グルメ

今日は白根の友達にもらった、塚田菓子舗さんの白根大凧セットです。

わぁ~い、わぁ~い、これ大好き。
以前に同じお菓子屋さんのをいただいたのですが、手さげ袋といい、包装紙といい、THE白根大凧合戦という感じで、すごくいいんです。
お土産って、どこで買ったか、その土地のPRにもなるので、持ち歩く時の手さげ袋のデザインって、本当に大事だと思います。

で、箱も白じゃなくて、凧合戦のデザイン。
歌舞伎役者や鯛など、凧合戦見てみたい、と思わせるような箱なんです。
凧のミニチュアと、凧合戦のパンフレットが入っているのも開けた時の楽しみ倍増です。

中身はサブレと、せんべい(と言ってもお米じゃなくて小麦粉でできているせんべい)で、小袋にもデザインがされているのが、すごいんです。

では、さっそく、達磨が描かれたサブレから、いただきまぁ~す。
やぶきやすいように、切りこみがあるのが加算ポイントです。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、サクサクとザクザクの間の歯ごたえです。
甘くて、とっても美味しいです。

続いて、せいべいを、ぱくっ、ぼりぼりぼり。
小麦粉なので、香ばしさの中に、ほんのり甘さがあって洋菓子に近いです。
こちらは1袋に2枚入り。

どちらも凧のように縦長で大きいので、1袋ずつ3枚食べたら、お腹いっぱいになります。

白根では、何店舗か凧合戦のお菓子を出しているそうなので、いろいろ食べ比べてみたいですね。

Kさん、ごちそうさまでした。

お菓子の塚田屋
新潟市南区白根2388
025-372-2767
新潟市南区観光協会こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

今日は友達にもらった、アジカル(株)さんの新潟限定ハッピーターンえだ豆味です。

ハッピーターンは我が新潟県のお菓子メーカー亀田製菓(株)さんの人気商品。
甘しょっぱい、なんともいえないパウダーがかかった米菓です。
キャラクターはターン王子、と言います。

では、さっそく開けてみましょう。
1つずつ横長の袋に入っていて、ターン王子がはにかんでいたり、ターンを決めていたり、何パターンかあります。

袋から取り出すと、見た目は、普通のハッピーターンとあまり変わらないような・・・。
では、いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、おおっっっ(笑)
パウダーが、マジ枝豆です←当たり前だけど
甘くて、しよっぱいパウダーだけど、枝豆の噛むほどに出てくる甘さがしっかり再現されています。

ついつい2枚目に手が伸びてします。
2枚目は、パウダーだけを先に、ぺろり。
こうやって食べる人、私だけじゃないはずです。
パウダーだけ舐めると、さらに枝豆の味が分ります。

そうそう、テレビでやっていましたが、新潟県民は枝豆の消費量が日本一だそうで、新潟県の家で出される枝豆の量に驚くんだとか。
新潟県では枝豆はザルで大量にテーブルの上に出される、のが当たり前ですからね。
小皿で、ちょろちょろ、なんて食べた気がしません。
食べる時は、いらない広告でゴミ箱を作って、そこに皮をポイポイ捨てるんです。
ティッシュじゃ、のりきらんでしょ。

ハッピーターン、えだ豆味、おすすめです。

Mさん、ごちそうさまでした。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします。

今日は白根にある、にいがた村アグリパーク店で買って来た(株)フジサワさんの根菜チップスです。

紫芋が入っている、というのに惹かれて、ついつい買ってしまいました。
この10%増量、というのもプラスポイントです。
270円+税金というお手頃価格なのも買いやすいです。

では、さっそく開けてみます。
穴のあいたレンコンさん♪
このくらいのお弁当箱におにぎり、おにぎり、ちょいと詰めて♪
そういえば、蓮根をお弁当に入れるって煮物なのかしら???
人参もゴボウも、だから筑前煮だったりして。
そんな想像をしながら、まずはレンコンからいただきまぁ~す。

