お土産

今日は京都に行って来た友達からのお土産で、(株)辻利さんの宇治抹茶チョコレートです。

宇治といえば、お茶が有名ですよね。
中学の修学旅行で宇治に行った時に、お昼は平等院近くでした。
そこでは、ご飯に細かく刻まれたお茶の葉がふりかけられていた記憶があります。

黒とグリーンの対比がかっこいいパッケージですね。
では開けてみましょう。
引き出すタイプの中箱に、7枚並んでいます。
小袋を開けると、ぷぅ~んと抹茶のいい香りが漂ってきます。
葉っぱをイメージした形のチョコレートですね。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、とても滑らかで、とっても美味しいです。
チョコレートの甘さの中から、じわじわとくる抹茶ならでは、ほろ苦さ。
舌の奥に、抹茶の風味が広がっていきます。
これ、美味しい。
抹茶が苦すぎず、かといって、抹茶の味が薄いと、普通のチョコレートになっちゃいますが、これは抹茶とチョコレートのバランスがとてもいいです。
もぐもぐもぐ、7枚入りじゃなくて、もっと欲しいな、と思います。

Nちゃん、ごちそさまでした。

↓十円玉は、平等院鳳凰堂がデザインされている方が表と知っている方も
鳳凰は、60年~120年に1度しか実をつけない竹の実だけを食べると言われていると知っている方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は仕事でお世話になってる方からのお土産で、埼玉県行田市の(株)十万石ふくさやさんの十万石まんじゅうです。

十万石ということは城があったということ???
箱の裏の説明を読むと
「現代の行田市を中心とする埼玉県北部は成田氏城主の天正年間、石田光成の水攻めにも屈せず、難攻不落の白として関東七名城の1つに数えられた「忍城(おしじょう)」を中心に栄ました」
ほほう、やはり城があったのですね。
そして、1石は百升だそうで・・・、えっと、十万石は・・・、どんだけ???
じゃあ、加賀百万石って、めちゃくちゃすごいってこと???

このお菓子は、城下で作られる忍米を形取り、皮に米の粉と大和芋を使っているそうです。
そして、箱の絵は、故棟方志功さんだとか。
テレビのお宝探偵団に出てくる名前じゃないですか。

では、さっそく、開けてみましょう。
ぱかっとな。
小判を包んでいるような白い楕円形です。
なんとなく、時代劇の饅頭の下に小判隠してるシーンが重い浮かびます。
そうそう、あれって「越後屋、そちも悪じゃのぉ~」なんて台詞でしょ?
越後の人は、真面目だから悪巧みなんてしません(笑)
どこの越後屋さんよ、賄賂贈ってんの、ぷんぷん。

それは、それ、として、いただきまぁ~す。
1つずつビニール袋に入っていて、さらにビニールで包まれています。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、美味しい、これ。
しっとりとし生地は、もっちりした感じです。
それもそのはず、米粉は新潟県産コシヒカリ。
ふふ~ん、越後やるじゃん。

中身は、こしあんで、こちらも、しっとり滑らか。
甘さも甘すぎず、かといって、しっかり甘く、とっても美味しいです。

つくね芋(山芋のなかでも最高級)のすりおろしが入っているので、ふっくらしているのだと思います。
なんとなく、お饅頭だけど、お腹で膨れる気がするし。
これを指名買いする気持ち分かります。

Nさん、ごちそうさまでした。

(株)十万石ふくさや
埼玉県行田市長野2-27-28
0120-07-1059

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は久しぶりに糸魚川に帰郷したイトコからのお土産で、(株)ショウエイさんの東京駅丸の内駅舎まるころです。

東京駅は100周年、ということで、れんがの東京駅の写真が使われていて、JR東日本商品化許諾済のロゴが入っています。

ふら、写真を見るとマカロンぽい♪
私、マカロン、大好きです。
さっそく開けてみましょう。

4つずつ、ピンク、黄色、茶色の丸い・・・、マカロンじゃありません。
クッキーぽい。
箱の裏には、しっかり「この製品は、さっくりと焼き上げた生地にホワイトクリームをサンドした色鮮やかなクッキーです」と書かれています。

では、ピンクから、いただきまぁ~す。
真ん中★がついてますね。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、ピンクは苺味です。
サクサクとした軽くて甘いクッキーです。
真ん中のクリームも美味しいです。

続いて黄色を、ぱくっ、もぐもぐもぐ。
こちらはチーズです。
サックリした中にチーズのコクが広がっていきます。
クリームはたぶん同じで、クッキー生地にチーズが使われているんだと思います。

