ブログ

今日は児童文学作家で、糸魚川の町屋文化を守り伝える会のボスでもある小川英子(おがわひでこ)さんからのお土産で(株)菓匠清閑院さんの涼清水です。
京都のお菓子です。

このブログを読んでいる皆さんなら分かっていると思いますが、
小川さんが糸魚川に帰って来る時は、何かを計画している時。
お土産のお菓子を食べると、その計画に巻き込まれるという、
ラグビーの五郎丸並みのルーティンなんです。

なので、私もちょっと学習して、
小川さんが  帰りの電車に乗ってから食べることにしています。

それでも北陸新幹線が開業したら、たった2時間、しかも1時間に1本と、とても便利になったので、ふいに「やぁ!」とあらわれるから、ひびります。

でも、今度は大丈夫、と思って、開けてみることにします。
包み紙は上品な紫。
シンプルに家紋のようなデザインがされているだけ、というのも好感がもてます。

包み紙を開けて、箱を開けると、なんとも涼しげな包み。
涼清水という名前にふさわしい色使いです。

がさごそ、小包装は一瞬開け方が難しいですが、なんてことはありません。
広げると1枚の紙になり、台形型のお菓子が座るように登場です。

まぁ、きれい。
下半分に白と茶の豆、赤いのはなんでしょう。
説明を読むと「鮎を泳がせ」とあるので、清水の中の鮎を費用源しているのですね。

では、いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、上の部分は寒天でしっかり固められています。
水飴の優しい甘さです。
ん?ただの寒天ではないですね。
ほんのり、柑橘類の味と香りがします。
柚子ほど強くなくて、なんだろ?
と、原材料を見ると「すだち果汁」
ああ、これだわ。
甘さの中に爽やかさがあります。

下の部分は大粒の小豆がぎっしり。
上はさっばり、下の濃厚という感じで、1個の中で変化があって、とっても美味しいです。

常温で食べてしまいましたが、きっと冷やしたらさらに美味しいと思います。

小川さん、ごちそうさまでした。

(株)菓匠清閑院
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ

にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

ささゆりフェスタが今年は支援センターささゆりさんで開催されます。
ダンスあり、太鼓あり、美味しいものあり、とても楽しいイベントです。

ささゆりフェスタ2016
●日時 平成27年9月17日(土)10:00〜15:00
場所 支援センターささゆり
(糸魚川市横町2-7-32 中央保育園東隣)

●日程
10:00〜 開会
オープニング 糸魚川ゆるキャラ&ご利用者ダンスチーム
10:30~ 飲食コーナー開店
11:00〜 ヒップホップダンスチームY
13:00~ アロハフラ プアマレ
職員オンステージ
14:30~ 本町通り翡翠太鼓
14:50 閉会
※雨天の場合は室内にて実施

●内容
焼きそば(ライオンズクラブ)
・ 軽食・スイーツ(キッチンママ潤蘭)
・ 喫茶コーナー(好望こまくさ)
・おもちゃ販売(池原商店)
・ヨーヨー釣り、小物販売(ブライズメイトALEX)
・かまぼこメンチ(一印かまぼこ)
・パン、新潟地鶏やきとり、パン(ワークセンターにしうみ)
・ひすいの里総合学校、高田特別支援学校白嶺分校学校紹介
・メモリアルホームみずほ作品販売
・当作業所作品展示・販売

支援センターささゆり
糸魚川市横町2-7-32
TEL025-552-9571
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

友達の用事に付き合って富山県へ。
お昼は帰り道に美味しそうな店があったら、そこにする?なんて国道8号線を走っていると、看板発見。

黒部名水ポークの文字に「ここにしよう」と意見が一致。
友達として食の好みが一緒というのは大事なことですね。

店内はLに広がっていて、禁煙席と喫煙席に分けられています。
禁煙席の方が広く、ベンチソファータイプの4人掛け(つめれば6人掛け?)の席と、小上がり席、カウンター席、とかなり人数が入ります。
それでも平日、かつ雨の日でも名前を書いて順番を待つくらいになるのですから人気店なんでしょう。

メニューは写真つきで分かりやすいです。
決まったらピンポンを押すのって、日本人のアイデアらしいですよ。

これにしよう、と言ったレディースランチ(920円税別)は海老フライ、クリームコロッケ、メンチカツ。
とんかつ食べに入ったのに、カツないじゃん。
じゃあ、私がカツを頼んで半分ずつにする?
と話していたら「プラス120円(税別)でメンチまたはクリームコロッケをヒレカツにできます」の文字に気づいた。
これこれ、これでいいじゃん。
ピンコーン、と店員さんを呼ぶと、
「白いご飯と雑穀米どちらにしますか?」
あら、そこまで見ていなかったけど、迷わず雑穀米。
「茶わん蒸しはおつけしますか?」
そりゃ~、大好物だから茶わん蒸しつきで。
プラス100円もしなかったと思います。

