観光&お出かけ

ブナ林で有名なのは、十日町市松之山の美人林。
すっと立ち並ぶブナの木が「美人」に見えると、カメラマンや森林浴を楽しむ人にとても人気があります。

お隣の小千谷市にもブナの森があると聞き、婚活の下見を兼ねて行って来ました。
場所はJR飯山線の越後岩沢駅の近く。
岩沢住民センターで、地域おこし協力隊の女性と合流して、ガイドをお願いしました。
岩沢住民センター(小千谷市ホームページ)→こちら

途中「ヤギさんの赤ちゃんがいる」と聞いて、ちょっと足を延ばして寄り道。
親子でカメラ目線、ばっちりきめてくれました。
お母さんヤギは上越から来たんですって。
子ヤギちゃんは、既にもらわれていく先が決まっているそうなので、この可愛いツーショットが見られるのは今のうちなんだとか。

ルートに戻って、てくてく、てくてく。
JR飯山線は、のどかな単線。
踏切を渡って田んぼの脇を通って、ブナ林をめざします。
田んぼでは、おたまじゃくしが泳いでいました。
道の途中から林に入ると、これから花開くユリの仲間や、サックスのような形をした花(食虫植物の一種らしい)など、ひっそりと健気に咲く花を見つけることができます。

再度、道に出て、てくてく、てくてく。
栗の木(栗の花は独特の匂いがする、と聞いていたのですが、まだ咲く前でした)
柿の木、秋には実がなって、また道端の景色が違っていると思います。
おっ、なにやら赤い実を発見。
なんだろ???と近づくと、グミでした。
わぁ、懐かしい、と思わず全員、赤い実を探して、口に運んでみます。
うっ、しぶらっこい(方言で、渋い、の意味)
甘そうなのは、虫に先を越されていたんです。
こういうのも、車だと素通りしちゃいますもんね。

グミの木を過ぎて、しばらく行くと、ブナの森の看板が。
未舗装の登り坂を歩いていくと、お~!ここか。
目の前に、すらりと立ち並ぶブナの木。
足を踏み入れると、落ちた葉っぱがふかふかしています。
散策路が整備されていて、とっても気持ちがいいです。
歩いて少し汗ばんでいましたが、なんだか爽やか。
思わず深呼吸したくなります。

ここで、婚活、いいかも!

岩沢ブナの森フェイズブックページ→こちら

農家レストランより処山紫
小千谷市岩沢1010
0258-89-8522
営業時間 月曜日~木曜日11:30 ~16:00、金曜日~日曜日11:30~20:00
定休日 木曜日、第5火曜日
駐車場あり
HP→こちら
フェイスブックページ→こちら
国道117号線から、JR飯山線「越後岩沢駅」の信号を右手へ
越後岩沢駅から徒歩1分

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします 

デビュー曲のモノクローム・ヴィーナスがスズキの軽自動車アルトのCM曲だった池田聡さん。
ここ数年は、ギターの弾き語りで聴かせる「ぶらりツアー」で全国をまわっています。
コンサートとなると、どうしても主要都市になってしまいますが、
この「ぶらりツアー」だと、今まで行ったことがない市町村や会場に「ぶらり」と出掛けられるという趣旨だそうです。

確かに、私が学生で東京にいた頃はコンサートは東京厚生年金会館(懐かしい!)や、日清パワーステーション(だったよな)
都内のコンサートでも1年に1回だった記憶があります。
今みたいにネット社会じゃなかったから、情報が雑誌や新聞だったので、本当はもっとあったのかもしれませんが。。。

でも、この「ぶらりツアー」だと新潟県内だけでも、新潟市、三条市、柏崎市、上越市、今年は南魚沼市と5か所も。
しかも、セットリストは、その土地の空気や感じたもので、変えるというので、どんな曲が聴けるかというワクワク感もあります。

