糸魚川名産

今日は「糸魚川の飴屋」といえば、ここ!
牧野製飴店さんの「マキノ式飴」です。

ALEXがある本町通りの一本山側の細い路地にあるので、
ナビや地図を見ながら買いに来た方が、よく
「この辺に飴屋さんありませんか?」と道を尋ねてくるくらい有名です。
本町通りからは白馬通りの十字路(横町の交差点、信号あり)を山の方向へ曲がり、
右手にある池田屋酒造(謙信の看板)の正面にある細いTの字を進んでください。
※ただし、一方通行で白馬通りからは車は入れません。

この飴は懐かしい砂糖と水飴で出来ている「飴らしい飴」で、
お店に行くとキラキラ宝石みたいな飴がケースに入って並んでいます。
バラ売りは5個単位(同じ種類で5個ずつ、イチゴ3黒糖2といった買い方はできません)
迷う人は、バランスよくミックスされた袋入りがおススメです。
豆が入ったシリーズと、豆がないシリーズと2つありますよ。

今回食べるのは、豆が入っていない詰め合わせの方です。
何から食べようかなぁ、この緑ってメロン味だっけ?
いや、メロンじゃなくてレモンだったような・・・。
黄色=レモンだと思って口に入れると違った記憶があるもん。
やっぱり赤いイチゴ飴にします。

ぱくっ、なめなめなめ、小さい頃から全く変わらない味です。
包紙代わりのオブラートが溶けて、それからイチゴの味がじわじわと舌に伝わってきます。
松之山の友達に「ばぁさんが好きだから来る時に買って来て欲しい。
イチゴだけでいいんだわ」と頼まれるイチゴ味です。
お祖母さんは数年前に亡くなったのですが、それでも松之山の友達に会う時は
イチゴ飴を買って行くようにしています。

なめなめなめ、「昔に比べて小さくなった」という人がいますが、
それは自分が大人になって口が大きくなったからじゃないかなぁ。
だって、1個入れたら喋れなくなるくらい大きいんです。
なめなめなめ、いつまでたっても口の中を転がっています。

私は喉が弱く、風邪をひく時は必ず喉が痛くなります。
小さい時、祖母と病院に行った時に
「喉を乾燥させないように。牧野の飴を口に入れておけば一番いいんだ」と言われ、
バス時間を気にしながら飴を買いに行った記憶があります。
確かに、こんだけ大きければ喉によさそうです。
なめなめなめ、母のが通っていた美容室も近くて、
パーマを待つ間「飴を買っておいで、好きなのを買っていいから」とお小遣いをもらった記憶もあります。

結婚するお客様に命名の由来を聞いたら
「お腹にいる時、お母さんが牧野の飴を無性に食べたくて、
女の子だから、牧野の飴からマキになったんです」という方もいました。
さすがに漢字は「牧」ではありませんでしたが、名付け親が牧野の飴ってすごくないですか?

なめなめなめ、久しぶりに舐めましたが、これぞ糸魚川名物ですね。

牧野製飴店
糸魚川市本町4-10
025-552-0725
営業時間 AM9:00~PM6:00
定休日 毎週火曜・第4月曜
HP→こちら

↓自分の命名の由来を知っている方も
牧野製飴店さんがある通りの雁木が糸魚川で一番古いと知っている方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

11月15日は「かまぼこの日」だって知っていましたか?
なんでも永久三年、関白右大臣東三条へ移御のときの祝宴の図があり、
そこに蒲鉾が載っているんだとか。
永久三年は西暦1115年にあたることから「かまぼこの日」となったそうです。
かまぼこ業界では有名な話なんですって。

糸魚川と言えば一印かまぼこ店さん。
櫛形蒲鉾が土産としても人気ですね。
その一印かまぼこ店さんが日頃の感謝の気持ちをこめて、感謝祭をすると案内をいただきました。

11月15日(火)16(水)
午前11時〜午後6時30分
●さつま揚げ、くし型かまぼこ、かまぼこメンチ、ブラックメンチが期間中のみの感謝価格!
●両日商品お買い上げの方に紅白かまぼこプレゼント!
1:30〜先着20名様
5:30〜先着20名様
●お歳暮の早期予約特典もあります
●お茶などの飲み物や、ご来店してからのお楽しみ振る舞いもご用意しております
(有)一印かまぼこ店
糸魚川市寺町2-7-8
025-552-0411