待っている間、小さな小鉢に白ごまが入れられたものが運ばれてきて、胡麻をすりながら話をします。
カツにかけて、と説明されるんだけど、カツに胡麻をかけてからソース?
胡麻すった器にソース入れて、カツをつけて食べるの?
定食を運んできた店員さんに聞いたら
「胡麻にソースを入れてください」ということでした。

さぁ、いただきまぁ~す。
カツをぱくっ、もぐもぐもぐ。
目の細かいパン粉で揚げてあって、サックサック軽い食感です。
乾燥したパン粉じゃなくて、生のパン粉じゃないかな。
お肉は柔らかくて、とっても美味しいです。

クリームコロッケは、とろっ。
海老フライは、ぷりっ。
タルタルソースがついているのが、私には超嬉しいです。

なめこの味噌汁、つけもの、ごはん。
杏仁豆腐と、なにより茶わん蒸しまでついて1000円ちょいなら財布にもいいですよね。
ご飯と、キャベツはおかわり自由です、と声をかけられましたが、お腹いっぱい。
ごちそうさまでした。

かつ兵衛黒部店
黒部市荻生5297
0765-54-0962
HP→こちら

※グルメメモ
2016年8月30日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は友達のお土産で、(株)グレープストーンさんのシュガーバターの木サンドコレクションです。

お土産の定番として、このシュガーサンドは最近いただくことが増えたような気がします。
でも、濃い緑の包みは初めて。
開けてみましょう。
ぱかっとな。

中身は三種類。
左から、きなこ、プレーン、抹茶です。
あ、いただいてから紙袋に入れて、壁にかけておいたら、クリームがだれたのか、サンドがずれている。
やっぱり、暑い夏は、早く食べなくっちゃね。

てなわけで、きなこショコラからいただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、生地はパイでもクッキーでもない独特な食感。
パイのように薄い生地が重なっているのではないけど、生地に細かく気泡が入っていて、パイに近いサクサク感。
パンフレットを読むと「オリジナルのシリアス生地に新しくからす麦をプラスして」とあります。
あっ、そうか、シリアルなのか。
ちょっと茶色ぽい生地です。
きなこクリームは、きなこの粉っぽさがあって、美味しいです。

続いて抹茶チョコレートを、ぱくっ、もぐもぐもぐ。
おっ、しっかり抹茶。
でも苦くない系。
こっちも美味しいです。

ちなみに抹茶もきなこも、新発売で季節限定だとか。

Oさん、ごちそうさまでした。

シャガーバターの木
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

直江津駅前通りで毎年秋に開催される「アート商展街in直江の津」
パッチワーク、ビーズ、ガラス、木工など様々な手づくり品が並びます。
ただいま、出展者募集中です。
ALEXは今年は別の予定があり、出展できません。

第16回アート商展街in直江の津
10月15日(土)10:00~15:00
10月16日(日)10:00~15:00
主催 アート商展街in直江の津実行委員会
出展申し込み先  (株)まちづくり上越直江津まちなかアテンダント事務所内
アート商展街実行委員会事務局
〒942-0001
上越市中央区1-3-18 直江津学びの交流館内
070-5460-1793
ファックス025-544-5677

◎アート商展街の趣旨
直江津のまちなかの一角(雁木や店舗)で、地域の芸術家や趣味で創作活動を行っている人の作品を「作り手」自らが展示・販売を行います。 「作り手」と来街者とまちの住人(商店)全てが主役になります。
人々が交わることで、様々なつながりが生み出されることを楽しむイベントです。

◎開催場所
直江津商店街の雁木下、店舗内、空き店舗
直江津学びの交流館1F

◎出展料
1000円(広告宣伝費として)
※希望者には机のレンタルあり(一台一日あたり1000円)

◎申込方法
参加応募用紙に必要事項をご記入の上、申し込み先にご持参、FAX、郵送などで提出してください

◎締切
月9日(金)
定員になり次第締め切り (締切後も受付をいたしますが、出展マップに掲載できないこともございます)

