観光&お出かけ

毎年8月15日にある諏訪湖の花火大会に行って来ました。

ほぼ毎年行っていますが、今年は朝から雨。
それでも50万人が来るという人気の花火大会です。
車は会場の近くに停めると、帰りの渋滞が大変。
遠くだと会場まで歩くのが大変。
と、今年の作戦は折りたたみ自転車とキックボードで、ちょっと離れた場所に停める。

車を停めて、まず場所とり。
ブルーシートだと、どこだったか分かりにくいので、あえて黄色い目立つシートを用意しました。
日赤病院前あたりに何とか確保したはいいけど、毎年場所取りの時間が早くなっている気がします。
というか、必要以上にブルーシートを広げたり、ビニールテープで囲ってる人が多いんじゃないかなぁ。

いったん車に戻り、今年の作戦!
折り畳み自転車とキックボードを出して、日帰り入浴施設の「ゆっくらんど」をめざします。
歩いていける距離だけど、案外疲れるんだよね。
一方通行になり、片側が駐車場になっている道路を、キコキコ、キコキコ。
車輪が小さいから、太ももが痛い。

やっと到着したと思ったら、まさかの休館日!
そういえば、ゆっくらんどは、今年は有料駐車場になっていました。
入浴の方と、花火目的の方がいるから、駐車場だけにしたのかな。
お風呂に入ってサッパリして、早目の夕飯を食べて、という作戦はここで失敗。

再び、キコキコ自転車で車に戻ります。
次なる作戦は、水道局の隣の芝生の公園で、ドーム型の簡易テントを建てて休む。
これは大成功。 公園は空いていて、木陰に建てたら快適♪
ラジオを聴きながら、屋台で買ってきた焼き鳥や焼きそばを食べたら、ごろ寝。
花火が始まるまで、持ってきた新聞を読んだりして、時間をつぶします。
途中、トイレはどこも激混みだったので、自転車でキコキコゆっくらんどの駐車場にあるトイレまで行ってみたら、待ち時間ゼロでした。
自転車って素敵♪

始まる30分前にはテントを畳んで、ゴミもステーションに捨てて、自転車とキックボードを車に積んで、てくてく、場所取りをしたシートを目指します。
これだけ人がいるとシートを見失いそうになりますね。

なんとかシートにたどり着き、花火中継のラジオをイヤホンで聴きながら鑑賞です。
音楽に合わせてあがる花火があるのですが、ちよっと離れると音楽やアナウンスが全く聴こえないので、ラジオはオススメですよ。
マイケルジャクソンのスリラーや、宇宙戦艦ヤマトなど、音を花火の色や形で表現していて面白いです。

最後は湖面に扇状にあがる水上花火と、長いナイアガラ。
とってもきれいでした 。
ナイアガラを撮るあたりで、携帯のバッテリーが切れた(泣)
時間つぶしに携帯ばっかりかまっていて、充電器忘れたのがアイタタタ。

帰りは過去最高というくらいスムーズに諏訪インターの近くまで帰って来れました。
渋滞情報を伝える中継の秋山さんと、再会!
ちょうど中継の順番の時に赤信号だったので、インタビューを受け、缶パッチをもらっちゃいました。
今年は御柱の年だったので、御柱バージョンだそうです。

そうそう、諏訪湖の神様を生んだのは糸魚川の奴奈川姫だから、諏訪と糸魚川って縁があるんですよ。
そんなこんなで、今年も花火を満喫することがてきました。

交通情報や開催日など詳しくは「諏訪湖の花火HP」→こちら

エルシーブイFM769(76.9MHz)→こち

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

ラーメンが食べたい。
たまには、ちょっと足を延ばして、富山県を開拓してみよう、と国道8号線を富山県へ。

このあたりにあるラーメン屋が気になっているんだけど・・・、真っ暗。
ダメだこりゃ、次行ってみよー(ドリフターズのいかりや長介さんの気持ち。あぁ、年がバレる)
その次も・・・、電気がついてない。
お盆シーズンでスープがなくなったんじゃない?
回転寿司は開いてたけど、ラーメン食べに来たんだもん。 と、黒部まで来てしまった時に、電気のついてて、車が沢山停まっているラーメン屋を発見。