今回、初めて柏崎に行くことができました。
(三条と高田のリポートを書き忘れています、反省)
会場は、えんま通りから柏崎駅方向へ向かったところにある「らくだや」さん。
天井が高くて、池田聡さんの曲でいうと「倉庫BARにて」のような雰囲気。
入ると二階へ行く階段(あがってないけど、1階からは誰がいるか分からない構造になっているので、個室ぽくていいのかも)
カウンター席とテーブル席があり、奥にも何やら階段があり、秘密の部屋がありそうな感じ。
きっと、ここに池田さんがいるに違いありません。

席は指定になっていて、ぎりぎり予約したにも関わらず、前から2番目、しかも窓側で椅子を動かすことなく見やすい席に通されました。
カウンターは2人組だったりしたので、どうやら私を含めて1人の人は、まとめて隣同士になったようです。

ワンドリンクつきだったので、ノンアルコールのソシアルクラブソーダあるものを注文。
とっても可愛い店員さんに聞いたら、枇杷とぶどうのソーダ。
これが色も綺麗で、美味しくて大正解でした。

さて、ライブは想像通り、奥の階段から池田さんが登場。
螺旋パズルからスタートです。
これ、当時は螺旋が読めなくて辞書引いたんだよなぁ。

セットリストは知りたい、という人もいれば、書いてほしくない、という人もいるのかも?と思い省略しますが、モノクローム・ヴィーナスのB面の曲は、最後までどちらがCM曲になってデビュー曲になるか決まらなかったという逸話が。
また、デビューする時は、ラジオ局やCDショップに営業にまわることをしなかった、なんてお話も。
それでも、あれだけヒットしたのは、やっぱり歌がよかったからですよね。

そうそう、今年はデビュー30周年イヤーということで、ぶらりツアーではリクエストコーナーが毎回あります。
じゃんけんで勝ち抜いた方のリクエスト曲を歌う、というもの。
私は三条では3回戦で負け、上越では初戦で涙をのみ、今回は2回戦敗退でした(泣)
リクエストされたのも聴きたかった曲のひとつだったので嬉しかったです。

途中、広報無線が流れるハプニングがあったり、この会場ならではなのか休憩が挟まれたりして、他の会場とはちょっと違う雰囲気でした。
アルコールのおかげで、和やかというか、客席との距離が近かった印象です
(実際、開場のレイアウト上、席がとっても近いのもあるのかな?)

柏崎に来てよかった、と思いながら大きな月に見送られ帰路につきました。
調べたら7月は松本、飯田、長野と長野県があるので、松本か長野あたりに遠征して、再度じゃんけんに挑戦しようかしら。

らくだや
柏崎市東本町2-1-5
0257-22-0794
フェイスブックページ→こちら

池田聡さんの公式サイトこちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

十日町から小千谷に向かう国道117号線を走っていると、いつも気になる看板「農家レストラン山紫」

なんと、小千谷の友達が誘ってくれて行くことができました。
店内は高い天井で明るい白い壁と、囲炉裏でいぶされたような、こげ茶色のついたてのコントラストが印象的です。
4人かけのテーブル席が4つ、座敷席が1つ、カウンター席が3つ(だったかな)

月曜日、しかも市街地から少し離れている場所にも関わらず、既に満席です。
メニューは写真つきで選びやすいです。
小千谷の友達と知り合いの、近所のおじちゃんは「中華系旨い」とプッシュしていたので、友達は白身魚と野菜の甘酢あんかけ(950円)
私は期間限定の春の山菜御膳(1100円)にしました。

冷たい麦茶を飲んでいると運ばれてきました。
お~、すごい、こんなに山菜がたっぷりなんてびっくり。
見慣れない葉っぱがあるので聞いたら、なんと山ぶどうの新芽。
ほぉ~、初めて食べます。
ふきのとうは花が咲いた状態で1つなんだけど、かなり大きい。
うど、笹タケノコ(根曲り竹)、アスパラと、全部緑色だけど、甘かったり、ほろ苦かったり、サクサクどれも美味しいです。
春の山菜御膳というだけあって、山菜だけで、これだけ種類が出せるってすごいですよね。
天ぷらの汁と、ピンク色した岩塩の両方で楽しめるように工夫がされていました。

