ブライダル

結婚式を挙げた想い出の教会は
いつでも、何度でも訪れたいものですね。

和田野の森教会
笑顔の素敵なスタッフが
いつでも温かく迎えてくれます。

糸魚川市方向から白馬和田野の森教会に行くには
148号線、新田・森上の交差点(信号)を左折
道なりに進んで、日帰り温泉の「倉下の湯」を過ぎ
橋を渡り、突きあたったTの字(信号なし)を右折すると
すぐ左手に長野オリンピックのモニュメントが見えてきます。
左に伸びる坂道を登ると、そこが和田野の森エリアです。

または、白馬駅前を通称オリンピック道路方向に曲がり
オリンピック道路との十字路を左折
(右手にコンビニ、正面に足湯があります)
そのまま道なりに進むとオリンピックのモニュメントが見えてきます。

登りきった十字路の左手には
白馬東急ホテルさんがあり、真っすぐ行くと樅の木ホテルさんがあります。
十字路を右に行くと、森のアーチになり
特に新緑のシーズンは別世界に来たかのような錯覚があります。

この木々の下を進むと
右手にラネージュ東館さんがあり
その先に和田野の森教会があります。

教会のアーチを写真に収めていると
スタッフのお姉さんが「記念日ですよね」と覚えていてくれました。
そんなところが「ここで結婚式をして良かった」と思えます。

この日は天気がスッキリしないからか
可愛い外灯にも光が灯っていました。
古いレンガ造りの教会と
ガス灯のような柔らかい光。
まるで外国のような光景です。

いつもは水曜日に来るので
菊池哲男さんの山岳フォトアートギャラリーもお休みで
教会も閉まっているのですが
お姉さんが「中にどうぞ」と案内してくれました。
さきほどまで結婚式があったそうで
百合のいい香りが、あの日を思い出させます。
この私が緊張のあまり牧師さんの言葉に続けて
「この指輪を愛の・・・」と誓うところを
言葉が出なかったのを思い出しました。
牧師さんが気づいて「この指輪を」ともう一度語りかけてくれた事
牧師さんがとてもいい声で賛美歌を歌っていた事、
昨日の事のように記憶に刻まれています。

このバージンロードの先にある未来に向かって
沢山のカップルが今までも、これからも歩いていくのでしょうね。

外に出て祝福の鐘が鳴る「鐘つき堂」の近くでは
スズランの花が咲いていました。
スズランの花言葉は「純潔・謙遜・幸運が戻ってくる」そうで
愛を誓う教会にはピッタリの花ですね。
そう言えばスズランのブーケを持って姉は結婚したのも
和田野の森教会でした。

集合写真を撮った階段などを見ていると
お姉さんが大きな苺を「いただきものだけど、どうぞ」と勧めてくれました。
せっかくなので、教会のスタッフさんが「気に入っている」とブログで書いていた
「和田野の森教会」の石碑と一緒にパチリ。
結婚式を挙げた日のように甘酸っぱい味がしました。

苺を食べてお姉さんとお話しをしていると
近くのホテルで披露宴をされたカップルさんが撮影に。
午前中に挙式をした時は雨だったので
お天気が回復したのを見て、再度教会に来て記念撮影だそうです。
こんな風に「もう一度教会で写真を撮りたい」という気持ちを
大切にしてくれるなんて嬉しいですね。

私達がいる間、何組ものカップルが下見に来ていましたが
お姉さんが丁寧に説明されていました。
カップルさんの希望を聞いて
近くのホテルやペンションなど披露宴会場のパンフレットを渡されていました。
お得な平日プラン、衣装やブーケ、と
何から始めたらいいのか分からないカップルさんは下見のついでに
教会で相談するといいかも知れません。

そんなスタッフさんのブログ「和田野の森の真ん中で」→こちら

菊池哲男山岳フォトアートギャラリーの記事は→こちら
和田野の森教会の記事は→こちら

和田野の森教会
長野県北安曇郡白馬村和田野
0261-72-5048

↓結婚記念日を毎年お祝いする方も
素敵な結婚式に憧れる方もクリックをお願いします。 
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

