ブログ

新潟駅に行くたびに「行列が出来てるなぁ」と気になっていたラーメン店。
夕飯には少し早かったけど、待っているのは部活帰りらしき男子高校生の集団のみ。
よし、食べてみよう、と麺屋しゃがらさんへ。

券売機で買ってから、順番を待つスタイルで、時々店員さんが外に来ては人数確認したり、先に注文をメモして行きます。

なんにしようかな、迷った時はチャーシューです。
基本的に醤油が好きなのと、醤油ラーメンだと物足りない時でもチャーシューがあればたいていお腹いっぱい。

チャーシュー麺は880円。
あっ、財布の中小銭が、微妙に足りません。
こんな時に限って1000円札もないとは。
後ろに並んだ、お兄さんに「お先にどうぞ」と順番を譲りましたが、そのお兄さんも5000円札が使えなくて困っています。
券売機の隣に両替機ありましたが、故障中だったので店員さんに両替をお願いしました。
ドラマなら、ここで次回予告になるくらいですが、残念ながら、私はすぐにカウンター席へ案内され、お兄さんがどこに座ったかさえ見えない場所。
人生、そんなに甘くないですねぇ(笑)

水はコップじゃなくて、タンブラーに入っていました。
ぐいっと飲み干して、手際よくラーメンが作られていくのを眺めます。

暗号のようなオーダーの声を聴きながら、待っていると、そんなに待たずに私のチャーシューメンが運ばれて来ました。
わぁお、美味しそう。
まずはスープをごくり。
背油が浮いていますが、こってり大きいのではなく、細かくて飲みやすいです。
麺は、ちょい太めで、自家製麺だとか。
ずるずるずる、おおっ、すげぇ、もっちもっち。
元気のいい麺という印象で驚きました。

チャーシューは丼ぶりからはみ出しています。
しかも6枚もあり、厚みもなかなかです。
ぱくっ、うん、私が好きなとろりん系。
トッピングはもやし、なると、板海苔とシンブルさがいいです。
ずるずるずる、こってりだけど、重くなくていいです。

背油系を食べると、年齢的に胃がもたれて仕方ないのですが、ここのは食った、食ったという満足感のところで止まって良かったです。

麺屋しゃがら
HP→こちら

※グルメメモ
2018年3月3日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は親戚からの手土産で、(株)ローリー ボン・オーハシさんの地酒ケーキです。

ボン・オーハシさんのボンはフランス語で「すばらしい」
オーハシは長岡市を流れる信濃川にかかる「長生橋」のことなんだとか。
新潟県長岡市に本社を置く、アクシアルリテイリング(株)の子会社なので、スーパーの原信やナルスのサービスカウンターで販売されています。

さてさて、この地酒ケーキ。
濃紺に白い細かい模様に、蔵の窓のようなデザインの箱です。
中身はどんなだろうな、ぱかっ。
緑色は菊水、青は八海山です。
両方とも新潟県の日本酒として聞いたことがない人はいないほどの銘柄です。

袋から出して見ると、すでにぷぅ~んと日本酒の匂い。
見た目は、どちらも、ほんのり黄色かかった白いパウンドケーキを切ったような形。

では、菊水から、いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、ケーキの甘い香りより、日本酒の鼻の奥まで届く日本酒の匂いが強いです。
しっとりしていて、キメが細かくて、まるで越後美人のようなケーキです。
口に入れて、息を吸うと、喉の奥まで日本酒がふぅ~と感じられて、ケーキを食べているのに、日本酒を飲んでいるような感覚に陥ります。

続いて、八海山。
さっきの菊水より、強い気がします。
もともとの日本酒の味の差が分からないのですが、なんとなく、八海山の方がパンチがあるような感じです。

水のように日本酒を呑みそう、とよく言われる私ですが、実はアルコールは苦手。
日本酒は、ほとんど呑めないので、酔っぱらいはしないけど、酒を呑んだ!という後味です。

Kさん、ごちそうさまでした。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は友達からもらった旧青海町にある「ゑ太古屋」さんの「うずしお」です。
これで「えたこや」さんと読みます。

えたこやさん、このブログ初登場ですね。
パチパチパチ。

お菓子屋が多い糸魚川市ですが、旧青海町だけでも何軒もあり、えたこやさんも人気店のひとつ。
なんでも、この「うずしお」は代名詞のような人気商品なんだとか。
お盆になると、懐かしい味を求めて売上が伸びる、という噂も。

包み紙は、水ヨーヨーのような爽やかな薄いグリーンと、水色のグルグルした模様が書かれています。
中身は、どんなだろう。

おっ、想像していたのと違って、モンブランのような、カップケーキのような、銀色のカップに入った洋菓子ぽいものです。
香ばしそうに、焼き色がついていて、焼き菓子なのかしら???

