糸魚川市柵口温泉にある郷の茶店えほん&おやき工房

冬の間に鍋焼きうどんを食べなきゃ、と能生柵口にある郷の茶店えほんさんへ行って来ました。

鍋焼き♪なべやき♪と思っていたはずが
「ふきのとう出始めたよ」という小林さん(オーナーです)の一言で
「では、天ぷらうどんで」と簡単に意思を曲げてしまう私って・・・。

郷の茶店えほんさんの最大の特徴は、なんといっても手打ちうどん。
小林さんのお母さんが、うどん打ちの名人で、出産の時に義父さんにふるまったところ「うまい、うどんが打てるように習ってくれ」と頼まれたことから、小林さんもうどんを打ちはじめたそうです。
最初は、嫌々だったことでも、こうやって最大の武器になるんだから、人生分からないもんですねぇ。

沢山ある本の背表紙を眺めている間に、天ぷらうどんが登場です。
冷めないうちにいただきまぁ~す。
ふきのとうは出始めたばかりなので、苦味が少ないですね。
天ぷらは季節によって変わりますが、この日はピーマンと海老、さつまいもでした。
からりと揚がっていて、つゆが染み込んでいて、美味しいです。

はっ、これを書いていて思い出しましが、ふきのとうは初物でした。
初物を食べる時に東を向いて笑うと長生きできるとか、福が来るだの言われて育った私です。
ちなみに、母は「西だ」と言ってみたりするので、どっちの方向を向いて笑えばいいのか今でも疑問です。

ちょうど、併設されている「おやき工房」では、おやきができたようです。
新作の「小豆&林檎を食べてみて」といただきました。
甘く煮た任後が固まりで入っていて、これはヒットの予感です。
ここのおやきは、国産にこだわっていて、野沢菜も長野に収穫に行ったり、南瓜を育てたりしているんです。
皮が薄くて、具がたっぷりなのが嬉しいですよね。

おっと、特産品の越の丸茄子を使った美茄子マドレーヌも焼き上がりました。
まだ温かいのを1ついただきます。
美茄子で、ビーナスとはナイスネーミング!
越の丸茄子は果肉がしっかりしていて、甘味が強いのです。
白ワインでコトコト煮詰めると、まるでフルーツのような味わいになるのですよ。

お腹と元気がチャージされました。

おまけ
雪解けがすすむ権現岳

郷の茶店えほん &おやき工房
糸魚川市柵口1100
電話・ファックス 025-568-2037
定休日 毎週火曜日・第
三日曜日
営業時間 10時~17時
国道8号線(能生インターチェンジ)から15分ほど、シャルマン火打スキー場に行く途中にあります

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

本日: 122人
合計: 381318人

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る