ラーメンの記事

糸魚川の旧クスリのコダマのところにできた復興食堂さん。

うどん・そば・ラーメンの旗につられて、行って来ました。
塩ラーメンは糸魚川で育てられている翠鶏を使っていると書いてあります。
うんうん、これにしよう。

先にレジで注文と支払を済ませます。
奥には広いスペースが広がっていて、靴を脱いであがるところと、テーブル席は4つほど。
復興食堂なので、工事など復興にかかわる方が、お昼を食べてちょっと休みたいと言う時は、この靴を脱ぐスペースが嬉しいですね。

そうこうしていてるうちに、運ばれて来ました。
わぁ、澄みとおっていて、きれいなスープです。
コショウを入れる前に、ごくり。
うん、上等な鶏スープを飲んでいる感覚です。
中太のちぢれ麺を、ずるずるずる。
鶏を使っているだけあって、あっさり優しいラーメンです。
メンマ、なると、チャーシュー、板海苔、刻みねぎ。
トッピングはラーメンの定番がもれなく入っています。
茹で卵が入っていて、親子ラーメンって気にもなりますね。

これで650円。
近いし、温かい作りたてが食べられるから、重宝しそうです。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

友達が「行ったことがない」というので、そりゃ~、カツ丼とラーメン食べんきゃ、と連れて行ったのが、青海駅近くにある大むらさん。

椅子とテーブルのレトロ感といい、昭和生まれの私達には、とっても落ち着く空間。
年配の旦那さんと、奥さん二人で切り盛りしています。

ラーメン、そば、うどん、カツ丼、なんでもあります。
おっ、鍋焼きうどん発見。
家で鍋焼きうどんを作ることはないので、寒くなると必ず外食で食べたくなるんですよね。
季節的に早いかなぁ、と思いつつ注文してみるとアッサリOK。
もしかしたら、1年を通して食べられるのかも。

出汁汁と醤油の混ざった、なんとも言えないいい香りが、鼻の粘膜から胃袋を刺激します。

出来上がると、小窓から呼ばれて、そこでお盆を受け取ります。
自分でテーブルに運んで、土鍋のふたを開けると湯気がたち、ぐつぐつ煮立っている汁から、さらにぷぅ~んと醤油の匂い。
小皿のネギを全て投入して、濃い色の汁を、ふぅ~ふぅ~。
見た目はすごく黒いので、しょっぱそうに見えますが、なんていうんだろ。
ただ、味が濃いだけじゃなくて、美味しいんですよね。
醤油がトゲトゲしていなくて、丸みを帯びているというのかな。
熱いうどんをふぅ~ふぅ~していると、旦那さんが取り分ける小さい丼ぶりを運んできてくれました。
「今日は打ち立てなんだよ。暑いとすぐに味が落ちるから、少しずつ打つんだ」
おぉぉ~、どうりでコシがあって、伸びにくいと思った。
打ち立てが食べられるなんてラッキー。
冷たいザルで食べたら、もっとうどんの良さが分かったかも。

友達も最初は「ラーメンとカツ丼を両方なんて食べきれるかな」と言ってたけど、両方とも量が少な目というのもあり完食です。
「これはハマるね」
間違いなく友達もリピーターになりそうです。

大むら
糸魚川市青海103
025-562-2766
定休日 月曜日
青海駅すぐの十字路を富山県方向に徒歩すぐ

※グルメメモ
2017年9月30日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

糸魚川や上越からも通う人が多いという小千谷の有名ラーメン店、勝龍さん。

時間があったので、ちょっと遅いお昼になりましたが、行って来ました。

駐車場はすごく広い。
ということは、そんだけお店が広いか、待つ人がいるってこと???
と思いながら、ドアを開けると、券売機が。
あ~、ラーメンの名前だけじゃ、どれがどんなだか分からない。
しかも、どれがオススメなのか人気なのか、さっぱり見当がつきません。
そんな時は、友達の行動力が役に立ちます。
お店から出てきた人に「何がおすすめですか?」「何を食べましたか?」と聞いてくれました。
で、ほとんとが「味噌」
1人だけ「つけ麺が好きなんで、参考にならんすよ」と言う男性がいましたが、どうも味噌がウリらしい。

てなわけで、友達は味噌、私はデカデカと貼られていたマッハGOGO(930円)にしました。
味噌味なのか、醤油なのかも分からないけど、角煮とチャーシューとひき肉って書いてあったから。