では、いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、おおっ、白あんです。
原材料には、砂糖、手亡、卵、蜂蜜とあり、手亡(てぼう=白いんげん)を甘くしたお菓子です。
白あん特有の少しでんぷん質の食感で、口に入れると、ほろほろほろ、と崩れていき、とっても美味しいです。
日本茶によく合うし、オススメです。

白あんの饅頭とかは沢山あるけど、この白あんをメインにした、しかもボリュームあるお菓子、珍しいんじゃないかな。
もぐもぐもぐ、これを今まで知らなかったなんて、私としたことが。。。

Sさん、ごちそうさまでした。

ゑ太古屋(えたこや)
糸魚川市青海177-5
 025-562-2561
青海町商工会HP→こちら

えたこや田沢店
ピアタウン青海内
糸魚川方向から国道8号線を富山方向へ
姫川を渡り、新幹線の下の交差点を左折して左手側
新幹線の高架下に何店舗か並んでいます

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

3月4日(日)に(株)新潟藤田組様白山駅前モデルハウスで開催されたWhitedayHomeParty。

2月のバレンタインのお申込みが多く、追加開催でしたが、なんと、3月も男女とも定員を大きく上回る応募があり、午前の部を増やしました。

モデルハウスが会場という珍しさと、12名ずつという少人数だから「大人数は苦手」という方に人気なのです。

ぽかぽかと日差しが届いたこの日。
床暖房も、エアコンも全て消していても、暖かいのは、モデルハウスが高気密高断熱だから。
魔法瓶のように、一度暖めると、冷めないそうです。

さて、パーティーは吹き抜けから男性が「ハッピーホワイトデー!」の掛け声で紙飛行機を飛ばすところがスタート。
この紙飛行機にはメッセージが書かれていて、フリータイムの最初のクジ引きも兼ねています。
こんな演出ができるのも、お家ならではですね。

自己紹介は珈琲、紅茶を飲みながら。
暖かいので、冷たいお茶を選ばれる方もいました。
流しが独立型なので、皆さんの雰囲気を見ながら珈琲を入れられるのが便利です。

プチカップケーキにはスタッフが手づくりしたピックを刺しました。
色画用紙をクラフトパンチを使って型抜きをして、爪楊枝を挟むように2枚木工ボンドで貼りつけたものです。
簡単なので、オススメですよ。

自己紹介が終わったら、おまちかね。
人気店パルファンドゥーさんのケーキタイム♪
ホワイトデーなのでハートのクッキーつきや、春らしく苺のタルトなどが並びました。
ケーキをご紹介します。
・フランドール
白ワイン香るチーズタルト
・いちごのチーズタルト
レモン風味のチーズケーキ
・生チーズ
スフレタイプのしっとりチーズ
・プティショコラ
しっとりショコラに生クリームと苺
・マダムショコラ
米粉のスポンジに生チョコクリーム
・チョコベリータルト
チョコレートのタルトにベリー系をのせて
・ガランガトー
ラム酒のきいた大人のチョコレートケーキ
・フランショコラ
オレンジ風味の濃厚ケーキ

ケーキを楽しんだら、お家の中を見学です。
半地下の収納スペース、2階のバスルーム、キッチン、和室、リビングに隠されたカードを探します。
カードに書かれたキーワードは、持ち寄ったスイーツの交換会の順番を決めるアイテムです。

1番になった人から好きなスイーツを選ぶのですが、男性陣のラインアップがこれ。
専門店や、地元で美味しいと評判の洋菓子店だったり、誰のをもらうか、今回もかなり女性陣が迷うことに。
いただいたスイーツのお礼を言うタイミングで、連絡先の交換が積極的に行われていました。

