上越エリア

10月9日(日)、10日(祝)で上越市高田で開催された
お馬出しアート遊市グルメリポートです。

十字路を渡った反対側には「食の広場」があり、
入口では「木の広場であそぼう」のコーナーと、
おもちゃと雑貨も並んでいました。
とても素敵な着物姿の女性達がいると思ったら、お茶席も設けられています。
季節のコスモスとすすきを生け、花が散りばめられた和紙で別空間を作り上げていました。
お茶をたてる男性って、ほれぼれしますね。 

奥に進むと、とうふ屋さんのトラックや、オープンカフェまであります。
9日にはなかった蕎麦やクレープもあり、自称もぐもぐリポーターとしては
どれを食べるか悩むところです。

自分のテントに持ち帰りやすい「する天おにぎり」と「やきそば」をゲットです。

っと、糸魚川から参加のキッチンママ発見!
ピンクのTシャツを見たら「胡麻団子」を買わなければいけません。
これは外せないんです。
顔を出したらママが「今、電話しようと思っていたトコだよ、胡麻団子最後の1個になっちゃったよ」
これは神様が私に食べなさいと言っているんだと思います。
ミニホットドックもラスト1個を無事買いました。
デザートの葡萄プリンも手にして、ふふ~んとテントに戻ります。

初日の9日は初参加というのもあって、ゆっくり食べる余裕がなかったのですが、
10日は椅子に座ってもぐもぐです。 

まずは、「する天おにぎり」

え?「する天」って何?
「する天」とは上越名物で、するめの天ぷらなんです。
ちなみに、こちらでいう「するめ」と「汐するめ」の事で、
完全に干して薄くなった「するめ」とは違います。
水分をほどよく残して、柔らかい状態です。
これを上越では天ぷらにして食べるんですよ。
B級グルメとして最近取り上げられることも多くなりました。
イカの天ぷらも食べますが、圧倒的に「する天」の方が食べる機会が多いような気がします。
スーパーでも当たり前のように売っているので、不思議に思っていなかったのですが、
初めて見た人には「ええっ?」と驚かれるので、ご当地グルメですね。
その「する天」をおにぎりの具にしてあります。
「天むす」をイメージしていただければ分かりやすいでしょうか?
もぐもぐもぐ、ソフトな噛みごたえの「するめ」と、天ぷらの油が御飯とよく合っています。
これは美味しいぞっ!
漬物もついて、とってもリーズナブルでした。

続いて、歩行者天国といったら「やきそば」です。
きゃべつ、にんじん、たまねぎ、までは、よくある組み合わせですが、
ピーマンまで入っています。
野菜が高騰しているなか、嬉しいくらい具だくさんです。
もぐもぐもぐ、普段食べている焼きそばより少しだけ太麺の気がします。 

キッチンママのミニホットドックは、お土産として持ち帰る事にして
胡麻団子は糸魚川からの参加者で両隣にブースを出していた
名木と石の「手づくり夢工房」さんと、木工パズルの「糸鋸木工」さんにおすそ分けです。
もちもち弾力があって美味しいね、と話している間に
写真を撮り忘れています。ガーン!

巨峰プリンで〆て、と。
甘い葡萄ソースは、とろりとしていて、
まったりとした白いプリンによくからみます。
もぐもぐもぐ、キッチンママって、どれを食べても美味しいんだよね。

最後は大杉屋さんのおかみさんが挨拶をして
お馬出しアート遊市は無事終了しました。 

大杉屋さんの「栗もち」は→こちら

また来年、ぜひ参加したいと思える楽しいアート遊市でした。

↓自分で着付けを出来る人ってうらやましいと思う方も
する天を食べてみたい方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