外に写真つきで大きなメニューが出ていました。
私が選ぶ基準は、チャーシューはとろりん系ぽいか。
アゴ(トビウオ)とか、魚粉とか、煮干しとかの出汁は得意じゃないので、そこをアピールしてあるのは候補から外して、です。
ばぁちゃんが作った味噌汁が煮干しだったからか、味覚と視覚はラーメンなのに脳みそが味噌汁を思い出して混乱するから、なんですよね。

おっ、富山と言ったらブラックラーメン(790円) 発見。
ご当地ラーメンとして有名です。
家族は、ちゅーしゅー中華そば(900円)
餃子は5個で300円です。
入口の券売機でチケットを買って、大盛り1.5玉、特盛2玉を希望する人は、下に置いてあるプラステックのタグを一緒に出します。
この大盛り、特盛は無料サービスという太っ腹。
中華そばを大盛りにしてもらいました。

店の中央はコの字のカウンター席。
壁際に4人掛けのテーブル席が4つ。
夜の9時頃と遅い時間でも、席はほぼ埋まっています。

週刊誌をパラパラめくっていると、運ばれて来ました。
富山ブラックラーメンは、もっと真っ黒なのかな、と思っていましたが、茶色に近いです。
スープをごくり。 新潟の背脂ちゃっちゃっのように、脂の塊が浮いていませんが、同じくらいこってりです。 黒胡椒がパンチをきかせています。
麺はきしめんを細くしたような平麺ストレートです。
ずるずるずる、しっかりした弾力のある麺です。
トッピングはメンマ、チャーシュー、刻みねぎ、なると、茹で卵、もやし。
チャーシューは私好みの、脂身とろりんです。
ずるずるずる、スープをごくり。
刻んだニンニクがスープにかなり入っているんだなぁ。
麺の量は少なめだけど、こってりしているから、私はちょうどいい量です。

ちゃーしゅー中華そばは、魚介系の味。
細いストレート麺で、ブラックラーメンと麺が全然違います。
こちらは大盛りにして、ちょうどいい量だと思いました。

餃子用のタレはテーブルに用意されていて、辛くて濃厚でした。

ポイントカードを見たら入善にあった中華麺飯店ワンフーとグループ店のようです。
滑川、呉羽にもあって、麺家なるとは掛尾にもあります。
もう一軒、富山市にも系列店があるそうです。

ポイントカードは500円ごとに1ポイント。
20ポイントで500円の割引券として使えます。

麺家なると 黒部店
富山県黒部市荻原7175-3
0765-32-5559

※グルメメモ
2016年8月17日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

夏なのにタラ汁が食べたくなって、お隣の富山県へ。
県境を超えると国道8号線沿いには、名物タラ汁の看板をあげるお店が多くあります。
昔から「大型トラックが沢山停まっている店は安くて旨い」なんて言われていました。

時間が遅かったので、車が停まっていて明かりがついている「ひまつぶし」というお店に初めて入ってみました。
店内は広い厨房を囲むようにL字のカウンター席。
座敷席は4人が座れるテーブルが3つ。

座敷に座り、メニューをながめます。
たら汁定食(1100円)は決定。
あとは焼き魚や汁物など単品メニューなのですが、
店員さんに聞いたら、番屋汁(単品で500円)を定食にできるというので、それにしました。

夏休みシーズンの遅い時間というのもあって、牡蠣とかは売り切れ。
赤魚(600円)を単品で追加注文です。

富山県内の観光パンフを読んでいると運ばれて来ました。
このあたりのタラ汁は、小鍋で出てくるのが当たり前。
お椀にもって食べるスタイルです。
魚の絵皿は骨だし用ですよ。

汁をごくり、魚の肝が入っていて、旨い!
ぶつ切にされたタラは頭まで入っています。
ほくほくした感じの白身と、目の近くはトロッとしたゼラチン質。
この小鍋が一人前ですよ。

大根の漬物、青菜のおひたし、胡瓜とカニカマの和え物。
焼き魚は、サバに近いけど、なんだろ???←魚に詳しくなくてすみません
ちなみに番屋汁はカニ入り。
焼き魚がついていないけど、小鉢はついていました。

赤魚は思っていた以上のサイズで、割り箸と比べるとこんなに大きい。
時間をかけて骨をとり、ぱくぱく美味しく食べました。

ひまつぶし
富山県朝日町境
0765-83-1656
新潟県方向からは、県境を越えて、登坂車線がある坂道を下り、左手側です。

※グルメメモ
2016年8月12日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

小千谷市の友達とランチに行こう、と話していたら
「野菜と玄米でヘルシーで雰囲気もすごくいいってお店に行ってみたいから、そこでいいかな?」
と、連れて行ってもらったのが、カフェ・ネテシテさん。

