グルメ

今日はバレンタインにもらった、(株)本高砂屋さんのエコルセです。

よく「男だったら付き合っていたのに」とか
「そんじょそこらの男より頼りになる」とか
女性にはモテるんですよ。
えっへん。

伊勢丹のシールで留められている茶色の包装紙を外すし、色鮮やかなグリーンの箱が出て来ました。

ん? このデザイン、どっかで見たとこがあるぞ。
食べたことあるんじゃないか、とブログを遡ったら、ストロベリーがありました。
ストロベリーショコラ→こちら

私は、この深みのある赤い色が好き。
てなわけで、最初に赤の包み紙を広げます。
薄く焼いた生地をくるくるっと巻いてあります。
葉巻のような形です。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、すごくサックサックしています。
真ん中にホイップチョコレートを固めたようなチョコレートが入っていて、とっても美味しいです。

続いて銀色を開けてみます。
こちらは平べったくて短冊のような形。
こちらも薄い生地をクルクルと巻いてあって、1つ包みに2枚入っています。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、こちらも、すごぉ~く、サクサクとしていて、軽いです。
何も入っていませんが、生地自体が、ちょっと甘くて美味しいです。
その甘さは、THE砂糖、という甘さじゃなくて、バターとか卵とか色んな材料が合わさったような上品な味です。

神戸は美味しいお菓子の宝庫で、ハズレがない、という友達の話は、ここでも証明されました。

Mちゃん、ごちそうさまでした。
ホワイトデーは倍返しかな???

(株)本高砂屋
神戸市東灘区向洋町西5丁目1
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

友達が「ホルモン旨い店がある」と言うので、行こう、行こう、と二つ返事で新潟駅で待ち合わせ。

駅南の飲食店が並ぶ通りの2階にある、焼肉ホルモンかんいちさんです。
入口には、左右に大きな看板が。
なんだか期待できそうだ。

時間が早かったので、予約がなくてもカウンター席が空いていました。
靴を脱いであがったら、まずは入口に置いてあるビニール袋を1枚ずつゲット。
これは匂いがコートや鞄につくのが気になる人はビニールに入れる、というスタイル。
広げると、ポリバケツに使えそうな大きなで、これから厚いコートも余裕です。
コートと看板入れて、ビニールの口をくるくると巻いて、左右をもって軽く結んで、足元へ。
よし、これて食べる体制になったぞ。

えっとですね、ホルモンは大好きなのですが、どうもイマイチ、ミノとか、テッチャンとか、どれがどれだかよく分かっていないので、来たことがある友達にオーダーはお任せ。
あ、レバーは注文してね。

お通しの持つ煮を食べながら、改めてカウンターの奥に目をやると、怪獣や仮面ライダーのフィギュアが並んでいます。
テーブルの上は胡麻や七味、こしょう、塩など数種類の調味料が並んでいて、好みで味付けができるようになっていました。
ニンニクも丸ごと、小さなおろし器と置いてあって、自分ですりおろしするスタイルです。
さすがに、明日も仕事だからねぇ、とニンニクは使いませんでした。

銀色の楕円形のお皿で、注文したものが運ばれて来ます。
一気にこないから、ゆっくり食べられていいです。
その分、丁寧に処理して出されている気がします。
どの部位も、柔らかくて、臭みがなくて、ホルモン系の「いつまでもガムのように噛み切れない」ということがなくて、とっても美味しいです。
タレと、自分で絞るレモンの2皿+、取り置きする小皿があったので、使い分けしながら食べ続けます。
って、写真を撮り忘れていることで、どんだけ食べるのに集中していたか分かりますか。

唯一、撮ったのが厚切りタン。
せっかくなので、上にしました、ジョー!
食べやすく、細く切れ目が入っていて、真ん中あたりはレアで楽しみました。
う、うめぇ~。

ちなみに、友達も私もご飯が食べたい派。
TKGは、卵かけご飯じゃなくて、卵キムチご飯。
これに焼いたホルモンをのっけると、最高でした。

席が埋まるにしたがって、煙もくもく。
これでビニール袋が必要だったのか、と納得。

アルコール類を飲まなかったのもありますが、お腹いっぱい食べて、会計は1人3000円くらいだったかな。
一皿の量も多くて、駅に近い立地なのに、お財布に優しいと思いました。

また行きたいお店が増えました。

焼肉ホルモンかんいち
新潟市中央区米山2-2-9
新潟駅南口からけやき通りへ。
駅を背にして右手側へ進む。
コインパーキングの向かえ

※グルメメモ
2018年2月3日時点の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

美味しいお店は地元民に連れて行ってもらうのが一番シリーズ!
え? いつからシリーズになったんだった?