↓櫛形蒲鉾を軽くあぶって山葵醤油で食べると美味しいのを知っている方も
自分の誕生日が何の日か知らない方もクリックお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

糸魚川で知らない人はいないと言われる「平沢のコロッケ」
今回、写真を忘れずに撮ったのでリポートします。

注文を受けてから目の前で揚げるコロッケは、
糸魚川のB級グルメとして雑誌などにも多く取り上げられています。

お店に入ると右のショーケースにはお肉、左にはお惣菜が並んでいます。
どちらも量り売りで、好きな分だけ買えるところが嬉しいですね。

コロッケが揚がる間、お惣菜を選びます。
ハムたっぷりのポテトサラダ、ハンバーグと、どれも美味しそうです。
今回は新発売の「秋茄子とチキンの大根おろし和え」をチョイス。

家に帰ってあつあつのコロッケを、いただきまぁ〜す。
もぐもぐもぐ、ひき肉が沢山入ったシンプルなコロッケです。
しっかり潰されたジャガイモは滑らかで、
しっとりしていながらホクホクです。
何もつけずに食べたいコロッケです。
もぐもぐもぐ、2枚くらいはペロリといけます。

続いてメンチカツを、もぐもぐもぐ。
ざっくり大きめに切った玉葱が甘くて、肉汁がしたたるメンチカツです。
ソースをかける必要は全くありません。
もぐもぐもぐ、食べたい時に近くにあって幸せ!

そうそう、お惣菜も買ったんでした。
素揚げした茄子と鶏肉が酢でサッパリと味付けされています。
秋の味覚カボチャも入っていて、豆とプチトマトで色鮮やかでした。

糸魚川に来たら、ぜひ食べてくださいね。

肉のひらわさ支店
糸魚川市上刈3丁目
025-552-0335
営業時間10:00〜19:00
国道148号線沿い
糸魚川インターチェンジからは8号線方面へ向かい右手側
国道8号線からは148号線へ入り線路の高架橋を渡り、すぐ左手。
(糸魚川ショッピングセンター前の信号近く)

↓コロッケはお惣菜の定番と思う方も
モノマネのコロッケさんはオーバー過ぎて本人から怒られたりしないのかな?と思う方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします。

5月20日(金)
糸魚川市は晴れ。
風もなく洗濯物がカラリと乾きそうな陽気です。
既に気温もあがっていますので半袖でOKなくらいですよ。

さて、18日(水)早川の月不見の池と藤まつりを見たあとは
気になっていた郷の駅わさび屋翠工房さんに寄ってみることにしました。

わさび漬けはどれにしようかな?と
迷っていると、笑顔の素敵なお姉さんが
「試食してみませんか?」と声をかけてくれました。
もぐもぐ食べながら
「これは少しトロッとしていて、こっちは御飯にのせて食べても美味しいですよ」
と、お姉さんの丁寧な説明を聞きます。
それでは「このイカが入ったのと、エノキか入ったのくださいな」
すると「キュウリもおススメです」
そっか!味は違うけど同じようなわさび漬けを2つ買うより
わさび漬けとキュウリで違う方が楽しめそうです。
お姉さん、ナイスアドバイス!

レジでお姉さんに
「天才!しむら動物園でDAIGOとサルのさくらが来たのは
ここですか?」と聞くとニコニコと「はい」。
お姉さんの後ろの壁には
テレビ取材の写真と、DAIGOのサインが飾られていました。

そう言えば、郷の茶店えほんさんからいただいた
「わさびチーズケーキ」のわさびもここのかしら?と
聞いてみると社長の渋谷さんが登場。
「おおっ、食べてみた?」と話が弾みました。
とっても気さくな社長さんです。
テレビに出ていたイケメンは息子さんだそうですよ。

家に帰って、さっそく食べてみました。
このパッケージの言葉が遊び心あっていいですね。
「松前わさび」は昆布とイカが入っていて
方言で「おまんた、こりゃうまいぜね」(あなた達、これは美味しいよ!)
キューリのわさび漬けは
「カッパも大好き!!」なんだって。
確かに、水のきれいな早川にはカッパが住んでいそうです。