味噌汁には孟宗竹がつかわれていて、これも贅沢な春の味覚です。

3連のおかずは、奥から「かきのもと」
ピンク色の食用菊で、新潟県の中越から下越地方はよく食べられる食材。
おひたしにしたり、酢の物にしたりします。
これは酢の物で、しゃくしゃきとした独特な歯ごたえです。
真ん中はわらび。
そろそろ、わらびもシーズンが終わりますね。
手前は粕漬け。
これが、つやつや白いご飯と、よく合ってご飯がすすむ、すすむ。
真似しても絶対に越えられないばあちゃんの味って感じで、これだけでご飯もう一杯いけそうな懐かしさがありました。

プリンなどデザートもあったので、食事じゃなくても、お茶タイムにもいいかもしれません。
ちなみに山紫という店名は、すぐ近くにあった小学校の校歌からつけたそうですよ。

農家レストランより処山紫
小千谷市岩沢1010
0258-89-8522
営業時間 月曜日~木曜日11:30 ~16:00、金曜日~日曜日11:30~20:00
定休日 木曜日、第5火曜日
駐車場あり
HP→こちら
フェイスブックページ→こちら
国道117号線から、JR飯山線「越後岩沢駅」の信号を右手へ
越後岩沢駅から徒歩1分

※グルメメモ
2017年6月12日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします 

柏崎市に行く用事があり、そうだ、有名な閻魔堂に行ってみようと駅近くの有料駐車場に停めて歩いてみました。
停めたのは柏崎市駅前ふれあい駐車場→こちら

下調べもしてこなかったので、よく分からないけど、市役所方向だったはずとテクテク。
ガラケーを使っているので、勘と過去に見たニュースなどの記憶だけか頼りです。

ショッピングモール、フォンジェの前に出ると、えんま通りの文字が。
歩道にある案内看板を見ると、う~ん、周辺にある公共施設やお店の名前はあるけど、どこ???
フォンジェ柏崎HP→こちら

えんま通りというんだから、こっちだろ、とテクテク。
中越沖地震で、閻魔堂周辺も大きな被害があり、道路や道路沿いに建つ店舗を見ると、地震後に整備されたのが分ります。

ん?
なにやら黄色くて目立つものを発見。
柏崎市のキャラクター、えちゴンです。
鬼がモチーフで、糸魚川のイベントにも遊びに来てくれたことがあります。
フェイスブックページ→こちら
頭に「王」の冠。
ふだんはつけていないから、きっとこれは閻魔様バージョンに違いない。
っと、隣には、顔出し看板が。
きっと私はめちゃくちゃ似合うはず。
写真を撮りたいけど、シャッターを押す人がいないし。
近くにおじさんが2人、腰かけて世間話をしながら
「観光客? 写真撮ってあげよか」オーラを送ってくれますが、いやいや、しょ~しぃ~(糸魚川弁で「恥ずかしい」)から、そそくさと立ち去ります。

この看板のすぐ近くに、閻魔堂がありました。
少し奥まっていて、道路(歩道)脇に石柱が左右にあるだけなので、うっかりすると通り過ぎてしまうかもしれません。

閻魔様が祭られていて、にらみをきかせています。
えっと、閻魔様って、どう拝むの???
とりあえず手を合わせて、ごりょごりょ。
どうか、舌を抜かれませんように。
手前には、自分の痛いところと同じところを撫でるとよいとされている仏像(?)があり、肩、腰、膝を順番に撫でては、自分も撫でなで。

屋台が2キロ500軒、人出が20万人とも言われている「えんま市」は毎年6月14日~16日だそうです。
駅前のイトーヨーカドーの駐車場も、開催中は有料になると壁に貼り出してありました。