最後に茶色を、ぱくっ、もぐもぐもぐ。
これはチョコレート味です。
ココア味と言えばいいのかな。
苺が爽やかで、チーズがコクて、これが一番甘い気がします。
もぐもぐもぐ、(株)ショウエイさんの色んなお土産(お菓子)を食べたけど、どれも美味しいし、パッケージもいいです。
ハズレがないって感じかな。
これもおすそ分けしやすくて、鞄に1つ、2つおやつとして入れておいてもいいと思います。

まーくん、ごちそうさま。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は糸魚川と小谷の境にあるホテル國富翠泉閣に行って来たという親戚からのお土産で(株)新潟東洋さんのホテル國富翠泉閣とろろおぐらです。

よく「京都に行って来ました」と書かれている(それが商品名)お土産を見ますが、これもズバリホテル國富翠泉閣に行って来たと分かるお菓子です。

とろろ、おぐら???
最初は、とろろ蕎麦と思いました。
でも、おぐらって小豆だよね。

開けてみましょう。
平らな包みが5つ並んでいます。
優しい黄色の色合いは、山並みをイメージしているのかもしれません。
包みを開けると、表面は茶巾絞りとまではいかないけど、真ん中に生地を寄せたような感じです。
半分に割ると、小豆は砕いて白あんに練りこまれています。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、白あんって、ちょっとパサパサするのが得意じゃないのですが、これはしっとりしています。
とろろ芋を使っているからでしょうね。
もぐもぐもぐ、小豆の味と、白あんの味、そして、うっすらとろろ。
皮も蒸かした饅頭とは、違います。

食べたあと、なんとなくお腹の中で膨れる気がするのは、とろろ効果???
ちなみに、やまいもの含有量は全重量の15%、小豆は17%使用だと大きく書かれていました。

Iさん、ごちそうさまでした。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は、あの小川英子さんからのお土産で、(株)ヨックモックさんのクリスマスビエ オゥ ショコラブランです。

「あの」では分からない方もいると思うので(いないと思うけど・・・)説明しておきますね。
小川英子(おがわひでこ)さんは、糸魚川出身の児童文学作家です。
糸魚川の町屋文化を守り伝える会の代表でもあり、人を巻き込んで何かをしようという力は糸魚川で右に出る人はいないかもしれません。
ベレー帽とメガネの小川さんが「やぁ!」と元気な時は、何かを計画している時です。

今までは、お菓子をいただく→何かに巻き込まれる(手伝う)という図式でしたが、最近は、私以上によ~く動いてくれる方が何人もいるおかげで、私は安心してお菓子を食べることができます。
それでも、いつもの癖で、すぐに食べないでいました。
だって、食べたら、そのあとが怖いんだも~ん。
で、今日、旧倉又茶舗さんの前を通りかかったら、なにか書類広げて打ち合わせしていたし、しかも小川さんと一緒にいた方が巻き込まれるのに慣れている方だったので、よしよし、今日は大丈夫、と食べることに。

手さげ袋はクリスマスです。
東横ハチ公とあります。
ほんわかしていて、優しい色使いと、表情で癒されますね。

開けてみます。
一瞬、ふくろうの目と思ったのはクリスマスオーナメントをイメージしています。
ぐるぐる螺旋状になっていて、立体的に見えるように工夫されています。
グリーンの小包装にもトナカイやプレゼントがデザインされていて、うきうきしますね。
包みの中は、ホワイトチョコレートに包まれた平らなお菓子です。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、サクサクとした歯ごたえです。
ん、この厚さで、この軽い食感。
半分食べて、観察すると、薄く焼いたラングドシャが2枚になっています。
謎は解けた。
1枚の厚い生地じゃなくて、薄い2枚を重ねることによって、間に空気が入り、サクッとするんだ。
もぐもぐもぐ、美味しいなぁ。
ヨックモックさんのお菓子にハズレってないよねぇ。
5枚ずつ一区切りになっているけど、一気に食べてしまいそうです。
でも、小川さんが「つ、疲れた。けど、〇〇に顔出してくる」と言うまで、全部食べないわよ。

小川さん、ごちそうさまでした。

小川さんと町屋会についてはホームページとフェイスブックページができたので、そちらをご覧ください。

糸魚川の町屋文化を守り伝える会
旧倉又茶舗
〒941-0068 新潟県糸魚川市本町6-4
糸魚川本町通り商店街 クスリのコダマ様ななめ向かえ
025-555-7275(小川)
h-ogawa@rose.plala.or.jp(町屋会事務局メールアドレス)