午前は5組、午後は7組のカップルができました。

新潟駅から1駅という立地条件もあり、今回もカップルになった、ならない関係なく誘い合って多くの方が二次会に参加されたそうです。
こんなところも、ホームパーティーが仲よくなれる雰囲気があるから、ですね。

ご参加いただいた皆様、会場の(株)新潟藤田組様、ケーキのパルファンドゥー様、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

新潟県「あなたの婚活」応援プロジェクト→こちら
NPO法人新潟婚カツ応援団カクーンフェイスブックページ→こちら
(株)新潟藤田組HP→こちら
パルファン・ドゥー→こちら

↓クリックすると婚活情報が見られます。
婚活アドバイス・婚活応援 - 恋愛ブログ村

美味しいものは地元民に連れて行ってもらうのが一番。
ということで、今回は新潟駅近くに住む友達が教えてくれたカフェ&グリルみのりみのるさんへ。

JA全農「みのりみのるプロジェクト」がプロデュースするレストランだそうで、県内産にこだわったメニューが並んでいます。

初めてのお店って何を食べような、わくわくしますね。
しかも、どれも美味しそうで、魅力的。
糸魚川は魚を食べることが多いので、やっぱりここはお肉でしょ♪
てなわけで、豚肉のハーブグリル(1360円)を注文です。

先にサラダが登場。
ポテトサラダは五泉市の帛乙女(きぬおとめ)
もっちりしていて、つるっとした舌触りです。
里芋みたい、と思ったら、里芋の品種なんだそうな。

透けて見える野菜は、なんだろう。
赤いのは人参なのかな。
サラダ一皿でも、鮮やかで楽しいですね。

ジュージュー音を立てて、お肉が運ばれて来ました。
粗くつぶしたトマトのソースと、付け合せはレンコンとジャガイモ。
そうそう、新潟県ってレンコンの産地でもあるんですよね。

お肉♪ お肉♪
フォークとナイフで切り分けて、っと。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、ハーブが目立つから気になるかなぁ、と思っていましたが、これは美味しい。
脂身は、くどくなくて、ちょうどよう分量で入っています。
全く脂身がないと、ちょっと物足りないですよね。

ご飯は魚沼産のコシヒカリ。
つやつや、輝いています。
味噌汁はなめこ。

カフェのランチってオシャレだけど、量が少ないと思うことが多いのですが、ここのはしっかり食べた感がありました。
最後はセットのドリンクを飲んで、大満足です。

カフェ&グリルみのりみのる
新潟市中央区天神1-12-7
LEXN2 1階
025-256-8845
ランチ11:00~15:00
カフェ11:00~17:30
ディナー17:30~23:00
定休日 不定休
HP→こちら

新潟駅西側連絡通路を降りてすぐ

※グルメメモ
2018年3月3日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は、糸魚川出身の児童文学作家で、糸魚川町屋文化を守り伝える会のボス、小川英子(おがわひでこ)さんからのお土産で、京都市にある(株)菓匠清閑院さんの京てまりです。

本当に京都のお菓子って、パッケージデザインが素敵です。
色合いといい、紐の掛け方といい、紙袋までセンスがいいですよね。

これも京てまり、というネーミングに合わせて、手毬が描かれています。

中身はどんなでしょう。
紐を外して、シールをはがすと、出てきのたは、三角形の包み。
まぁ、可愛らしい。

手前の左から
緑の抹茶、黄色の柚子、白地に紫のぶどう
白地に赤と橙色の桃、白地に赤と緑のいちご、白地に黄色の生姜
黄色の柚子、茶色の黒糖、赤の梅です。
ひとつ、ひとの色合わせも、いいなぁ、これ。

では、2つ入っている柚子から、いただきまぁ~す。
ん?
まん丸い飴だと思っていたら、なにやら違う。
ぱくっ、もぐ、おっっっっ!!!
寒天で固めたものを、じゃりっとした砂糖の膜でコーティングしています。
もぐもぐもぐ、じんわり寒天が溶けていって、柚子の爽やかな香りが広がってきます。
これ、美味しいっ!
果汁を寒天で固めたゼリー系のお菓子は沢山ありますが、これは上品な雰囲気で、大人のお菓子という満足感があります。