ぱくっ、もぐもぐもぐ。
サクサク、ザクザクの中間地点の歯ごたえです。
薄くカットされているのと、乾燥しているので、蓮根のホクホク感はありませんが、繊維質はほどよく残っています。
味付けは、ほぼない、というか、もう少し塩味つかついていてもいいかなぁ。

続いて、ゴボウ。
もぐもぐもぐ、ゴボウの皮までしっかり、という味です。
奥歯にゴボウの繊維が残ります。
これも、ほぼ素材の味そのまんま。

紫芋いってみよう。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、これは噛み応えがあって、もぐもぐしている間に芋の甘味が出てきます。

人参、ぱくっ。
もぐもぐもぐ、あら、これは想像していた以上にイケる。
もっと人参臭いのかな、とか、硬いのかな、と思っていたら、いい感じでスポンジ状になっていて、ほのかに甘い。

さつまいもは、がりがりになっていて、しっかりとした歯ごたえです。
これも、あまり味がしません。

最後にバナナ。
期待を裏切らない甘さです。
他の野菜が味つけがシンプルだから、バナナが引き立つという感じです。

バナナチップスとか、林檎チップスとか、1種類だけだと飽きることがありますが、
これだと食感が違って楽しめます。
食べ残しても蓋があるので、保存しやすいのもいいですね。

ちなみにカロリーは506キロカロリーでした。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

白根で打ち合わせ前に時間があったので、パッと目に入った幸楽苑でラーメンを食べることに。
腹が減っては戦はできぬ、です。

さて、なんにしようかな。
外はペタペタする暑さの真夏日。
冷やし中華もいいなぁ。
いや、待てよ。
これから夏本番。
家で冷やし中華を作ることが増えそうだから、ここでフライングしなくても、と考え直します。

よし、汗かいたから塩分だ。
メニューの写真をながめて、背油が少し浮いている尾道ラーメンにしました。
あ~、餃子とか、半炒飯のセットもあるけど、いやいや、最近お腹まわりが気になるので、ここは我慢しておこう。(最近に始まったことじゃないけどさ)

クーラーの効いた店内で、メールを返信したり、手帳に書きこんだりしているうちにラーメンが運ばれて来ました。
少し色の濃い醤油ベースで、背油がところどころ浮いています。
スープをごくり。
鶏ガラと煮干しのスープなので、あっさり系です。
私はTHE煮干しというスープが得意じゃないのですが、ここのは気になりません。

麺をずるずるずる。
コシがあるというか、しっかりとした麺です。

チャーシューは、とろりん手前。
2枚のっかっているのが嬉しいです。

背油がギトギトしていなくて、でもほどよくこってりで、もう一口、もうちょと、とついついレンゲを動かしました。
少し麺が少ないかなぁ、と思いましたが、半炒飯や餃子などのサイドメニューを食べることを考えると、このくらいがいいのかも。
これで561円(税込)なら、お財布にも優しいし、お腹も満足です。

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

東新潟で朝から仕事。
車で向かったら渋滞もなく、順調に予定より早くついてしまったので、そうだ朝ご飯は元町珈琲へ行こう。
モーニングメニューがあったから、早くから営業しているはず。
こんな時は、ナビなし、スマホなしでも、ちゃ~んと目的地に着ける私の頭には、飲食店専用ナビが搭載されているようです。

8時過ぎにお店に着くと、おっ、電気がついて看板が出てる。

裏の駐車場に車を停めて、いざ朝ご飯♪
外にメニューが出ているので、それをサッとチェックします。
おおおおおおっっっっっ、フレンチトーストの文字!
これこれ、これにしよう、と入ると、そんなに混んでなくて好きな席を選べました。

ドリンクの金額で、茹で卵とトーストがついてくるモーニングもありますが、やっぱりフレンチトーストの誘惑には勝てません。
メニューの写真には、黄金色の丸いフレンチトーストに、とろりんと流れこむシロップが。
これください。
ちなみに注文したのは間にチーズが挟んである方で、店員さんがしっかり「チーズが挟んであります」と確認してくれました。
はいっ、チーズも大好きなので、なんの問題もないですよ、わくわく。

