ジオパーク&ジオサイト観光

月不見の池、藤の開花リポートです。

駐車場からコンクリートの道路を進み
トイレの場所から右手の売店前を通って池に出てみます。
角を曲がると、まず目に飛び込んでくるのは赤い鳥居。
月不見の池は古くから信仰の対象だったのでしょうか。
鳥居をくぐると
森がひらけて光が届く月不見の池が現れます。

早川の街道沿いの藤の花は満開でしたが
月不見の池の藤は今年は雪が多く、4月になっても寒い日が続いたからか
藤の花は例年より少し遅いようですね。
地元の方いわく
「月不見の池は森に囲まれているから
下(街道沿い)より開花が遅いんだ」
へぇ~、へぇ~、へぇ~。

まるで池の下にも花が咲いているかのように
藤色の花びらが水面に漂っています。
周りの景色を写しこんで幻想的な世界が広がっていました。

月不見の池は
山地の隆起で起きた大きな地すべりの末端部。
池の水は湧水です。
八十八か所など、このあたりで巨石が多いのは
大滝の山が割れて移動した名残で
月不見の池周辺の奇妙な景観を作り出しているそうですよ。
はい、ここ、ジオパーク検定の上級試験に出題されましたからね。
月不見の池は地すべりです。

さてさて、遊歩道の周りには苔むした太い大きな藤の枝が
岩の間から池に張り出しています。
遊歩道の上や
池の上に突き出して作られた休憩所の頭上にも
藤のつるが伸びて、複雑に絡まっています。
どこからが池なのか分からないくらい
周りの景色と溶け込んでいます。
この太い木のような枝も
大きな岩から生えている藤で
いったん下にのび、ふたたび空を目指しているようです。
いつから、この藤は根をおろしているのでしょう?

遊歩道は、藤の間を抜け、
木の根っこの上を越え、奥へと続いています。
ちょっと時間と体力がないので
池の入り口でUターンです。

売店で藤野鉢植えをパチリ。
山野草など、他にも大きな鉢、手頃な大きさな鉢
色んな種類が並んでいました。

帰り道、観光バス「ジオま~る号」は早川の新町地区で停車しているのを発見。
沿道に並べられた自慢の藤の花を観光客の皆さんが写真を撮っていました。
パンフレットを見ると「藤街道沿いの茶屋で休憩・お土産」と書いてあります。
早川は美味しい和菓子屋さんが多いので
花だけではなく、お腹にも嬉しい日帰りツアーですね。
糸魚川定期観光バスは5月22日(日)まで毎日運行しています。
※糸魚川市観光課に確認したところ、期間の延期はないとのことでした
大人2900円、子供1900円、大人二人5500円で
予約は糸魚川バス025-552-0180へ。
糸魚川市HP「定期観光バス花めぐり」は→こちら早川の翠工房さんの「わさび漬け」リポートと
金子つつじ園のリポートは明日に続きます。

↓藤に見とれてわき見運転しちゃダメよ、と思う方も
藤棚の下にベンチがあると座りたくなる方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

5月19日(木)
糸魚川市は快晴。
風もなく、朝から暑くなっています。
今日は25度を超えるようですよ。

さて、昨日糸魚川定期観光バス花めぐりコースにもなっている
早川の月不池の藤まつりに行って来ました。
藤まつりの会場には
国道8号線の早川橋交差点から、笹倉温泉方向に向かってください。
信号のところに大きな観光案内版が出ています。

道なりに進むと
途中から道路添いに立派な藤棚や藤野鉢植えが並んでいます。
どれも愛情こめて手入れをされています。

藤の名所月不池に行くには
商店が多い新町地区に入り
郷の駅「翠工房わさび屋」さんを目印に走ります。
左手に翠工房さんの看板が見えたら
少しだけ行くと今度は
白い看板「日光寺」と黄色い看板「糸魚川市立下早川小学校」があります。
ここの脇道に入り、
すぐの小さなTの字を左に曲がります。
坂道を道なりに登ってください。
左手に下早川小学校、続いて日光寺があり
坂を上りきると大きな十字路に出ます。
正面左手に大きな藤棚があるので
そのまま十字路を直進してください。
すると左手に大きな駐車場があり

そこが月不見の池の無料駐車場になります。
駐車場には大きな観光案内と
緑色の駐車場看板があります。

ちょうど「糸魚川定期観光バス花物語 糸魚川ジオま~る号」が停まっていました。
運転手さんに聞いたところ、この日もほぼ満席だそうです。
花が開花した今週に入ってから
連日満席に近いようですよ。
空席があれば当日でも乗車はできますが
人気のコースなので、予約をおススメします。
フロントには糸魚川のジオパークのマスコットキャラクター
「ジオまる」が。

では、私も駐車場に車を停めて
月不見の池に行ってみます。
途中には「呆け封じ観音」や
歴史のありそうな「月不見の池」の石碑などが点在しています。
定期観光バスに乗ると
ここで40分、ゆっくり時間をとっているので
興味のある人は、ひとつずつ石碑の文字を読んだり
散策してみると楽しいと思いますよ。
私は・・・、足元に咲く花を撮影して先へ急ぎます。

月不見の池は
うっそうとした森に囲まれているので
びっくりするほど、ひんやりしていて
池から流れる水なのか、森の中から川のせせらぎが聞こえています。
静かな中にも自然の音を沢山聞く事ができます。

遊歩道の手前には水洗トイレも完備されています。
トイレから左手に行くと
森の中を進む遊歩道
右手に行くと特産品や手作りの鞄、木工などの売店があります。
足に自信がない方は右手に進んだ方が池に近いです。

と、長くなったので
藤と月不見の池の写真とリポートは、パート2に続きます。

↓月不見の池に遠足に行ったことがある方も
昔はボートがあったこを覚えている方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

7 / 7« 先頭...34567

本日: 115人
合計: 369596人

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る