◎出展説明会
10月7日(金)18:00~ 直江津学びの交流館2階多目的ホールで開催します

◎その他
☆ミニ講座(ワークショップ)やミニイベントを、楽しみにしているお客様も多くなってきました。
ぜひ開催してください。
☆なおえつ鉄道まつりが開催されます(10月15日)

※このブログを見て、出展を検討された方は、トップページの「問合せ」からALEXにメールをください。
ファックスか郵送で要項と申し込み用紙をお送りいたします

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

糸魚川市の新潟県立海洋高校が製造する魚醤が生中継されます。

NHK朝イチ
8月29日(月)放送「ピカピカ☆日本」僕らがつくった極上の魚醤
HP→こちら
※再放送5月25日(水)15:10~15:38

糸魚川市バナー

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

 

新潟県では少子化対策の未婚化・晩婚化対策の一環として、お見合いパーティー形式の婚活支援を行って来ました。
更なる出会いの場を創出するため、結婚を希望する独身男女に対して、個別マッチングシステムを導入します。
システムの本格稼働は、今年の10月上旬頃を予定していますが、会員の仮登録の受付を行うとともに、会員登録料金の割引キャンペーンを実施します。

新潟県婚活マッチングシステム
システム通称「“ハート マッチ”にいがた」
●システムの概要
会員登録を行う独身男女が自身のプロフィールを登録した上で、お会いしたい相手を検索(会員のプロフィール閲覧)し、委託事業者が設置する「にいがた出会いサポートセンター」が個別に引き合わせる。
※センターは、10月上旬頃の開所予定
(1)会員登録ができる方
結婚を希望し自ら努力する20歳以上の独身で、新潟県内在住の方、県内にお勤めの方、または新潟県へ移住を希望される方
(2)会員登録料金
10,000円(2年間有効、税込)
※会員登録料は、本登録の際のセンター来所時にお支払いただきます。
●仮登録
(1)開始時期
平成28年8月4日(木)午前9時から開始
(2)手続きの方法
①新潟県結婚・子育てポータルサイト「ハピニィ」から登録手続き開始
②利用規約確認後、氏名、住所、メールアドレス等を入力し、仮登録手続きが完了
※別途、10月頃からセンターより本登録のご案内を開始
(本登録のためには、必要書類等を持参の上、センターに来所いただく必要があります。)
ハピニィ→こちら

※10月のシステム本格稼働の前に仮登録を完了する方は、「早割」キャンペーンとして登録料金の20%を割引いたします。(10,000円→8,000円)
※センター開所にあわせ「企業・団体」等を対象にした割引も用意する予定です。

「“ハート マッチ”にいがた」とは、「まだ知らない二人の心をめぐり会わせる!」という想いを込めて、新潟県と「にいがた婚活応援大使」の横澤夏子さんが決めた愛称です。

お見合いパーティーに参加したい方は
新潟県「あなたの婚活」応援プロジェクト→こちら
新潟県の婚活支援事業は、今年度から「にいがた出会いサポート事業」から「あなたの婚活応援プロジェクト」になりました。

↓クリックすると婚活情報が見られます。
婚活アドバイス・婚活応援 - 恋愛ブログ村

長岡市のご当地グルメと言ったら、洋風カツ丼。

糸魚川のあたりでは、カツ丼はカツを卵でとじてあるのが多数派。
新潟市のあたりに行くと、タレカツ丼と言って、カツをタレにくくらせたタイプが多くあります。

で、この長岡洋風カツ丼は、そのどちらでもない独自路線。
洋風のソースをかけたタイプで、よくテレビや雑誌にも「ご当地グルメ」として紹介されています。

ずっと食べてみたいと思っていて、初めて食べられたのが今年の6月。
お店によってアレンジが違うというので、長岡に行く用事があったら別のお店に行ってみようと思っていました。
それで、この日なら電車の到着時間を早くしたら食べられるじゃん、という日を見つけて長岡駅へ。
駅前に張り巡らせれた自由通路を歩くだけでも、風もなくて暑すぎる日に、下調べもなく
「とりあえずレストランナカタの近くにも、のぼり旗出てたし」とアーケードを歩いてみることに。

「暑いんだよ」ぶつぶつ独り言を言いながら、歩いていると、脇道に、のぼり旗発見。
そのままスルーしそうになって、立ち止まり
「歩くべきか、近いところにするべきか」とハムレットのように悩みます。
結論は「暑いから帰りも歩くの嫌だし」と、脇道へ。
お店の前でメニューを見て、アイスコーヒーサービス中の文字を見て、吸い寄せられるように店内へ。