アイスコーヒーは大きなグラスでたっぷりと。
朝から暑いから、ゴクゴク嬉しいです。

フレンチトーストが運ばれて来ました。
ベーコンと太いウインナー、スクランブルエッグが添えられていて、ミニサラダがついてきます。
とろろ~ん、とシロップを全部かけて、ばくっ、もぐもぐもぐ。
甘いフレンチトーストの間から、しょっぱいチーズ。
うまぁ~い、朝から幸せ。

ウインナーはぷりっとしているし、スクランブルエッグはふわふわで美味しかったし、朝からもりもりしっかり食べてパワーチャージ完了です。

そうそう、新潟はここしかないと思っていたら、青山にも去年の夏にオープンしていました。
そっちにも行ってみたいなぁ。

元町珈琲
東新潟の離れ7:00~21:30
HP→こちら

※グルメメモ
2018年7月8日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

長野県にいる友達が「復興した糸魚川に行きたい」とトキめき鉄道に乗って来てくれました。

町屋会のボス、児童文学作家の小川英子さんも合流して、お昼は大火から再建したそば処泉家さんへ。
隣の加賀の井酒造さんの建物は完成し、近くの民家や商店も、とんとん、かんかん、新築工事が進んでいます。

「お~、前の雰囲気が損なわれていない」
友達が感激しています。
変わったところといえば、道路に面していた小上がりも椅子になったということ。
椅子というより、畳のベンチのような形で、3つずつ向かい合って座れるようになっているんです。

えっと、なんにしようかな。
3人とも、お蕎麦、丼もの、サラダがセットになったもの。
私は、迷いに迷ってカツ丼にしました。

お昼のピークが過ぎていたのもあり、趣味の話や、活躍している方の話しをしているうちに、運ばれてきました。
お蕎麦は冷たいのと温かいのを選べますが、こんだけ暑くなったら、冷たい蕎麦が食べたいです。
胡瓜と人参の漬物は、ぬか漬けだと思います。
サラダのドレッシングは別容器なので、ドレッシングが苦手な人や、どっぷりかける人には、いいサービスですね。

薬味は、糸魚川名物の、ひるっつぶ。
「へ」と「ひ」の中間あたりの発音をしてください。
野蒜の一種なのか、アサツキなのか、よく分かりませんが、糸魚川では生えているところから抜いてくるもので、味噌をつけて生のままかじったり、素麺や冷麦の季節には欠かせない薬味です。
これ、当たり前だと思っていたら、市外では珍しいんですって。
私はいつでも食べられるので、長野県の友達にあげました。

何もつけずに、そばつゆをちょっとつけて、ずるずるずる。
ふにゃふにゃしていない、きゅっと締まった蕎麦で、とっても美味しいです。
カツ丼も、たまごがとろっとしていて、つゆを吸い込んだご飯も美味しい。
サラダの厚焼き卵が私は大好きです。

長野の友達は電車の時間があり「また来る」と言葉を残して、風のように去っていきました。
またおいで~。

そば処 泉家
糸魚川市大町2-3-3
025-552-0238(ファックス兼)
営業時間11:00~19:00
定休日 火曜日
駐車場 店の前に4台あり
HPは→こちら

※グルメメモ
2018年6月25日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

久しぶりに富山県入善町にあるレストラン5ストリートに行って来ました。

店内のレイアウトは変わっていませんでしたが、一部のテーブルが丸くて新しいテーブルセットになっていました。
タバコを吸うか聞かれて、喫煙と禁煙と席を分けているようです。
私はタバコの匂いが好きではないので、分煙には大賛成です。

メニュー表も新しくなっていて、ラミネート加工された裏表。
壁には美味しそうな写真つきで、石焼ビビンバやオムライスが。
オススメのかつ鍋定食も気になるし、名古屋風ナポリタンもいいなぁ。