小千谷中学校の近くの住宅街の一角にあり、白い壁に丸い緑の看板がついているお店です。
駐車場はカーポートタイプで、縦に2台ずつ停めます。
奥に停めたお客様が先に帰る時は、車の移動をお願いされますが、6台ほど停められたと思います。

店内は、あら~、素敵ぃ~。
広い窓から見える庭には小さいながらも池があり、鳥が遊びに来ています。
2人かけのテーブルが5つ、4人掛けのソファ席が1つ。
ほぼ女性のお客様で、埋まっています。

メニューもアルバム仕立てで、表紙から、ものすごくセンスの良さが伝わってきます。

私はカレー、友達は週替わりランチにしました。
この日はラザニアでした。

女の会話は、あっちこっちに話が転がり、雪だるまのように話が膨らみます。
やっと本題に辿りついたあたりで、ランチョンマットがセットされました。
籐のようなザックリしたマットです。
そして、次々に運ばれてくる、お料理の数々。

週替わりは、玄米ご飯とバケット。
焼き野菜など、小鉢は旬な野菜のオンパレードです。
赤いスープはスイカですよ。
彩りも盛りつけもきれいで、感動しちゃう。

私のカレーは3種類。
ご飯は玄米で歯ごたえがあります。
薄いクレープ生地のようなものは、ナンではなくて、何て言ったかなぁ。
小麦粉というより、全粒粉って感じです。
豆のカレーは一番カレーの味が濃くて、日本人が食べなれているカレーに近いです。
オクラのカレーは、なんと一口サイズの豆腐が揚げられているのが沢山入っています。
カレーと豆腐の組み合わせは、ありそうでなかったかも。
米粒が入ったカレーは一番サラサラしていました。

西瓜のスープは、冷たくて、ほんのり甘くて夏らしい1皿。
付け合せの野菜は、酢を使ってあったりして、サッパリ系です。

食後にアイスコーヒーもプラスしました。
時間をかけた水だし珈琲で、別のグラスに氷がセットで出されたので聞いてみたら
「飲んでいるうちに、ぬるくなったら、氷を入れてください」
ということです。
氷入りのアイスコーヒーじゃなくて、あとから氷、も珍しい!
ミルクは今注目のライスミルクで、それだけ舐めてみると、ほのかにお米の味がしました。

これは「訪ねてでも行きたいお店」ですね。
やっぱり、いいお店は地元民に連れて行ってもらうと間違いない!

カフェ・ネセシテ
小千谷市城内4-7-34
0258-86-8476
定休日 火~木曜日
金・土・日曜日10:00~21:00(ラストオーダー19:30)
月曜日10:00~18:00
※夜間お食事にご来店の際は、ご面倒でもお電話にてご確認ください
HP→こちら
フェイスブックページ→こちら

※グルメメモ
2016年8月7日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

富山県射水市の富山新港新湊まつり花火大会に行って来ました。

たまたま、富山県で買い物中に「今日が花火じゃん」と気づいて、下調べもなく「見えるかな」という場所を目指します。
ちょうど、海(港?)を挟んだ反対側に車を停められる場所を見つけた時には、既に始まっていました。

新湊大橋の向こうから、打ちあがる花火。
(橋は通行止めになり、橋から花火を見ることはできません)
ほどよく風があり、煙がいい方向へ流れていくので、とっても綺麗に見えました。
海風が気持ちよくて、遊歩道と団の段差に吸われて、いい場所に辿りつけたなぁ。

暗くてよく見えませんが、帆船の海王丸はあのあたりかな?
海王丸パークは昼間に一度来たことがあって、景色もいいし、のんびりできて、いいところでした。

花火があがると、海がパッと明るくなります。
渦巻き模様のような花火もあがりました。
最近、丸いだけじゃなくて、ハートや星、猫など、ちょっと変わった花火が増えて来ましたね。

