お土産

今日は山形県の友達から貰った、鶴岡市(有)廣盛堂さんのカステラ煎餅庄内米です。

紙袋に入ってたので、1個単位でばら売りしているのかもしれません。

銀色の袋に、鎌を持って稲刈りをする女性と、山と飛んでいく鳥が描かれています。
中身は小判型のお煎餅が2枚。
お煎餅といより、クッキーに近いかな。
あ、庄内米と押し印がされていて、これは米俵ですね。

では、さっそく、いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、ほんのり甘くて、しっかり焼いたミルク煎餅という感じです。
もぐもぐもぐ、この甘さの中にある香ばしさ、どっかで食べたことがあるような・・・。
あっ、糸魚川銘菓の「山のほまれ」です。
「山のほまれ」は空気を含んでいて、簡単に口の中で崩れる食感ですが、これは空気の層が全くなくてザクザクした歯ごたえです。
だって「山のほまれ」もカステラ煎餅ですからね。
そりゃ~、似ているわけだ。

2枚ずつなので、湿気なくていいし、かさばらないから持ち歩きにも良さそうです。

K、ごちそうさまでした。

(有)廣盛堂
山形県鶴岡市千国町7-37
0235-22-0850

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は友達からもらった、まめやさんの彩の豆カレー味です。

ギフト用の詰め合わせからカレー味をもらったので、袋には製造元とかが書いてありませんが、
私の記憶が確かなら、神奈川県鎌倉市のまめやさんです。

では、さっそく開けてみましょう。
袋を開けると、ぷぅ~んとカレーのいい匂いがします。
固形ルーより、缶に入っているカレー粉の方の匂いです。

豆は、そら豆ですね。
いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、からりと揚がったそら豆に、まんべんなくカレー粉がふりかけられていています。
スパイスを効かせたカレーですが、子供でも食べられる辛さだと思います。
もぐもぐもぐ、奥歯でそら豆が砕けて、カレーの味が広がって美味しいです。

これはビールが好きな人なら、ビール片手に食べたいだろうなぁ。
カレーは食欲を増進させる効果があるので、これもついつい手がのびて止まりません。
お菓子なのに、まわりの空気がカレーのいい匂いに染まります。

Kさん、ごちそうさまでした。
またお喋りしましょうね。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は山形県酒田市にある山居倉庫を改装した観光施設「酒田夢の倶楽」のお土産コーナーで買って来た江崎グリコ(株)さんの東北地区限定発売の佐藤錦Pockyです。

このジャンボポッキーシリーズ。
各地で限定品が発売されていて、思わず手に取ってしまいますよね。
ええ、今回も、手を伸ばしましたよ。

だって、私は果物の中で、さくらんぼが大好き。
それも山形に行って、佐藤錦の美味しさに感動してからは、更に大好きになったんです。
ルビーのように赤くて、果肉が厚くて、さくらんぼ食べてる!という満足感がすごいんです。

その佐藤錦がポッキーだなんて、食べないわけがありません。

では、さっそく、いただきまぁ~す。
ジャンボポッキーって、1本ずつ袋に入っているんだよね。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、ザクザクとした太いポッキーに、ピンク色のチョコレートが厚めに塗られています。
ところどころ、ぷつぷつしているのは、フリーズドライなのか、ちょびっとだけ固まりがあって、そこだけジョリとします。
もぐもぐもぐ、さくらんぼのやさしい甘さが再現されていて、美味しいです。

昔、ポッキーに対抗したのか、ラッキーという太いスティック状のお菓子があって、その歯ごたえが好きだった私は、このジャンボポッキーのザクザク具合はドストライクなんてす。

もぐもぐもぐ、ちなみにカロリーは1本45キロカロリーでした。

酒田夢の倶楽
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は山形県酒田市にある山居倉庫を改装した観光施設「酒田夢の倶楽」のお土産コーナーで買って来た人生菓集宅の店さんの歌舞伎くるみです。