ひたすら迷ったあげく、注文したのはホルモンラーメン(700円税別)
最近、ホルモンにハマっているんです。

お昼のピークは過ぎているとはいえ、席がほぼ埋まっていましたが、そんなに待たずにラーメンが運ばれて来ました。
ホルモンと白い蒟蒻、刻んだ長ネギです。
麺は細くてストレートです。

まずはスープをごくり。
醤油ベースでラー油かな。
辛いわけでもなくて飲みやすいスープです。
麺をずるずるずる、するするっと入っていく麺ですね。
ホルモンは、丁寧に下処理してあるのか、臭みもなく、脂っこさもなく、でも柔らかくて、美味しいです。
ゴムみたいに、いつまでも残るタイプとは違っていて、食べやすいです。

麺は少な目だと思いましたが、その分ホルモンがあって噛んでいるので満腹感はありました。

案内とレジを打っていた女性の店員さんは愛想がよいのも、ポイント高いですね。
ポイントで思いだしたけど、Tポイントも貯まります。

レストラン5ストリート
富山県下新川郡入善町椚山1261-1
0765-72-1590
定休日 木曜日
営業時間 11:00~15:00(ラストオーダー14:00)

国道8号線、マクドナルドの交差点を曲がる。
ショッピングセンターのコスモ21近く

※グルメメモ
2018年6月22日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

糸魚川で手打ちうどんと言ったら、郷の茶店えほんさん。
久しぶりに行ってきました。

注文したのは天ぷらうどん。
お願いして、天ぷらは別のお皿に盛ってもらいました。

えほんさんは季節感を大事にするので、天ぷらの食材には旬のものが必ず使われます。
夏が近づいてきたので、この日は越の丸茄子。
越の丸茄子は能生地区で盛んに作られている丸茄子で、果肉がしっかりしていて、アクが少なく加熱すると甘くて、茄子が苦手な人でも越の丸茄子なら食べる、という人がいるくらいです。

まずはうどんを、つるつるつる。
手打ちなので、コシがあります。
蕎麦は打っても、うどんを打てる人はなかなかいないでしょう。
オーナー小林さんのお母さんが、うどん打ちの名人だったおかげで、私達もこうして美味しいうどんが食べられるわけです。

天ぷらは、越の丸茄子の他に、ピーマン、ちくわ、しいたけ、えび。
そのまま食べたり、ちょっと汁につけたりして楽しみました。

もう少し、暑さが本格的になったら、ざるうどんを食べに行こうっと。

郷の茶店えほん
糸魚川市柵口1100
電話・ファックス 025-568-2037
定休日 毎週日・火曜日
営業時間 10時~17時
フェイスブックページ→こちら
国道8号線(能生インターチェンジ)から15分ほど、シャルマン火打スキー場に行く途中にあります

※グルメメモ
2018年6月13日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

白馬の友達と、久しぶりにお喋りタイム。
白馬は髙い山に残る雪と、新緑がきれいなシーズンですね。

素敵なお店が沢山ある中で、行ったのはcafeももっかさん。
2年ほど前に連れて行ってもらってから、また行きたいと思っていたお店です。
ちょうど看板犬のもこちゃんがお散歩から帰ってきたところ。
この席だと、もこちゃんと、庭と、遠くの山が見えて、ものすごくいいんです。
網戸越しの上目使い。
あ~、もふもふしたい。

ケーキはカウンターにあるのをチェックしたので、迷わずフルーツboxにしました。
ドリンクは黒板の中から、なにやら健康によさそうな黒ごまきなこアーモンドミルクの冷たい方で。

近くでツバメが子育てをしているようで、シュッと飛ぶ姿を見ながらお互いの近況報告をしていると、まずはケーキが運ばれてきました。
きゃ攻めるソースがけ、です。

スポンジとフルーツがハーフハーフ。
フィギュアスケートの現役を引退するか聞かれてないけど(笑)
とにかく、フルーツboxという名の通り、苺、キウイ、オレンジがたっぷり使われています。
色も赤、緑、橙とカラフルで明るい気分にさせてくれます。

ドリンクは、たっぷり、このサイズ。
お花がちょこんとテーブルに飾ってあるのも素敵でしょ。
アーモンドミルクだから、牛乳よりコクがあるという感じです。
暑いからゴクゴクゴク。