5月22日は和田野の森からスタートして
7htアニバーサリーでした。

「ちょっとコンビニに行ってくる」と出かけたと思ったら
花束を抱えて帰ってきました。
嬉しいサプライズプレゼントです。

それも私の大好きなお花屋さん「ブルーファン」さんで
「私をイメージして」しかも「店長みずから」アレンジしてもらったそうです。

さすがセンスがピカイチのブルーファンさん!
予約もせず急なお願いにもかかわらず
まさに「私のイメージ」です。

活動的になれる赤は服や鞄、小物でも持っている色で
私=赤、とよく言われます。
しかも、ただの赤い薔薇ではありません。
トーンの違う赤がマーブル模様のようになっていて
とっても質感があります。
クレヨンのような赤より、上質なワインのような赤が好き、と
店長は覚えていてくれたようです。

そして、親友のプレゼントに必ず入れるオレンジの薔薇。
私が、このオレンジの薔薇を特別に花として使うことまで
頭に入れて組み合わせるなんて
想像もしていませんでした。
この大切な親友の結婚式に
もう一人の親友とプレゼントのブーケを注文したのも
このブルーファンさんでした。

そしてガーベラは
花が大きく明るいイメージが好きな花です。
好きなひまわりには季節が早いから
ひまわりの代わりに選んでくれたのかもしれません。

しかも、このオレンジの薔薇と
黄色のガーベラは
結婚式の時に卓上装花として使ったお花たち。
想い出深い花なのです。

そして、結婚式に花嫁が身に着けると幸せになれると言われている
ブルーを取り入れ、かすみそうと、
グリーンにはブブレウルム。

ラッピングは
英字が書かれた黄色かかった薄緑と
渋いモスグリーンのリボンです。

とっても嬉しいプレゼントでした。
thank you my darling&BLUE FERE

花言葉
赤い薔薇・・・愛情・恋
ガーベラ・・・神秘
かすみそう・・・清らかな心
ブルースター・・・信じ合う心

お花の店BLUE FERE
大町店
糸魚川市大町1-3-5
025-550-1839(いい花サンキュー)

奴奈川店
ハピー奴奈川店内
025-553-2000

↓結婚記念日を大切にしている方も
花のプレゼントは嬉しいと思う方もクリックをお願いします。 
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

GWにフォッサマグナミュージアムで開催された市民縁日。

例年よりカンカン照りではなく
テントの下で帽子被ってUVファンデーションつけているから、
と思っていましたが
やはり日焼けしてしまいました。

そこで、いつもお世話になっている
いちりき分店理容所さんにエステに行ってきました。

いちりき分店理容所さんは
糸魚川小学校のグラウンドの隣。
プールの新築工事をしている側にあります。
線路沿いにあった店舗が道路を挟んで向かい側に
移転オープンしました。
白馬通りから行くと
新幹線の工事をしている線路を渡って、すぐ左に左折。
糸魚川小学校に向かうと右手にあります。
広小路通りからは
線路を渡り、すぐを右折。
グラウンド沿いの道をすすむと左手です。
踏切で大糸線と特急はくたかが通過。

白とオレンジを基調とした明るい建物で
店舗前には駐車場も完備されています。
パンジーが綺麗に咲いていました。

私が予約した日はたまたま貸切状態でした。
他のお客様が来る前に写真を先にパチリ。
女性は一番奥に専用スペースがあり
香りが選べるスチーマーがセットされています。
左側は壁で、エステ中はダウンライトになるので
とても落ち着く空間です。

専用スペースのカーテンはぐるりと囲むようにあり
閉めるとこんな感じです。
※外から撮影してみました
これなら隣の席が気になりませんね。

中から見ると、鏡があるカウンターまで計算されたカーテンで
鏡に写りこんで隣が見えるなんて心配もありませんでした。
これなら安心してデコルテや肩も出せますね。

さて今回は日焼け対策で
エステの美白コースにしようと思っていましたが
Marieさんと相談の結果
「肌が弱いのでディープクレンジングは外して
基本のコースにホワイトニングマスクを追加する」ことになりました。
シェービングはしないでエステのみです。
だって、剃ったあとは自分の髪の毛でさえくすぐったくて
毛布もシーツも、にゃははと眠れなくなるんです(-_-)
気持ちいいんだけどね、2~3日はくすぐったいのよ。
友達に言ったら「ええ?そんなことないよ」って、
私ってば敏感なのかしら?