まるで噴水のように上がる花火、海上で扇形に開く花火。
調べると約2000発、40分ほどでした。

富山県射水市観光協会HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

家族の用事で富山県に行くとこに。
車で誰が運転する?と話していたら
「新しくなってから電車乗ってないから、電車で行けばどうか?」ということに。

最近すっかり車ばかり使っていますが、私が小学生の頃は、よく入善町の眼科や泊の耳鼻科に通っていたものです。
当時は、糸魚川に眼科や耳鼻科が少なくてねぇ~(遠い昔を思い出す)

まずは糸魚川駅で、切符を買います。
自動券売機の上にある路線図では、えちごトキめき鉄道の範囲は出ているけど、あれ?あいの風とやま鉄道までは買えるのかな?
乗り越し精算???
券売機をよく見ると、乗継ボタンみたいなのがあり「あいの風」を発見。
ふむふむ、ここを押すのだな。
おおっ、駅名と金額が一覧で表示されます。
目的地を選んで、いざ改札。

ちなみに切符は帰りに富山県内で買ったものですが、こんな風に表示されます。
詳しい人に聞いたら、ローカル線で買えるのは富山駅まで、だそうです。
その先は乗り越し精算するか、いったん富山駅で降りて、再度買い直すんだとか。
ふぅ~ん。

がたん、ごとん、トキ鉄は基本的に朝夕のラッシュ時以外は1両の電車です。
トイレもちゃんとついています。
いつもは国道か、高速道路なので、電車(トキ鉄はディーゼル車だけど)からの景色は新鮮にうつりますね。

乗った電車は、富山県の泊駅まで。
ここで、あいの風とやま鉄道に乗り換えです。

接続がいい電車は、たいていホームを降りて反対側、というイメージでしたが、これは、なんと、同じホームの前方。
ホームには、こんな案内板が下がっていました。

会社も変われば電車の色も違います。
これは3両編成だったかな。
ガタン、ゴトン、昔は窓のところに灰皿がついていたりしたよなぁ、なんて昔話をしていたら、目的地に到着しました。

どちらの電車も、学生の通学の足に、通院や買い物の足に、沢山の人に必要とされているのが分かりました。
私もできるだけ電車に乗るようにしたいです。

あいの風とやま鉄道HP→こちら

えちごトキめき鉄道HP→こちら

糸魚川市バナー

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

久しぶりのぷらぷらお出かけ。
お昼を全然考えていなかったのですが、魚が好きな家族が
「近くに魚の駅というのがある」と思い出して、魚の駅生地に立ち寄ってみました。

あ~、何年か前に来たことがあるわ。
その時は、ご飯食べなくて、魚だかお菓子だか買った記憶が・・・。

さてと、何にしようかな。
外にあるメニューを見て、家族は迷わず「海鮮丼」(1600円)
むむむ、同じものを注文しないで、シェアしたい私は「げんけ定食」(1200円)にしました。

げんげとは、糸魚川では「げんぎょ」と呼びます。
幻魚と書いて「げんきょ」と読むんです。
ぬるぬるしたゼラチン質で、ブツ切りにして味噌汁にしたり、天ぷらにしたり。
一番食べるのは、干したものを軽く焼いて、ですね。
酒のつまみにピッタリで、糸魚川市内の居酒屋では、メニューにあることが多いです。

店内は、天井が高くて、漁火をイメージしたような照明です。
大きな窓からは、すぐそこの海が見えます。
漁船も並んでいて、まさに魚の駅ですね。

やたらと子どもが多いのは、夏休みになったからか。
座敷席とテーブル席が埋まっていたので、カウンター席に座ることに。
お茶と水はセルフだったので、暑い時は、あえて熱いほうじ茶。
冷たいものばかり食べたり飲んだりしていると、胃が弱ってしまいそうだ。

そうこうしているうちに、運ばれて来ました。
ご飯、漬物、冷奴、サラダ、漁師汁つきです。
げんげをアップにしますよ。
ちょっとグロステクかも。
げんげ4匹、大葉としいたけがついています。

げんげを頭から、いただきまぁ~す。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、げんげは天ぷらにすると、サクッサクッした食感。
ものすごく軽い天ぷらになります。
ちなみに、げんげはコラーゲンたっぷりなんですって。
生の状態の、ぷるぷる具合をみたら、確かに肌に良さそう。

