店員さんが外に来ては人数確認したり、先に注文をメモして行きます。

なんにしようかな、迷った時はチャーシューです。
基本的に醤油が好きなのと、醤油ラーメンだと物足りない時でもチャーシューがあればたいていお腹いっぱい。

チャーシュー麺は880円。
あっ、財布の中小銭が、微妙に足りません。
こんな時に限って1000円札もないとは。
後ろに並んだ、お兄さんに「お先にどうぞ」と順番を譲りましたが、そのお兄さんも5000円札が使えなくて困っています。
券売機の隣に両替機ありましたが、故障中だったので店員さんに両替をお願いしました。
ドラマなら、ここで次回予告になるくらいですが、残念ながら、私はすぐにカウンター席へ案内され、お兄さんがどこに座ったかさえ見えない場所。
人生、そんなに甘くないですねぇ(笑)

水はコップじゃなくて、タンブラーに入っていました。
ぐいっと飲み干して、手際よくラーメンが作られていくのを眺めます。

暗号のようなオーダーの声を聴きながら、待っていると、そんなに待たずに私のチャーシューメンが運ばれて来ました。
わぁお、美味しそう。
まずはスープをごくり。
背油が浮いていますが、こってり大きいのではなく、細かくて飲みやすいです。
麺は、ちょい太めで、自家製麺だとか。
ずるずるずる、おおっ、すげぇ、もっちもっち。
元気のいい麺という印象で驚きました。

チャーシューは丼ぶりからはみ出しています。
しかも6枚もあり、厚みもなかなかです。
ぱくっ、うん、私が好きなとろりん系。
トッピングはもやし、なると、板海苔とシンブルさがいいです。
ずるずるずる、こってりだけど、重くなくていいです。

背油系を食べると、年齢的に胃がもたれて仕方ないのですが、ここのは食った、食ったという満足感のところで止まって良かったです。

麺屋しゃがら
HP→こちら

※グルメメモ
2018年3月3日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

山形県酒田市にいる友達と、数年ぶりの再会で、お昼はどこさ行こうかね、と立ち寄ったのが山居倉庫。
農業の倉庫として、今でも12棟が残り、ドラマおしんの撮影地のひとつです。
そのうち道路側に近いところが改装されて、お土産や歴史資料館として観光拠点となっていました。
雪の中、規則正しく連なる屋根が美しいですね。

そうそう、庄内弁は語尾に「さ~」がよくつきます。
「大雪で、仕事さ行けねんども」とか、ほとんど通じるけど、新潟県とは全然言葉が違って面白いです。

酒田市はラーメンが有名で、20年ほど前に初めて行った時に食べたのが「ざるラーメン」
え? ざる蕎麦じゃなくて???
「そうさ~、ざるの上にラーメンがのっているんさ~」
と注文したのが、今でいう「つけ麺」
糸魚川では見たことがなかったけど、酒田市民は当たり前のようでした。

そんなんで、酒田はラーメンというイメージが強く、ラーメンを食べることに。
隣の蔵との間から自然光が入る窓際のテーブル席につきました。
ラーメンは750円。
ホットコーヒーがサービスだったので、珈琲を飲みながら待つこと数分。
座敷に団体様が到着して賑やかになった頃に、運ばれて来ました。

お~、シンブルイズベストって感じのラーメンです。
スープをごくり、あっさりしていて美味しいです。
細いちぢれ麺に、バラ肉のチャーシュー。
ナルト、ネギ、メンマで、ラーメンの王道です。
ずるずるずる、するっするっと入って胃袋に入っていきます。
この歳になると、こういう優しいラーメンが嬉しいんです。
めちゃくちゃ、旨い。
こってりしていないから、ついついスープをもう一口、もうちょっと、と飲んでしまいます。

「アルバイトの研修の帰りに寄ったラーメン屋覚えている?」
「ラーメンください、と言ったら、中華そばでしょ?っておばちゃんに言われたよね」
「なんか東京の人は、意地悪だな、って思ったわぁ」
「そうそう、中華そばって言い方知らなかったもん」
と、何年も会っていなかったのに、昔話で盛り上がりました。

おまけ
山居倉庫に展示されていた酒田大獅子の赤ちゃん獅子
黒が「けん」 赤が「こめ」
おもわず、花の穴に手を突っ込みたくなってやめました(笑)

酒田夢の倶楽
HP→こちら

※グルメメモ
2018年2月18日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

美味しいお店は地元民に連れて行ってもらうのが一番シリーズ!
え? いつからシリーズになったんだった?