酒田市の友達が「これさ~、昔からあるんさ~」
と、勧めてくれたのが、これ。
庄内弁は語尾に「さ~」とよくつきます。
道案内も「右さ~曲がってさ~」という感じ。
小さく切った試食を食べてみたら、あら、美味しい。
すぐに気に入って、購入決定。

桜と椿が描かれた包装紙には、金色に輝くシールで「夢の倶楽推奨品」と貼られているので、お店の人も超オススメってことです。

包装紙を外すと、歌舞伎がデザインされた箱です。
弁慶かな、これ。
箱を空けると、和紙ぽい袋に入ったお菓子が6個ビニールに並んでいます。

歌舞伎くるみ、と商品名にある通り、クリームかかった長方形の生地に胡桃がたっぷり見えています。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、粘度が高くて、甘い生地に胡桃がこれでもか、というくらい入っています。
胡桃の薄皮の味もしっかりして、めちゃくちゃ美味しいです。

原材料は砂糖、くるみ、寒天、乳化剤。
そっか、この食感は寒天なのか。
もぐもぐもぐ、生の胡桃をそのまま食べているような、それでいて、この喉にしっかりくる甘さといい、推薦品の金ぴかシールがつく理由が分ります。

でも、なんで歌舞伎なんだろう。
パンフレットを読んで要約すると
「鎌倉時代、悪い風習が流行し、集落の生活がすさんだため、これを改めるため芝居を始めたと伝えられている。
山形県指定無形民俗文化財で、この文化遺産に感動した当店の初代が考案した」
ほほう、すごいな。
ちなみに、歌舞伎座でも販売しているそうですよ。

Kちゃん、すすめてくれてありがとう。
家族にも大好評でした。
これは、絶対にリピート買いします。

(有)宅の店
山形県酒田市駅東2-3-15
0234-24-5700
山形しょうない観光サイト→こちら

酒田夢の倶楽
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は「能登に行ってきた」という友達からのお土産で、竹内商事(株)さんのカルッテベイクです。

真っ青の箱に、カラフルなクッキーの写真。
お土産は美味しいのはもちろんのこと、こうやってパッケージデザインも大切ですよね。
すごく印象に残る色合いです。

青のスペードはアールグレイ
ピンクのハートがストロベリー
緑まクローバーは抹茶
橙色のダイヤはオレンジ
とトランプの絵柄と、それぞれの色合いに合わせた味が楽しめるようになっています。
ナイスアイデア。
それぞれの袋も色合いが素敵です。

では、真ん中のストロベリーからいただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、すごく、サクサクとしていて、軽い歯ごたえのクッキーです。
ソフトクッキーというか、半生と表現したいくらいの、さっくり具合。
お土産のクッキーって正直、甘すぎたり、日持ちをするために、水分が少なくて硬すぎたり、何枚か食べたら飽きる時がありますが、これは甘さが口に残らなくて美味しいです。

続いて抹茶。
さきほどのストロベリーも、口元に持っていくだけで、ぷぅ~んと香っていましたが、こちらも抹茶のいい匂いがします。
ぱくっ、さくさくさく、抹茶の清々しさが口の中に広がっていきます。
抹茶のお菓子が好きな人には、ぜひ食べてもらいたい味です。

アールグレイ、オレンジも食べるのが楽しみです。

Yちゃん、ごちそうさまでした。

竹内商事(株)
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は友達からのお土産で、(株)シュゼットさんのシーキューブ ハッピースウィートアソートです。

兵庫県芦屋市のお菓子ですが、友達は神奈川で、伊勢丹のシールが張ってあったので、グルメ街で買ったのだと思います。

さてさて、中身はなんだろな。
左手一列は焼きティラミス。
手前の丸いのはラングドシャ。
上の三角形はなんだろ。
気になるので開けてみましょう。

テトラパックは、必要な包装部分が一番少なくて容量が大きくなるとテレビでやっていました。
昔はよくジュースなど学校給食で見かけましたが、なるほどねぇ、と思った記憶が。
ちなみにテトラは科学でも習った用語で、テトラ結合だったっけな。
高波防止のテトラポットは商品名だとか、公共放送だと「波消しブロック」というのだとか、なんたらかんたら。