てなわけで、今回は長岡市民が連れて行ってくれたお店は、中国四川料理喜京屋さん。
なんでも、中華の達人、陳健一さんのお店で修業したそうで、特に麻婆豆腐が、舌にビリビリくるくらい辛くてオススメなんですって。

店内は入口すぐがレジで、少しL字に曲がるとテーブル席。
壁側はベンチシートでした。

メニューは写真つきで、どんな料理か、オススメポイントも書いてあって、とっても見やすいです。
友達は迷わず、麻婆丼。
口から火を噴くなんて、私が食べたらゴジラになりそうだ。
う~ん、せっかくだから違うのを、ということで、海老ラーメン(800円)にしました。

雪の状況や、世間話をしていると、運ばれてきました。
料理が出てくるのが早い、のは嬉しいですね。

まずはスープをごくり。
優しい塩味です。
野菜がたっぷりで、ブロッコリー、薄切りカボチャまで見えます。
細い麺を、ずるずるずる。
うんっ、麺までしっかり塩の味がします。
味が染み込んでいるというより、もしかしたら麺自体に軽く塩味をつけているのかも。
海老は、大きくて、ぷりっとしていて、下処理が丁寧にされているという印象です。

地元民が行くお店は外れがないことが、長岡でも証明されました。

ちなみに麻婆は、一口で、ひぃ~、舌がピリピリくる、という刺激的な味でしたよ。

中国四川料理喜京屋
長岡市殿町1-3-9
0258-32-2417 
HP→こちら
長岡駅大手口を出て、駅を背にしてアーケードを左手方向。
最初の信号の角にあります

※グルメメモ
2018年2月3日時点の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

東京の友達が「こんなのあるんだよ」と持って来てくれたのが、チロルチョコと日東紅茶がコラボしたホットドリンクのpart2。

最初は「大きいチロルチョコが入っているのかな?」と思いましたが、まさかのドリンクというインパクトありすぎの商品です。

ミルクココアより、少し粉の粒が大きいです。
私、観察するのが得意で、けっこう違いが分かる女です。

お湯を入れてかき混ぜます。
色はミルクたっぷり珈琲という感じ。
あ、パッケージ写真のように、泡が表面をおおったり、チョコレートで模様を描くなんて、お湯入れただけじゃできませんからね←当たりまえです(笑)

ふぅ、ふぅ~、ごくり。
チョコレートを溶かしたような、いやいや、そんなに簡単な味じゃなくて、チョコを珈琲で溶かしたような、でも舌には紅茶のような後味が残って、奥深い味です。
チロルチョコだって、真ん中にクッキーが入っていて、口の中がチョコレートオンリーにならないのと一緒です。

今まで飲んだことのない味で、パッケージと同じくらい印象に残りました。

Sさん、ごちそうさまでした。
また、面白いものがあったら、教えてください。

 

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

東京の友達が「こんなのあるんだよ」と持って来てくれたのが、チロルチョコと日東紅茶がコラボしたホットドリンク。

わぁ、面白い!
パッケージもチロルチョコのミルクバージョンのデザインです。

裏面を読むと
「本商品はチロルチョコ(株)監修のもと、三井農林(株)<日東紅茶>が製造したものです」
とあります。

ふむふむ、では、さっそくカップを用意して、お湯を注いでみましょう。
スティックの8本入りです。
これだと1杯ずつ入れやすいし、持ち歩いて出先で飲みたい時とかに便利ですね。