コースも決まり、カーテンを閉じてもらい
ライトも落としてエステ開始です。
まずアロマはリラックス効果が高いラベンダーをチョイスしました。
男性にはラベンダーが一番人気だそうですが
女性はピーチやローズが人気なんだとか。

クレンジングをして
リフトアップ効果のある超音波マッサージをして・・・、と
このあたりでだんだん記憶がなくなってきます。
あまりの気持ちよさに寝てしまいそうです。
手の甲も焼けたと話したら
サービスで手にもパックしてくれました。
左手だけ先にしてみたのですが
違いが分かりますか?
右手は全体的にくすんでいる感じですが
左は血行もよくなって白くなっています。
眉毛カットもサービスしていただきました。
眉毛って表情を大きく左右するポイントなのに
不器用な私は上手に整えられないんです。
やっぱりプロにしてもらうと違いますね。

あごのラインもスッとあがり
その日はトイレが近くなりました。
私はむくみ体質なので、マッサージなどをすると
その分、水分が出るようです。
お肌も滑らかでワントーン明るくなりました。

美味しい珈琲と
上越のかまださんのお花クッキーをいただきました。

エステ&シェービングをご利用の場合
お得なスタンプカードがあり
500円につき1個、しかも端数は次回に繰り越して足し算してくれます。
またカードを忘れたりなくさないように
押したら、いちりきさんで保管してくれるなんて嬉しいサービスですね。
誕生月だとスタンプ2倍。
自分へのプレゼントとしてエステ&シェービングなんていいかも。

いちりき分店理容所
糸魚川市新鉄2-8-1
025-552-1285
定休日 毎週月曜日・第一火曜日(1日の場合は翌週)第三日曜日
受付時間 AM8:30~PM6:00
※エステ&シェービングはご予約制

↓床屋さんでも女性スタッフがいると安心だわ、と思う方も
シェービングしたあとくすぐったい方もクリックをお願いします。 
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

白馬で雨でも楽しめる場所はないですか?と
聞かれる事があります。
そんな時はギャラリーに行ってみませんか?

和田野の森にある
菊池哲男山岳フォトアートギャラリーは
山に降る星、夜明けなど
雄大な山の素晴らしさを伝えてくれます。
こんなに美しい山の姿があるのかと驚かされる写真、
自然の力を考えさせられる写真、
ギャラリーの中は、とてもゆっくり時間が流れています。

自然の多い白馬村ですが
特に和田野の森は緑が多いエリアです。
どんぐりを拾ったりしながら
お散歩をしたくなる小道が続いています。
赤毛のアンに出てくる「恋人の小道」は
きっとこんな道なんだろうな、と思えます。

同じ敷地にある和田野の森教会
結婚式があったばかりなのでしょうか?
バージンロードの左右に白いお花が飾られていました。
森の木々を通して優しく太陽の光が
椅子に降り注いでいます。
鳥さんも安心できる場所を知っているのか
教会の中に入りたがるようです。
入り口のドアは閉まっていました。

ここで愛を誓ったあと、最初に見える景色は
すらりと伸びたどんぐりの木。
このレンガの道をライスシャワーで歩いていくのです。
どこかの外国に来たような錯覚に陥ります。
教会の脇には
よく手入れされたパンジーが咲いていました。
太陽を浴びて「やっと春が来たよ」と言っているようです。

和田野の森エリアは
オリンピックのオーナメントがある坂道の入り口から
黄色いパンジーで統一されています。
大きなワイン樽のようなプランターに
毎年協力して植えているそうです。
夏になると赤い日々草になり、
これを見ると「和田野の森に来た」と私は感じます。

私が結婚式をする前に教会のお姉さんから聞いた話では
「和田野の森教会で結婚式する花嫁さんのお母様が
一株でも黄色いパンジーを増やしたい、と種から育てて
娘さんの結婚式に持ってこられた」そうです。
すごく素敵なお母様ですね。
スタッフブログは→こちら

足元に目をおとすと
れんがに何やら文字が入っています。
OYK K34、って記号でしょうか?
古い建物のれんがを使っていると聞いたことがあるような・・・。

この使いこんだ色合いは
和田野の森ならではではないでしょうか。
森の木も、何年もかけてこの雰囲気を作り出しています。
そして、何度でも
いくつになっても訪れたくなる場所です。

菊池哲男フォトアートギャラリー
長野県北安曇郡白馬村和田野の森
0271-72-5048
開館時間 9:00~17:00(4~10月)
      10:00~16:00(11~3月)
休館日 水曜日(7、8月は無休)
※12~3月は雪の状況に考慮
入館料 大人400円
    中高生200円
  小学生以下 無料
HPは→こちら