入るとコの字に厨房があり、カウンター席に。
二重ドアの入口の左右がテーブル席でした。
カウンター席に通されて、券売機のチケットを渡すと麺の量を聞かれます。
大盛りでもサービスのようです。
コップの水を飲みながら厨房を見ていると、麺は一人ずつではなくて、大きな鍋に一気に投入されて、ゆであがったところを分けていました。
丼が並び、麺が入ると、すごい速さでトッピング作業。
混んでいましたが、このおかげで、そんなに待たずにラーメンが出てきました。
丼の下には皿がありますが、スープがこぼれるくらいです。
麺はすごい太麺ですね。

スープをごくり、お~、こってりだけど飲みやすい。
麺をずるずるずる、もちもちというか、弾力のある麺で私好みです。

チャーシューは厚切りで、とろりん系。
角煮はしっかり味が染みていて、ほろほろ具合が最高です。
ひき肉も濃い味つけで、たっぷりのせられた葱との相性がいいです。

餃子もでかいですね。

こってりとか、量が多いとは聞いていましたが、確かにガッツリ系です。
これは時々無性に食べたくなる部類のラーメンです。
う~ん、食った、食った。

手打ちらーめん勝龍
facebookページ→こちら

※グルメメモ
2017年9月18日情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

海かきらきら、浜茶屋が建ち始めて、いよいよ海水浴シーズンの到来ですね。
糸魚川の海は押上だと玉砂利、能生の藤崎は砂浜で、水質もよく毎年とても賑わいます。

海水浴に近いラーメン屋といえば、越王ラーメンさん。
店内は、国道に沿って横長のつくりで、お店の両脇に駐車場があるので上越方向、糸魚川方向どちらから来ても入りやすいです。
店内は厨房に向かってカウンター席。
小上がり席は海が見える窓際にあります。

さてさて、なんにしようかな。
なんとなく海を見ていたら、塩ラーメンが食べたくなりました。
店名をつけている、ということはイチオシに違いない。
越王らーめん(630円)は醤油か塩が選べたので、塩にしました。

テーブルには、糸魚川近辺に生息している海の生物がイラストつきで紹介されています。
海藻類、うんうん、これは分かる。
節足動物はカニやエビの仲間で、軟体動物はタコ、イカ。
腔腸動物(こうちょう、と読みます)はクラゲとかなんだ、ふぅ~ん。
なまこ、ヒトデは棘皮動物(きょくひ)って言うんだ。
と、お勉強しているうちに、運ばれて来ました。

わかめ、めんま、長ネギ、チャーシューがのっています。
まずはスープをごくり。
あ~、海の味がする。
麺はとても細いちぢれ麺です。
ずるずるずる、あっさりしていて、食べやすいです。
コッテリ系だと、いつまでもお腹がラーメンで支配されますが、これは食べたあとの重さがなくていいです。

ワカメが丼ぶりに張りついていると思って、箸でつついたら、それは丼ぶりに書かれた「越王」の文字。
あちゃ~、これ、前回も同じことやった気がするわ(笑)

能生エリア共通のポイントカードも、しっかりポイントを貯めて、ごちそうさまでした。

越王ラーメン 
糸魚川市藤崎63-1
025-567-2968
ラストオーダー20:50
定休日 水曜日
(株)能建HP→こちら

※グルメメモ
2017年6月11日の情報です

↓ クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

時々くる「無性にラーメンが食べたい」という波。
私以外でも、けっこう多いんじゃないかと思います。

てなわけで、今回は中央大通り線沿いにある麺家みそ道楽さんへ。
店名からして、味噌ラーメンの種類がものすごく多いラーメン屋です。
味噌は日本全国、地域によっていろんな種類がありますからね。

なのに、家族は醤油ラーメン、野菜塩ラーメン、私はコテコテ中華(790円税込)を注文。
誰ひとり、味噌を頼まないなんて(笑)

店内はカウンター席、テーブル席、小上がり席と広く、夕飯には早い時間でしたが既に数組先客がありました。
しばらく待っていると、同時に3つ運ばれてきました。
コテコテ中華は、背油ちゃっちゃっ系です。
背油ラーメンは新潟県の燕か三条あたりが有名で、出前のラーメンが冷めないように背油で膜を張ったのが始まりだとか。
こってりしたのが食べたい時は、背油をウリにしているラーメン屋に行くことがありますが、ここのコテコテは背油が細かい。
でかい塊じゃなくて、飲みやすいスープです。

麺は細いちぢれ麺。
コテコテでも、するすると入っていきます。
チャーシューは、脂身が多くてとろける系。
私の好きなタイプです。
え?油っこいのが好きだから、太るんだ???

