ジオパーク&ジオサイト観光

フォッサマグナミュージアムは、ヒスイ、化石、フォッサマグナ、大地の秘密を学べる、全国でも珍しい石だけの博物館。
糸魚川世界ジオパークの拠点として、最近は外国からの見学者も多くなっています。

昨年の秋から常設展示室を全面リニューアル工事にはいり、休館していましたが3月9日にオープンしました。
3月7日と8日に糸魚川市民は無料開放だったので、見学に行って来ました。

ガラス張りの長い廊下を抜けると最初の部屋は、翡翠の原石がどど~ん。
ライトで水を表現されています。
館長さんいわく「翡翠峡まで行けない方もいるので、翡翠峡をイメージした」とか。
なるほど。

その次は、これまた、どこを見ても、翡翠、ヒスイ、ひすい。
市民から寄贈された透明感があって、大きな原石は本の表紙にもなったとか。
こんなに綺麗な翡翠は、めったにないそうですよ。
って、写真撮り忘れているし・・・。
ここでは、緑以外の翡翠も飾られています。
糸魚川が翡翠の町だということを強く印象づける部屋ですね。

次に進むと、石が浮かんでいます。
もちろんレプリカですが、飾られている本物の石があるので、一瞬えっ?とインパクトがあります。
体験コーナーも充実しました。
翡翠って重いんだよ、と筒を持ち上げて他の石と重さを比べてみたり、手触りで翡翠だと思ったらボタンを押すと〇か×で表示されたり、虫眼鏡で拡大してみたり、と大人でも楽しめます。

フォッサマグナの名付け親であるドイツ人地質学者ナウマン博士のコーナーにはのご子孫から寄贈いただいたゆかりの品が展示されています。
ナウマンという名前でピンと来た方いますよね。
そう、野尻湖で発見されたナウマン像もナウマンさんがかかわっているのですよ。
ちなみにナウマン像は小型で、頭が平らなのが特徴です。

ん?回転寿司のようなもの発見。
お皿の上には「フォッサマグナ」「ヒスイの歴史」などと書かれた筒がのっています。
画面を読むと、ふむふむ、お皿を置くとクイズが出題されるのですね。
初級、中級、上級とあり、そりゃ~、ジオパーク上級合格者で、ジオパークマスターでもある私は上級に挑戦です。
問題は三択。
結果は、案外勉強したことが忘れていた・・・。
なんだか悔しいので、別の皿をセットして、再び挑戦。
これは、子供でも挑戦できるし、大人もハマります。

混んできたので、次に進みましょう。
フォッサマグナミュージアムは石の博物館なので、翡翠以外にも色んな原石が展示されています。
出口近くのコーナーは、写真とは別の色んな石がずらずらずらーと、ものすごぉ~く並んでいます。
1つずつ、石の名前を見たり、解説のパネルを読んでいるだけで、時間があっという間に過ぎてしまいます。

今までのミュージアムも楽しかったですが、リニューアル後はまさにパワーアップ。
さくさくっと見よう、と早足でまわった私でさえ、1時間かかりましたからね。
これで大人500円、子供は無料なんて、絶対に得です。
以前に一度見たもん、という方もぜひもう一度おいでください。

ファッサマグナミュージアム
糸魚川市一の宮1313(美山公園内)
025-553-1880
開館時間 午前9時~午後5時
午後4時30分受付終了
休館日 年末年始、12月~2月の月曜日
祝日の場合は開館、祝日の翌日は休館
入館料 大人500円(団体400円)、子ども(高校生以下)無料
長者ヶ原考古館とセットの場合は大人600円(団体500円)

糸魚川市バナー

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

ヘリコプターで焼山ジオサイトを空から眺めて大自然の中で春スキーを楽しみませんか
第30回焼山山麓へリスキーツアー
●日時 2015年3月21日、22日
●参加費 1名15000円(1回につき)
●募集人数 両日2日間で400名 
●申込方法
025-555-4233(ファックス兼用)

留守電電話となっています。お問合せの場合はお名前と電話番号をメッセージに入れてください。こちらからお電話させていただきます。
メールyakeyama-heliski@ninus.ocn.ne.jp
代表者名、参加希望日、予定人数を明記
●その他
・ツアーの所要時間は約3時間です
・3月21日が悪天候のため中止の場合は22日にスライドして参加可能です。なお両日とも悪天候のため実施できない場合は中止となります。
・当日のフライトが悪天候その他の理由で実施できなかった場合は、現地受付で必要経費を参加費から差し引いて返金いたします。
・参加中の事故につきましては、主催者は一切免れるものといたします。
●主催 焼山山麓へリスキーツアー実行委員会
025-555-4233
メールyakeyama-heliski@ninus.ocn.ne.jp
ホームページhttp://yakeheli.webcrow.jp/

 ↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

フォッサマグナミュージアムは、ヒスイ、化石、フォッサマグナ、大地の秘密を学べる、全国でも珍しい石だけの博物館。
糸魚川世界ジオパークの拠点として、最近は外国からの見学者も多くなっています。

昨年の秋から常設展示室を全面リニューアル工事にはいり、休館していましたが3月9日にオープンします。
展示室は6つ、研修室兼企画展示室もあり、ジオパーク情報コーナーも充実しました。
また、子どもの入館料がずっと無料となりました。

リニューアル記念として、3月7日と8日は糸魚川市民に無料開放されます。

ファッサマグナミュージアム
糸魚川市一の宮1313(美山公園内)
025-553-1880
開館時間 午前9時~午後5時
午後4時30分受付終了
休館日 年末年始、12月~2月の月曜日
祝日の場合は開館、祝日の翌日は休館
入館料 大人500円(団体400円)、子ども(高校生以下)無料
長者ヶ原考古館とセットの場合は大人600円(団体500円)

糸魚川市バナー

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

10月19日(日)に三峡パークで開催された秋の海谷まつりに参加して来たのでリポートします。

今年は、前日からの快晴。
こんなに澄み切った青空に恵まれたのは、何年ぶりでしょう。
去年は雨だったし・・・。

海谷渓谷に続く道の途中(御前山地区)から根知方向を見ると、高い山は白くなっています。
最近めっきり冷え込みましたからねぇ。
すすきとと杉の木と、日本の原風景が広がっています。

今年は紅葉もきれいに色づきました。
ここで海谷渓谷について説明しておきましょう。

海谷渓谷はフォッサマグナが海だった頃(約300万年前)にできた海底火山の噴出物を刻んでできたそうです。
崖には火山灰や溶岩が流れたあとが、よく保存されています。
千丈ヶ岳の高さは約600メートル、大岸壁には左側へ傾く地層がハッキリと分かります。
目の高さには、山菜のぜんまいに似た「ぜんまい地蔵」と言われる岩があります。
このあたりは、ジオパーク検定の基本中の基本ですよ。
私は上級合格者です、ふふん。

緒形拳さん主演の映画「楢山節孝」で、年老いた母親を山に置いてくるシーンが撮影されたのも、ここ海谷渓谷。
ちなみに私も見学した一人で、芸能人に会ったのは緒形拳さんが初めてというのが自慢です。
ふふん。

紅葉の名所でもあり、なんと言っても、岩肌と色づく赤と黄色が特徴です。
トレッキングで河原まで行くのもよし、炊事場で作って食べてもよし、自然を満喫できる場所です。

さて、海谷まつりに来たら、海谷汁と、手打ち蕎麦を食べなければいけません。
海谷汁には、別売りの餅を入れるのがお勧め。
3つ入りですが、私は2個投入。
粉が溶けて、とろみがついて、さらに美味しくなります。
なめこ、人参、豆腐、里芋、大根、長ネギ、しめじ、えりんぎ、豚肉(鶏肉も入っていたと思う)
具だくさんです。
隠し味は、おっかさん達の愛情と笑顔。
大きな鍋で、じっくり煮るから旨いんです。

蕎麦は、市野々地区の蕎麦粉100%。
ちょっと太目に切ってあり、冷たい汁でいただきます。
この蕎麦、持ち帰りもできます。
が、うかうかしていると、売り切れるんです。
その場で食べるのだって、10人待ちは当たり前。
お昼前に注文するのが吉なんですよ。

気持ちのいい天気の下、フラダンス、海谷太鼓、大正琴(じゃないのかな、きれいな音色でした)を楽しみ、丸太きり大会や、輪投げをして、木工作品を作り、思い思いにすごしました。
写真がない?
すみません、お腹いっぱいになったら、満足して全然撮れていません。

そんなこんなで、秋の海谷まつりは終了しました。
また春にお待ちしています。

問合先 西海公民館 025-552-0268

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

10月19日(日)
糸魚川市は快晴。
すっきりとした秋晴れです。

さて今日は越後の上高地と言われている海谷で、秋の海谷まつりが開催されます。
ALEXは、笹すし九郎右エ門さん、郷の茶店えほんさんと一緒にテントを建てています。
※写真は、数年前の海谷まつりです。

