グルメ

友達とプチ新年会で、美山のレストラン、アンフィートリヨンさんへ行って来ました。

不定休なので、電話で問い合わせたら、行きたい日に予約が取れました。

メニューが少し変更になっていて、ランチもディナーもコース料理は3000円~。
メインは本日のお魚(真鯛、黒鯛など)か、若鶏、もしくは+800円で牛肉です。

せっかくなので、はりこんで友達は牛肉にしました。
この「はりこんで」って方言かしら?
気合を入れる、とか、見栄をはる、頑張って、というニュアンスで
例えば自家菜園の大根や白菜が豊作だと
「はりこんで食べんならん」は「頑張って食べないといけない」
「久しぶりの同級会だそい、はりこんで出かけたわ」は「久しぶりの同級会だから、気合入れて着飾って行ったわ」
こんな感じで使います。

さてさて、話がそれました。
まずはサラダからのスタートです。

おっ、以前よりボリュームアップしています。
バルサミコ酢で、シーフードです。
海老をぱくっ、ぷりっとしていて私好みの海老ちゃんです。
見た目もきれいで、四角く切ったトマトや、野菜がフレッシュで、満足度の高い一皿です。

続いてスープは、ミネストローネ。
とろけるほどコトコト煮込んだ優しい味。
まさに具沢山で、お腹の中からあったまります。

パンは自家製と紹介されたと記憶しています。
この薔薇のような丸いバター、可愛いですよね。
そしてなんといっても、アンフィートリヨンさんで作っている林檎バターが絶品です。
ほんのり甘くて林檎の香りがして、これがあればパンをいくらでも食べられちゃいます。
パンが温かいので、バターがじんわり溶けていくのが最高です。

はぁ~い、メインの登場です。
若鶏のソテーはマスタードを添えて。

牛肉は赤味をおびた切り口が食欲をそそります。

まずは鶏肉を、ぱくっ。
あっさりした味付けで、とっても柔らかいです。
ジャガイモほくほく、芽キャベツもソースによく合います。

牛肉とトレードして、ぱくっ。
こちらも、とっても柔らかくてジューシー♪
肉厚のマッシュルームも美味しいです。

パンをすすめられたので、もうひとついただいて、ソースをつけて、ぱくっ。
パンが熱々で、外がパリパリなのが嬉しいです。

デザートも4種類くらいから並べたので、私は洋梨のタルトとキャラメルアイス。
友達はパンナコッタと蜂蜜味のアイス。

洋梨のタルトは生地は甘さが強くて、サクサク。
キャラメルアイスは絶品です。
パンナコッタは苺ソースでした。

珈琲のお代わりをいただいて、ゆったりしたランチタイムを楽しめました。

レストラン アンフィートリヨン
Restaurant  L´Amphitryon
糸魚川市大野74-1
025-553-1470
定休日 不定休
ランチ (一部予約制) 11:30-13:30(オーダーストップ)15:00閉店
ディナー (予約制) 18:00-20:00(オーダーストップ)22:00閉店
HP→こちら

※グルメメモ
2018年1月19日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は友達からのお土産で、(株)シュゼットさんのシーキューブ ハッピースウィートアソートです。

兵庫県芦屋市のお菓子ですが、友達は神奈川で、伊勢丹のシールが張ってあったので、グルメ街で買ったのだと思います。

さてさて、中身はなんだろな。
左手一列は焼きティラミス。
手前の丸いのはラングドシャ。
上の三角形はなんだろ。
気になるので開けてみましょう。

テトラパックは、必要な包装部分が一番少なくて容量が大きくなるとテレビでやっていました。
昔はよくジュースなど学校給食で見かけましたが、なるほどねぇ、と思った記憶が。
ちなみにテトラは科学でも習った用語で、テトラ結合だったっけな。
高波防止のテトラポットは商品名だとか、公共放送だと「波消しブロック」というのだとか、なんたらかんたら。

と、話がそれました。
開けてみましょう。
黄色からは白いチョコを挟んだクリーム色のお菓子。
茶色かかったピンクからはチョコレート色です。
ぷっくり、ころころとしていて、形が可愛いですね。
白い方をばくっ、もぐもぐもぐ。
卵ボーロのような、スノーボールのような、ほろほろとした生地です。
白いのはホワイトチョコ。
これ、食感といい、味といい、美味しい!