板海苔、メンマ、ナルト、刻みネギとトッピングは定番中の定番なのも好感がもてます。

餃子は、ほうれん草を革に練り込んだヒスイ餃子にしました。
鉄板の上にのっているので、ジュージュー音を立てていて、しばらくたっても、あちち。
ふっくり多めの餃子で、皮がもっちりしていて美味しいです。
餃子用のタレはテーブルにあり、もちろん酢、醤油、ラー油を自分好みにブレンドしてもOKです。

ポイントカードがかなり貯まってきて、次回行ったら食事券になるかなぁ。

麺家みそ道楽
糸魚川市東寺町1丁目
025-552-2440

※グルメメモ
2017年5月11日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

はぁ、なんか疲れが溜まっている。
肩こりがひどくて、ずっと頭が痛いし。

てなわけで、上越にある七福の湯に行って来ました。
夜は混みあっているけど、昼間は空いてていいんですよね。

昼前から風呂につかりサウナで汗を出し、垢すりもしてもらい、体が軽いぞ。
ちょっとは減っているはず、と体重計に乗ってみたら、あれれ。
髪が濡れているせいか(笑)

食事処は14時近かったので、テーブルも空いてました。
平日限定のワンコインランチはチャーシュー丼かぁ。
ご飯ものもいいよなぁ、と券売機前で悩みまくり。
ここはさっぱり、鶏塩ラーメン(700円)にしよう。

呼び出しベルが鳴るまで、黒酢を買って一気飲みをします。
くぅ~、染みわたる。

鶏塩ラーメンは煮玉子が2つ。
焼いた鶏肉が存在感があります。
澄んだスープは、見た目以上にコクがあって美味しいです。
細いちぢれ麺で、するするすると入っていきます。
鶏肉のボリュームと脂で、思っていたより満腹感がありました。
柚子と水菜がアクセントになっていて、煮玉子もとろりんとして私の好みでした。

七福の湯
上越市富岡3468
025-521-4126
HP→こちら

※グルメメモ
2017年4月19日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

最近、やたらとラーメンを食べたがる家族。
テレビの影響なのか、気温なのか。。。

てなわけで、かんざんさんへ。
味噌バターラーメンが美味しいのなら、タンメンのバターもいいんじゃない?と思って注文しました。

新聞をめくりながら、テレビのニュースを見ていると、運ばれてきました。
四角いバターが、端っこに、鎮座しています。
まずは、バターと一番離れているところのスープをごくり。
塩と醤油の中間のような味です。
バターの溶けているあたりを、ごくり。
うん、ちょっとコクが出て、違う味。
野菜からの甘味と合わさって、ついついレンゲを動かしちゃいます。
ご飯にバターを思いついた人もすごいけど、ラーメンにバターをトッピングした人もエライわ。
ラーメンをずるずるずる、昔ながらの食堂というか、長く地元に愛されているのは飽きのこない味だからかな。
野菜たっぷりで美味しかったです。

かんざん
糸魚川市南押上3-1-32
025-552-5321
営業時間 AM11:00~PM2:00、PM5:30~PM10:00
定休日 月曜日

※グルメメモ
2017年3月23日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

私の中では、ここのチャーシューメンが世界一、だと思っている第二こだま食堂さんへ。

今は、おばちゃんと、近所のおばちゃんが手伝いに来て2人で切り盛りしています。
昼間だけの営業、水曜日も定休日となり、食べられるのは週に5日間。
こだまのラーメンが食べたい、と気合を入れて行くのは私だけじゃなく、いつでも席はいっぱいです。