粉は、とても細かくて、白ぽいのと、茶色ぽいのと混ざっています。
お湯を注いで、スプーンでかき混ぜて、と。
ぷぅ~んと、湯気と一緒に甘い香りが漂いてます。
ごくり、うん、ミルクココアです←当たり前ですけど(笑)
苦いココアというより、甘くて、牛乳で溶かしたようなココアです。

これって糸魚川でも扱っているのかな?
今度、スーパーで探してみます。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

市役所に行く用事があったので、お昼は隣にある市民会館2階、ジョージズカフェフォークスさんへ。

本日のパスタはなんだろな?とドアを開けて、正面に貼ってある紙を見たら「きのことチーズ」
はいっ、どちらも大好きです。

久しぶりに太陽が顔を出したからか、店内は平日でも半分以上席が埋まっています。

本日のパスタは690円。
レジで先に注文して、支払をしたらポイントカードにスタンプ押してもらって、セルフで温かいお茶をテーブルに持って来て待ちます。

携帯いじったり、スケジュール確認したりしているうちに、呼ばれました。
ジョージさんのところはセルフスタイルですが、本日のパスタは単品で690円とお財布に優しいのがいいんですよね。

しかも、毎回思うんですが、大盛りにしていないのに、この量。
パスタだけだと、ちょっと物足りないという大食いの私でも、大満足のボリュームです。

パスタは、ドライトマトを使った、ほんのりトマトベース。
しめじがメインで、薄切りしいたけも入っています。
上にふりかけられているのは、乾燥バジルパウダーじゃないかな。
ジョージさんのパスタでは、よくアクセントで使われています。

くるくるくる、ぱくっ、チーズはパスタに隠れている感じです。
むぎゅむぎゅむぎゅ、美味しいです。
きのこは食物繊維が多くて、低カロリーだから、積極的に食べたい食材ですね。

さぁ、しっかり食べたし、天気がいいうちに、雪かきでもしようかな。

ョージズカフェフォークス
糸魚川市役所隣(糸魚川市民会館二階)
025−552-5929
定休日 月曜日
営業時間 火〜土 11:00〜18:00
日曜日 10:00〜16:00
貸切などはご相談ください

※グルメメモ
2018年1月30日時点の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

 

燕市に行く用事があったので、燕市の友達がランチに連れて行ってくれたのが、吉田駅前にあるBISTRO NAOMIさん。
旦那さんも奥さんも「なおみ」さんという情報が。

駅前の建物の2階にあり、階段を上がるところの黒板にオススメメニューが書かれています。
ビーフシチュー仕立て?
美味しそう!
「パスタも美味しいよ」と友達が教えてくれて、う~ん、悩むけど、とりあえず入ろう、と階段を登ります。

店内に入ると駅のロータリーにむかって窓があり、明るい雰囲気です。
奥は窓に向かってのカウンター席。
あれ、この景色、どっかで見たことがあるような・・・。
もしかして新潟県内のグルメ番組で紹介された店じゃない?と友達に聞いたら
「雑誌とか、けっこう取り上げられること多いよ」
というので、たぶんビンゴです。
燕市の特集で、駅前というのは記憶に残り、行ってみたいなぁ、と思ってたけど、考えてみたら燕市内って弥彦線と越後線があるから駅が沢山あるんですよね。
どこだか分からなくなってましたが、ここです、吉田駅前!

さてさて、何にしようかな。
やっぱり、肉にします。
私、肉食系女子なんです(え? 子がつく年齢じゃないって?)

ランチは今月のオードブルまたはスープが選べて、珈琲か紅茶がつきます。
スープはプラス250円で、つけられるのでオードブルを選んでスープも飲むことに。

今月のオードブルは白根産の洋梨と生ハム。
わぁ、やったぁ。
洋梨って安くないから、なかなか買えないから、こういうところで食べられるのはラッキーです。
しかも白根産。
とろけるような食感と、豊潤な香り。
し・あ・わ・せ。

スープはカブで、とろんとして美味しかったです。

さぁ、メインはシェフ自慢牛ホホ肉柔らかビーフシチュー仕立て。
これ限定10食とあったんですが、なんと注文できました。
パンかライスで、迷わずパン!
大きめ野菜がゴロゴロしています。
まずはお肉を、ぱくっ。
お~、口の中で肉がほどけていきます。
お・い・し・い。
パンにつけて、ぱくっ。
むふふ。