てなわけで、今回は長岡市民が連れて行ってくれたお店は、中国四川料理喜京屋さん。
なんでも、中華の達人、陳健一さんのお店で修業したそうで、特に麻婆豆腐が、舌にビリビリくるくらい辛くてオススメなんですって。

店内は入口すぐがレジで、少しL字に曲がるとテーブル席。
壁側はベンチシートでした。

メニューは写真つきで、どんな料理か、オススメポイントも書いてあって、とっても見やすいです。
友達は迷わず、麻婆丼。
口から火を噴くなんて、私が食べたらゴジラになりそうだ。
う~ん、せっかくだから違うのを、ということで、海老ラーメン(800円)にしました。

雪の状況や、世間話をしていると、運ばれてきました。
料理が出てくるのが早い、のは嬉しいですね。

まずはスープをごくり。
優しい塩味です。
野菜がたっぷりで、ブロッコリー、薄切りカボチャまで見えます。
細い麺を、ずるずるずる。
うんっ、麺までしっかり塩の味がします。
味が染み込んでいるというより、もしかしたら麺自体に軽く塩味をつけているのかも。
海老は、大きくて、ぷりっとしていて、下処理が丁寧にされているという印象です。

地元民が行くお店は外れがないことが、長岡でも証明されました。

ちなみに麻婆は、一口で、ひぃ~、舌がピリピリくる、という刺激的な味でしたよ。

中国四川料理喜京屋
長岡市殿町1-3-9
0258-32-2417 
HP→こちら
長岡駅大手口を出て、駅を背にしてアーケードを左手方向。
最初の信号の角にあります

※グルメメモ
2018年2月3日時点の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

お正月のご馳走もいいけど、そろそろお餅も刺身も飽きてきた、ということで、糸魚川駅日本海口に隣接しているヒスイ王国館1階にあるタウンいとよさんへ行ってきました。

糸魚川駅に一番近い飲食店ということもあり、年末年始やGWは乗り換え時間で食事を済ませる方で混みあっていますが、回転が速いので少し待てば大丈夫です。

で、なんにしようかな。
寒いし、とろみのある広東麺(700円)なら最後まで熱いはず、と注文しました。

厨房は真ん中にあり、店員さんがテキパキ動いているのが分ります。
おっ、丼が取り出されました。
あれは私の広東麺に違いない。
待ってました、今年初のラーメン♪

まずはスープをごくり。
はぁ~、あったまる。
この優しい醤油ベースがたまりません。
ストレートに近い中太麺を、ずるずるずる。
少し茹ですぎのような柔らかさですが、ご馳走続きで弱っている胃には、これくらいがいいのかも。
かなり、とろみが強くて、細かい背油も浮いていて、最後まで熱々です。

茹で卵は、外側が茶色で、塩味がしっかりついていて美味しかったです。

ついつい、スープをもう一口、もうちょっと、と飲み干してしまいました。

タウンいとよ
糸魚川市大町1-7-11
ヒスイ王国館1階
025-553-1778
営業時間 11:00~14:30
定休日 不定休(12月31日と1月1日は休み)

※グルメメモ
2018年1月6日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください。

世界一の四尺玉花火で有名な片貝町。
小千谷市の長岡に近いところあり、北陸本線だと快速も停車する来迎寺が最寄駅。

その片貝で「ラーメン旨い」と地元民に連れて行ってもらったのが、だんらん家RIRINさん。
このブログ初登場です。
パチパチパチ(拍手)

夜営業の居酒屋さんなのですが、何を食べても美味しいので、近所の方は夕飯を食べる感覚で来る人もいるそうです。
店内は左手にカウンター席と厨房、左が小上がり席です。
ラーメンは醤油か味噌の二択。
どちらかというと醤油派ですが、味噌がおススメだというので、味噌ラーメンを注文しました。
そわそわそわ待っていると、運ばれて来ました。

もう見ただけで「旨い」というのが分かります。
スープをごくり、お~、あったまる♪
背脂が浮いていますが、こってり大きいのではなく、細かいから重たくないです。
麺は超太麺。 もっちりとして、スープに負けない存在感です。
ずるずるずる、無言になります。
長ネギじゃなくて、刻んだ玉ねぎというのも味噌に合っていていいですね。
私は生の玉ねぎが得意じゃないので、最初にスープに沈めて少しでも火が通るようにしちゃうけど・・・。
友達に玉ねぎダメってドラキュラみたい、と言われたけど、それはニンニクじゃないのか(笑)
しかもドラキュラって男じゃないかよ。

海藻がトッピングされているので、磯の香りがして、評判通りの美味しさです。
チャーシューも、脂の層が入っていて、箸でばらけていくタイプ。
冬の雨で、冷えた体に染み渡る、満足の1杯でした。

友達とシェアした明太子入りのオムレツも、ふわふわで美味しかったですよ。

だんらん家RIRIN
小千谷市片貝町5040
0258-84-3550
営業時間 17:30~翌日2:00(ラストオーダー1:00)
定休日 日曜日
※月曜祝日の場合は日曜営業で、月曜休み。
月1回連休

※グルメメモ
2017年11月23日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

小千谷市で人気のラーメン店のひとつ、ラーメンつり吉。

お土産屋さんが入る小千谷市総合産業会館サンプラザ1階にあり、行くたびに胃袋を刺激されるいい匂いが。
入店待ちをする人たちを横目に、いつかは食べたい、と思っていたお店です。

で、小千谷の友達に「つり吉で食べたいの」と頼んだら快くOKが出て一緒に行くことに。
このブログ初登場ですよ。
ぱちぱちぱち!