10月11日(火)
糸魚川市は曇り。
夜に降った雨で気温がぐっと下がりました。
三連休が快晴だった分、肌寒く感じます。

さて、9日、10日と上越市高田で開催された
「お馬出しアート遊市」リポートです。
高田は「雁木(がんぎ)のある街です。
軒先を道路に延ばし、隣同士をつなげることによって
雪深い時も歩きやすくする雪国の知恵です。
冬になると道路との境に建てた柱の間に雨戸を入れ、
冷たい風から守る工夫もしています。
現在は木造の雁木からアーケードに建て直したり、
積雪の減少から雨戸を入れる場所も少なくなりました。
その雁木があるおかげで、暑い日でも日陰ができ、
雨が降ってもイベントをしやすいんですね。

両日とも天気に恵まれた「お馬出しアート遊市」の一部をご紹介します。

向かいの雁木下は、道路より一段高くなっています。
雪が降っても歩道が埋もれないようにされているのでしょう。

そこには素敵な鞄が並んでいます。
優しい色使いの布の作品です。
手に取って「どれにしようか」悩む方が多くいましたよ。
※ちょうど日陰になっていて作品が綺麗に写らず反省

その隣には素敵な焼き物とパッチワークが並んでいます。
表情豊かなぬいぐるみも、こちらを見つめています。
チワワのつぶらな瞳は道路を挟んだ私のテントからも目を引きました。

「旬の鮮魚でおもてなし みよし」さんの前には、人だかりがよくできていました。
バックやティッシュカバーなど、色んな種類の布ものが並んでいます。
とくに落ち着いた色合いの中にも可愛いが隠れている巾着はお手頃価格です。

その隣では、ネックレスやピアス、バックチャームなどが。
秋冬ファッションにピッタリですね。大きめのネックレスはシンプルなセーターの上につけると、
それだけで華やかになりますので1つは持っておきたいアイテムです。

 「肉の鳥久商店」さんでは、名物おばあちゃんが焼鳥を並べています。
マップにも「名物おばちゃんの焼とり」と書いてあるくらいです。
歩く時は曲がっていた腰が、焼き台の前に立つとシャキーン!と伸び、
タイミングよく焼鳥を反していきます。
パックに並べて輪ゴムをパシッとする手際の良さは、長年体に染み付いた動きなんでしょうね。
って、私としたことが買い忘れてる(ToT)
しかも、おばちゃんを撮ろうとする時に限って携帯が鳴ったりして
おばちゃんの姿すらないなんて(大反省)

気を取り直して(?)お馬出しアート遊市グルメリポートは次回へ続く…。

↓道路からスプリンクラーのように水が出て雪を溶かす「消雪パイプ」を見たことがある方も
手作りの一点ものがいいんだよね、と思う方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は高田のお馬出しアート遊市で「食べて」と差し入れがあった
(株)大杉屋惣兵衛さんの「栗もち」です。
高田にでも差し入れあるなんて、と
不思議に思われるかもしれませんが、
直江津のアート商展街でお世話になった、
中心市街地活性推進員のT子さんが来ていたんです。

では、いただきまぁ〜す。
手に持った感じは想像以上に柔らかいです。

ぱくり、もぐもぐもぐ、あんこが薄くて繊細な餅に包まれています。
餅より大福に近い感覚です。
あんこは粒々でもなく、かと言ってこしあんでもない中間です。
この状態を「半殺し」と言うのですが、標準語なのかしら?
もぐもぐもぐ、商品名が栗もちなのに、栗が見えません。

もう一口ぱくり、おおっ!
大きな栗が「呼んだ?」と言わんばかりに登場です。
でんっ!と真ん中に鎮座しています。
甘露煮のようで、しっとりしています。

もぐもぐもぐ、あんこの上に栗です。
ふたつの異なる甘さがお互いを引き立てています。
びよ〜んと伸びる餅と合わさって、上品に仕上がっています。

もぐもぐもぐ、お店を探して買いに行きたい逸品です。

T子さん、ごちそうさまでした。

大杉屋 お馬出し店(サンサン通り店)
上越市本町三丁目3-7
025-525-2501
HPは→こちら

↓城下街は老舗が多いと思う方も
栗御飯を食べる時は先に栗ばかりつまんでしまう方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします。