次はどれにしようかな。
迷いましたが、抹茶にします。
だって、京都ぽいし、ゼリーで抹茶って珍しいもん。
開けた瞬間、ぷぅ~んと、抹茶の豊かな香りが漂ってきました。
ぱくっ、じょりじょりじょり、最初にまわりの砂糖が砕けていきます。
なかから、じわじわ、そして確実に抹茶が広がってきました。
砂糖の甘さと、抹茶の苦みが、素晴らしい組み合わせとなって、これも美味しいです。
お菓子なのに、日本庭園を眺めながら抹茶といただいたような爽快感が残りました。

これは、大事に1つずつ、楽しみながら食べたいお菓子ですね。

小川さん、ごちそうさまでした。

(株)菓匠清閑院
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は山形県の友達から貰った、鶴岡市(有)廣盛堂さんのカステラ煎餅庄内米です。

紙袋に入ってたので、1個単位でばら売りしているのかもしれません。

銀色の袋に、鎌を持って稲刈りをする女性と、山と飛んでいく鳥が描かれています。
中身は小判型のお煎餅が2枚。
お煎餅といより、クッキーに近いかな。
あ、庄内米と押し印がされていて、これは米俵ですね。

では、さっそく、いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、ほんのり甘くて、しっかり焼いたミルク煎餅という感じです。
もぐもぐもぐ、この甘さの中にある香ばしさ、どっかで食べたことがあるような・・・。
あっ、糸魚川銘菓の「山のほまれ」です。
「山のほまれ」は空気を含んでいて、簡単に口の中で崩れる食感ですが、これは空気の層が全くなくてザクザクした歯ごたえです。
だって「山のほまれ」もカステラ煎餅ですからね。
そりゃ~、似ているわけだ。

2枚ずつなので、湿気なくていいし、かさばらないから持ち歩きにも良さそうです。

K、ごちそうさまでした。

(有)廣盛堂
山形県鶴岡市千国町7-37
0235-22-0850

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は刈羽村にある複合施設ぴあパークとうりんぼう内になるレストランジェラートロールケーキ専門店「至福の時間」さんのマカロンです。

この至福の時間。
道の駅わしまでガンジーソフトクリームを販売している加勢牧場さんのガンジー牛を使ったメニューが食べられる、というので前からチェックしていたんですよ。

それが「行こうか」というアクティブに友達のおかげで、8号線のんびりドライブの旅←つまり高速を使わない
ナビなし、スマホなし。
それでも辿りつけちゃうのは、美味しいものセンサーが働いてナビ代わりになるからです。

お目当てはガンジージェラートだったんですが、2月いっぱいお休み。
がーん!
でも、大好きなマカロンを発見して、うきうき購入です。

フランボワーズ・イチゴ(奥のピンク)・レモン・カシス(手前の紫)・抹茶です。
他にピスタチオがありました。

私はフランボワーズが一番好き。
最初に、いただきまぁ~す。
フランボワーズだけ、細かくて四角い砂糖の結晶が散りばめられています。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、マカロン特有の空気を含んでさっくりパリパリの生地が、なんとも言えません。
食べているうちに、奥歯で固まりかけて、再び溶けていく。
この食感がたまらなく好きなんです。
もぐもぐもぐ、真ん中に挟まれた甘酸っぱいラズベリーがじわじわと生地と合わさってきて、とっても美味しいです。
最後にラズベリーの種の欠片が残っているのが、ラズベリー味じゃなくて、ラズベリーを使っていますよ、というメッセージとなって伝わってきます。
むふふふふぅ~、し・あ・わ・せ。

続いて、紫色のカシス。
カシスは黒スグリで、小さい頃読んだ漫画で、カシスでジャムを作るとかいうセリフがあって、どんなものだろう、と気になっていました。
大人になって瓶や缶入りのカクテル系がコンビニやスーパーで売り出された時は、カシスソーダにハマったんですよね。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、う~ん、このパリパリして、でもしっとりしたような食感、
マカロンしかないです。
もぐもぐもぐ、カシスのハッキリとした酸味と、生地の甘さが調和して、これもすごく私好みです。
こちらも、最後に少しだけカシスの果実が残り好印象です。
ぐふふふふ、マカロン大好きです。