おまけ
柏崎のカラーマンホール消防バージョン

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします 

昨年の秋に、一度行ってから「またゆっくり温泉を楽しみたい」と思っていた越後川口温泉。

旧、川口町で小千谷市と十日町市の間(どっちかというと小千谷がすぐ近く)
市町村合併で長岡市になります。

前回は夜で、露天風呂からの景色は行きかう車と家の明かりのみ。
温泉は小高い丘の上に建っているので、明るい時間なら川口の地名の由来と言われている魚野川と信濃川が合流する景色が見れるはず。
きっと夕焼けもきれいなはず、と夕暮れ時に行くチャンスがないかと待っていました。

で、小千谷にいたら、なんと、晴れていて、西の空がいい感じでオレンジ色。
こりゃ~、今日行かなきゃならん、と車を走らせました。

左にあるのがホテルサンローラ、右が日帰り入浴施設です。
玄関はバリアフリーになっていて、靴を脱いでロッカーに入れて鍵をかけ、フロント横の券売機で入浴券を買います。
夕方は100円安くなるんですよ。
で、フロントで靴の鍵と入浴券を出すと、お風呂のロッカーキーが渡される仕組み。
キーと言ってもカードタイプで、脱衣所のロッカーの好きなところにカードを入れスライドさせてカードをロックしてから、ロッカーについている鍵を回す、というダブルロックスタイル。
これ、珍しいかも。

フロントの奥は、広いロビー。
そして、床から天井まで、大きなガラスが一面にあり、信濃川、たんぼ、山、夕焼け、さらに新月まで!
見てください、この幻想的な色合い。
ガラスに携帯を押しつけて撮影しました。

よし、この景色を露天から見るのだ。
露天風呂は真ん中に岩があり、そのまわりは半身浴ができるようになっています。
川が見えるところので行くと、おおっ、素晴らしい。
田植えが終わったばかりで水のはられた田んぼにも空の色がうつり、夕焼けのオレンジ色が山の形を浮き上がらせています。
その色合いが刻々と変わっていき、いつまでも見ていたい景色です。

泉質は、塩気があってよく温まる系。
露天風呂には源泉の湯船が別にあり、こちらは足を入れると全く見えなくなるくらい茶色。
広い露天よりちょっと熱めです。

内風呂にはジェットバス。
こちらは腰かけて入るようになっていて、足のあたりはぶくぶく、腰はジェットで、はぁ、コリがとれる。
他にも川に向かって窓があり開放的な広い浴槽、電気風呂と、水風呂、高温のドライサウナと充実しています。

洗い場は、1人ずつ壁で仕切られていて、リンスインシャンプーとボディソープが備え付けであります。

脱衣所には無料でドライヤー、くしがありました。

あがった後も、ぽかぽか湯冷めがしないで、汗が出てくるほどのいい温泉でした。
稲穂のシーズンも、きれいだろうなぁ。

えちご川口温泉
休館日 第1.3.5火曜日
営業時間 10時~21時(最終受付20時)
大人 800円(18時以降700円)
HP→こちら

※お出かけメモ
2017年5月28日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

小千谷と言ったら、小千谷縮、錦鯉と色々ありますが、グルメで有名なのは果実の星野屋さん。

フルーツの専門店なのですが、店内で食べられるクレープやパフェなどの種類がとにかく多い。
しかも、びっくりするような大きさのパフェもあって、店内は有名人の色紙と写真がびっしりです。
テイクアウトができることもあり、休日はもちろん、平日でも、夕方でも、いつ行っても沢山のお客さんがいます。

まだ行ったことがない、という友達を連れて甘い物を食べることに。
メニューのファイルは写真つきなので、とっても選びやすいはずなのに、とにかくページ数があるので、めくっても、めくっても迷う。
最初の方には軽食系があり、パンケーキがあり、たこ焼きもあり。
クレープ、フラッペ、シェイク、あんみつ、パフェ、アイスetc
とにかく分野も多いので、まずは「冷たいものにする」とか「アイスが食べたい」とか、エリアを決めて、そのあと、果物やトッピングやサイズを選んで、と。
よし、これにするか、と決めても、同じ金額なら、こっちの方がいいかな、と再び迷うんです。