友達は甘海老のパスタ。
こちらも、一口もらいましたが、とっても美味しかったです。

ビーフシチューは1350円、パスタは1100円。
デザートもつけたかったのだけど、時間がなかったので今度のお楽しみにします。

美味しいお店は地元民に連れて行ってもらうのが一番というのが燕市でも正解でした。

BISTRO NAOMI
燕市吉田堤町3-1-2 2F
0256-92-2234

※グルメメモ
2018年1月20日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

友達とプチ新年会で、美山のレストラン、アンフィートリヨンさんへ行って来ました。

不定休なので、電話で問い合わせたら、行きたい日に予約が取れました。

メニューが少し変更になっていて、ランチもディナーもコース料理は3000円~。
メインは本日のお魚(真鯛、黒鯛など)か、若鶏、もしくは+800円で牛肉です。

せっかくなので、はりこんで友達は牛肉にしました。
この「はりこんで」って方言かしら?
気合を入れる、とか、見栄をはる、頑張って、というニュアンスで
例えば自家菜園の大根や白菜が豊作だと
「はりこんで食べんならん」は「頑張って食べないといけない」
「久しぶりの同級会だそい、はりこんで出かけたわ」は「久しぶりの同級会だから、気合入れて着飾って行ったわ」
こんな感じで使います。

さてさて、話がそれました。
まずはサラダからのスタートです。

おっ、以前よりボリュームアップしています。
バルサミコ酢で、シーフードです。
海老をぱくっ、ぷりっとしていて私好みの海老ちゃんです。
見た目もきれいで、四角く切ったトマトや、野菜がフレッシュで、満足度の高い一皿です。

続いてスープは、ミネストローネ。
とろけるほどコトコト煮込んだ優しい味。
まさに具沢山で、お腹の中からあったまります。

パンは自家製と紹介されたと記憶しています。
この薔薇のような丸いバター、可愛いですよね。
そしてなんといっても、アンフィートリヨンさんで作っている林檎バターが絶品です。
ほんのり甘くて林檎の香りがして、これがあればパンをいくらでも食べられちゃいます。
パンが温かいので、バターがじんわり溶けていくのが最高です。

はぁ~い、メインの登場です。
若鶏のソテーはマスタードを添えて。

牛肉は赤味をおびた切り口が食欲をそそります。

まずは鶏肉を、ぱくっ。
あっさりした味付けで、とっても柔らかいです。
ジャガイモほくほく、芽キャベツもソースによく合います。

牛肉とトレードして、ぱくっ。
こちらも、とっても柔らかくてジューシー♪
肉厚のマッシュルームも美味しいです。

パンをすすめられたので、もうひとついただいて、ソースをつけて、ぱくっ。
パンが熱々で、外がパリパリなのが嬉しいです。

デザートも4種類くらいから並べたので、私は洋梨のタルトとキャラメルアイス。
友達はパンナコッタと蜂蜜味のアイス。

洋梨のタルトは生地は甘さが強くて、サクサク。
キャラメルアイスは絶品です。
パンナコッタは苺ソースでした。

珈琲のお代わりをいただいて、ゆったりしたランチタイムを楽しめました。

レストラン アンフィートリヨン
Restaurant  L´Amphitryon
糸魚川市大野74-1
025-553-1470
定休日 不定休
ランチ (一部予約制) 11:30-13:30(オーダーストップ)15:00閉店
ディナー (予約制) 18:00-20:00(オーダーストップ)22:00閉店
HP→こちら

※グルメメモ
2018年1月19日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は友達からのお土産で、(株)シュゼットさんのシーキューブ ハッピースウィートアソートです。

兵庫県芦屋市のお菓子ですが、友達は神奈川で、伊勢丹のシールが張ってあったので、グルメ街で買ったのだと思います。

さてさて、中身はなんだろな。
左手一列は焼きティラミス。
手前の丸いのはラングドシャ。
上の三角形はなんだろ。
気になるので開けてみましょう。

テトラパックは、必要な包装部分が一番少なくて容量が大きくなるとテレビでやっていました。
昔はよくジュースなど学校給食で見かけましたが、なるほどねぇ、と思った記憶が。
ちなみにテトラは科学でも習った用語で、テトラ結合だったっけな。
高波防止のテトラポットは商品名だとか、公共放送だと「波消しブロック」というのだとか、なんたらかんたら。