お店は夜は気の合った仲間が集まりそうな居酒屋ぽい雰囲気。
4人掛けテーブルが4つ、カウンター席4つ。

お昼のメニューはそんなに多くはありませんが、私は洋風カツ丼を食べるから迷いません。
ダブルってなんですか?と聞いたら、カツが2枚だというので、
普通の長岡洋風カツ丼(800円)を注文しました。

冷たい水を飲んで、おしぼりで手を拭いて、思わず顔と首を拭きそうになる、この暑さ。
ちょっと落ち着いて壁を見ると、懐かしい昭和の歌謡曲全盛時代のレコードジャケットがびっしりと飾られています。
キャンディーズ、アリス、天地真理etc
私は中森明菜時代が好きだった。
おっ、発見。
このころのアイドルって、若いのに大人ぽくて、歌唱力もすごかったよなぁ。

思い出にふけっていると、運ばれて来ました。
写真にはないですが、カツ丼なので、味噌汁がつきます。
ミョウガと豆腐でした。
だけど、洋風だからワンプレート。
でも、カツ丼だから箸が出される、という、この洋か和が分からない感覚がたまりません。

まずはかつを一切れ、ぱくり。
もぐもぐもぐ、からりと揚がった衣に、甘いんだか、しょっぱいんだか何とも表現できないソースがたっぷりかかっています。
ケチャップを使っているんだけど、ケチャップ味でもなく、ソースの味でもない、不思議な味が洋風カツ丼の特徴なんですよね。
きっと別のお店に行けばケチャップ味がはっきりしているところもあるんだろうけど、このどう言ったらいいか分からない味がハマるんです。

肉は端っこの方に脂身がある私好みの部分。
ドレッシングがかかっているサラダ、ポテトサラダ、スパゲッティのケチャップ和えを付け合せにするのは定番なのかな。
ますます、食べ比べをしなきゃ、ともぐもぐブロガーの使命感が燃え上がります。

最後は、ほんのり甘いアイスコーヒーをぐいぐい飲んでごちそうさまでした。

食堂酒場 SHOWA なつかしや
0258-37-4340
新潟県長岡市大手通1-5-2 タカノビル1F

レストランナカタの洋風カツ丼のレポートは→こちら

※グルメメモ
2016年8月20日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

毎年8月15日にある諏訪湖の花火大会に行って来ました。

ほぼ毎年行っていますが、今年は朝から雨。
それでも50万人が来るという人気の花火大会です。
車は会場の近くに停めると、帰りの渋滞が大変。
遠くだと会場まで歩くのが大変。
と、今年の作戦は折りたたみ自転車とキックボードで、ちょっと離れた場所に停める。

車を停めて、まず場所とり。
ブルーシートだと、どこだったか分かりにくいので、あえて黄色い目立つシートを用意しました。
日赤病院前あたりに何とか確保したはいいけど、毎年場所取りの時間が早くなっている気がします。
というか、必要以上にブルーシートを広げたり、ビニールテープで囲ってる人が多いんじゃないかなぁ。

いったん車に戻り、今年の作戦!
折り畳み自転車とキックボードを出して、日帰り入浴施設の「ゆっくらんど」をめざします。
歩いていける距離だけど、案外疲れるんだよね。
一方通行になり、片側が駐車場になっている道路を、キコキコ、キコキコ。
車輪が小さいから、太ももが痛い。

やっと到着したと思ったら、まさかの休館日!
そういえば、ゆっくらんどは、今年は有料駐車場になっていました。
入浴の方と、花火目的の方がいるから、駐車場だけにしたのかな。
お風呂に入ってサッパリして、早目の夕飯を食べて、という作戦はここで失敗。

再び、キコキコ自転車で車に戻ります。
次なる作戦は、水道局の隣の芝生の公園で、ドーム型の簡易テントを建てて休む。
これは大成功。 公園は空いていて、木陰に建てたら快適♪
ラジオを聴きながら、屋台で買ってきた焼き鳥や焼きそばを食べたら、ごろ寝。
花火が始まるまで、持ってきた新聞を読んだりして、時間をつぶします。
途中、トイレはどこも激混みだったので、自転車でキコキコゆっくらんどの駐車場にあるトイレまで行ってみたら、待ち時間ゼロでした。
自転車って素敵♪

始まる30分前にはテントを畳んで、ゴミもステーションに捨てて、自転車とキックボードを車に積んで、てくてく、場所取りをしたシートを目指します。
これだけ人がいるとシートを見失いそうになりますね。