松前わさび漬けは
そんなに辛くなく、昆布とイカの旨味が強いです。
わさびが得意じゃない私でも
御飯のともにバクバク食べてしまう美味しさです。
ただ、調子にのって食べると鼻が刺激されて
脳がスースーしますよ。

続いてキューリのわさび漬けを切ってみます。
シャキシャキしたキュウリで
カッパじゃなくても大好き!と言うこと間違いなし。
こっちの方が舌にダイレクトにピリッと辛さがきます。
一緒に入っている山葵もかじってみました。
これは、刻んで蕎麦の薬味としてもいいかも。

これから暑くなると、そうめんや冷麦にも合いますね。
食欲が落ちる夏でも、これがあれば
もりもり食べられそうです。

今度は違う種類を買って食べてみたいと思います。

郷の駅 わさび屋 翠工房
糸魚川市日光寺221-8
025-555-4250(FAX兼)
営業時間 9:00~17:00
定休日 第二・第四土曜日
HPは→こちら

↓DAIGOが出たテレビを見た方も
わさびは安曇野のイメージがある方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください。

4月5日(火)
糸魚川市は快晴。
風もなく、春休み最後を外で遊んで過ごすのには、いい天気です。
さて、青い空にはえる、この黒い瓦屋根と煙突は
糸魚川横町にあるマルエス醤油味噌醸造さんです。

ここの味噌は、味噌らしい味噌って表現で分かりますか?
今は出汁入りや、お手頃価格の味噌、いろんな美味しい味噌が売っていますが
それでも、マルエスさんの味噌は一味違います。
トムヤンクン・ふかひれスープと並んで
アジア三大スープの「味噌汁」
※このアジア三大スープはタイに旅行中、現地ガイドさんが教えてくれました。
本当に三大スープなのか定かではありません(苦笑)

日本の食卓にかかせない、味噌汁を作ってみると
その味に驚きます。
時々、大量に味噌を投入しないと味噌の味がしなかったり
風味がない味噌があって、残念な思いをしますが
マルエスさんの味噌は、味噌の香りがしっかりして
一瞬しょっぱい、でも塩辛いだけじゃないコクがあります。
翌日味噌汁を温めなおしても「味噌」がちゃんと存在感があります。
糀が白く残るのも、特徴です。

さらに、サバの味噌煮、焼きおにぎりを作ると
「こんなに違う?」と、ちょっと感動してしまいます。

なにより、おススメは
キュウリを味噌つけて、かじる!
これは、味噌の力が1番出る食べ方です。
マルエスさんの味噌で一度食べたら、やめられない、とまらない、ですよ。

そして、ご飯のお共「味噌漬け」
炊き立て白いまんまに、この味噌漬け、最強です。
日本茶をかけて、お茶漬けぽくしても、うまいっ!
日本人で良かった、と思う朝ごはんです。

マルエス醤油味噌醸造店
糸魚川市横町1-1-4
025-552-0127
定休日 日曜日
営業時間 9:00~18:00
メイドイン糸魚川マルエスさんのページは→こちら
クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください。

↓朝は白いご飯に味噌汁という方も、味噌汁を飲みのは久しぶりという方もクリックをお願いします。

3月18日(金)の糸魚川は晴れ。
久しぶりに青空です。
写真は横町の秋葉神社の松の木。この木もじっと春を待つのですね。
(古典の掛詞。懐かしいですなぁ)
ただ、日陰では雪が残り、10時現在でもシャーベット状に凍っている部分があります。
油断するとスペルので、気をつけましょうね(経験者は語るw)
糸魚川駅周辺の道路には積雪がありませんが
山間部などでは積もったところがあったようです。

さて、おやつの必需品、日本茶がなくなったので
とことこ歩いて白馬通りの正香園さんに煎茶を買いに行って来ました。

正香園さんは糸魚川市役所の近くに本店があります。
自社で製茶していて、私は年始のご挨拶に使う「年賀茶」をよく買っています。

なんと、この商品、4gのお茶が100パックも入って、お買い得なんです。
しかもティーバックは薄くて、しっかり四方向が閉まっているので
お茶がでやすくて、茶殻が出ないすぐれもの。
とても重宝しています。

こうやって、糸魚川で作っているものを糸魚川市民が利用するって大切だと思いませんか?