和田野の森エリアに入り、
白馬東急ホテルさんがある十字路を右折
道なりに進んで左手側にあります。

↓白馬岳に登ったことがある方も、
県境の旅で白馬を制覇できなかった乙の二人に
再チャレンジして欲しいと思っている方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

糸魚川市は雪国のため
成人式はGWに行われます。

GWの方が帰郷しやすい、という配慮もあり
今年も5月3日(祝)に糸魚川市民会館で
新成人の門出を祝います。

そこで、初めて振袖を着る女性から
「襟足が気になるのだけど、剃った方がいい?」と
聞かれましたので、シェービングについてご紹介しますね。

まず女性が気になるのは
「女性がシェービングしてくれるかしら?」
また「床屋さんって、隣で散髪している男性がいるから行きにくい」
そこでブライダルシェービングもお願いしている
いちりき分店理容所のMarieさんに、お話を聞いてきました。

いちりき分店理容所さんは、糸魚川小学校の隣、
プールの新築工事をしている側にあります。
昨年、旧店舗の向かいに移転オープンしました。
駐車場完備で窓を大きくとった明るいお店で
今まで以上に女性もリラックスできるように工夫されています。

まず、女性のシェービングとエステは
娘さんのMarieさんが担当してくれます。
一番奥にある女性用のスペースには
周りをぐるりと取り囲めるカーテンがありますので
隣のお客様も気になりません。
スチーマーの香りは、リラックス効果の高いラベンダーや
リッチな気分になれるローズなど
何種類かある中から好きなのを選べます。
お水もお肌に優しい軟水を使用、
また、タオル生地の専用着があり、
女性専用のタオルを使っているそうです。

もちろん、シェービングを行う前に
お肌の調子や体調を確認するカウンセリングつき。
基本のコースでも
クレンジング、眉毛カット、スキンアップ、お耳そうじつきです。
お肌の乾燥や、むくみが気になる方は
相談の上、必要なオプションをつけるか
お得な美白コースorリフトアップコースをおススメします。

シェービングをすると肌がワントーン明るくなって
白く見えるようになります。
また化粧のりも良くなりますよ。
シェービングを初めてされる方は
前日だと赤くなってしまう場合がありますので
お早目にお願いします。

まずは、電話でお問い合わせください。
ALEXでも「お顔そり&エステメニュー」「ブライダルコース」の
パンフレットを御用しております。

ヘアーサロン&シェービング・エステ いちりき
糸魚川市新鉄2-8-1
025-552-1285
定休日 毎週月曜日・第一火曜日(1日の場合は翌週)・第三日曜日
受付時間 AM8:30~PM6:00

↓床屋さんでも女性がいると行きやすいわ、と思う方も
顔を剃ったあと、タオルでさえくすぐったく感じる方もクリックをお願いします。 
クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

結婚式の時に降る雨は天からの祝福のシャワーだと言います。
雪を降らせてくれたのは、きっと綿帽子姿の新婦さんを見た天が
綿で祝福したかったのかもしれません。

チャペル式では、フラワーシャワーやライスシャワーを行いますが、
清める、食べ物に困らないようにという意味があります。

きっと天は、二人の新しい第一歩の足跡を雪の上に残すために
降らしたのだと思います。
雪の中に灯るやわらかい光が、とても幻想的でした。

お式が終わり、ほっとした新婦のHさん。
感動と感謝の涙があふれたのでしょう。
美容師さんが、そっとメイクを直していました。
新郎のMさんが持っているのは、お友達のお子さんが大事そうに持っていた
御祝いのお花です。
※ブレていてすみません

ビデオ撮影の方も、想い出を残そうと頑張っていました。
カメラマンさん、皆さんの笑顔はばっちりでしょうか?
お二人とも、この大切な時間を、あの角度、この方向から撮影する為に
こっそり動いていたのを私は知っています。
ビデオや写真は、緊張していてほとんど覚えていない時でも
見直すことができる重要なアイテムですね。
この時って、こうだったんだ、と後から気づきます。
写真にはありませんが、
松本ナンバーのワンボックス(披露宴会場からの送迎車かな?)を運転してきた方も
タクシーの運転手さんも、幸せの時間を共有していました。
お友達は最初から最後まで、見守っていましたね。