で、ソフトクリーム系が食べたかった私はミニパフェにすることに。
う~ん、と悩んで、桃にしました。
店員さんがオーダーの紙を持って奥に引っ込むと、すぐに出てきて
「今の時期だと桃が缶詰ですが、いいですか?」
う~ん、それなら・・・。
「さくらんぼも缶詰になります」
う、う~ん、迷うわ。
よしっ、キウイにします。
ビタミンCたっぷりで肌によさそうだし。

そんなことがあって、食べたのがミニパフェのキウイ(550円)
花びらのようにキウイが飾られています。
キウイソースが生クリームにかけられていて、ポッ〇ーが刺さっていて、真ん中にバニラアイスが丸く盛られています。
そんでもって、そのバニラアイスの下には、黄桃やさくらんぼ(両方とも缶詰)や、ダイスカットしたしゃきしゃき林檎、コーンフレークがぎっしり詰められていました。

また桃のシーズンになったら行ってみなきゃ、ね。

実の星野屋
小千谷市城内1-5-20
0258-82-4355
営業時間 9:00~20:00

HP→こちら

※グルメメモ
2017年5月28日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

小千谷で「また食べたいなぁ」と思っていた天ぷらきしんさんへ行って来ました。

カウンターと座敷は4人掛けのテーブルが2つで、ご夫婦が2人で切り盛りをしています。
店内に入ると、天ぷらをあげるいい匂いと音。
「ちょっと時間かかりますけどいいですか?」と申し訳なさそうに奥さんが言うのですが、待ってでも食べたい天ぷらですからね。
友達から「あなごも、お皿からはみ出すほど大きい」と聞いて、よしっ、それにしよう。
冷たい蕎麦茶を飲みながら、近況報告や世間話をしながら待ちます。
その間も、匂いと音が胃袋を刺激します。

さぁ、待ちに待ったおなご天ぷらです。
うどんは冷たいのを選びました。
ピーマンを枕に、長いあなごがどぉ~ん。
茄子、かぼちゃ、さつまいもを従えて、堂々の登場です。
箸と比べてみると、大きさが分りやすいかな。
余裕で、あなごの勝利です。
その箸で、さくっと簡単に切れて、口に入れると、さくっふわっ。
めちゃくちゃ美味しいです。
家で揚げる天ぷらって、こんなに軽くならないもん。

うどんは細い稲庭風で、つるつる。
細くてもコシのあって、量も多いです。
半熟卵の天ぷらも、ここでしか食べられない一品。
黄身がとろん、としてこれがまた旨い。

大食いの私が、夕飯は軽くでいいや、となるくらい、とにかくお腹いっぱい。
美味しくて、ボリュームあって、待ったかいがありました。

おまけ
トキめき鉄道の沿線市町村のキャラクターが描かれた車両
写真は糸魚川市のジオまる、十日町市のネージュ、北越急行のほっくんです。

天ぷらきしん
小千谷市平沢1-1-1
0255-82-8733

※グルメメモ
2017年5月21日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

最近、小千谷に行くことが多くなった私。
もともと温泉大好き人間なので、いつかは小千谷の温泉を楽しみたいなぁ、とチャンスを狙っていました。
今回、15時で打ち合わせが終わりそう、ということで近くにないかな、と下調べ。
で、行って来たのが国道17号線沿いにある、ちぢみの里。
道の駅と一緒になっている施設です。

二重ドアを入ると、お土産コーナーがあり、右手が下駄箱。
靴を入れて鍵をかけ、その鍵をフロントに出すと、ロッカーキーと交換されるスタイルです。
平日の昼間は900円、と少し高めですが、タオルとバスタオル、館内着(伸びる素材のズボンと頭から被るタイプの上着)がセットでつきました。
セットが入っている手さげ袋にはLとマジックで書かれていて、はっはっはっ(笑)