10月10日(祝)
糸魚川市は快晴。
行楽日和です。
お昼には25度近くまで気温が上がる予報なので、
半袖でもいいかもしれません。
今日は旧倉又茶舗で燕市在住の詩人、鈴木初江さんをお迎えして
「詩をあそぼうin町屋」が開催されます。
詳しくは→こちら

さて、昨日は上越市高田で開催されたお馬出しアート遊市に参加して来ましたのでリポートします。
「馬出(うまだし)」とは、城の虎口(入口)や城門を守るためにその前に設ける空間をいう。
高田城の場合も城下町から城に入る大手口に「馬出」があった。現在の大手町駐車場のあたりである」
城下町高田お馬出しHPより
詳しくはHP→こちら

お馬出しの辻と呼ばれる道に、アーティストが様々な作品を並べていました。
キッズアート広場では、スライム作りや木工・押し花の体験に夢中になる子供達の姿が。

ん?この木なんの木?気になる木・・・、と近づいてみると
スタンピングアートです。
皆の手形をスタンプのように押して、木に花を咲かせています。
小さい手は、まさにモミジのようでもあり、
こうやって見ると手の形って人それぞれですね。
指の長い人、太い人に、手のひらが大きい人、色んな花が咲いています。

雁木の下ではフォークライブが行われ、最後は観客席も一緒に手を叩きながら大合唱です。
※なかなか写真を撮りに行く暇がなく、もぐもぐリポートもなくてすみません(反省)

今日も上越市高田で開催されていますので、
オレンジのカボチャの帽子をかぶっている私を見つけたら「ブログ見たよ」と声をかけてくださいね。

↓高田駅がお城のような形をしているのを知っている方も
紅葉狩りに出かける方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

笹すし九郎右エ門さんと、能生柵口にある「郷の茶屋えほん」さんで、
手打ちうどんを食べていると、嬉しい再会がありました。

アート商展街in直江の津に毎年参加されている
「上越まちづくり市民大学OB会」の方々です。

そこで連休にある上越市高田の「お馬出しアート遊市」にお声をかけていただきました。
笹すしの九郎右ェ門さんと一緒に参加させていただきます。

お馬出しアート遊市
日時 109()10()
11:00~17:00
会場「お馬出しの辻」の通り
※両日とも歩行者天国
高田駅を背にして駅前通りを直進、本町通りを右手に進んでください。

アート体験と食が楽しい秋のアート遊市
☆芸術の秋・アートで遊ぼう!
押し花アート・トンボ玉・手作り木工・ゆらゆらとんぼ
キッズアート広場(スライム&スタンピング)
☆水墨画「花を描く」
芳墨会inふれあい館
☆新・お馬出しブランド発表
堀川紀夫・お馬出しグッツ・・・お楽しみに
☆歌声広場
ギターと一緒にフォークを歌おう
☆お馬出し食の広場 新米まつり開催
ヌカ釜のホッカホカの新米コシヒカリが食べられるヨ
のっぺ御膳・じょうもんそば・やきとり・する天・クレープ・ドーナッツ・シフォンケーキ・ドリンク各種
上越おもてなし武将隊もやってくるよ!
~お馬出し劇場 石田眼科委員駐車場~

主催 お馬出しプロジェクト
HPは→こちら
問合先 025
5252501(宮越)
後援 上越市・上越市教育委員会・上越美術協会・高田文化協会・あわゆき組
越後高田雁木ネットワーク・上越匠の里プロジェクト
本町3・4・5丁目商店街振興組合連合会
(平成23年度上越市地域活動支援事業補助金活用事業)

郷の茶店えほんさんのリポートは明日へ続く…。

↓高田は城下街と知っている方も
夜桜だけではなく蓮も綺麗だと知っている方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします。