ここのマカロンは1粒190円。
バクバク食べたらもったいないから、少しずつ、ゆっくり残りは食べます。

刈羽村ぴあパークとうりんぼう
HP→こちら

糸魚川方向からは国道8号線から国道116号線へ入り、上高町の交差点を左折
大きな看板あり

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

長岡市和島にあね「道の駅わしま」で販売されているガンジー牛乳のソフトクリームの美味しさにハマっている私。

刈羽村にロールケーキ専門店が出来て、カフェも併設されていると情報をキャッチしたので、友達を誘って行って来ました。

二人ともガラケー愛用者、ナビなしの軽自動車で国道をトコトコ走り、8号線と116号線の分岐点で、私のグルメセンサーが「刈羽なら、116号!」と働きました。
看板出ていると思うんだよね、という予想もあたり、大きな看板がある交差点を左折。
道なりに登っていくと、ありました。
食べたいって欲求って、すごいですよね

エリア内にはいくつか建物があって、宿泊施設は日帰り利用もできるそうです。

たいぶ雪が解けましたが、至福の時間の建物は、こんな感じ。
南仏を想わせるような、レンガとオレンジ色の壁。
アーチの通路って、私なんでか知らないけど、好きなんです。

店内に入ると、右手側がロールケーキやジェラートのショーケース。
あああああ、ジェラートが2月いっぱい休みなんて、チェックが甘かった(泣)
左手側に入ると、カフェスペースです。
4人掛けのテーブルが8個くらいあったかな。
奥には別の部屋があっても個室として使えるような造りです。
外にもテーブルと椅子があって、暖かくなった時はテラス席が気持ちよそさうですね。
小高い丘の上なので、越後平野が見渡せます。
糸魚川だと、海と山が近いから、平野見ると感動しちゃいます。

うんと、なんにしようかな。
メニューは写真入りなので、即決できました。
私はガンジー牛乳のシチューオムライス、友達は養生卵のデミオムライスです。
どちらもランチタイムは850円。
養生卵は、鎌田養鶏さんの卵ですよ。
この鎌田養鶏さんもスイーツで人気があるお店です。

食事とセットにするとサラダ、デザート、ドリンクが好きなだけ食べられるので、プラス480円でバーをつけました。
サラダバーは、1人前ずつ器に入っているのを持ってくるスタイル。

私はアボカドとえび、友達はローストビーフです。
この他にもサラダは全部で4~5種類あったような気がします。
ドレッシングは3種類で、パンもご自由に、となっていました。
スプーンの柄の部分が天使の羽根のようになっていて、可愛い❤

ドリンクの珈琲がマシーンで1杯ずつ抽出されるタイプ。
まずは、これとサラダで、世間話をしていると、オムライスが運ばれて来ました。
わぁ~、美味しそう。

まずは、ガンジー牛乳のシチューをぱくっ。
ざっくり玉ねぎと、コクのあるシチューが美味しいです。
見てください、卵ふわふわですよ。

友達のデミグラスも、一口ぱくっ。
うんっ、見た目からの期待を裏切らない味です。
女子は、何歳になってもオムライスが好きなんです。
この、ふわっ、とろっ、最高です。

デザートも加勢牧場さんのガンジー牛乳と、鎌田養鶏さんの卵を使っていました。
この器も女子の心をわしづかみですよね☆
デザート全種類制覇したいところでしたが、オムライスがボリュームがあって、さすがの私もお腹いっぱい。

お風呂の露天が平野を見渡せるそうだし、ジェラート食べたいし、また行かなくっちゃ。
まさに「至福の時間」でした。

至福の時間
刈羽郡刈羽村大字刈羽4278-3
0257-31-8123

ランチタイム11:00~14:00
facebookページ→こちら

ぴあパークとうりんぼう
糸魚川方向からは国道8号線から国道116号線へ入り、上高町の交差点を左折
大きな看板あり
HP→こちら

加勢牧場
HP→こちら

鎌田養鶏
HP→こちら

※グルメメモ
2018年2月28日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

生誕150年を迎える日本のワインの父「川上善兵衛翁」ゆかりの地「高士」で毎年開催されている「高士ルミネ」

今年は初の試みとして2月24日に岩の原葡萄園2階にあるレストラン「金石の音」で婚活イベントが行われました。
募集は14名ずつでしたが、男女とも定員を上回る申し込みがあり、18名ずつで開催となりました。