ちなみに紋付袴のお父様が手に提げている紙袋には
皆さんにお配りする御礼の品が。
私も「ありがとうございます」といただきました。
しかも3個も!
せっかくなので、お隣の「リサイクルショップひだまりさん」と
Hさんのエステとネイルをされた「ナッツさん」に幸せのおすそ分けをしました。
お父様、ありがとうございます。
中身は糸魚川市寺町にある三好屋さんの紅白落雁でした。
Hさんが「糸魚川ならではの物を使いたい」と話していたのを思い出しました。
ここにも、こだわりがあったのですね。
想い出に残る神前式でした。

ナッツさんもお祝いの言葉をブログに書いています→こちら

↓こうやって神社で結婚式をした方も、これから結婚する方もクリックをお願いします。

クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

今日はMさん&Hさんの結婚式
おめでとうございます。

二次会のご案内とオリジナルの席次表を製作させていただきました。

和にこだわって、探して迷って決めた席次表。
写真では分かりにくいですが、桜が家紋のようにデザインされていて
ゴールドの帯が全体を引き立てています。

デザインと印刷はALEXにお任せ、ということで
まず「どのページに何を載せるか」から打ち合わせを始めました。
通常は観音開きで使うところを、巻き物のように折るスタイルに決め
最初は挨拶文と、お二人の手のひらに結婚指輪がのっているショット。
寿の杯と桜吹雪で和を演出。

一枚めくると、お二人のプロフィールと想い出の写真。

更に一枚めくると、ご両家からの心からのおもてなし
メニュー表とドリンクリストが並んでいます。
お二人は、お料理を重点において式場を決められたそうですよ。
女性が飲みやすいソフトドリンクやアルコールメニューが多いのも嬉しいですよね。

このメニュー表を開くと大きな席次表になります。
年配の方に配慮して、文字をできるだけ大きく、とリクエストがありました。
そんな小さな心配りができる優しいお二人です。
写真には写っていませんが、お二人を見守るように鶴をデザインしてあります。

お渡しした時に「予想以上!」と喜んでいただき
こちらも幸せな気持ちになりました。
「もう一回最初から見てもいい?」と何度も興奮しながらページをめくっていました。
結婚式に列席される皆さんも、Hさんのように何度も見直していただけたら幸いです。
※プライバシー保護のため、お名前の上にハートや紙を置いています。

Mさん&Hさんの披露宴会場は→こちら

↓結婚式って素敵と思った方も、幸せと感じる日を大切と思う方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

本日大安の良き日に
Mさん、Hさんが糸魚川市一宮にある天津神社にて
結婚を誓いました。

その様子をリポートします。

朝、ちらちら降っていたなごり雪は
挙式が始まる10時には晴れ青空が広がっていました。
お友達もお子さんと一緒にお二人の門出を見守っています。

境内にある梅の木もお祝いの花を咲かせていました。

散歩途中のおじいさんが、お参りをして、また散歩の続きに戻って行きました。
きっと、晴れている時は、こうやって天津神社にお参りするのが
このおじいさんの日課なんだろうな、と思いました。
天津神社は糸魚川市民にとって、大切な場所なんですよね。
七五三・けんか祭・初詣etcと、足を運ぶ市民は多いはず。
そんな大切な場所を結婚という人生の節目に選んだのは
糸魚川市民に脈々と受け継がれているDNAなのかもしれません。

途中、空から二人を祝福する花吹雪のように
ちらほらと牡丹雪が舞い降りてきました。
けんか祭りの舞台になる石垣の上に、ぽたりと落ちた雪。
お二人の姿を見届けるように、いつまでも消えないでいました。
雪の中、幻想的に明かりが灯っています。
静かに、静かに、雪は降り、
厳かに、厳かに、お式は進んでいきます。

日本の伝統、白無垢姿。
※せっかく鶴がキレイなのに、ピントが・・・、ごめんなさい

記念撮影も無事終わり、ほっとした気持ちが背中からも伝わってきます。

これから、白馬の披露宴会場へ向かうそうです。

いつまでもお幸せに。

リポートは2へ続きます。

↓日本の伝統っていいな、と感じた方も、おめでとうと思った方もクリックをお願いします。
クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