12時前に行けたのですが、カウンター席もテーブル席もほぼ満席。
入口の券売機でチケットを買うスタイルです。
う~ん、何がおすすめなんだろ。
迷った時は、醤油に限る。
しかもチャーシューメン♪

テーブルでチケットを店員さんに渡すと、太麺か細麺か聞かれました。
どちらかというと、細麺が多いそうなので、細麺で。
水を飲みながら、世間話をしていると、運ばれてきました。
お~、旨そうだ。
ぎっしりと敷き詰められたチャーシューは、私が大好きな脂が幅をきかせている系。

まずはスープをごくり。
黒い色をしているわりには、あっさりしています。
細いちぢれ麺を、ずるずるずる、うまいっ!
コクがあるのに、飽きないラーメン、という感じです。

チャーシューのとろりん具合も大満足です。
食べ終わっても、また一口、もう一口とスープを飲み干したくなる1杯でした。

ラーメンつり吉小千谷店
小千谷市城内1-8-25サンプラザ1階
0258-89-7136
営業時間11:00〜21:30
定休日 水曜日

facebook→こちら

※グルメメモ
2017年11月12日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

糸魚川の旧クスリのコダマのところにできた復興食堂さん。

うどん・そば・ラーメンの旗につられて、行って来ました。
塩ラーメンは糸魚川で育てられている翠鶏を使っていると書いてあります。
うんうん、これにしよう。

先にレジで注文と支払を済ませます。
奥には広いスペースが広がっていて、靴を脱いであがるところと、テーブル席は4つほど。
復興食堂なので、工事など復興にかかわる方が、お昼を食べてちょっと休みたいと言う時は、この靴を脱ぐスペースが嬉しいですね。

そうこうしていてるうちに、運ばれて来ました。
わぁ、澄みとおっていて、きれいなスープです。
コショウを入れる前に、ごくり。
うん、上等な鶏スープを飲んでいる感覚です。
中太のちぢれ麺を、ずるずるずる。
鶏を使っているだけあって、あっさり優しいラーメンです。
メンマ、なると、チャーシュー、板海苔、刻みねぎ。
トッピングはラーメンの定番がもれなく入っています。
茹で卵が入っていて、親子ラーメンって気にもなりますね。

これで650円。
近いし、温かい作りたてが食べられるから、重宝しそうです。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

友達が「行ったことがない」というので、そりゃ~、カツ丼とラーメン食べんきゃ、と連れて行ったのが、青海駅近くにある大むらさん。

椅子とテーブルのレトロ感といい、昭和生まれの私達には、とっても落ち着く空間。
年配の旦那さんと、奥さん二人で切り盛りしています。

ラーメン、そば、うどん、カツ丼、なんでもあります。
おっ、鍋焼きうどん発見。
家で鍋焼きうどんを作ることはないので、寒くなると必ず外食で食べたくなるんですよね。
季節的に早いかなぁ、と思いつつ注文してみるとアッサリOK。
もしかしたら、1年を通して食べられるのかも。

出汁汁と醤油の混ざった、なんとも言えないいい香りが、鼻の粘膜から胃袋を刺激します。

出来上がると、小窓から呼ばれて、そこでお盆を受け取ります。
自分でテーブルに運んで、土鍋のふたを開けると湯気がたち、ぐつぐつ煮立っている汁から、さらにぷぅ~んと醤油の匂い。
小皿のネギを全て投入して、濃い色の汁を、ふぅ~ふぅ~。
見た目はすごく黒いので、しょっぱそうに見えますが、なんていうんだろ。
ただ、味が濃いだけじゃなくて、美味しいんですよね。
醤油がトゲトゲしていなくて、丸みを帯びているというのかな。
熱いうどんをふぅ~ふぅ~していると、旦那さんが取り分ける小さい丼ぶりを運んできてくれました。
「今日は打ち立てなんだよ。暑いとすぐに味が落ちるから、少しずつ打つんだ」
おぉぉ~、どうりでコシがあって、伸びにくいと思った。
打ち立てが食べられるなんてラッキー。
冷たいザルで食べたら、もっとうどんの良さが分かったかも。

友達も最初は「ラーメンとカツ丼を両方なんて食べきれるかな」と言ってたけど、両方とも量が少な目というのもあり完食です。
「これはハマるね」
間違いなく友達もリピーターになりそうです。

大むら
糸魚川市青海103
025-562-2766
定休日 月曜日
青海駅すぐの十字路を富山県方向に徒歩すぐ

※グルメメモ
2017年9月30日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

1 / 512345

本日: 205人
合計: 381282人

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る