思わず、チョコの方も、ぱくっ。
こちらは、ちょっぴり苦くて甘いです。

誰かが、兵庫県のお菓子はオシャレでハズレがない、と言っていましたが、これも確かに指名買いしたくなる美味しさと見た目です。

あと2種類食べるのも楽しみだなぁ。

(株)シュゼット
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

糸魚川本町通り商店街の第四銀行糸魚川支店さんの前にあったイチコ洋菓子店さん。
クリスマスケーキの直前に糸魚川駅北大火で全焼し、商店街から移転することに。

使い慣れたオーブンも、ヘラも全て失い、レシピがなく舌が覚えている味がたよりというケーキもあったそうです。
クリスマスケーキには間に合わせたい、という気持ちでしたが、以前と同じ味にするのは調整が必要だったとか。
確かに、家庭でもフライパンが変わるだけでも同じように焼けなかったり、炊飯器だって水加減が微妙に違いますもんね。

15日、おっ、イチコと読めるじゃん、という日にオープン。
行列だったら入れないかも、と友達を誘ってオープン時間にイチコさんへ。
新しい店舗は駐車場が整備され(雪で狭くなっていましたが、4台くらいは簡単に停められます)窓には赤いテントが。
入口のショーウインドーが可愛く飾られていて、そうそう、本町の時もイチコさんは季節感のあるディスプレイだった、と火災前のことを思い出しました。

店内は右手に焼き菓子とギフト詰め合わせ。
正面は焼きドーナツなどが並びます。
左手には大きなショーケースが。
どのケーキも「お待たせしました」「食べたかったでしょ」という顔でこっちを見ています。

そうそう、イチコさんといえば、この横長のショートケーキ。
三角じゃないのが特徴なんです。
このモンブランに飾られている羽根のようなチョコレート。
つややかなチョコレートケーキ。
勾玉の形をしたケーキ、エクレアだって、記憶のままです。
なんか泣けてくる(T_T)

家族と頼まれていた苺ショート、モンブラン、チョコレートケーキを買って、それと別にリンゴ、キャラメル、ベリータルトを買って友達の家へ。
珈琲入れて、さっそく食べ比べです。

私は、まずキャラメルを。
このぷるん、とした形といい、弾力といい、同じだ。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、甘くてキャラメルを濃縮したようなドーム状のケーキです。
中はキャラメルムースです。

友達が食べたくて待っていたりんごは、角切りされたしゃきしゃき林檎が白いムースに隠れているケーキ。
ベリータルトは、ブルーベリー、ラズベリー、小さくて酸っぱくて赤いベリー(名前がいまだに分からない)ぎっしり。

このタルト土台の甘さと、サクサクぶりも懐かしくて、うんうん、これこれ、という感じです。

苺ショートは、生クリーム、ぺろり。
そう、このクリーミーさ。
甘さ控えめで、すごく舌触りがよくて、これを待っていたのよ。
スポンジもイチコさんの味だわ。

ちなみにオープン記念でスタンプカードは2倍押し。
以前のスタンプカードはそのまま使えます。
火曜日が定休日ですが、16日は営業です。

全種類を食べるには、どんだけかかるかな、私。

イチコ洋菓子店
糸魚川市一の宮2丁目5-9
025-552-8700
定休日 火曜日
営業時間9:30~19:30
フェイスブックページ→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は親戚からのお土産で、(株)トミゼンフーヅさんの彩果の宝石です。
埼玉県のお菓子です。