秋の海谷まつり もみじの学校
●日時10月19日(日)  9:30~15:00
●場所 海谷三峡パーク周辺
●海谷ハイキング
海谷高知までのハイキングに参加希望の方は9:00までに三峡パークへ集合してください。
昼食は持参で軽登山の装備でお願いします。
※雨天中止。また晴天の場合でも視界が悪かったり、海谷が増水した場合は中止させていただきます
●イベント内容
午前中 ブナ林散策 ・宝探し
昼食時 フラダンス・海谷太鼓他出演予定
午後  丸太切り・輪投げ・木工クラフト
●販売
手づくりこんにゃく、笹団子、海谷汁、なめこ、山菜おこわ、地元野菜、手打ち蕎麦、手づくり雑貨、笹すし、パン、きなこ餅など
●海谷写真展

問合先 西海公民館 025-552-0268

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

 

紅葉の名所として有名な海谷で、秋の海谷まつりが開催されます。
糸魚川市内に24あるジオサイトのひとつ、海谷渓谷へのハイキングもあります。
ALEXは、笹すし九郎右エ門さん、郷の茶店えほんさんと一緒にテントを建てています。
今回は無料のマイクロバスがヒスイ王国館前から出ますので、ぜひご利用ください。

秋の海谷まつり もみじの学校
●日時10月19日(日)  9:30~15:00
●場所 海谷三峡パーク周辺
※雨天の場合は西海公民館10時~13時
●海谷ハイキング
海谷高知までのハイキングに参加希望の方は9:00までに三峡パークへ集合してください。
昼食は持参で軽登山の装備でお願いします。
※雨天中止。また晴天の場合でも視界が悪かったり、海谷が増水した場合は中止させていただきます
●イベント内容
午前中 ブナ林散策 ・宝探し
昼食時 フラダンス・海谷太鼓他出演予定
午後  丸太切り・輪投げ・木工クラフト
●販売
手づくりこんにゃく、笹団子、海谷汁、なめこ、山菜おこわ、地元野菜、手打ち蕎麦、手づくり雑貨、笹すし、パン、きなこ餅など
●海谷写真展
●無料マイクロバス
行き→ヒスイ王国館前発9:00、なわぶん9:10頃
帰り→三峡パーク初14:30
※先着25名(定員になり次第締め切り)
10月16日までに公民館にお申込みください。

問合先 西海公民館 025-552-0268

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

越後の上高地と言われている海谷渓谷で春の海谷まつりが開催されます。
海谷へは国道8号線から「押上西」の信号(Tの字の角にコンビニあり)から、山に向かって約30分です。
※今回は、全国植樹祭に一般参加する為、ALEXは出店できません。
また笹すし九郎右エ門さん、イノヤのパン、御菓子司澤田屋さんも出店しません

春の海谷まつり2014
~みどりの学校~
●日時 2014年6月1日(日)9:30~15:00
●場所 海谷三峡パーク
●タイムスケジュール
9:30 開会式
10:00~11:30  ヒラタケの駒打ち体験(50本限定)他
12:00~13:00  海谷太鼓・フラダンス、かとうショコラB班の演奏など多数の催しを予定!
13:00~15:00  ロープクライミング、ターザンブランコ、
輪投げ大会、丸太切り(参加賞あり)
●先着100名様限定 餅煮の「無料券」をプレゼント
※開会式終了後に無料券を配布します(お一人一枚限り)
●市野々産100%のそば粉(とよむすめ)を使った海谷そば(仮称)、採れたて新鮮特産物、おつまみ
※雨天の場合は西海公民館向かいのコミニティースポーツセンター(体育館)で13時頃終了となります
●無料マイクロバス運行決定(2往復)
糸魚川高校前発1便9:00、2便10:30
公民館まで要申し込み(5月30日正午締切)お願いします
●問合先 西海公民館 025-552-0268

糸魚川市バナー

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

糸魚川の藤の名所、月不見の池。
藤の花で、月に映る月が見えなくなることから名付けられたと言われています。

月不見の池は地すべりの窪地に湧水が溜まって出来た池で、巨石が多いのが特徴です。
ここは世界ジオパーク糸魚川の24あるジオサイトのひとつでもあります。

5月13日現在、月不見の池の藤はまだ咲いていません。
行けの周辺の散策路(1周15分ほど)は、日陰で滑りやすいところもありますので、歩きやすい靴をおすすめします。