漁師汁の魚は、細長いからカマスかな?
ちょっと骨があるけど、淡泊な味です。

白いご飯も美味しい。
そういえば黒部って名水の里って言われているもんね。

お腹ぽんぽん。ごちそうさまでした。

おまけ
魚の形をした風鈴が海風に吹かれていい音を出していました

魚の駅生地 航海灯番屋
富山県黒部市生地中区265
0765-57-3567

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

友達が「たまには富山県に足を延ばしてみない?」と言うので、お隣の富山県へプチドライブ気分で行って来ました。
「コスモ21の近くにファミレスみたいなのがあった。 いろんなメニューあって美味しかったよ」
と助手席からの声に反応してウインカーを右に出すと、焼肉の旗が。
焼肉屋じゃないの?
「ううん、なんでもあるの」
ドアは2重になっていて、入ると正面にテーブル席。
右にもテーブル席が何席もあって、ちょっと区切られている窓際のスペースは喫煙席なのかな?
奥には座敷席も見えました。 思っていたより広い。
チェーン店ではなく、家族経営のような雰囲気の明るい店員さんが席へ案内してくれました。

確かにメニューが多くて、壁にもオススメが貼られています。
平日のランチタイムはお得のようで、1000円でお釣が出ます。
しかもワンドリンクつき。

友達はサイコロステーキ(900円税別)、私は豆腐チゲ(800円税別)にしました。
味噌汁か日替わりスープがつくというので、スープをチョイス。
ドリンクは、ファミレスにあるドリンクバー形式になっていて、好きなのを1杯どうぞ、というスタイル。
スープも大きな鍋から、カップスープに自分で注いできます。

別注文しておいたシーザーサラダ。
これで399円(税別)
2人で分けても十分ボリュームがあります。

豆腐チゲは、固形燃料つきなので、ぐつぐつ煮え立っています。
あれ、スープ選んだけど、味噌汁ついてきてる。
と思ったら、店員さんが「スープでしたよね、すみません、飲んで下さい」
ラッキー♪
鰹節がかかった冷奴、沢庵つき。
器に盛って、赤いスープをごくり。
あ~、美味しい、私は辛いものが得意なのですが、ただピリピリするのは苦手。
野菜たっぷりで、殻つきあさりも入っていて、このチゲの味、私、好きです。
サラダ同様、量も多くて、大満足です。

友達のサイコロステーキも食べやすいサイズで、柔らかくて、こちらもお肉たっぷり。

ボリュームあり、お財布に優しい、メニューが多い、席が多くて広々している、店員さんがフレンドリーetc
また来て違うものを食べてみたい、と思えるお店でした。

レストラン5ストリート
富山県下新川郡入善町椚山1261-1
0765-72-1590
国道8号線、マクドナルドの交差点を曲がる。
ショッピングセンターのコスモ21近く

※グルメメモ
2016年6月14日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

十日町の友達が「十日町ってファミレス少ないんだよ」と言いながらも教えてくれたのが、ショッピングセンターにある花&レストランらぽーとランド。

イオンを中心として、電気屋、本屋など大型店が集まっている一角にあります。
入口には食品サンプルが並ぶショーケースが。
でも、なぜか花屋さんにしか見えないんだけど・・・。
おっ、入っていくと、奥にレストランの入り口があるではないか。
なんかもこういう造り、わくわくする。

店内は想像以上の広さで、テーブルレイアウトといい、照明の感じといいファミレスぽい(ファミレスだから当たり前か)
サラダバーカウンターがあったので、時間帯かメニューによってはサラダバーがあるようですね。

何にしようかな。
メニューはご飯ものから、洋食の定番もの、ラーメン、けっこうなんでもあります。
なんとなく、野菜が食べたかったので、らぽーとメン(700円)を注文です。
だって、店名をつけているということは、自信の一品ということだし、イチオシメニューって赤字で書いてあったんだもん。
ん?
らぽーと?
どっかで、聞いたことがある、どこだっけなぁ?
水を飲みながら、しばらく記憶を引き出していると、思い出しました。
商店街にある、JAの式場が、ラポートだった!
どうやら、ここも、同じ系列のようです。
JAがファミレスも経営している、って、すごいな。

メニューを見返していると、カロリーや塩分表示が。
あ~、見なかったことにしよう・・・。

そうこうしているうちにラーメンが運ばれて来ました。
とろみのついた、旨煮麺という感じです。
スープをごくり、ふぅ、なんだか、気取っていなくて、安心する味です。
中太麺を、ずるずるずる、このとろみがあるから、冷めなくていい。
野菜が多いのか、麺が多いのか、けっこうボリュームがある一杯という印象でした。