2日の水曜日、田園詩さんに行く前に

和田野の森教会に寄ってみました。

2000年に姉が、2004年に私が結婚しを挙げた思い出の教会です。

↑上の文字をクリックすると教会のHPへとびます

水曜日はお休みですので、アートガーデン事務所も教会の扉も閉まっていますが

ボーダーの女の子が3人、教会の前で写真を撮っていました。

和田野の森教会は、どんぐりの木に囲まれたレンガ造りの小さな教会。

鐘つき堂も隣に建っていてゴローン、ガローンと祝福の鐘が鳴ります。

新しくオープンした結婚式場のチャペルのような派手さはないですが

その分、大切な人との距離が近くて温かい結婚式があげられます。

私の結婚式の時、結婚証明書にサインしていてから、ふと顔をあげると

ニコリとして大きく頷いている上司と目が合いました。

その上司が披露宴後

「なんだか、これが結婚式の原点なんだな、

俺みたいなオジサンでも何か感じるものがある教会だった」と

話していたのを、覚えています。

また、牧師さんのお話を聞いている間、まだ1歳にならない姪っ子が

私の手袋を触りたくて手を伸ばしていたのも、いい思い出です。

親友MIEがブライズメイトとして神妙な顔でお手伝いしてくれたこと

新郎友人代表が緊張しながらリングピローを持ってバージンロードの先で待っていてくれたこと

私の原点は、ここなのだと思います。

鼻から大きく息を吸って、口から吐いて、と深呼吸をしたら

「よしっ!頑張るぞ」と気持ちがリセットされる気がします。

結婚した後、何度でも訪れたくなる場所、

結婚記念日近くに行くと

スタッフのお姉さんが覚えていてくれるのも、とてもうれしいですね。

スタッフのブログ「和田野の森のまん中で」は→こちら

田園詩のおっちゃんとの出会いも記念日に訪れた和田野の森教会でした。

きっと、私には縁をつなげてくれるパワースポットなのだと思います。

↓和田野の森教会が素敵、と思った方はクリックをお願いします。

糸魚川情報が見られます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ

にほんブログ村

携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくる

httpで始まるリンクをクリックしてください。

私がブライダルの仕事を始めよう、と思ったのは
白馬村で運命の出会いがあったから、なのです。

その方は白馬村在住の司会者の松本洋子さん。

出会いは2000年、姉の結婚式にさかのぼります。

緑が美しい和田野の森にある樅の木ホテルさん
広いウッドデッキで森の木々に囲まれたウエディング。

振袖を着て、いつもと違う姉を、父の隣でぼんやりと見ていま
した。

その時、爽やかな風が吹いて、ほんの少し葉っぱを落としていきました。
その瞬間、司会の松本洋子さんが「森の木々達も二人を祝福しています」と一言。
隣のテーブルで伯父さんが「ほら、見てごらん、グラスにホールインワンだよ」と喜んでいます。
伯母も「そうだ、そうだ、木も喜んでいる」と笑っています。

※この事を姉に話しても緊張していたのか全然記憶にないそうです。

松本さんの機転がきく司会のおかげもあり、楽しい結婚式は無事お開きに。
その帰り道。

少し淋しそうにしていた父が運転席で
「自分の娘の結婚式だから、ってわけじゃないけど今日の司会者の方は上手だった」とポツリ。
男性には、特に父の世代には結婚式は「飲んで食って」だけの感想しかないと思っていた私には
父のポツリは記憶に強く残るものになりました。

そして、月日は流れ3年後。

自分の結婚が決まり、ラネージュ東館さんでの最初の打ち合わせの日。
プランナーさんの「何かご希望はございますか?」に
「司会者は白馬にいる女性で、ペンションをされていて・・・、えっと名前は・・・、そうそう、姉から名刺を借りて来ました」と
なにより先に司会者を指名したのです。
結婚式の1年3ヶ月前の出来事でした。

運命の人が異性とは限らないものですね。

私は打ち合わせのたびに「漠然を考えているアイデアを形にする」松本さんの発想に
ただ、ただ、驚かされるばかり。
「もっといいアイデアはないか?」「こうしたら、こう思う人もいるだろうから、こうしたらどうだろう」と
何度も考える事を学びました。

また自称「あきらめない達人」を見習いたいと思うばかりです。

そして松本さんとの出会いが、私がブライダルの仕事へ踏み出す第一歩になったのです。

松本さんとの話は、また機会があったら書きたいと思います。

↓クリックすると糸魚川情報がみれます。

携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくる

httpで始まるリンクをクリックしてください。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村

10 / 11« 先頭...7891011

本日: 45人
合計: 365805人

カレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る