外から見て横長だな、と思っていた通り、長い廊下の突き当たりに男女別の入口が。
廊下の途中はお休み処になっていて、館内着でくつろぐ人達が沢山いました。
お風呂は週代わりで入れ替え制だそうで、この日は岩盤浴がある洋風が女性。

洗い場は数が多くて使い勝手がいいです。
立ったまま入る深さのジェットバス
寝た状態で、足や腰3ヶ所くらいにブクブクしているバブルバス
半身浴の高さで腰にジェットが出ているところは半円状のところに10ヶ所あって、ジェットバスの取り合いにならないのがいいですね。
露天風呂は、壁から滝のようにお湯が落ちています。
ドライサウナは90度ちょい、テレビはついていません。
水風呂は広々
岩盤浴は、壁に寄りかかって座るように設計されていますが、ほとんどの人は寝転がってます。
竹を半分に切ったのが枕代わりに置いてありました。

お湯は、つるつるとする泉質。
匂いはなくて無色透明です。
水風呂以外の浴槽には、入りやすいように段差があるので、そこに腰かけて半身浴ができるので、ゆったり長風呂がしやすかったです。
また岩盤浴は息苦しさもなく、じんわり温まるし、なにより泉質がとっても気持ちいい。
1時間くらいのつもりが、ついつい長居をしてしまいました。

更衣室はドライヤーと櫛があり、備え付けてある椅子は、どっぷり座りやすい大きさでした。

ホームページを見ると映画の上映や、仮眠室まであるので、今度は朝から1日たっぷりと楽しみに行きたいなぁ、と思いました。

小千谷ちぢみの里
小千谷市ひ生1670-1
0258-81-1717
定休日 水曜日(祝日の場合は営業)
営業時間 10:00~22:00
大人 900円(平日18時以降、土日祝20時以降は700円)
HP→こちら

※お出かけメモ
2017年5月16日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

以前から「行ってみたいなぁ」と思っていた弥彦村の日帰り温泉施設さくらの湯。
念願叶って、行ってきました。

夕方になってからなので、空がどんよりしていますが、桜色の明かりで入口から雰囲気がなかなかいいです。

玄関で靴を脱いで、ロッカーに靴を入れます。
ロッカーの鍵渡すと、更衣室の鍵が渡されるんだったかな←よく覚えてなくてすみません。
あ、でも、自分で更衣室のロッカーの位置を決めたわけじゃないから、フロントで鍵を渡されたんだな、きっと。
タオルとバスタオルが袋に入って渡されるのも、この料金にしては大サービスですよね。

昼間は1000円ですが、平日の17時からは600円に割引に。
その時間を狙って行ったのよ、私。

更衣室は縦長ロッカーが上下にあるタイプ。
ドライヤーがある鏡と別に、洗面所と、メイクとかするスペースがあって、女性には嬉しい造りです。

浴室は、大きな窓から露天風呂と庭が見える内風呂
そんなに広くはないけど、ハーブのお風呂(この日はレモングラス)
サウナは90度くらいのドライで、積んであるタオル生地のマットを自分で敷く方式。
サウナ内にはテレビはないけど、窓があって外が見えるので閉塞感がなくて長居しやすかったです。

特記したいのは露天風呂。
とにかく広くて、深いところ、寝湯、半身浴、壺湯と、いろいろあって露天だけでもかなり楽しめちゃいます。
露天の入口のくるぶしまで浸かるあたりは、玉砂利が床に埋め込まれていて、歩くだけで足裏が刺激されて、ちょっと痛い(笑)
露天風呂のまわりは、すぐ壁じゃなくて、桜の木が植わっていたりして気持ちがいいです。
屋根もあるので雨の日でもいいだろうなぁ。