わぁ、これ大好き。
ジューシーで美味しいんだよね。
しかも、大箱で嬉しい。

スライド式の外箱から出すし、白い箱が出てきて、開けると葉っぱのようなデザインがされた薄紙でカバーされています。
白を基調としている高級感漂う、この包装。
同じ中身でも、デザインって大事ですよね。

開けると、カラフルな一口サイズのゼリーがぎっしりで、フルーツバスケットのようです。
何種類あるんだろ。
と、並べてみようとしたら、パンフレットに写真つきで紹介されていました。
なんと15種類!
しかも全種類入っているとか。
いちご、りんご、もも、オレンジ、あんず、グレープフルーツ、ぶどう、マスカット、ラズベリー、パイン、ビクトリア苺、レモン、青うめ、赤うめ(しそ入り)、プレーン。
グレープフルーツは輪切りにしたような形、ラズベリーや葡萄は粒が表現されていて、オレンジは薄皮を外して果実の筋まで再現されてます。
この形が素晴らしい。

では、真ん中で存在感ありまくりのビクトリア苺から、いただきまぁ~す。
小袋を開けて、口元にもってくと、ぷぅ~んと甘い苺の香りが。
ぱくっ、もぐもぐしないで、ゆっくり口の中で転がします。
ゼリー全体に薄く砂糖のような甘い部分があり、少しざらっとします。
それがじわりと溶けて、ゼリーにたどり着く工程がたまりません。
もぐ、おっ、一度噛んだだけで、じゅわぁ~と広がる苺の味。
ヘタのところまで、しっかり完熟した甘さです。

お、美味しい。
以前に食べた時も感動したけど、今回も旨すぎる。

次はなんにしようかな。
マスカット、大好物でございます。
こちらは、葡萄の皮の香りがします。
ぱくっ、苺と同じく少しざらりとした外周でじわじわ甘いです。
ん? さっきのビクトリア苺より、ぷにぷにしているというか、弾力に柔らかさがあります。
もぐ、お~!
鼻に抜ける、このマスカット!
収穫前に糖度があがって、ぎゅっと凝縮されたようなマスカットに近いです。
食べたあとも、口に残るマスカットの香り。
最高です。

全種類食べたいけど、これはじっくり少しずつ味わいたいです。

Kさん、ごちそうさまでした。

(株)トミゼンフーヅ 彩果の宝石
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日はフェルエッグさんのチョコレートケーキです。

え?チーズケーキじゃないのか?
だって、ショーケースの中で、艶々輝いて、このチョコレートケーキが私を呼んでいたんですよ。

車の中でも、傾いたりしないように、暖房の風で溶けたり崩れたりしないように、慎重に持ち帰りお皿に。

黒光りするトップには細かい金粉のようなものが。
ホワイトチョコで作られた雪だるまはマフラーと帽子が水色で、砕いたアーモンドを枕にしています。

そうそう、最近、ケーキのまわりに巻いてある透明セロファン。
ここが端っこだよ、と指でつまめる分だけ出ていたり、色がついていたり、はがしやすくなりましたよね。
くるるん、と外して、いただきまぁ~す。

真っ黒いチョコレートは、まさに濃厚。
粘度が高くて口の中にとどまります。
喉を通過するトキも、律儀に「チョコーレートです」と挨拶していくような感覚です。

その下には、ほろ苦ムース。
ココアスポンジを挟んで、ムース、チョコレートと4層になっています。

これは、ゆっくり食べたい大人のチョコレート。
チョコレート好きな方には、ぜひ食べていただきたいですね。

フェルエッグ
糸魚川市平牛2116
電話 025-550-6680
FAX 025-550-6601
営業時間 10:00~19:00(4月から9月)
10:00~18:00(10月から3月)
定休日 毎週木曜日・第4水曜日
HPは→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は親戚の手土産でフェルエッグさんのフルーツロールです。