※グルメメモ
2016年6月5日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをクリックしてください

仕事で佐渡に行くことに。

佐渡は日本海側で最大の島。
新潟市あたりからだと、天気のいい日は、こんもりと見え、上越からだと、うっすら見えます。

佐渡へは保育園の頃に何家族かで旅行に行った思い出があります。
佐渡金山の坑道を見学する時に、夏なのに親から「寒いから上着をきなさい」と言われて
え~、夏なのに、と思ったこと。
坑道の人形を見て、母親に「悪いことをしたら、こうなるんだよ」と言われて
え~、人形になっちゃうの?しかも、男だし、すごく嫌だ、と思ったこと。
(皆さん、お分りだと思いますが、悪いことをすると、暗いところで自由がなく働かされる、ということを言いたかったのですよ)
カキ氷のブルーハワイを初めて食べたのも佐渡だったような・・・。
鬼太鼓(だったのかなぁ、ステージでお面つけて叩いていた)を怖いと思ったのに、ステージの脇に入る人がお面を外しているのが見えて、姉と「なぁ~んだ」とホッとしたのも、たぶん佐渡。

新潟県民なのに、なかなか行く機会がなく、何十年ぶりかの佐渡です。
今はネットがあるので下調べも楽ちんですね。

ネットで予約すると、席が選べます。
煙突の近くは景色見えないのかな、前と後ろって、どっちがいいんだろ。
よく分からないけど窓際を予約。
携帯、スマートフォーンでもOKですが、念のためプリントアウトもして、いざ直江津港に。
パーキングは1時間50円。
新幹線の上越妙高駅、JRの直江津駅までのバスも船に合わせて発着していました。

らくらくチェックイン端末なんてものがあって、QRコードをかざすと、ぴっと発見。
佐渡市内で使えるクーポンも出て来ました。
1人で船旅(おおげさ)だから、朝御飯を食べずに早く来てしまってので、蕎麦・うどんコーナーが開くのを待って、ながもうどん(550円)をすすります。
確か8時半から、だったかな。

売店もありますが、酔い止めは薬局ではないので売っていませんでした。
酔ってしまった時に、食べるとスッキリするタイプのものはレジのところに。
ふだん、酔わない人でも、天候によってはかなり揺れるので、酔い止めを飲んだ方がいいかもしれませんね。

ピッとチケットをかざしてゲートを入り、いざ乗船です。
カーフェリーなので観光バスも乗っていました。
「はぁ~、佐渡へぇ~♪」と佐渡おけさが流れ、1時間40分の旅がスタートしました。
この日は天気圧の接近で、防波堤が途切れた途端、揺れる、揺れる。
私、バスや電車の中では眠れないのですが、船でも寝れないことが判明。
夜ふかして、寝不足だったら寝れるかな作戦は大失敗です。
遠くを見た方が酔わない、というけど、どこ見ても波です、波。
佐渡の山が見えた時は、希望が見えた気分です。
アナウンス通り、港に入ると揺れが収まりました。

小木港では、朱鷺のマスコットがお出迎え。
ご当地ヒーローのザドガシマンの顔だし看板は、不審船、密航者を捕まえています。

車で迎えに来ていただき、島内を走ると、おおっ、海。
糸魚川だと海は片方にしか見えないのに、佐渡は、少し丘に登ると、右にも左にも見えたり、正面に見えたり。
海の向こうに対岸が見えたり、いちいち感動です。
佐渡は8の字をしている、と実感です。
岩に縄が縛ってあるのも、佐渡らしい!

案内看板が「佐渡金山」とか「朱鷺センター」とか、うわぁ~、行きたい。
って、今日は観光じゃないのよ(泣)

佐渡もジオパークなので、糸魚川のジオパーク検定や、取り組みなど会議前に雑談で盛り上がりました。
ああ、観光したい(泣)

帰りは、潮目の関係で、同じくらい風が強くても、ほとんど揺れず快適。
2時間かからない、ということは、糸魚川から新潟市行くより近いんじゃん。
フェリー代も、新潟市行くより、ちょっと高いくらい。
お昼のお弁当も、すごく美味しくて、プライベートで佐渡の味覚を楽しみたいなぁ、と思いました。

佐渡市HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

本日: 109人
合計: 377762人

カレンダー

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る