10月1日、2日に直江津で開催された「アート商展街in直江の津」で
こんなパンフレットを見つけました。

とても興味があるフェアなのですが、なんせ10月30日は西海公民館の文化祭。
私は残念ながら参加できません。
それでも楽しそうなイベントなのでご紹介しますね。

第2回クラフトフェアin妙高
日時 10月30日(日)
9:30~16:30
場所 妙高市文化ホール中庭
※雨天の場合は館内で実施
主催 クラフトフェスタin妙高実行委員会
(WACCA~わっか~/妙高市市民活動支援センター)

募集ジャンル クラフト・ハンドメイド・雑貨・アートなど
(50件のプロ・アマ問わず)
出展料 1ブース約3m×3m
アマ1500円、グループ2000円、プロ3000円
募集期間 10月15日(土)締切

お申し込み・お問い合わせ先
クラフトフェスタin妙高実行委員会
WACCA~わっか~
代表呼びかけ人 妙高ヴェルメ(小林)
妙高市二俣401
080-5465-2666 0255-86-3600

WACCA事務局 香工房「馥育~FUKUIKU~」内(横山)
上越市大潟区屑潟245-3
ファックス 025-534-4361
メール fukuikukaori@yohoo.co.jp

WACCA~わっか~とはなんだろう?とパンフレットを読むと
「クラフト&ハンドメイド&アート作家ネットワーク
~モノづくりから生まれる交流~
私たちはものづくり
手作り(クラフト&ハンドメイド&アート)を
通じてたくさんの人たちと想像力を
共有することから生まれる
あらゆる交流を大事にします」と書いてありました。

↓妙高はスキーと温泉のイメージがある方も
芸術は爆発だ、と言ったのは誰だっけ?と思い出せない方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

10月1日、2日に直江津で開催された「アート商展街in直江の津」で
嬉しいお誘いがありました。

無料の足湯でイベントを盛り上げてくださった、上越市環境衛生公社さんから
「10月30日にスーパーフリーマーケットをするので参加しませんか?」と声をかけていただきました。
残念ながら、30日は西海公民館の文化祭があるため、今回は参加出来ないのですが、
次回はぜひ参加したいと考えています。

タンクローリーに描かれたタオル一枚の「レルヒさん」と、
温泉にはいる「上越忠義隊けんけんず」は必見ですよ。

第5回 スーパーフリーマーケット
日時 10月30日(日)
午前10時~午後0時30分
場所 上越市環境衛生公社駐車場(上越市春日新田5-21-15)

「フリーマーケット」と「朝市」と「物産展」と「縁日」が一緒になった新しいフリマです。
天然温泉の足湯コーナーをお楽しみに。

●不用品販売(衣類・贈答品・家庭用品など)
●三・八朝市店舗の出店(鮮魚・野菜・惣菜など)
●上越B級グルメ代表ホワイト焼きそばの販売
●揚げたて!さつまあげ・コロッケ・串カツの販売
●各区の特産品の販売(安塚区・牧区・三和区ほか)
●大人気スイーツの販売(白い鯛焼き・ロールケーキなど)
●福祉施設の御茶席
●桐下駄づくりの実演・販売
●こども無料縁日(輪投げ・スーパーボールすくい)
●ワセダクラブによるチアリーディング発表
●おもしろ自転車体験コーナー
●高圧洗浄車による排水管千丈のデモンストレーション 

※がんばろう東北!震災復興支援として、会場で義捐金の募金を行います。
出店料は上越地区の福祉のために全額を上越市福祉協議会へ寄附します。

問合先 上越市環境衛生公社
025-543-4121(担当・板垣、平原)

↓ゆるきゃらグランプリで「レルヒさん」を応援している方も
上越市が日本スキー発祥の地と知っている方もクリックをお願いします。
 クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします。

今日は、アート商展街in直江の津で買った
(資)三野屋さんの継続団子です。
そう、直江津名物として、あまりにも有名な継続団子ですよ。
昨日のおやつが「醤油団子」、なおえつ茶屋さんの珈琲と食べたのが「いちじく餅
おいおい、継続団子は?と突っ込まれそうなので、買って来ました。