フェルエッグさんは、お店のセンスがいいし、誰を連れて行っても、どこに持って行っても喜ばれるお菓子屋さん。
朝10時のオープンに行っても、駐車場で待つ人がいるくらい人気です。

さて、どれを食べてもハズレがないフェルエッグさんのスイーツの中でも、こだわりの卵がダイレクトに分かるのが、シフォン、プリン、ロールケーキ。
この黄色を見たら、どんだけ卵が元気なのか分かりますよね。

ちょっと、厚めにカットして、いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、しっとりした生地はフォークでつつくと跳ね返すような弾力があります。
甘さ控えめなのに、どんだけでもイケるくらい美味しいです。

私は、ロールケーキは、ぐるぐる外側から真ん中にむかって、のの字で食べすすめていくタイプです。
最後に真ん中のクリームたっぷりのところを残しておきたい派です。

では、白いクリームをぱくっ、もぐもぐもぐ、私、ここの生クリーム大好き。
なめらかで、舌触りがよくて、飲めます。
白いなかから、赤い苺、緑色のキウイ、橙色の黄桃が出てきました。
苺とキウイの粒々が奥歯で弾けて、ほどよい酸味がクリームの甘さを引きたてます。

フェルエッグさんがある糸魚川市民で、私、良かった!

Kさん、ごちそうさまでした。

フェルエッグ
糸魚川市平牛2116
電話 025-550-6680
FAX 025-550-6601
営業時間 10:00~19:00(4月から9月)
10:00~18:00(10月から3月)
定休日 毎週木曜日・第4水曜日
HPは→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

お正月のご馳走もいいけど、そろそろお餅も刺身も飽きてきた、ということで、糸魚川駅日本海口に隣接しているヒスイ王国館1階にあるタウンいとよさんへ行ってきました。

糸魚川駅に一番近い飲食店ということもあり、年末年始やGWは乗り換え時間で食事を済ませる方で混みあっていますが、回転が速いので少し待てば大丈夫です。

で、なんにしようかな。
寒いし、とろみのある広東麺(700円)なら最後まで熱いはず、と注文しました。

厨房は真ん中にあり、店員さんがテキパキ動いているのが分ります。
おっ、丼が取り出されました。
あれは私の広東麺に違いない。
待ってました、今年初のラーメン♪

まずはスープをごくり。
はぁ~、あったまる。
この優しい醤油ベースがたまりません。
ストレートに近い中太麺を、ずるずるずる。
少し茹ですぎのような柔らかさですが、ご馳走続きで弱っている胃には、これくらいがいいのかも。
かなり、とろみが強くて、細かい背油も浮いていて、最後まで熱々です。

茹で卵は、外側が茶色で、塩味がしっかりついていて美味しかったです。

ついつい、スープをもう一口、もうちょっと、と飲み干してしまいました。

タウンいとよ
糸魚川市大町1-7-11
ヒスイ王国館1階
025-553-1778
営業時間 11:00~14:30
定休日 不定休(12月31日と1月1日は休み)

※グルメメモ
2018年1月6日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください。

今日はお正月に帰ってきた従妹からのお土産で、(株)鎌倉座さんの戌年半月栗きんとん味です。

なんでも普段は兎のデザインだけど、新年の頃は、その年の干支のデザインになるんだとか。
調べたら東京ばな奈のグループ会社のようです。
どうりでパッケージといい、季節限定といいい、消費者のツボを上手に押さえているわけです。