ホームページ→こちら
フェイスブックページ→こちら
ポータルサイト「だっちゃ!」のページ→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は沖縄のお土産で、南国製菓さんのちんすこうです。

この「ちんすこう」って、どん意味なの?と、沖縄県出身の方に聞いたら、昔は王様とか身分の高い人しかたべられなかったお菓子だそうです。
漢字表記だと金楚糕で「黄金色に輝き(金)、ほどけるような口当たりの(楚)焼菓子()」という意味なんだとか、なんとか。
ほほう、私は「ちん」は珍しいという意味だと思っていました。
あと、中国とかで偉い人(王様?)が「朕(ちん)は」と、いうので、それなのかと思っていました。

さてさて、最近は、色んなのが増えていて、紫芋も定番化していますね。
それでも、ウコン、ゴーヤ、ミルクは初めてみました。
ココナッツは見たことがあるような、ないような・・・。

では、ゴーヤを食べてみましょう。
緑色でゴーヤ粉末が使われているとあります。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、甘くてサクサクして、ちんすこう特有の粉ぽさがあります。
ゴーヤの味があるかといえば、ん~、どうだろう。
苦くもないし、青臭さもないし、特に変わったことがないちんすこうです。
普通のより、さっくりしている感じがするけど、基本のちんすこうがないので比べようがありません。

では、ウコンもいってみよう。
こちらは秋ウコンを使用しています。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、こっちの方がゴーヤより甘いと思うのは、気のせいかしら。
そして、ザックリしているような、していないような・・・。
ウコンの味はというと、はっ、私、ウコンを飲んだことがありません。
呑む前に飲む、とか、飲みすぎにウコンの力、なんてCMをやっていますが、私は下戸なんでウコンを飲む機会がないんです。
なので、ウコンの味を知りません。
こっちも癖もなく、甘くて美味しいちんすこうです。

ちんすこうは、しっかりとした味があるので、残り3つはあとでまた食べることにします。

Nさん、ごちそうさまでした。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は新婚旅行でハワイに行って来たというお二人からのお土産で、マカダミアナッツホワイトチョコレートです。

わぁ~い、わぁ~い、マカダミアナッツ大好き。
ホワイトチョコも大好物です。

さっそく、いただきまぁ~す。
ぱかっ、おっ、よくある何かの形をしたチョコレート(たとえばオーストラリアだとコアラだったり、中国だとパンダってありません?)ではなく、紙カップの中にホワイトチョコレートを流しこんだような形です。
甘い、いい匂いがします。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、とするともったいないから、口の中でゆっくり溶かします。
まったりとした味が舌や上あごに張り付いて、鼻に甘さが抜けていきます。
喉の奥にも、とろりんと粘度が高いまま流れていきます。

ん?マカダミアナッツが出て来たぞ。
でも、慌てない、慌てない、一休み、一休み、とアニメ一休さんがCMに入る前のように自分に言い聞かせます。
きれいにチョコレートがなくなったところで、がりがり、奥歯でナッツを砕きます。
芳醇で香ばしい香りが、広がり、チョコレートの余韻と入れ替わります。
お・い・し・い。

まだ、きらきら、ぴかぴかしている指輪をパチリ。
ネイルも優しい新婦さんにピッタリなピンクとレースです。
いつもクールで感情をあらわにしない新郎さんも、結婚式では緊張したり、感極まって涙目だったり、ハワイで2人きりの時は、本当に嬉しそうに笑ったりしていて、幸せいっぱいというのがデジカメからも伝わって来ました。

T&Tさん、ごちさうさまでした。
末永くお幸せに。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日はご近所さんからのお土産で、(有)馬場製菓さんの屋久杉せんべいです。

あれ、この会社、見覚えがあるぞ。
最近いただいた屋久島たんかんスイートと同じ会社です。
行った日も違うし、別の方からいただいたので、全然接点はないのですが、びっくりです。
お土産品が得意分野の会社なのかもしれません。

お土産を選ぶ基準って「どこに行って来たか分かる」「その土地の名産が使われている」「安すぎず高すぎず」って大事ですよね。
私は、小袋に入っていると、湿気なくて分けやすいなぁ、とかも考慮します。