三野屋さんの家紋(?)は、団子なんですよ、団子。
お店の方のエプロンにだって、このマークが入っています。

食べるのは久しぶりです。
箱にかかる紙には、着物時代の絵と
林芙美子さんの「放浪記」の一部分が達筆な文字でつづられています。
どうして「放浪記」が?と不思議に思い、読んでみると
【直江津についた、港の駅なり。駅のそばで団子を買った。
「この団子の名前は何と言うんですか」
「へえ、継続だんごです」
「継続団子?団子が続いているからですか」
駅の待合所に腰をかけて白い継続だんごを食べる。
あんこをなめていると、
あんなにも死ぬる為に明るさを感じていた事が馬鹿らしくなって来た】

この団子を食べて、生きる気力を取り戻したんですって。
すごいなぁ、団子が人の命を救ったのですよ。
これがなきゃ、森光子さんだって公演回数の記録をつくれなかったんですから驚きです。

さてさて、紙を丁寧にはずすと、団子と急須の絵が描かれた箱があり、
箱をあけると、乾燥しないようにビニールで真空パックされています。
そして、いよいよ団子とご対面です。

木の皮のような薄い紙をはがすと、行儀よく5本団子が並んでいます。
つやつやしていて、輝いてみえます。
一本いっぽん丁寧に紙が敷かれていて、慌てて口に入れると紙まで食べてしまいますよ(笑)

では、いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、白あんを固めた団子です。
艶は寒天が塗られているんですね。
もぐもぐもぐ、シンプルな作りなんですが、だからこそ長く愛される味なんだと思います。
熱くて苦い日本茶に合いそうな甘さです。

もぐもぐもぐしていたら、ちょうど小川英子さんが「やぁ」と来られました。
「まぁ、継続団子?大好きっ!」
それは良かった、おすそ分けです。
もぐもぐもぐ、さすが文学作家の小川英子さんです。
放浪記に書かれていることを知っていましたよ。

もぐもぐもぐ、でも、なんで「継続団子」っていうんだろ?
箱に入っていた紙を読むと
「1903年(明治36)直江津の米穀取引閉鎖に住民が反対し、
継続許可がおりたのを祝って作られた」←かなり簡略化しています
と、いうことは、100年以上の歴史があるのですね。
へぇ~、へぇ~、へぇ~。

 (資)三野屋
上越市中央1-1-11
025-543-2538
直江津駅北口から徒歩1分。
直江津駅を背にして2つ目の信号の右手にあります。

↓森光子さんは何歳まで、放浪記で「でんぐり返し」をしてたんだっけ?と思い出せない方も
自分の家の家紋は「これだ」と言える方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

10月1日、2日に直江津駅前の商店街で開催された、
第11回アート商展街in直江の津リポートです。

2日(日)は天気予報通り、午後からしとしと雨が続いていました。
それでも直江津は雁木の街。
隣同士つながった軒先のおかげで傘がなくても歩けます。
ALEXも2日の日は、直江津駅前郵便局さんの前の雁木下にテーブルを広げることが出来ました。

お隣は「おもしろガラス店」さん。
コップやガラスの加工品を並べていました。
ぐりゃりと曲がったガラスは、個性的でどれにするか迷いますね。
そのまま置いてアートとしても、花瓶として日常使いをしても素敵な作品です。
奥様が手編みしたニットなども目を引きます。

道路の反対側の冨塚味噌店さんの中では、
布針技のありす」さんが造りだすカントリードールたちが、道行く人に笑顔をふりまいています。
布針技で「ふしぎ」と読むんですって。
おおっ、ナイスネーミングです。
コースターや雪だるまなど、メルヘンな世界です。
ありすさんは、さらさらロングヘアーでファッションもふんわり可愛い系。
作品に人柄が現れるとよく言いますが、ぴったりな雰囲気です。
並べ方もお手本にしたいくらいのセンスですね。