お湯は、ちょっと塩気があって硫黄ぽい匂いがします。
THE温泉って、鼻と肌で感じました。
あがったあとも汗が出るくらい、よく温まりました。

今回は時間がなかったので、岩盤浴や食事、お休み処は利用しなかったのですが、今度は一日ゆっくりしてみたいです。

さくらの湯
西蒲原郡弥彦村麓1970
0256-94-1126
営業時間10:00~22:00
HP→こちら

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

燕市に行く用事があり、そうだランチは燕の友達が「ここ人気」と教えてくれていたお店にしよう、と行って来ました。
今は雑誌だけじゃなく、ネットで情報がすぐに集められる時代ですが、美味しいお店は地元民に聞くのが一番だもんね。

えっとですね、場所は簡単に言うと
燕三条駅(高速だと三条燕インター)近くのイオン県央店から、燕市方向へ向かい(国道289号線)信号を県央大橋方向へ左折。
県央大橋の手前で右折すると燕橋(国道289号線が真っすぐじゃなくて、カックンと曲がっているんですよ)行く信号の角、左手側です。

県央大橋方向からは、中央分離帯があるので直接お店には入れないので、一旦信号で曲がり、裏道に入ってぐるっと周ってくる必要があります。

駐車場は広くて楽々停められました。
竹がスッと立っていて、スタイリッシュな外観ですね。
外に日替わりランチの案内が出ています。
店内は平日の13時近くということもあり、すんなり座ることができました。
女性好みという噂通り、ほぼ女性。
この雰囲気、嫌いって女性いないと思います。

本日のランチは「よだれ鶏」
よだれが出るほど美味しい鶏だそうで、これにしようと心に決めていましたが、パクチーとナンプラーを使っているそうで・・・。
パクチー、ブームなんだけど、得意じゃないんだよなぁ。
注文する前に店員さんが丁寧に説明してくれたおかげで助かったわ。
オススメは何ですか?と聞くとハンバーグというので、やったぁ、と思いつつ注文です。

待っている間、トイレに行こうと案内された奥へすすむと、自動ドア。
珍しい造りだなぁ、とドアを抜けると、おおっ、ドアの向こうは美術館。
大きな絵画が飾られています。
さらっと見ただけですが、人物とか植物とか優しさが伝わってくるような絵です。

さてさて、ランチタイムにはサラダとスープ、ドリンクがつきます。
ライスかパンが選べたので、迷わずパン。
サラダのドレッシングは鰹節が使われていて、和ぽいテイストでした。
ハンバーグにナイフを入れると、じゅわぁ~、肉汁がダムの放水のようにあふれ出汁ます。
あ、一口食べてから写真撮ったでしょ、とバレた???
デミグラスソースを追い出すくらいの肉汁です。
ぱくっ、もぐもぐもぐ、おおっ、このハンバーグ、飲める。
カレーは飲み物です、とグルメリポーターの名言がありますが、このハンバーグも飲めるくらい美味しいです。
フォークとナイフで食べたけど、箸でも軽く切れただろあなぁ。
付け合せは青菜、茄子のトマト煮、大根。
この組み合わせも和と洋の融合という感じで交換がもてました。

汗ばむくらいの陽気だったので、食後はアイスコーヒーにしました。
たっぷりサイズで嬉しかったです。

隣の席の人が食べていたオムライスも美味しそうだったので、また行きたいなぁ。
Kさん、教えてくれてありがとう、ね。

ビストロ&cafe六朝館
燕市井土巻2-2
0256-66-3388
ランチ11:30~14:00
ディナー17:30~(ラストオーダー22:00)
定休日 月曜日(祝日の場合は除く)

HP→こちら

※グルメメモ
2017年4月21日の情報です

↓クリックをすると糸魚川情報が見られます
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 糸魚川情報へ
にほんブログ村
携帯からは「にほんブログ村」をクリックすると出てくるhttpで始まるリンクをお願いします

1 / 1812345...10...最後 »

本日: 80人
合計: 345450人

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ブライズメイト
ALEX
rabitt_mini

TEL&FAX
025-553-2985

〒941-0068
新潟県糸魚川市本町6-2

定休日
水曜日、第2・4日曜日

営業時間
10:00~18:30

携帯で見る