まずは、男性と女性が1対1で自己紹介タイム。
この自己紹介タイムは、誰にも邪魔されず、1人ずつしっかり向き合えるので、話が合いそうとか、雰囲気がいいな、と感じたり、逆に自分をPRする大切な時間です。
18名もいると誰が誰だから分からなくなりますが、どんなことを話したか、お休みはいつだったか、しっかりメモを取るといいですよ。

さて、自己紹介タイムが終わったら、お待ちかね。
美味しいお料理と、ワインを楽しみましょう。

前菜は高士野菜のコールスローと、高士野菜とスペイン産生ハム(ハモ、というそうです)のサンドイッチ。
1皿目から、地元高士地区の野菜をふんだんに使ってくれています。

席替えをしたタイミングで、スープ。
こちらも高士野菜を使っていて、生姜が隠し味。
寒い冬なので、生姜のおかげで体がぽかぽか温まります。

続いて牡蠣グラタン。
肉厚のぷりっとした牡蠣がとっても美味しそう。
取り分けるスタイルだと、自然に会話が弾みますね。

チキンのトマト煮は、ペンネを添えて。
このあたりになると、ワインやビールがまわったこともあり、更に盛り上がってきました。

イタリア産薪火のステーキは高士で収穫された大根のブイヨン煮と一緒に。
薪火を使ったので、木の香りがお肉の味を引き立てている一品です。
大根も軟らかくて、しっかりブイヨンが染み込んでいます。

席替えのタイミングで、出来たての暖かいお料理が出てくるのでお腹いっぱい。
でも、炭水化物を食べたいという方もいるので、縁結び米を使ったオムライスが提供されました。
ケチャップで、えんむすびと書いてあります。
卵にクリームを使い、ふわっふわっで、とっても美味しそうでした。

外のロータリーでは、竹のオブジェに灯が入りました。
食事を済ませたので、蔵の見学や、この日のために作られたレシピでのふるまいを自由に楽しむ時間です。

貯蔵蔵の中では、ワインの樽が眠っています。
蔵の見学では案内係の男性が、ワインの歴史や種名を丁寧に教えてくれました。
冬の間、雪を貯めておいて、夏の気温上昇を防ぐように造られているそうです。

自由時間が終わり、再度レストランに戻って来た皆さんは、温かい珈琲と紅茶で、デザートタイム。
チーズケーキ
プリン
珈琲ゼリー
バナナとチョコのパウンドケーキ
苺とバニラのムース
これだけあると、テンションがあがります。
とくにプリンがすごく美味しいと、甘党男子がパクパク食べていましたよ。

高士ルミネのフィナーレは打ち上げ花火。
糸魚川市の(株)八川屋商店さんが昨年に続いて、大輪の花を咲かせました。

カップリングがなく、連絡先を交換したい方や気になる方にカードを投票する方式でしたので、帰りのお土産の中に誰からカードがもらえたかドキドキです。
連絡先の交換が自由で、レストランの外でも自由に動けたので、積極的に交換をされていました。

お土産はオムライスにも使っていた縁結び米。
観光パンフレットもいろいろあり、次に会う時の参考になればいいですね。
送迎バスが高田駅まで出たので、そのまま高田で二次会に行かれた方もいたそうです。
来年の高士ルミネには、カップルで来られるのをお待ちしています。

ご参加いただいた皆様、会場の(株)岩の原葡萄園様、料理を作っていただいたシェフ、協力いただいた皆様、ありがとうございました。

(株)岩の原葡萄園
上越市大字北方1123
HP→こちら

高士地区雪まつり実行委員会
高士ルミネfacebookページ→こちら

新潟県「あなたの婚活」応援プロジェクト認定イベント→こちら

↓クリックすると婚活情報が見られます。
婚活アドバイス・婚活応援 - 恋愛ブログ村

本日: 256人
合計: 389120人

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る