その点で、このTHE屋久島という写真、これはいいでね。
縄文杉を少し横から撮影しているそうです。

では、開けてみましょう。
割れにくいように、箱の中のトレーは白い厚紙の筒で覆われています。
トレーはビニールに入っていて、湿気にくくなっています。
12枚入りで、それぞれに濃い緑の縄文杉の写真が使われています。

中身は、年輪をイメージしていますね。
写真では分かりにくいですが「屋久杉」の文字が浮き上がっています。

ぱくっ、もぐもぐもぐ、せんべいとありますが、米菓じゃないです。
甘くて、ちょっと歯ごたえがあるビスケットのような感覚です。
もぐもぐもぐ、糸魚川でいうと「山のほまれ」を空気を抜いて、しっかり焼いた感じかな。
もぐもぐもぐ、ん?なんだろ。
砂糖、卵だけじゃないな、この味。
よく見ると、茶色ぽいものが練りこまれている・・・。
裏の原材料を見ると「ピーナツ」とあります。
香ばしい後味は、ピーナツか!なるほど。

でも、なんでクッキーみたいに甘いのに、煎餅っていうんだ?
調べてみたら、煎餅とは穀物の粉を使った食べ物、だそうで、原材料が米とは限らないそうです。
へぇ~、へぇ~、へぇ~。

Nさん、ごちそうさまでした。

(有)馬場製菓
鹿児島県熊毛郡屋久島町一湊319
0997-42-0091

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ 
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は屋久島に行って来た親戚からのお土産で(有)馬場製菓さんの屋久島たんかんスイートです。

種子島産の安納芋に屋久島産の完熟たんかんのジャムをブレンドしました、とあります。
安納芋って、蜜芋と呼ばれるくらい甘いさつま芋ですよね。
たんかん、ってパッケージの写真からすると蜜柑に近いのかな。
と調べてみたら、たんかんはポンカンとネーブルオレンジの自然交雑で出来た柑橘系の果物で、中国広東省原産だと言われているそうです。
鹿児島県が日本一の生産量を誇り、なかでも屋久島産はジューシーで甘いと評判なんだとか。

ほほう、では、さっそく開けてみましょう。
ビニールに入った長細いトレーが2つ入っています。
3つずつ並んでいて、6個入りです。
真ん中が少し焦げ目がついています。
半分に割ってみると、しっとりとしたさつま芋ペーストの中に、ところとごろ小さなオレンジ色が見えます。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、舌にまとわりつくような濃厚なスイートポテトです。
まったりしたさつま芋の中から柑橘類の爽やかな風味が広がってきます。
奥歯に、その皮の部分が入ると後味すっきりです。

お土産って、日持ちのために水分が少なくてパサパサしたものが多いけど、これはしっとりしていて、とっても美味しいです。
特産品を生かしたお土産っていいですね。

Tさん、ごちそうさまでした。

(有)馬場製菓
鹿児島県熊毛郡屋久島町一湊319
0997-42-0091

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

今日はKどすぇ~さんからのお土産で、(有)山高食品さんの天国のぶたです。

群馬県みどり市のメーカーで、中のパンフレットを読むと「創業以来玉子(だし巻き)一筋。玉子の品質には絶対の自信を持っています」
ほほう。

この「たぶん世界一濃厚なプリン」というキャッチコピーがインパクトあります。
しかも「天国のぶた」って、どういう意味?
同じパンフレットに、その答えがありました。
「トシーノ・デ・シエロ(和訳すると「天国のぶた」はスペイン南部アンダルシア地方の伝統菓子。玉子の黄身だけでつくられる」
なるほど~、って、なんでプリンを天国のぶたって言うのか謎(笑)

まぁ、いいや、開けてみます。
黒い蓋についている、帯に書かれた言葉が、またこりゃすごい。
「トラウマにある味さ」
「生半可な気持ちで食べるものではない」
ウケる・・・。

では、いただきまぁ~す。
スプーンで、つんつん。
弾力のあるプリンです。
スプーンの先を跳ね返すような、元気なプリンです。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、濃い、確かに濃い。
色も南瓜プリンかと思うほど、黄色よりオレンジぽいです。
底から、じわじわ出てくるキャラメルソースも、喉に張り付くほど濃くしっかりした味です。
プリンを食べているというより、違うものを食べている感覚です。
サイズはこぶりだけど、すごく食べた満足感があるプリンでした。

Kどすぇ~さん、こぢそさまでした。

(有)山高食品
群馬県みどり市笠懸町鹿2965-7
0277-76-1389

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

10 / 28« 先頭...89101112...20...最後 »

本日: 248人
合計: 389115人

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る