週刊誌をペラペラめぐりながら、占いのあたりで、運ばれて来ました。
丸いチャーシューで、麺が見えなくなっています。
まずはスープをごくり、はぁ、この味。
澄んでいて、あっさりしています。
細いちぢれ麺を、ずるずるずる。
シンプルな料理ほど難しいと言いますが、このラーメンは本当にシンプルイズベスト。
それでもって、ものすごく美味しい。
チャーシューは、とろりん系で、脂身が渦を巻くように入りんでいています。
厚さも、これ以上でも、これ以下でもダメっていう、ちょうどいい厚みです。
チャーシューが旨すぎて、まだ食べたい、もっと食べたい、と思っても、まだまだあります。
だって、末広がりの8枚ですから。

おばちゃんが
「はい、年だもん。足や肩やめるし、仕込みに時間かかるそい、やっとやっとやっとるわね」
(もう年をとったから、足や肩が痛いし、仕込み時間がかかるから、やっとのことで営業しているわよ)
と言っていましたが、長く続けて欲しいお店です。

第二こだま食堂
糸魚川市押上2-9-6
025-552-1315
営業時間 11:00~15:00
定休日 火曜日・水曜日

※グルメメモ
2017年3月24日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

「旨いそい行ってみない」(糸魚川弁で、美味しいから行ってみなさい)と、能生の友達から教えてもらった山茶庵さん。

柵口温泉にある食事処です。
1階は駐車場になっていて、引き戸を開けると土間のようになっていて、そこで靴を脱いであがります。
階段を登ると、再び引き戸が。
民家を改装したんですね、たぶん。
入ると右手にカウンター席が6つ
大きな8人掛けのテーブル席が1つ
小上がりは4人掛けが2つです。
カウンターの奥に厨房が見えます。

壁に貼られたメニューは、ラーメン、カツ丼、カレー。
カキフライや揚げたこ焼きなど、お酒のつまみになりそうな1品料理が並んでいます。
柵口温泉に泊まって、ちょっと1杯外で飲むって時には重宝するお店なんだろうなぁ。

さて、初めて来たお店なので、基本のラーメンを注文します。
なんと税込500円!
どんなラーメンなんだろうなぁ、とワクワクしながら待ちます。

じゃ~ん、登場です。
メンマ、板のり、チャーシュー2枚、長ネギです。
スープが澄んでいて、昔ながらのラーメンという印象です。
スープをごくり、はぁ~、優しい味です。
細いストレート麺を、ずるずるずる。
うん、シンプルで食べやすい。
今は閉店してしまったけど、ばぁちゃんが好きだった食堂のラーメンの味に近いかも。

チャーシューは脂身が、ジクソーパズルのように入りこんでいるタイプで、大きく薄く切られています。
このスープ、どんだけ飲んでも飽きないです。
するする、と入っていきます。

あ~、旨かった。
今度は違う物を食べに来たいなぁ。

山茶庵
糸魚川市柵口
国道8号線から柵口温泉方向へ車で30分ほど
対岳荘を過ぎて、右手側

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

糸魚川の冬の代表的な味覚「あんこう」
肝が肥大する12月~3月が旬と言われています。
糸魚川市内の各店で、あんこうフェアが行われているのですが、中華料理の月徳飯店さんもそのひとつ。

あんこうを使った料理が、この時期だけ食べられるんです。

で、あんこうえ~ラーメン(1200円)を注文してみました。
え~ラーメン、というのは、そういうメニュー名なんです。
「良い」という意味の「え~」なのかは不明。。。

ちょっとトロリとした醤油ベースの旨煮ラーメンという感じです。
アンコウは衣をつけて揚げてあり、衣自体にしっかり味付けがされています。
骨ごとブツ切りにされていて、骨出しの小皿もついてきました。
あんこうの骨は、肉に近い部分がゼラチンぽくて、小骨が刺さるということはほとんどないです。
私は食べやすい魚だと思います。
白身で淡泊なので、濃い味付けにもよく合います。
ごろごろ沢山入っていて、半分食べた頃には衣が汁を吸って外れて、その周りはコッテリした味わいになって旨いです。

あんこうフェアは3月11日まで開催しています。
詳しくは→こちら

月徳飯店
糸魚川市大町2-5-18
025-552-0496
営業時間 AM11:00~PM2:30
PM4:30~PM9:00
定休日 年中無休(不定休)
国道8号線から糸魚川駅に向かい最初の信号を左折すぐ
糸魚川駅からは海(国道8号線)に向かって直進→二つ目の信号を右折すぐ
月徳HPは→こちら

※グルメメモ
2017年2月7日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

1 / 512345

本日: 129人
合計: 355811人

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る