グルメ

家族がラーメン食べたい、と言うので、南押上にあるかんざんさんへ。

私はご飯が食べたくて、串カツ定食にしました。
確か900円です。

串カツが2本、千切りキャベツとトマト、パセリつき。
味噌汁はエノキ。
ほうれん草のお浸しと、漬物。
小鉢はカリカリにした大根と数の子と切り昆布の漬物です。
そして白いご飯。

ソースは机にある瓶に入ったウスターソースです。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、厚く切られた玉ねぎが、甘くなっていています。
ほどよく脂身があるお肉と、玉ねぎのバランスがいい感じ。
2本目の最後でも、熱々です。

つやつや白いご飯と、エノキの出汁なのか味噌汁も美味しいし、小鉢も嬉しいし、大満足です。

かんざん
糸魚川市南押上3-1-32
025-552-5321
営業時間 AM11:00~PM2:00、PM5:30~PM10:00
定休日 月曜日

※グルメメモ
2017年2月24日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は友達が「高岡イオンモールに行って来た」というお土産で、パティスリーシュシュさんのフルーツロールケーキです。

高岡も新幹線の駅が出来ましたね。
富山市につぐ第二の都市で、大伴家持が国司として赴任中に、沢山の歌を詠んだことから、万葉の里と呼ばれているとか。
高岡大仏も有名ですよね。

さて、その高岡で売っていたロールケーキ。
苺が丸ごとごろん、大きなラズベリーとブルーベリー、チョコレートが飾られています。

包丁で、ちょっと厚めに切り分けて、っと。
「の」の字の丸い真ん中部分にカットされた苺が詰まっています。
では、いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、キメの細かいスポンジと、滑らかな生クリーム。
くどすぎなくて、かといって、アッサリしすぎなくて、美味しいです。
どことなく、糸魚川本町通りにあるイチコ洋菓子店さんに近い味です。

苺も甘くて、果肉がしっかりしていて、私の好みです。
生クリームの味を引き立てるからか、すっぱい苺とか、
逆に熟しすぎている苺とかは得意じゃないんですよ。
キウイやバナナは熟しすぎているのが好きなんですけどね。

ロールケーキは1本一気に食べられないけど、翌日、ちょびっと生クリームが硬くなったのも好きです。
明日が楽しみです♪

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は友達からバレンタインにもらった新潟市秋葉区にあるサンカントピュールさんのテリーヌショコラビターです。

白に黒の紐というシックな手さげ袋はシンプルイズベスト。
箱は真っ黒に金色のリボンとゴムで停められています。
リボンを外すと、箱は横にスライドできるようになっていて、なんと真っ赤な箱が出て来ました。
この黒といい、赤といい、はっきりとして色使いで、カッコイイなあ。
なんとなくフラメンコを連想させます。

赤い箱を空けると、ビニールに入ったチョコレートの大きな塊が。
テリーヌとあるように、テリーヌのように仕上げたチョコレートです。
ビニールを開けて、チョコレートを包んでいる薄いビニールも外して、お皿に出します。

薄く切ってお召し上がりください、とメモが入っていますが、私は分厚く切りますよ(笑)

生チョコのように、柔らかいチョコレートです。
包丁にくっついて、うまく切れないのは、私が不器用だから、ね。

ブラック珈琲を用意して、いただきまぁ~す。
手に持つと、ずっしり重いです。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、と噛まないで口の中で溶かしていきます。
濃厚で、舌の奥に少しだけ苦味が残るチョコレートです。
生チョコを、もっと柔らかくして、こってりというか、まったりさせたというか、とにかく密度も味も濃い感じで、とっても美味しいです。

一切れ(と言っても、この量だけど)食べたら、大満足のチョコレートでした。

Kちゃん、ごちそうさまでした。

サンカントピュール
新潟市秋葉区美善1-3-8
0250-47-3677

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

今日は、イトーヨーカドー直江津店の銘菓売り場で見つけて
「おおっ、季節限定?」と見つけた(株)大杉屋惣兵衛さんの葡萄浪漫です。

梅味は食べたことあるけど、葡萄味もあるんだ、と新発見。
これは食べてみなくっちゃ、です。

大杉屋さんの紙袋は雪椿のデザイン。
私のお気に入りです。

では、開けてみましょう。
枕状の箱に、小包装された葡萄色の四角い飴が10個入っています。
飴と言っても硬いのではなく、大杉屋さんの飴は、水飴です。
このシリーズは水飴を寒天で固めたものなんです。

袋を開けると、ぷぅ~んと、いい匂い。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、噛んでいるうちに、じわじわと水飴が溶けだしてきます。
すごくワインの味がします。

箱の裏を読むと、地元上越産の葡萄マスカット・ベリーAと、地元岩の原葡萄園のワインを使っている、とか。
岩の原ワインは、創業120年を超える歴史があって、創業者は日本のワインの父、と呼ばれているそうです。
大杉屋さんも400年を超える老舗。
すごいなぁ。