正香園さんのHPは→こちら

↓地産地消に賛成の方はクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

今日はランチ、と言うより「お弁当」ですが
いつもお世話になっている(有)九郎右エ門(くろうえもんさんから、
笹すしをいただきました。
笹寿司は糸魚川の郷土料理で、一家にひとつ笹寿司を作る木枠を持っていて、お盆など人が大勢集まる時に、よく作ります。
(木枠を持っていないご家庭も増えたのかもしれませんが・・・)
笹の葉がお皿代わりになる事や、笹と寿司飯の抗菌作用で日持ちがする事、大量に作れて御飯とおかずが一緒になっている事など、先人の知恵なんですねぇ。
能生地域は小判のように手で押すだけ、具材も一枚に3種類くらい
糸魚川はご飯の量も多く、ぎっちり押すのが多いようです。
また、海沿いは小魚の佃煮を使ったり、山間部だと山菜を使ったり地域性があります。

さてさて、九郎右エ門さんとは、
美山公園お花見屋台をはじめ、夏祭りなど各イベントで協力しあう仲間なのです。
冬場は、なかなかイベントがないので久しぶりの笹すしです。

では、竹皮の包を開きます。
そうそう、貼ってある「新潟県知事推薦  こりゃうまいシール」は泉田知事の許可を取ってあるんですって。
泉田知事が糸魚川に来られた際に笹すしを食べて「こりゃあうまい!」と言ったことから
笹すし片手にした泉田知事の似顔絵を作ったそうです。
九州地方の知事のようにブームになってくれないかと、期待しているところです。

さてさて、中身は、というと
笹の上に寿司飯がのっていて、その上に錦糸卵などの具材があります。

九郎右エ門さんのHPから引用すると、左から
鮭・・銀鮭を毎朝焼いてほぐし、味をつけたものを使っています
きゃらぶき・・・5~6月、山からフキを取ってきて佃煮に。きざんで茹でこぼしコトコト二日間じっくり煮込んだものを使っています
くるみ・・・細かく刻んで砂糖・ハチミツ・醤油で佃煮風にして、時間をかけて煮詰めたものを使っています
紅生姜・青しその実の漬物・桜でんぶ・・・目でも楽しむお寿司です。各家庭でよく使われているものですので、九郎右エ門でも使うことにしています。
卵・・・毎朝、薄焼き卵を作って千切りにしたものを使っています

朝早くから、手間暇かけて作っている笹寿司なんですね。
私は鮭とくるみが大好きで、ちょっと割増料金払うからと「ALEXスペシャル」を作ってもらったことがあります。
鮭、くるみ、鮭、くるみ、鮭、くるみと二種類オンリー。
たぶん、先にも後にも、これ一個だったのだと思います。

さて、笹すしは箸を使わないで葉っぱが長い方がめくって食べるのが通なんです。
横から食べると笹で唇を切りますので、ご注意を。
最初に鮭が口に入ります。
もぐもぐもぐ、うん、この鮭が美味しいんですよね。
次にきゃらぶき。もぐもぐもぐ、醤油が効いています。
続いてくるみ。さきほどの醤油が甘しょっぱい味に変化していきます。
さして紅生姜あたりで、一度口の中がさっぱりリセットされた後にシソの実で歯ごたえがあり
桜でんぶで口の中が完全に「しょばい系」から「甘い系」にチェンジ。
そして卵で御飯とのハーモニーを噛みしめるって感じです。
御手拭と漬物、食べ方のメモまで入っているなんて、親切だわぁ。

一口ずつ変化していく笹寿司。
糸魚川駅でも駅弁として販売しているそうですよ。
もちろん、お取り寄せも可能。
詳しくは(有)九郎右エ門さんのHPへ→こちら

↓笹寿司を作るお手伝いをした事がある方も、最近食べてない方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください。

本日: 276人
合計: 341646人

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る