と、話がそれました。
開けてみましょう。
黄色からは白いチョコを挟んだクリーム色のお菓子。
茶色かかったピンクからはチョコレート色です。
ぷっくり、ころころとしていて、形が可愛いですね。
白い方をばくっ、もぐもぐもぐ。
卵ボーロのような、スノーボールのような、ほろほろとした生地です。
白いのはホワイトチョコ。
これ、食感といい、味といい、美味しい!

思わず、チョコの方も、ぱくっ。
こちらは、ちょっぴり苦くて甘いです。

誰かが、兵庫県のお菓子はオシャレでハズレがない、と言っていましたが、これも確かに指名買いしたくなる美味しさと見た目です。

あと2種類食べるのも楽しみだなぁ。

(株)シュゼット
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は親戚からのお土産で、(株)トミゼンフーヅさんの彩果の宝石です。
埼玉県のお菓子です。

わぁ、これ大好き。
ジューシーで美味しいんだよね。
しかも、大箱で嬉しい。

スライド式の外箱から出すし、白い箱が出てきて、開けると葉っぱのようなデザインがされた薄紙でカバーされています。
白を基調としている高級感漂う、この包装。
同じ中身でも、デザインって大事ですよね。

開けると、カラフルな一口サイズのゼリーがぎっしりで、フルーツバスケットのようです。
何種類あるんだろ。
と、並べてみようとしたら、パンフレットに写真つきで紹介されていました。
なんと15種類!
しかも全種類入っているとか。
いちご、りんご、もも、オレンジ、あんず、グレープフルーツ、ぶどう、マスカット、ラズベリー、パイン、ビクトリア苺、レモン、青うめ、赤うめ(しそ入り)、プレーン。
グレープフルーツは輪切りにしたような形、ラズベリーや葡萄は粒が表現されていて、オレンジは薄皮を外して果実の筋まで再現されてます。
この形が素晴らしい。

では、真ん中で存在感ありまくりのビクトリア苺から、いただきまぁ~す。
小袋を開けて、口元にもってくと、ぷぅ~んと甘い苺の香りが。
ぱくっ、もぐもぐしないで、ゆっくり口の中で転がします。
ゼリー全体に薄く砂糖のような甘い部分があり、少しざらっとします。
それがじわりと溶けて、ゼリーにたどり着く工程がたまりません。
もぐ、おっ、一度噛んだだけで、じゅわぁ~と広がる苺の味。
ヘタのところまで、しっかり完熟した甘さです。

お、美味しい。
以前に食べた時も感動したけど、今回も旨すぎる。

次はなんにしようかな。
マスカット、大好物でございます。
こちらは、葡萄の皮の香りがします。
ぱくっ、苺と同じく少しざらりとした外周でじわじわ甘いです。
ん? さっきのビクトリア苺より、ぷにぷにしているというか、弾力に柔らかさがあります。
もぐ、お~!
鼻に抜ける、このマスカット!
収穫前に糖度があがって、ぎゅっと凝縮されたようなマスカットに近いです。
食べたあとも、口に残るマスカットの香り。
最高です。

全種類食べたいけど、これはじっくり少しずつ味わいたいです。

Kさん、ごちそうさまでした。

(株)トミゼンフーヅ 彩果の宝石
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日はお正月に帰ってきた従妹からのお土産で、(株)鎌倉座さんの戌年半月栗きんとん味です。

なんでも普段は兎のデザインだけど、新年の頃は、その年の干支のデザインになるんだとか。
調べたら東京ばな奈のグループ会社のようです。
どうりでパッケージといい、季節限定といいい、消費者のツボを上手に押さえているわけです。