もぐもぐもぐ、アルコール残量は0.2%未満で、呑兵衛じゃない私でも、食べやすかったです。

(株)大杉屋惣兵衛お馬出し店
上越市本町三丁目3-7
025-525-2501
HPは→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

大火で全焼された江戸前重寿しさんが、仮店舗で営業を再開されました。
街なか女子部の皆さんと、懇親会に行って来ましたのでリポートします。

場所は、駅前通り商店街から、東側に入ったところ。
糸魚川駅日本海口を背にして、右手側のアーケードを進み「まつき」さんの角を右手に(糸魚川郵便局方向)
外に看板がついています。
以前は「肴や」という居酒屋があったところです。

店内は、左手にカウンター(ここに板前さんがいます)
奥は広い板の間になっています。
座布団1枚から色、厚み、大きさを決めて発注して、だったそうです。

さぁさぁ、お寿司♪
日本海は白身の魚が多く、甘エビも沢山水揚げされます。
こはだの酢の〆かたがすごく美味しくて、私の好み。
そうそう、この河童巻きも、夏のお化け屋敷の時には、激辛バージョンが出て、リピーターがいるって話していたっけ。

オードブルは魚の煮つけ、甘海老が入ったクリームコロッケのようなものまで、幅広くありました。
幻魚(げんぎょ)は、糸魚川の名物ですよ。
誰かが「食べたい」リクエストをしていたらしく、生春巻きも。
どれも美味しくて、女子部のメンバーは食べるのも強いし、飲むのも強い。
ビールくいっ、と飲んではトークが止まりません。

糸魚川は一歩ずつ、前へ、前へ進んでいる、と感じたひと時でした。

江戸前重寿し
糸魚川市大町
025-552-0098
営業時間 11:30~22:00
フェイスブックページ→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

今日は友達から差し入れにもらった、(株)メリーチョコレートカムパニーさんのファンシーチョコレートです。

あ、そうだ、バレンタイン近いんじゃん。
ということは、愛の告白???
私、犬と女性にはモテるんですよ。
猫は「お前、犬派だろ?」と顔されてますけど。

包装紙を外して、箱を空けると、ぷぅ~んと甘くていい香りがします。
蓋の裏には白黒の写真つきで、チョコレートの名前と説明が。
これ、親切でいいわぁ。
ぱっと見た感じ、中身が何か分からないより、どれを先に食べるか決めやすいもん。

うんとぉ~、左下の角にある「抹茶ラテ」から、いただきぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐ、しませんよ。
テレビのCMで「噛んじゃダメ」「ゆっくり溶かして」みたいなのありますよね。
その真似をします。
舌の上で転がしてると、チョコレートがゆっくり溶けていきます。
祖中から抹茶の風味が広がってきます。
苦い抹茶味ではなくて、ホワイトチョコとの二層なので、甘い系です。

続いて、なんにしようかな。
その上の四角くて、白い線が入っているのにします。
ぱくっ、これは、口に入れた瞬間、ココナッツと分かります。
サクサクとしたパフが入っていて、ココナッツの繊維質もしっかり残っています。

もう一個、いっちゃおう。
う~んと、右上の角のバニラにします。
私はホワイトチョコが大好きなんですよ。
ゆっくり、口の中で転がして楽しみます。
喉の奥まで届くバニラ味。
満足度高いです。

Yちゃん、ごちそうさまでした。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

糸魚川の冬の代表的な味覚「あんこう」
肝が肥大する12月~3月が旬と言われています。
糸魚川市内の各店で、あんこうフェアが行われているのですが、中華料理の月徳飯店さんもそのひとつ。

あんこうを使った料理が、この時期だけ食べられるんです。

で、あんこうえ~ラーメン(1200円)を注文してみました。
え~ラーメン、というのは、そういうメニュー名なんです。
「良い」という意味の「え~」なのかは不明。。。

ちょっとトロリとした醤油ベースの旨煮ラーメンという感じです。
アンコウは衣をつけて揚げてあり、衣自体にしっかり味付けがされています。
骨ごとブツ切りにされていて、骨出しの小皿もついてきました。
あんこうの骨は、肉に近い部分がゼラチンぽくて、小骨が刺さるということはほとんどないです。
私は食べやすい魚だと思います。
白身で淡泊なので、濃い味付けにもよく合います。
ごろごろ沢山入っていて、半分食べた頃には衣が汁を吸って外れて、その周りはコッテリした味わいになって旨いです。

あんこうフェアは3月11日まで開催しています。
詳しくは→こちら

月徳飯店
糸魚川市大町2-5-18
025-552-0496
営業時間 AM11:00~PM2:30
PM4:30~PM9:00
定休日 年中無休(不定休)
国道8号線から糸魚川駅に向かい最初の信号を左折すぐ
糸魚川駅からは海(国道8号線)に向かって直進→二つ目の信号を右折すぐ
月徳HPは→こちら