と、話がそれました。
開けてみましょう。
黄色からは白いチョコを挟んだクリーム色のお菓子。
茶色かかったピンクからはチョコレート色です。
ぷっくり、ころころとしていて、形が可愛いですね。
白い方をばくっ、もぐもぐもぐ。
卵ボーロのような、スノーボールのような、ほろほろとした生地です。
白いのはホワイトチョコ。
これ、食感といい、味といい、美味しい!

思わず、チョコの方も、ぱくっ。
こちらは、ちょっぴり苦くて甘いです。

誰かが、兵庫県のお菓子はオシャレでハズレがない、と言っていましたが、これも確かに指名買いしたくなる美味しさと見た目です。

あと2種類食べるのも楽しみだなぁ。

(株)シュゼット
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

糸魚川本町通り商店街の第四銀行糸魚川支店さんの前にあったイチコ洋菓子店さん。
クリスマスケーキの直前に糸魚川駅北大火で全焼し、商店街から移転することに。

使い慣れたオーブンも、ヘラも全て失い、レシピがなく舌が覚えている味がたよりというケーキもあったそうです。
クリスマスケーキには間に合わせたい、という気持ちでしたが、以前と同じ味にするのは調整が必要だったとか。
確かに、家庭でもフライパンが変わるだけでも同じように焼けなかったり、炊飯器だって水加減が微妙に違いますもんね。

15日、おっ、イチコと読めるじゃん、という日にオープン。
行列だったら入れないかも、と友達を誘ってオープン時間にイチコさんへ。
新しい店舗は駐車場が整備され(雪で狭くなっていましたが、4台くらいは簡単に停められます)窓には赤いテントが。
入口のショーウインドーが可愛く飾られていて、そうそう、本町の時もイチコさんは季節感のあるディスプレイだった、と火災前のことを思い出しました。

店内は右手に焼き菓子とギフト詰め合わせ。
正面は焼きドーナツなどが並びます。
左手には大きなショーケースが。
どのケーキも「お待たせしました」「食べたかったでしょ」という顔でこっちを見ています。

そうそう、イチコさんといえば、この横長のショートケーキ。
三角じゃないのが特徴なんです。
このモンブランに飾られている羽根のようなチョコレート。
つややかなチョコレートケーキ。
勾玉の形をしたケーキ、エクレアだって、記憶のままです。
なんか泣けてくる(T_T)

家族と頼まれていた苺ショート、モンブラン、チョコレートケーキを買って、それと別にリンゴ、キャラメル、ベリータルトを買って友達の家へ。
珈琲入れて、さっそく食べ比べです。

私は、まずキャラメルを。
このぷるん、とした形といい、弾力といい、同じだ。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、甘くてキャラメルを濃縮したようなドーム状のケーキです。
中はキャラメルムースです。

友達が食べたくて待っていたりんごは、角切りされたしゃきしゃき林檎が白いムースに隠れているケーキ。
ベリータルトは、ブルーベリー、ラズベリー、小さくて酸っぱくて赤いベリー(名前がいまだに分からない)ぎっしり。

このタルト土台の甘さと、サクサクぶりも懐かしくて、うんうん、これこれ、という感じです。

苺ショートは、生クリーム、ぺろり。
そう、このクリーミーさ。
甘さ控えめで、すごく舌触りがよくて、これを待っていたのよ。
スポンジもイチコさんの味だわ。

ちなみにオープン記念でスタンプカードは2倍押し。
以前のスタンプカードはそのまま使えます。
火曜日が定休日ですが、16日は営業です。

全種類を食べるには、どんだけかかるかな、私。

イチコ洋菓子店
糸魚川市一の宮2丁目5-9
025-552-8700
定休日 火曜日
営業時間9:30~19:30
フェイスブックページ→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

本日: 222人
合計: 381380人

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る