このわんこのデザインも可愛くて、女性ウケしますよね。
三日月に両手をかけてのぞいているうさぎちゃんの表情も何ともいえません。

縦長の箱を空けてみると、1枚ずつ半月が出できました。
イラストと同じ押し印がされていて、割るのがもったいないくらいです。

でも、もぐもぐリポーターとしては、この味をお届けしなくっちゃ。
てなわけで、いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、しっかり焼き上げてザクザクとした歯ごたえです。
ザクザクだけど、薄いので硬いというより、奥歯の反応がいい。
クリームがたっぷりサンドされていて、そのクリームをぺろり。
ちょっとだけザラリとしていて、甘い栗きんとんの味です。
栗というより、栗のまわりにある薩摩芋。
しかも焼き芋ぽい味です。
栗と薩摩芋のでんぷん質が感じられるお菓子です。

これはお土産にまた欲しいし、自分でも行く機会があったら選びたいお菓子ですね。

Mちゃん、ごちそうさま。

(株)鎌倉座FS 鎌倉五郎本店
鎌倉市小町2-9-2
0120-151-560
公式オンラインショップ→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください。

今日は新年のあいさつに来た親戚の手土産で、(株)東京ひよ子さんの、ひよ子です。

東京土産の定番中の定番、私が学生の頃(何年前だか年がバレるので詳しくは言わないけど)は、母方の祖母が大好きで「買って来て」と楽しみにしていたのが、この「ひよ子」
昔は東京に行くなんて、珍しいことでしたけど、今では糸魚川から新幹線1本、2時間で行けるようになりました。

箱のイラストも、のほほんとしていて癒されます。
中身は、まぁ、おめでたい白とピンク。
調べたら、紅白の特別バージョンらしいです。

では、ピンクを開けてみましょう。
って、書いてて気づいたのですが、肝心な中身(ひよ子)の写真を撮り忘れているじゃない、反省。

中身はピンクでも白でも同じようです。
う~ん、毎回、どこから食べようか迷うんだよね。
そんなつぶらな瞳で見つめないで・・・。
と思いつつ、人差し指と親指で、顔のあたりの皮だけを取ります。
ほら、こうすれば、目が合わない。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、この白あん。
いつ食べても変わりません。
皮の香ばしいところも大好きです。

一緒に食べた家族も「久しぶりに食べたけん、旨いなぁ」と日本茶をすすっていました。

(株)東京ひよ子
東京都台東区上野2丁目7-7
03-3835-0145

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は友達からの手土産で、(株)中村屋さんの、うすあわせです。
東京のお菓子ですが、新潟県内のサービスカウンターで扱っているかも。

箱の中には、10個行儀よく並んでいます。
赤があがき、緑がかぼちゃ、紫がさつまいも味です。

丸くてパイ生地のお菓子ですね。
う~んと、かぼちゃからにしよう。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、薄いパイ生地が何層も重ねられた中に、オレンジ色のかぼちゃペーストが入っています。
かぼちゃは、端っこから、きっちり入っていますがね上半分は空洞なので、空気を含んでいて、重たくありません。
もぐもぐもぐ、しっとりとした食感で、上品な甘さです。
パンフレットには、2種類の南瓜をブレンド、と書いてありました。
かぼちゃを食べる時は、♪かぼちゃ、ぼちゃぼちゃ、ぼちゃぼちゃ~ かぼちゃ♪という歌を思い出します。
どこで聴いたのか全く記憶がないのですが、妙に耳に残っている歌です。

続いて、あずき。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、お~、こしあん❤
こちらは、しろあんと合わせてあるそうです。
ほんのり塩気を感じるあんこで、私、この味好きだなぁ。
珈琲にもよく合います。

ぱっと見た感じ、そんなに大きくはないのですが、なんせパイ生地。
さくっとした口あたりなのですが、食べた満足度は十分にあります。

さつまいも味は、あとでまた日本茶を入れて楽しむことにします。

Tさん、ごちそうさまでした。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

2 / 2812345...1020...最後 »

本日: 202人
合計: 389227人

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る