新町地区の街道沿いの藤は咲き始め。
木によって開花に差がありますが、滝のように見事に満開になっている藤があちこちに並んでいます。

藤の名所月不池への道順。
国道8号線「早川橋西詰」の交差点を早川郷へ入ります。
※ガソリンスタンドあり。
交差点には大地の公園糸魚川ジオパークの看板があり「月不見の池」「八十八ヶ所」「不動山」「焼山」「早川温泉郷」と矢印が出ています。
郷の駅「翠工房わさび屋」さんを目印に直進してください。
左手に翠工房さんの看板が見えたら少しだけ行くと今度は
白い看板「日光寺」と黄色い看板「糸魚川市立下早川小学校」があります。
ここの脇道に入り、突き当たりの小さなTの字を左に曲がります。
坂道を道なりに登ってください。
左手に下早川小学校、続いて日光寺があり坂を上りきると大きな十字路に出ます。
正面左手に大きな藤棚があるのでそのまま十字路を直進してください。
すぐ左手に月不見の池の無料駐車場があります。

郷の駅 わさび屋 翠工房
糸魚川市日光寺221-8
025-555-4250(FAX兼)
営業時間 9:00~17:00
定休日 第二・第四土曜日
HPは→こちら

糸魚川定期観光バス~糸魚川ジオま~る号~花物語
●運行日
平成26年5月13日(火)~22日(木)
●運行コース
JR糸魚川駅前10:10発→藤のさと「月不見の池」→藤街道「早川藤まつり会場」→彫刻と庭園の美「谷村美術館・玉翠園」(昼食)→つつじの咲く丘「月華山かねこつつじ園」→JR糸魚川駅14:25着
●乗車料金
大人2900円、子供(小学生以下)1900円、ペアパック(大人2人)で5500円
●お申込み・お問合せ
糸魚川バス 025-552-0180
※お電話でご予約をお願いします。座席が空いていれば事前予約なしでもご乗車いただけます。

●観光に関するお問合せ
糸魚川市観光協会 025-552-1742
HP→こちら
糸魚川市交流観光課 025-552-1511
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

糸魚川市出身の高瀬昭男さんの作品展がフォッサマグナミュージアムで開催されています。

フォッサマグナミュージアム特別展高瀬昭男の世界
ブリキのおもちゃを主素材にした作品や、石・ステンレスりモニュメント(写真)まで
●期間 2014年4月26日~6月8日
会期中は無休
●開館時間 9:00~17:00
●入場無料
※通常展は入館料が必要です。
大人500円、小学生~大学生300円
●高瀬昭男略歴
1942年 糸魚川市に生まれる
1965年 金沢美術工芸大学彫刻家卒業
1967年 東京芸術大学院彫刻家卒業
1973年 関根伸夫と環境美術研究所を結成し活動を開始
1981年 空間造形研究所を設立、主幹。現在に至る

↓GW中のフォッサマグナミュージアムのイベントです↓

市民縁日
日時 2014年5月3日(祝)~5日(祝)
AM9:00~PM4:00
●会場 フォッサマグナミュージアム前広場
●問合せ 
フォッサマグナミュージアム
025-553-1880

10thフォッサマグナミュージアム クラシックカーミーティング
●日時    2014年5月3日(祝) AM9:00~PM2:30
●会場 フォッサマグナミュージアム噴水広場
●クラシックカー展示50台
●海賊船コンサート 11:30~、13:30
●市民縁日(5/3~5/5)
ケータリングスタンド(軽食、飲み物)
主催 フォッサマグナミュージアム 025-553-1880
協力 糸魚川クラシックカークラブ、糸魚川市観光協会

糸魚川市バナー

いといがわベース

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

クラシックカーミーティングが今年もフォッサマグナミュージアムで開催されます。
オールディーズのバンド演奏や、笹すしパンおやき、ジュースなどのケイタリングスタンドもあります。

10thフォッサマグナミュージアム クラシックカーミーティング
●日時    2014年5月3日(祝) AM9:00~PM2:30
●会場 フォッサマグナミュージアム噴水広場
●クラシックカー展示50台
●海賊船コンサート 11:30~、13:30
●市民縁日(5/3~5/5)
ケータリングスタンド(軽食、飲み物)
主催 フォッサマグナミュージアム 025-553-1880
協力 糸魚川クラシックカークラブ、糸魚川市観光協会

糸魚川市バナー

いといがわベース

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

本日: 233人
合計: 370027人

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る