ケーキはしっとりした生地で、甘酸っぱい果物とキャラメルソースが最高の組み合わせ。
ボリュームもあって、お喋りタイムがとっても充実しました。

cafeももっか
北安曇郡白馬村大字北城5966-1
0261-72-2642
営業時間 11:00-17:00
定休日 水曜日
facebookページこちら

※グルメメモ
2018年6月2日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

料理で婚活でお世話になっている片桐先生と、お手伝いしていただいている方から
「新潟市に来る日が分かったら、ご飯でも行きましょう」
とお誘いがありました。

私は好き嫌いないし、帰りの時間に間に合えば、どこでもいいですよ、とお店選びをお任せてしたら
「ここね、いつもいっぱいで入れないから、予約しておいたわ」
と、連れて行ってもらったのが、新潟市駅南にあるホテルメッツ新潟1階にある魚沼釜蔵さん。

あ~、惜しまれつつ閉店されたイタリアンのアネサメゴイさんの向かい側の店です。
確かに、いつも人が沢山入っていくなぁ、と思っていました。

さてさて、店内は、店名の通り、蔵のような造り。
太くて濃い茶色の柱とか、戸板とか、高い天井とか、古民家を移築したのかな???
想像していたのより、広くて客数が沢山あります。
奥に行くと、ロータリーに面したガラスがあるので、明るいです。

さて、なんにしようかな。
平日限定のお得な日替わりメニューや、セットなどいろいろあります。
「お魚が美味しいって評判らしいのよ」
ふむふむ、メニューにも刺身などをPRしているのが目立ちます。

でも、私は糸魚川市民。
普段から美味しいお魚を食べているので、新潟市に来たら、違うものが食べたい。
迷っていると、片桐先生が
「私は昨日の夕飯がお魚だったからも、トンカツにするわ」
おおっ、じゃあ、私もお肉にしよう。
てなわけで、和豚もちぶた肩ロース石焼御膳(1180円税別)を注文です。

平日でも、ほぼ全席埋まっていましたが、てきぱき動く店員さんのおかげで、あまり待たずに料理が運ばれてきました。
じゃ~ん。
ミニサラダ、漬物、もずく、味噌汁、そして艶々白いご飯。
南魚沼産コシヒカリだそうです。
米どころ新潟県でも、名実ともに「美味しいお米の産地」魚沼エリア。
魚沼産コシヒカリというと、範囲が広くなるので、南魚沼産としてあるそうです。
確かに同じ魚沼地域でも、エリアが違えば水も土も違っている=味も違いますよね。

お肉は、鉄板の上で、自分好みに焼きます。
ジュッ~といい音と共に、脂が弾けて踊ります。
おっとぉ、写真を撮っているうちに、焼きすぎちゃう。
特製タレ、塩、山葵と、つけるのが選べて楽しめるのもいいですね。
ぱくっ、よくお肉が「甘い」とグルメリポーターが言うけど、甘いかどうかは別として、くどくないです。
しっかり脂身があって、その脂身の割合がちょうどよくて、でもギトギトしすぎていないです。
野菜も焼きつつ、肉を食べ、しかも白いご飯が本当に美味しくて、肉に合う♪
最高です。

片桐先生は
「年を取ったら肉より魚が好き、なんて決めつけよねぇ。
逆に年を取ったら、お肉食べなくっちゃ」
と、トンカツをペロリと平らげました。
年齢は内緒にしておきますが、この年齢でお肌がつるつるしていて、ものすごくパワフルなのは
「お肉のおかげ」
らしいです。
やっぱり、肉よね、肉。

ランチメニューと、夜は違うらしいてので、夜ご飯に行ってもいいかも、と思いました。

※グルメメモ
2018年5月28日の情報です

魚沼釜蔵新潟店
HP→こちら

ぽんしゅ館新潟
HP→こちら

ホテルメッツ新潟
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

1 / 19912345...102030...最後 »

本日: 202人
合計: 389227人

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る