そして、遠くから「おかみさん」に会いたくて来る方が続出している
レストハウス「なおえつ茶屋」さんでは、なにやら真剣に選ぶ人だかりが。
月の庭」さんのスイーツデコです。
お財布を握りしめて、子供達がどれにするか悩んでいます。
それもそのはず、こんなにキュートなマカロンやアイスが美味しそうに並んでいるんですもん。
カラフルで、おもわず食べてしまいそうなくらいリアルです。
粘土・樹脂で作ったペンダントやヘアーアクセサリーなど、乙女心がくすぐられる作品ですね。

なおえつ茶屋さんのHPをのぞいたら
「月の庭さんの作品展示即売会を
今週土曜10/8まで茶屋ギャラリーで開催する」そうですよ。
見逃した、買いそびれた方は、今週中になおえつ茶屋さんにレッツゴー!

他にも沢山のアーティストが、素晴らしい作品を並べていたのですが、
写真を撮ってまわる暇がなく、ほんの一部しかご紹介できず申し訳ありません。

15時を過ぎ、撤収をしたあと、冷えた体を温めるため
なおえつ茶屋さんで珈琲を注文しました。
香ばしくて、ほどよい苦さで、他では味わえない珈琲です。
三野屋さんで買った「いちじく餅」と一緒にパクリ。
娘のSecoさんと、同じテーブルでお話していた方々にも、
おすそ分けしてもぐもぐもぐ。
もちもちした餅と、ぷちぷちしたいちじくと、少しざらりとする白あんと
これは美味しいっ!
3つの異なる食感が、この1つに凝縮されています。
いちじくは、しっとりと水分を少し残したドライフルーツのようで、
いちじく好きな人の期待を裏切らない味です。
もちもちもち、もぐもぐもぐ、季節限定らしいので、
「いちじく餅」ののぼり旗を見つけたら、ぜひ食べてみてください。

そんなこんなで、多くのお客様が足を運んでくださり、
アート商展街in直江の津は無事終了しました。
来年もまた直江津でお会いしましょう。

直江津の中心市街地活性推進員のブログ「だから、直江津が好き」→こちら

なおえつ茶屋
上越市中央1-5-2
025-539-5205
営業時間 AM10時~PM10時(日曜PM5時)
なおえつ茶屋HPは→こちら

↓信越本線125周年記念鉄道まつりに来ていた方も

駅弁を買いに来ていた方もクリックをお願いします。 
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

10月3日(月)
糸魚川市は曇り。
時折弱く日差しが届きますが、今日も寒い一日になりそうです。

さて10月1日、2日に上越市直江津で開催された、アート商展街のリポートです。
2日は「さかなやさいまつり」「エンターテイメントフェスティバル」があり、
直江津駅は朝から大賑わいです。

と、駅の方から不思議なピエロが歩いて来ました。
神出鬼没のクラウン・くすくすさんです。
まさか会えるとは!ラッキー!
てか、でかっ!
道路標識と同じくらい背高のっぽです。
隣のお兄さんの身長より足が長いんですよ。
子供が「こわぁ〜い」と逃げてるかと思えば、
違う子はきゃっきゃっと後ろをついて行きます。
女の子がバルーンでプードルを作って貰った、と嬉しそうに見せてくれました。

旅館の附船屋さんでは、表千家石田社中さんによる、お茶席が設けられいました。
着物姿の女性って素敵ですよね。
「ちょっと一息」と、お茶とお菓子を楽しむ方が多くいたようです。

その附船屋さんの「だし巻き玉子」ラストの1個を無事ゲット!
この「だし巻き玉子」はアート商展街名物と言っていいくらいの逸品なんです。
毎年数量限定、午前中には売り切れる人気の品。
ほんのり甘くて、ふわっとしているのに、しっかり巻かれていて、
なにより冷めても美味しいんです。
この焼き印が渋くていいでしょ?
もぐもぐもぐ、来年も買うぞ♪

作品の紹介(ほんの少しですが)は次回へ続く…。

↓クラウン・くすくすさんの相棒は右手にいる猿かな?と思う方も
成人式以来着物を着ていない方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

30 / 32« 先頭...1020...2829303132

本日: 63人
合計: 370349人

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る