なんとかシートにたどり着き、花火中継のラジオをイヤホンで聴きながら鑑賞です。
音楽に合わせてあがる花火があるのですが、ちよっと離れると音楽やアナウンスが全く聴こえないので、ラジオはオススメですよ。
マイケルジャクソンのスリラーや、宇宙戦艦ヤマトなど、音を花火の色や形で表現していて面白いです。

最後は湖面に扇状にあがる水上花火と、長いナイアガラ。
とってもきれいでした 。
ナイアガラを撮るあたりで、携帯のバッテリーが切れた(泣)
時間つぶしに携帯ばっかりかまっていて、充電器忘れたのがアイタタタ。

帰りは過去最高というくらいスムーズに諏訪インターの近くまで帰って来れました。
渋滞情報を伝える中継の秋山さんと、再会!
ちょうど中継の順番の時に赤信号だったので、インタビューを受け、缶パッチをもらっちゃいました。
今年は御柱の年だったので、御柱バージョンだそうです。

そうそう、諏訪湖の神様を生んだのは糸魚川の奴奈川姫だから、諏訪と糸魚川って縁があるんですよ。
そんなこんなで、今年も花火を満喫することがてきました。

交通情報や開催日など詳しくは「諏訪湖の花火HP」→こちら

エルシーブイFM769(76.9MHz)→こち

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

ラーメンが食べたい。
たまには、ちょっと足を延ばして、富山県を開拓してみよう、と国道8号線を富山県へ。

このあたりにあるラーメン屋が気になっているんだけど・・・、真っ暗。
ダメだこりゃ、次行ってみよー(ドリフターズのいかりや長介さんの気持ち。あぁ、年がバレる)
その次も・・・、電気がついてない。
お盆シーズンでスープがなくなったんじゃない?
回転寿司は開いてたけど、ラーメン食べに来たんだもん。 と、黒部まで来てしまった時に、電気のついてて、車が沢山停まっているラーメン屋を発見。

外に写真つきで大きなメニューが出ていました。
私が選ぶ基準は、チャーシューはとろりん系ぽいか。
アゴ(トビウオ)とか、魚粉とか、煮干しとかの出汁は得意じゃないので、そこをアピールしてあるのは候補から外して、です。
ばぁちゃんが作った味噌汁が煮干しだったからか、味覚と視覚はラーメンなのに脳みそが味噌汁を思い出して混乱するから、なんですよね。

おっ、富山と言ったらブラックラーメン(790円) 発見。
ご当地ラーメンとして有名です。
家族は、ちゅーしゅー中華そば(900円)
餃子は5個で300円です。
入口の券売機でチケットを買って、大盛り1.5玉、特盛2玉を希望する人は、下に置いてあるプラステックのタグを一緒に出します。
この大盛り、特盛は無料サービスという太っ腹。
中華そばを大盛りにしてもらいました。

店の中央はコの字のカウンター席。
壁際に4人掛けのテーブル席が4つ。
夜の9時頃と遅い時間でも、席はほぼ埋まっています。

週刊誌をパラパラめくっていると、運ばれて来ました。
富山ブラックラーメンは、もっと真っ黒なのかな、と思っていましたが、茶色に近いです。
スープをごくり。 新潟の背脂ちゃっちゃっのように、脂の塊が浮いていませんが、同じくらいこってりです。 黒胡椒がパンチをきかせています。
麺はきしめんを細くしたような平麺ストレートです。
ずるずるずる、しっかりした弾力のある麺です。
トッピングはメンマ、チャーシュー、刻みねぎ、なると、茹で卵、もやし。
チャーシューは私好みの、脂身とろりんです。
ずるずるずる、スープをごくり。
刻んだニンニクがスープにかなり入っているんだなぁ。
麺の量は少なめだけど、こってりしているから、私はちょうどいい量です。

ちゃーしゅー中華そばは、魚介系の味。
細いストレート麺で、ブラックラーメンと麺が全然違います。
こちらは大盛りにして、ちょうどいい量だと思いました。

餃子用のタレはテーブルに用意されていて、辛くて濃厚でした。

ポイントカードを見たら入善にあった中華麺飯店ワンフーとグループ店のようです。
滑川、呉羽にもあって、麺家なるとは掛尾にもあります。
もう一軒、富山市にも系列店があるそうです。

ポイントカードは500円ごとに1ポイント。
20ポイントで500円の割引券として使えます。

麺家なると 黒部店
富山県黒部市荻原7175-3
0765-32-5559

※グルメメモ
2016年8月17日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

本日: 256人
合計: 389120人

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る