このわんこのデザインも可愛くて、女性ウケしますよね。
三日月に両手をかけてのぞいているうさぎちゃんの表情も何ともいえません。

縦長の箱を空けてみると、1枚ずつ半月が出できました。
イラストと同じ押し印がされていて、割るのがもったいないくらいです。

でも、もぐもぐリポーターとしては、この味をお届けしなくっちゃ。
てなわけで、いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、しっかり焼き上げてザクザクとした歯ごたえです。
ザクザクだけど、薄いので硬いというより、奥歯の反応がいい。
クリームがたっぷりサンドされていて、そのクリームをぺろり。
ちょっとだけザラリとしていて、甘い栗きんとんの味です。
栗というより、栗のまわりにある薩摩芋。
しかも焼き芋ぽい味です。
栗と薩摩芋のでんぷん質が感じられるお菓子です。

これはお土産にまた欲しいし、自分でも行く機会があったら選びたいお菓子ですね。

Mちゃん、ごちそうさま。

(株)鎌倉座FS 鎌倉五郎本店
鎌倉市小町2-9-2
0120-151-560
公式オンラインショップ→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください。

今日は新年のあいさつに来た親戚の手土産で、(株)東京ひよ子さんの、ひよ子です。

東京土産の定番中の定番、私が学生の頃(何年前だか年がバレるので詳しくは言わないけど)は、母方の祖母が大好きで「買って来て」と楽しみにしていたのが、この「ひよ子」
昔は東京に行くなんて、珍しいことでしたけど、今では糸魚川から新幹線1本、2時間で行けるようになりました。

箱のイラストも、のほほんとしていて癒されます。
中身は、まぁ、おめでたい白とピンク。
調べたら、紅白の特別バージョンらしいです。

では、ピンクを開けてみましょう。
って、書いてて気づいたのですが、肝心な中身(ひよ子)の写真を撮り忘れているじゃない、反省。

中身はピンクでも白でも同じようです。
う~ん、毎回、どこから食べようか迷うんだよね。
そんなつぶらな瞳で見つめないで・・・。
と思いつつ、人差し指と親指で、顔のあたりの皮だけを取ります。
ほら、こうすれば、目が合わない。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、この白あん。
いつ食べても変わりません。
皮の香ばしいところも大好きです。

一緒に食べた家族も「久しぶりに食べたけん、旨いなぁ」と日本茶をすすっていました。

(株)東京ひよ子
東京都台東区上野2丁目7-7
03-3835-0145

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

今日は家族が知り合いからプレゼントされた小さなお菓子屋さんKOROさんのシフォンケーキです。

KOROさんは、その名前の通り、小さなお菓子屋さんで、住宅街の一角にありますが、美味しいと評判を聞きつけて地元の能生以外からもお客さんが絶えないお店です。
これを買った方も「やっと、こんだけの種類が買えた」と満足げだったとか。

チョコバナナ、スイートチーズ、レモン、アールグレイ、プレーン。
そして写真を撮る前に既に私がキープしたラムレーズン←だから写真がないです。すみません。

では、ラムレーズンをいただきまぁ~す。
ふんわぁ~り、とってもふわっふわっのシフォンケーキです。
卵にこだわり、混ぜ方のコツがあるそうですよ。

ラムレーズンはしっかり洋酒が効いていて、ちょっと大人のシフォンケーキという感じです。
もぐもぐもぐしなくても、口の中で綿あめのように溶けていくような、この感覚。
し・あ・わ・せ。

ワンピースずつ買えるので、こうやって色んな味を楽しめるし、ちょっとだけ食べたい時も買いやすいですよね。

残りは明日のお楽しみ、と思っていたのに、出かけている間に、おすそ分けで親戚の家にドナドナされていました(泣)

小さなお菓子屋さんKORO
糸魚川市桜木87-1
090-3220-0056
営業時間 9時~(売り切れ次第)
営業日 水、土、日曜日

フェイスブックページ→こちら

国道8号線から能生駅方向へ進み、糸魚川信用組合の手前を右折(信号なし)
しばらく進み、(株)シンコーテックの正面玄関を通り過ぎたら、右手(海方向)の住宅街にあります
シフォンケーキののぼり旗が目印

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

2 / 19412345...102030...最後 »

本日: 233人
合計: 370027人

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る