※グルメメモ
2017年2月7日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

まだ行ったことがないという友達を誘って、市民会館にあるジョージズカフェフォークスへ行って来ました。

市役所に隣接しているので平日はスーツ姿の方や、市民会館で催し物がある時は来場者でにぎわっています。

何もない時も、珈琲の種類が多いのと、居心地のいい雰囲気で、平日でも休日でも、けっこう席は埋まっています。

さてさて、それぞれサラダorスープ、珈琲orルイボスティーがつくセットにします。
ピザはシーフード、パスタはカルボナーラとブルーチーズ。

3人ともサラダをチョイス。
ジョージさんのサラダはセットなのに、こんなにいっぱい出てきます。
これ3人前じゃなくて、1人分ですよ。
大きなクルトンが私は大好きです。
胡桃が半分丸ごとのっているのも、ナッツ類が好きな私には嬉しいところ。
今回は更にドライイチジクのプチプチした食感も楽しめました。

まずはカルボナーラ。
私より友達は沢山食べるのですが、その友達でも「量が多い」と驚いています。
パスタだと食べ足りないと、デザートや一品料理を追加するのが当たり前なのに、ジョージさんでは満足のようです。

ブルーチーズは、シンプルだけどクセのあるチーズが好きな私達は、チーズを思うぞんぶん楽しめました。

ピザを8枚にカットしたら、3人で割り切れないじゃ~ん、と(笑)

食後の珈琲はアメリカーノ。
たっぷりマグカップサイズで、お喋りが続く私達にはとっても嬉しい量なんです。
ジョージ初体験の友達も気に入ってくれたので、良かった、良かった。

ョージズカフェフォークス
糸魚川市役所隣(糸魚川市民会館二階)
025−552-5929
定休日 月曜日
営業時間 火〜土 11:00〜18:00
日曜日 10:00〜16:00
貸切などはご相談ください

※グルメメモ
2017年2月5日時点の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

十日町市へ小千谷の友達を誘って行って来ました。

十日町と小千谷は車で30分ほどなのですが、小千谷市民は長岡に買い物に行くことが多いらしく、近いのに案外十日町を知らないんですよ。
私の方が詳しいって(笑)

友達はヘルシー系が好きなので、道の駅クロステン内にあるmanma and cafeユキマツリへ。
地元の素材を生かしたメニューが並びます。

私は玄米カレー(880円)にしました。
珈琲と紅茶がお代わり自由なドリンクセットは200円です。

ハーブとレモンが入った水のサーバーと、麦茶もありましたよ。
私は、けっこう水分をとるタイプなので、麦茶と珈琲を2杯ずつゴクゴク。
セルフ式で、できると渡されたブザーが鳴ります。

カレーはひき肉。
四角くカットされたパプリカとズッキーニ、フライドポテトがのっています。
ほどよい辛さで、しっかり噛む玄米とマッチしています。

小鉢は車麩を揚げたもの。
下味がついていて、片栗粉で揚げてあります。
十日町も車麩文化があるんですね。

汁物は、のっぺ。
しょうゆベースで、ちょっとだけ甘くて、どこか、とろんとしている新潟県の郷土料理です。

白と黒をベースとした店内はスタイリッシュで、とっても雰囲気がいいですよ。

manma and cafeユキマツリ
十日町市本町6丁目クロステン内
025-752-6770
クロステンHP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

「糸魚川で言うと牛乳パンみたいに、上越市民なら皆大好きなパンだよ」と噂に聞いていた小竹のサンドパン。
直江津駅の売店で見つけて、とうとうゲットしました。

形はコッペパンです。
袋は、ちょっとガサガサしていて、完全透明じゃありません。
で、黄色で竹のようなイラストが上下に一列ずつ入っていて、茶色の文字で「小竹のサンドパン」
ローマ字表記を見ると「おたけ」じゃなくて「こたけ」って読むんですね。
糸魚川は「おたけ」さんがいるので、ずっと「おたけのサンドパン」だと思ってました。

手に持った感覚は軽いです。
半分に割ってみる、おおっ、白いクリームがたっぷり挟まれています。
サンドしているから、サンドパンかぁ。

ぱくっ、もぐもぐもぐ、おおおおおっ、糸魚川の牛乳パンをコッペパンバージョンにした感じ。
白いバタークリームの舌触りといい、味といい。牛乳パンを連想させます。
ん?逆に上越市民が牛乳パンを食べたら「サンドパンに似ている」と思うのかも。

上越出身で今は新潟市にいる友達にあげたら「わぁ、懐かしい、まだ売ってるんだ、嬉しいなぁ」と感動してました。
いつもチョコや飴をあげても遠慮するのに、これだけはすぐに鞄にしまったからね。

上越市民のソウルフードとか、B級グルメとか言われているのがよく分かりました。
ちなみに商標登録番号がありました。

(株)小竹製菓
上越市南高田町3-1
025-524-7805

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

本日: 111人
合計: 388904人

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る